宗教的経験の諸相

2017-05-17 14:46:54 | 日記
 信仰はいまだかって持ったことがないのだが、関心は非常にある。その宗教の考え方にだ。寺や教会などに行く気はない。
今は暇だらけになったので哲学書なども読んでいる。理解はできないのだが難しい本を読んでいる自分が好きなのだ。
だがしかしW.ジェイムズの、この本は解らなさすぎる。これを読んでいる間に気分転換のミステリーを五冊も読んだ。
でも所々はかなり面白い。オウム真理教に入る人は先にこれを読むべきだ。
もうこの本を全体的に理解するのは諦めた。部分部分の自分が面白いと思える所だけが読めれば良いのだ。
神を信じられる人は幸せそうである。私のような臆病で疑り深い人間はとても飛び込めそうもない世界だ。

 でもでも、いつか神の光に包まれたいかも もう間に合わないのかなー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくと、ぼくらの夏 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。