鯛風の加太釣行記

2010年からはじめた鯛釣りですが、2011年8月から和歌山県の加太を中心に記録を残します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

12/19加太釣行記

2013-12-23 17:21:29 | 日記
12/3、12/8と加太へ真鯛釣りに行きもう1つの釣果でしたがなんとなくよくなりそうな気配だったので急遽昨日、証拠にもなく畑中へ行ってきました。最近朝一番は鯛が浮いているがそれもモーニングサービスだけで魚影が消えるらしくやはりまだまだ当たりは厳しいようですわ。

船頭曰くは朝の釣り初めから気合入れて釣ってくれと言うことなんで擬似も考えながら前回の当たりのスピードもしっかりインプットしてますので後はお魚さん次第ということで6時出船で6時30分位からシモテにて釣り開始。

確かにちょこちょこ魚影が確認できます。まぁ前回よりは映っていますわね。ゆっくり目の誘いであまり上まで誘わずに潮の流れに合わせながら擬似を揺らします。当たりは引っ手繰るような感じはないのですが、そーっと触りながら本当たりになってきますね。

だいたい6時30分から8時までがモーニングサービスでそこから魚影がまったく映りませんでした。ここまで3匹ほどばらしましたが順調に7匹確保。狙い通りですが、見事に魚がどっか行ってまいました。そこから沈黙・・・たまに映るのは青物らしき影・・・来たと思ったらやはりハマチ。

上げてくるごとに重くなります。当然のことながらお祭り騒ぎ。仕方ないですね。1匹掬おうと思ったら外れ。2匹目を掬ったら3匹目が見えてそれ掬ったら4匹目が見えてここで青物3匹確保。
仕掛けを捨ててもこれなら納得ですね。

あまり映らんのでそこから少し沖まで出ます。他の船はすでに移動していて潮はコイズキに向かって流れています。先程よりは映ってますがな。後で他船の釣果をみるとどうもここで釣れたらしいですわ。もうちょっと早めに来てたらは後の祭りでよくあることですね。

そこで鯛1匹、ハマチ2匹追加して最後に結構大きな鯛の当たりがありましたが痛恨のバラシで終了となりました。最後はいい感じの当たりになってきていましたのでベイトは流れていたかもしれませんね。結果は真鯛8匹、ハマチ5匹。充分楽しく釣らせていただきました。

3匹ほど生かして持ち帰り捌きましたが、かなり脂が乗っていて本当に美味しかったです。いよいよ鯛本番ですね。
後は12/30の釣り納めが今年最後となります。あまり潮は良くないのですがちょっとでも釣れたらええんですがね。(*^▽^*)ノイイヨネ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年 12/3鯛釣り 久々の加太へ

2013-12-10 16:54:13 | 日記
加太は真鯛の釣果がまだまだ好調ではないんですが、久々に真鯛が食べたくて畑中丸に行ってきました。大潮廻りなのでハリダシを流すんですが結構沖の方でも釣船やプレジャーも多く賑やかでいよいよ年末に近づいた様子が覗われます。

朝一から結構、上りの潮が流れていてじっとしていても釣れそうな感じでしたが、同船者のキムさんは当たりがありますが、私にはまったくきません。モーニングサービスで釣ってしまわんと厳しいと思っていましたので焦りまくりですわ。

潮が行ってる時に色々やりたいんですがどうも誘いがピンとこなくてなかなか触りもしません。
やっと来たと思ったら外れてしまうしなかなかに喰いが浅いでおます。外れてすぐに大きな当たりですが、これは青物。上ってきたのは55cmのハマチ。1匹は嬉しいですね。

どんどん潮が緩んでまったく鯛の当たりがありませんね。ナカト下に移動して釣っているとなにかプレジャーが騒いでいます。何処のやー〇〇かと思ってるとやんちゃさん御一行だったらしく目が悪いもんで挨拶できなくてすみません。

そこでちょっと粘ってスローで誘っているとようやく1匹40cmほどの真鯛が上りました。ようやくボーズ脱出。それ以降はまったく当たりなしでウワテに。上りでウワテですか~
よほどシモテの上りの鯛があかんのですね。

そこから上りをウワテで流しながらとろとろの潮に乗せて誘っていると久々にまずまずの当たりです。なかなか触りに来ないのでここは慎重にドラグも緩い目にしてゆっくり上げてきます。結構ドラグも出て行き久々に鯛の引きを楽しみました。
上って来たのは54cmの真鯛。

そこから当たりが2回ほどありますがすべて外れてそれまででしたが、まずまず楽しめました。今からぼちぼちよくなってきそうな雰囲気はありましたね。次回が楽しみになってきました。( ^o^)

そして12/8釣り友のマイボで加太へ釣りに行きましたがやはり厳しかったです。
アオリの試し釣りで40cm弱の大型が釣れたのがせめてもの救いです。
いよいよ年末が近づきあと残すは12/30の鯛釣りのみとなりました。
がんばって睨み鯛を釣りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は明石のアオリイカ釣り初挑戦

2013-11-18 09:44:38 | 日記
ブログがご無沙汰でしたが今年明石に誘われて真鯛やらアオリに行って
おりました。船は丸松乗合船の2回目です。10/5は真鯛とアオリのリレー。
そこで初めてアオリイカ釣りをやりました。日本海ではスルメやマイカ
をやってますが、引き方も全然違うらしく釣りが楽しみ。
アオリは餌木の中アモリ仕掛け。前日はフィッシングエイトでアドバイス
をもらった仕掛けと餌木を買い当日出船です。

出船して暗いうちからすぐにアオリイカ釣りです。早速、同乗者のK師匠
が竿を曲げております。こっちにはさっぱり来ません。
とにかくシャクリを入れて数秒待ってまたシャクっての繰り返し。
ちょっと浅場で緑の餌木に代えてシャクっているとどんと重くなって乗
ったって感じです。釣ったというより釣れた感ですね。
色々聞くと竿先が微妙に変化するのを逃したらアカンらしい。
このあたりがマイカ釣りとは違うところですね。マイカはラインを見てると
あたりがわかるんですが、アオリはそうじゃないなぁ。

その後は鯛に。皆さん鯛もよく釣れ私も6匹ほど釣らせてもらいまたアオリに。
先程の竿先を注視しながら誘い。すーっと竿先がもたれる感じがあったので
そこですかさず合わせるとどーんと根掛かりするような乗りです。
これはたまりませんね。なんとなくやり方がわかりそこから5杯ほど連続で
釣れて初日アオリ11杯で終了。トップはK師匠の24杯で腕の差が。
それでもアオリはこれではまってしまいましたな。

アオリ2回目は10/20半夜での釣り。15時出船で7時頃までの釣りです。釣り仲間の
ヒガシさんとご一緒に乗船です。この日の餌木はオレンジ系がよいとの情報で
それを主体に攻めました。
意外と乗りはよいようでスタートダッシュは成功しましたがその後が続かず
10杯で終了。ヒガシさんは好調でアオリ13杯、ハリイカ3杯で圧勝されて竿頭。
よい釣果で2人とも上機嫌。

11/3カラスさん,のぶさん,ヒガシさん仲間4人で丸松さんのアオリ3回目朝釣りに。
前日舳先に席を確保してもらい釣り開始。11月に入ると当たりが厳しいらしい。
この日はビッグフィッシングの収録があり阪神さん、今井さんも同船。満席で
総勢26名。ほんまに人気のある船ですわ。


暗いうちは竿先がなかなか見えずらいので当たりを取るのに苦労します。
イカの触腕が触れた時点で解る方もいるのですが、まだまだそこまでには相当
やり込まないと無理ですね。
前日K師匠に誘い方のレクチャーを受けとにかくシャクリ倒すことに。竿先の微妙
な当たりもなんとなく認識できるようになったんでとにかくシャクルそして待つ。
シャクッたあと餌木が沈むときに当たりが来ることが大半なんで集中。
違和感のあるやつはなんでも竿をしっかり合わせる。
なんやかやでアオリ13杯、ハリイカ4杯。だんだん頭が使えているようです。


11/17アオリ4回目。前回もかなり厳しくなって来てシーズン終盤ということで
これが最後のアオリです。アオリもどんどん大きくなって1kgを超えるやつも
結構釣れますので3杯ほど釣れたらいいお土産になります。
明石から出港し淡路島の西側の湾岸に沿って南下します。一番の好ポイントは
鹿の背というポイントらしいのですが、それ以外でもたくさんのポイントが点在
しているようでなかなか数回では覚えられませんね。
この日も満席。今日の同船者は、地元に近いシーさん,ヒガシさんの3人です。
前日にシーさんに席を確保していただきありがとうございました。
舳先の席を頂戴して釣り開始。前日もK師匠竿頭9杯でかなり厳し~い。

6時頃から11時までは上り潮。色々餌木を替えますがなかなか当たりが来ません。
ヒガシさんは朝イチから白餌木を使って2杯ほど釣っていますが、私は来ません。
やはり厳しい。パープルやはらグリーンに変えてようやくヒットと思ったら
ハリイカです。それでもボーズは解消。ちょっと嬉しいかも。
その後は少しずつの拾い釣りでなんとかアオリ4匹まで追加しますがそれから
11時まではハリイカが来る程度でアオリは来ません。
どんどん南下しながらポイントを探りますがだめみたい。今日は釣れんかも。
それから下りの潮に入るのでまた一番最初のポイントへ戻っていきます。
11時過ぎの時点でアオリ5匹。

下り50mラインからの釣り開始。ここで思い切ってパープルの餌木にチェンジ
してから怒涛の5杯、ハリイカも混じりながら1時間半ほどはかなりええ感じで
釣れました。皆さんも釣れ出してるんで少し延長して1時30分終了。
結果アオリ10杯、ハリイカ6杯。上出来の結果です。
今シーズンはこれで終了ですが、来年が楽しみですね。
今年アオリにお呼びいただきました釣り仲間やご指導いただきました方に
感謝致します。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめての鯛ラバ

2013-09-11 08:11:22 | 日記
お盆は釣り三昧と決めてたんで8/12加太でたからせ8/15小浜でマイカ、8/18行けたらはなたろうさんのマイボで加太のたからせで~ほんまにこんだけ続けて釣りしたんは釣りやりだして始めての経験です。

8/12は畑中で鯛2枚結構皆さん釣れてたんですが私にはさっぱり沢山イワシはいたんですが、まだまだ下手ですわ。

8/15は釣り友とマイカ40杯ほど。かなり当たったんですが、水面のバラシは10以上と異常でした。疲れですわ。

8/18ははなたろうさんから連絡なければ釣りせずゆっくりと家でテレビでも見ようと思ってたんですが、前日の夕方お電話いただき加太に行くことに。8時頃出船でラインでたいきちさんが結構ナカト北で釣っておられええ感じの活性の模様。

加太に到着するとナカト北に加太の乗り合い、その外れにいろんな乗り合い船とプレジャー、ノンダには加太乗り合いとプレジャーの大集合でした。

色々周りましたが、イワシが多少いてるんがノンダのみだったんで最終はそこで釣ったのが一番の当たりでした。高仕掛けも持参したんですが、どうしても鯛ラバがしたくって。

前日ザ・フィッシングで鯛ラバの番組やっていて鯛ラバは買ってたんですが、はなたろうさんの船でほんの少しやっただけで本格的にやったんはこの日が始めて。釣り方も知らんまま前日の番組で
やっていた釣り方を実践。

最初のヒットは底から5回巻いたところで結構でかい引き。上って来たのは78cmの真鯛。そこからあたりなくあちこちへ行くが反応なし。またノンダで。2時頃から地合、そこから76cm、50cm、50cm、最後はメジロ67cmで終了。初めての鯛ラバのあたりに恐るべし鯛ラバって感じでした。はなたろうさんに感謝ですわ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013/2/24(日)加太釣行記

2013-02-25 14:10:21 | 日記
2013/2/24(日)加太釣行記 大潮15日の潮 曇り時々晴れ 北西の強風

孫のお食い始めの鯛を釣りに娘と加太へ行ってきました。
畑中丸に予約してたんで席取りしなくてもゆっくり行けます。
しかしながら前日の釣果と強風が吹くという天気予報から娘に延期を
申し出てたんですが、あえなく却下。

仕方なしに4時出発5時30分着。風が半端なく強いし波も停泊中の船を揺らしてます。
しばらくすると船長のよっちゃんが来て風速9mだそうでもうちょっと様子見。
結局何隻か出港となってので少し出港時間が遅れましたが行くことに。
朝の暗いうちが地合なんでしょうがウチノマエあたりはなかなか波が高くて進みません。
北西の風で上りの潮なので波が高いです。
ハリダシ近くまで船を進めて釣り開始。すでに7時を過ぎて明るくなってますがな。
ようやく到着して釣り開始。潮は澄んでいます。
仕掛けは13mの8本針。道糸ハリスともに3号、針6号。擬似はオレンジと薄いピンク
をセット。とにかく出だしが釣れんと多分だめだと思ってたんで気合を入れて。

潮が緩むと多分大丈夫でしょうが最初は波が高く風も強いので立って釣りすることも
できません。今日はデットスローのゆっくり巻きに徹するつもりで薄いピンクに期待です。
一投目にゆっくり誘って7回ほどすると少し竿をたたきだしたのでちょっと待って様子
をみて再度巻きだすと反転。しっかり針にかかりました。
巻き上げますがドラグがビュンビュン出て行きます。結構でかいな。
上ってきたのは60cmの鯛。やはり薄いピンクに来ています。
絶対取らんといかん魚だと思ってたんで久しぶりに緊張したやり取りでしたわ。
これで今日来た目的は果たせましたのであとは気楽に釣りすることに。
その後は続くかずでしばらくするとあたりますがサゴシにやられて仕掛けがアウトに。

潮が緩んできたんで波も少しましになり立って釣りができるまでになりました。
かなり地の瀬戸側に流れます。底を探ってゆっくり巻きながら止めまた巻くを繰り返すと
あたりが出てちょっと叩くかと思うと強烈に竿が水面にささります。しっかり竿を立てて
対応しましたので針掛かり。どうも青物っぽい引きです。
浅いのでどんどんドラグが出ています。ちょっと締めて少し強引に竿を立てると少し引きが
弱くなってあれ~と思って上げてくると赤いじゃありませんか。
鯛です。大きいやん。上って来たのは67cm。やはり薄いピンクに。
娘には当たりがありませんがサゴシを1匹あげました。いい気晴らしになったようです。

10時過ぎからぼちぼち下りの潮になります。本日は朝一の潮、止まりかけの潮と下りの
変わり駆けの潮、早くなった潮と4回釣るチャンスがありました。
ナカト下へ進みながら下りの潮へ期待します。先週はここでよく喰ったと聞いてましたので
滅茶苦茶期待して、底を切って待ちますがまったく当たりがありません。
魚探にも反応があまりなく、潮の色も澱んでましたが着いていていい感じかと思いましたが
結局触ることもなく2匹で終了しました。畑中丸のもう一船は7匹が竿頭でしたがやはり釣り始めで
かなり釣ったようです。仕掛けも細ハリスでしたので当たったんでしょうね。
今、加太は釣れてなくて漁師さんの鯛浜値1kg=5000円だそうです。この間釣れた木曜日は
浜値1kg=3500円だそうで今日も結構高かったでしょうね。
帰りは生簀代わりにしているコーナンで買ったBOXの中にブクブクを入れて鯛を活かして持って帰りました。
対角線が57cmなんでどちらも尾の方が曲がってましたが何とか大丈夫。




最近、活け造りの鯛が好評でなかなかプリプリ感があって美味ですね。
孫のお食い始めの行事もなんとか無事に終了してほっとしました。
加太はなかなかに厳しい釣りが続きますが、大変楽しい一日を過ごせました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加