但馬に吹くみどりの風 粟鹿山の麓に舞うオオムラサキ    

地球規模で自然と人間が共生できる社会を理想とし、全世界でその実現を追い求める多様な活動の情報を発信していく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飼育活動に異変あり

2017-06-30 21:14:44 | オオムラサキの飼育活動

 今年の飼育活動は異変続きだ。エノキの枝と葉がイマイチ生育が芳しくない。葉を食べ尽くした幼虫が、サナギ化を目前に数日間で半数が行方不明となる。羽化したものの、外敵に刺されてか数日間で死体となる。それが続けて起きる、等々。

 不思議なことに、飼育活動に取り組んでいる所では、似たような問題に直面している。職場の丹波の森公苑ではケージの中のエノキの葉の成長が悪く、幼虫が十分に育たず、明日の放蝶会の数を確保するのに、大変な苦労をしている。ところが並木道のエノキは突然変異が起きたかのように、これまでとはうって変わってふさふさとした美味しそうな葉をいっぱい付けているのである。あまりにも極端な変わりように、謎が深まるばかりです。20年前に植樹された木です。ここに来て花が開いた感じです。

 いまケージの中では、2週間前に羽化したオスと、1週間前に羽化したメスの2頭のみです。産卵の形跡はまだ無し。気長に待つのみです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オスの成虫が死んでしまった | トップ | 葉の裏に120個の卵 »

コメントを投稿

オオムラサキの飼育活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。