七十歳になってしまった

2017-05-13 21:21:48 | 日記
 七十歳になってしまったのだが、相変わらずゲームが好きだ。
入り口は普通にスーパーマリオだったのだが、ゼルダでディスクシステムを買った後はずっとセガだった。
メガドライブ、メガCD、サターン、ドリームキャスト、そうそうゲームギアも買ったんだ。
セガのゲームをやっているときに、なんとなく任天堂が嫌いになった。
スーパーファミコン以来任天堂のゲーム機を買っていない。
うちにあるDSiは私ではなく奥さんが買ったものだ。

 セガのゲームはどれも面白かった。粗削りな面白さだ。作る側の意気込みがあらわに感じられるのだ。
完成度という点では不完全さを感じさせるのだが、それは若者ならではの斬新なアイデアに溢れる物ばかりだった。
私は対戦格闘ゲームはバーチャファイター、レースゲームはセガラリーで止まっている。
今なら表現力やゲームシステムなど、もっと完成度の高いものがあるとは思うのだが手が出ない。
ゼルダやドラクエ、ファイナルファンタジーなどのロープレが好きな私が、あえてやりたいとまでは思わないのだ。
セガのロープレはつまらなかった。セガがゲーム機を作らなくなって私がプレイステーションを買うのは自然なことだった。

 今日は町内会の花壇づくりがあるので   ここまで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | ぼくと、ぼくらの夏 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。