躰道シーラカンスの整体体操

躰道を人生の道連にできるよう、健康体力の保持を願い「谷式健康体操」は、35年前初代祝嶺先生より許可、考案 20年で集大成

躰道シーラカンスの整体体操 No.284 躰道プロとしての自覚

2018-02-13 | 整体体操、 躰 道
1月の多忙な時期を外し、2月のこの時季は毎年のことだが
体操教室の新年会が多々ある。

新年の挨拶では、各サークル毎に設立当時の想い出を話し、
私自身、初心に帰ることが出来。
新人さんは設立の経緯を知り、其れなりの歴史を感じて貰える。

所沢市(狭山ヶ丘コミニティー会館のサークル)

お互いに1つ歳をとりました、
私も今年早々に80歳の傘寿。
「歳だからの言い訳けはやめ」1つ年を取って
若返って生きましょう。

入間市(扇屋公民館健康体操サークル)

新年の挨拶では、各サークル毎に設立当時の想い出を話し、
私自身初心に帰ることが出来。
新人さんは設立の経緯を知り其れなりの歴史を感じて貰える。

お互いに1つ歳をとりました、
私も今年早々に80歳の傘寿。
「歳だからの言い訳けはやめ」1つ年を取って
若返って生きましょう。


1つや2つの病気などは、両親から頂いた自然治癒力や
免疫機能を高め病を振り払って参りましょう。

近年では2人に1人が病む「ガン」の治療法も
欧米では免疫療法が用いられて来ております。

入間市(黒須公民館健康体操サークル)
現在、健康体を維持するするには、
生活習慣病の予防としての食生活や運動は欠かすことは
出来ないが、心の持ち方1ッが免疫機能を左右するとも
言われております。

良いクスリもあり、副作用にも負けない
身体作りを目指した健康体操を実践してください。
と「まとめ」た。


私的なことだが40歳で脱サラし今年で40年の歳月が流れたが
創作意欲は今も変わらん。

躰道を想像し創作した1人とて躰道の普及発展を考えるには
躰道らしい社会貢献を果たして行かなければならない、
私の出来ることは何かを考えた。

自己中心の世の中、
ストレス社会での生活を余儀なくされる現代、
「谷式健康体操」はストレスを解消し心身を整え、
常に平常心を保てることも出来るよう考案した。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.283 肩関節の柔軟とリハビリ

2018-02-06 | 整体体操、 躰 道

今年に入り2日(金)は2度の雪、午前午後の体操教室はお休み、
ブログをまとめ久しぶりに投稿した。

昨年7月の脊柱管黄色靭帯骨化症の手術から
リハビリを兼ねた躰道の稽古と健康体操の指導に時間を費やし
ブログを書くことが少なくなった。

狭山道場の稽古でのリハビリは、運足での足腰の強化
実戦で反射神経を目覚めさす。

しかし足腰の弱った状態では運足八法は使えない
八法から抜け出した運足を駆使しなければ身が守れない。

2月に入り各健康体操教室は、寒さで硬くなった
肩関節の柔軟と整体、肩こり、四十、五十肩のリハビリ。
https://youtu.be/fnVGkWMWbIU
あわせ高血圧等が原因で突然死が多くなる1月~2月は
血圧の安定を図る。

1)僧帽筋(肩こり)と拮抗する広背筋、大胸筋を優しく強化し
肩こりの解消。
固くなる三角筋と拮抗する上腕三頭筋の強化で
三角筋の血行を良くし肩関節を柔げる。

2)筋バランスを整えた後、整骨 5動作で無理なく
肩関節の可動範囲を広げる。

3)リラックス体操の3動作、汗腺が開く手前で2人組みでの
クールダウン、深部体温を上げ温存する、
免疫機能を高め冬場の健康体力に繋げる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.282 傘寿

2018-02-03 | 整体体操、 躰 道

大変遅くなりましたが誕生日と傘寿の祝いのコメントを
頂いた皆様、誠にありがとうございます。

お陰で日々を一日生涯として生き、また精進することが出来ました。
現在でも稽古が出来る事に感謝です。

私にはこの道しか生きる術がなく、
80歳を迎えたこれからも初心をつらぬき精一杯
元気に生き、躰道と健康体操を実践し、
伝承して参りたいと思っております。
皆々様宜しくお願い申し上げます。

20日 狭山道場の新年会はライブコンサート会場、締めは
やっぱり画像のようになりましたが、
決して躰道を忘れた訳じゃないので。


22日入間市の初雪 現在15センチ程
愛宕会館体操教室からの眺めも格別、
足元の悪い中、皆さん参加してくださいる。

体操は昨年の復習と呼吸整体、やる気に応えて
時間いっぱいの体操になった。

K君、メッセージありがとう。
人の一生にはいろんな事がありますが、真剣に向き合えば、
其れ相応の成果を出せるものと思います。

焦らず 腐らず 諦めず、継続できるのも大事な才能の一つ、
人生90年の時代、勝敗が決するのは
最後なってみなければはかならない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.281 埼玉県稽古始め

2018-01-19 | 整体体操、 躰 道

14日52回埼玉県合同稽古始めを実施、
会場は防衛医科大学校武道場、参加者数60名。

新会長を引き受けて頂いた井上雅雄氏の出席のもと
気合いの入った新年の挨拶から始まり、

準備体操から前転、後転、飛びこみ前転等の基礎体力、
運足八法から攻防の相対法、攻撃に対して躱し方「抜け技」


攻撃法して相応間合から角度と距離を詰める運足法と実技、
埼玉県躰道が総合優勝していた頃に駆使した技でもある。

基本技は正拳の拳をひねる位置、主に引き拳の位置(肘内弦)を重視。
身振りを入れた旋体突き、旋体(180度)のストロークでの突きでは、
ひねる位置を重視し、相手に当たる寸前でひねる。

https://youtu.be/3yT04eWffpI
蹴り技は斜状、倒木状になりながら体幹に溜めをつくり
蹴りにパワーアップさせる、2時間30分の稽古は短く感じる。


稽古後は例年通りの新年会、早々に会場へ移動。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No280 2018年おめでとう

2018-01-06 | 整体体操、 躰 道
新年明けましておめでとうございます。
皆様すこやかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は何かとお世話になりました。
今年もお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。

さい彩ノ森公園の早咲きの梅
今年は早々の80歳、日々努力し精進を重ね躰道の奥義に挑戦すれど
未だに道半ばにも達することも出来ない現状。
しかも昨年は身体の衰えを感じる1年になりました。

私の人生腰痛との闘いでもありました。中学生の時の相撲、
高校生の柔道、勝つのみを求め
指導者のいない無茶な動作から始まった腰痛は
私の人生に、
いろいろ考えること(玄制流空手道では運足等、
躰道では健康体操の考案)等を教えてくれたが
その代償も大きかったと思いますです。

全身麻酔による腰椎4箇所の黄色靭帯骨化症の手術、
若い時の力仕事や強い運動をした人に多い病と言う。

2週間の入院でしたが1週間後にはリハビリを兼ね
体操教室の指導を開始、躰道の稽古に備えることができました。

はじめての全身麻酔での手術を体験しましたが
其れなりに回復することができ感謝しております。

まだまだリハビリとしての整体操体とそして躰道と
継続してまいりたいと思います。


私の年代になると明日は何が起こるか分からん
のが現状のようですが回復力には感謝したい。

今年はご自愛くださいの心のこもった年賀状が多かったですが、
まだまだ精進してまいりたいと思います。

昨日の5日から早々の健康体操教室、
入間市黒須公民館サークルから始まり
18ヶ所のサークルの新年の挨拶と体操。

今日6日は狭山道場の稽古始め、今年も忙しくなりそうです。

最後になりましたが今年の
皆様方のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.279 体幹体軸の整体

2017-12-07 | 整体体操、 躰 道


現時点で手術以外に、側弯症治療に有効であると
科学的に証明されている治療は「装具療法」以外にはありません。
と言われておりますが、整体体操1年後の経過では
上下の画像で見るように少々改善しているのが良く分ります。


iPadの有効活用ができ1~2年後の改善状況が楽しみです。
「狭山市交流センター健康体操教室」

12月 3日第28回の所沢市主催のシティーマラソンが実施された。
市躰道連盟では毎年 7~8名の役員が参加していますが、
今回はランナーとして防衛医科大学校から2名挑戦して頂きました。
所沢市躰道連盟も体育協会加盟45年の歴史を刻むことになります。

所沢躰道協会の志しは躰道の理念を実践する。
躰技はあくまで護身でなければならない事、又
自他の生命を尊重し人格を磨く武道である事。
習う、稽古、工夫の三位を一体として、
練磨する事により躰道理念に到達することが出来る。

身体の要である腰部についての講義と実技を
川越市大東公民館に於いて特別講座を開催。
腰椎黄色靭帯骨化症手術後の講義だったのか特に力が入った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.278 躰道草創期

2017-12-01 | 躰道

3ヶ月前になるが8月13日に行われた小牧市躰道優勝大会に招かれ、
前日の12日には帰省ラッシュも緩和され、新幹線発着のホームも
思ったより乗客も多くない、のんびり名古屋に行けた。

大会では少年少女の選手が多く参加、昨年の倍とのこと
主催した名古屋の山本清隆ハ段範士は、教師時代の教え子の家を
一軒一軒訪問し子供達を募ったとのこと、
退職後にもかかわらず精力的な活動には頭が下がる。

会場では山本範士の師匠でもあり名古屋市で躰道の媒体拡充の
任に当たった藤丸先生と数年ぶりの再会。


躰道に脱皮する時代の前夜、55年前、藤丸君とは玄制流本部道場で
寝泊まりし、飯炊きし苦楽を共にしながら
道場生の指導に当った本部道場最後の指導者になった。

本部道場閉鎖後は近くの神社の境内に道場生を集め
2年間ほど2人で指導にあたった。

その間、他流の空手技に対応し、回し蹴りの逆技旋状蹴り、
半月当て、交足、点足などの運足、自由な技の発想ができ、
躰技の基なった技も多い。

道場生達には弟子として継続して来る者も多く、
躰道に変っても違和感なくついて来てくれた。

藤丸師範の弟子や孫弟子達には二松学舎大学や現在活躍中の
東京大学躰道部を創設する会員も現れて来た。
東大に躰道部が出来たことは最高師範祝嶺先生も
お喜びのことと想う。

考案した運足を加えることで玄制流での攻防は其の目的を果たせ、
他流の空手との戦いでも優位に立つことが出来た。


藤丸君とは玄制流時代より60年来の競争相手でもあり、
術技や弟子集めにいい意味でしのぎを削った仲。
彼が居なければ躰道と言う言葉が生まれていたか如何が
疑問でもある、別名称に変わっていたかもしれない。

何故なら、玄制流は1対1の相手より四方の相手を
想定しての技が多い。
手技足技に加え運足や体技で躱さなければならないため、
正中線に加え体軸(中心軸)で躱す実戦的稽古を始めた。

最高師範祝嶺先生から頂いた1枚の表彰状

突然、これから玄制流を「躰道」として遣ると
最高師範祝嶺先生から言われ、
体が躰に変わり面食らった想い出がある。

当然、躰道で募っても見向きもされない、
躰道草創期には玄制流を抜き空手武道協会として
会員を募集することになった。

しかし、躰道に変へ3次元の動きを目指す、
旋運変捻転の躰技と言えども一技一技は
速さと力技の無理な直線技にすぎず。

50年が経とうと言うのに未だ玄制流時代の点と線の
直線的攻防から抜け切れていないのが現状です。


☆ 出来れば平面の動きを自在に操れる運足と
表裏の足の運びを駆使しノルアドナリンやストレスを
ドーパミンやセロトニン脳内環境を整え、
無理無駄のない3次元の動きにしたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体操 No.277 明治神宮武道館

2017-11-16 | 整体体操、 躰 道

昭和50年 1月23日、明治神宮武道館で行われた第2回範士大会、
42前の懐かしい写真、投稿頂きありがとうございました。
シェアさせて頂きました。因みに第1回大会は準優勝でした。

「いくつになっても若さを保つ秘訣」の一動作、
転がって脳脊髄液の循環を促し脈絡叢を刺激、
古来より行われて来た操体法。

https://youtu.be/9_09ZgEdlkk
脊柱管狭窄骨化症手術後のリハビリとして行い、
私も脚の湿疹や静脈瘤が軽減しています。

10日エーロ君フィンランドへ帰国
大学院の仕事が見つかり良かったですね又躰道に頑張れますね。
今回の入間市での1年、お疲れ様、
貴方にとって萌との結婚は人生で二度とない
大事な1年でした大切にして下さい。
また会える日を楽しみにしております。 谷

14日(土)の狭山入間道場は、
久しぶりに入間市武道館剣道場を貸切りでの稽古。

手摺につかまり後屈立ちから膝頭を脇下まで引き上げ水平蹴り、
回状蹴りの為の稽古として左右繰り返す。
子供達は上手に蹴りが出来が
股関節の柔軟性がない中高年には無理の様です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.276胸部胸郭の柔軟性

2017-10-27 | 整体体操、 躰 道

10月に入り、寒暖差が大きく風邪引きや
体調不良を訴える方々が多くなるこの時季、
各健康体操教室は、例年通り胸部の歪みを解消する
胸骨、肋骨、胸椎12ヶの整体体操。 

https://youtu.be/xG_Y2TpBSPQ

胸郭の捻れ、背椎の硬さ、背骨の弯曲等の歪みを解消し、
胸郭を柔軟にて横隔膜の可動範囲を広げ深部体温を上げ、
基礎代謝や免疫力を高め、冬場の健康保持に備える。

今年の夏も猛暑日が続きました。
普段運動を心がけている我々でも、少々体重がオーバーラインを越えています。
皆様は如何ですか?

だからと言って急激な負荷運動は避けて下さい。
急激な体温上昇は深部体温の降下を招き、免疫力が低下し
「かぜ」等の体調を崩すことが多くなります。

10月を境に運動は、恒常的に深部体温を上げられる、
運動法でなければならないと考えます。

腹部内弦と胸郭や背骨の歪みを解消する整体体操に、
球気集包や球気背拔の呼吸法を合わせ、

内臓の中央に位置する横隔膜を、大きく可動し
基礎代謝を高めることが必要と思います。

 

故最高師範祝嶺先生の孫娘の結婚の儀でフィンランドから、ご家族での来日お疲れ様でした、 楽しいひと時を過ごす事が出来ありがとうございます。 台風の接近、無事の帰国を祈っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.275 脳内ホルモンの駆使

2017-10-06 | 整体体操、 躰 道
脊柱管狭窄骨化症の腰椎4ヶ所の手術から4ヶ月、
足腰のリハビリに加え肩関節等、
全身の整体体操を加えることで79歳の身体でも、
ほぼ完璧に近いリハビリができました。

足腰に力が入らなくなって4年の間
まともな躰技が出来なかったが、Facbookでは皆様に応援して頂き
其の難を乗り越える事が出来ました。
誠にありがとうございます、
この場を借りて御礼申し上げます。

其の間、あまり誰でもが経験できない状態での
躰技の使い方を研究することが出来ました。
主に護身のための躰道として
脳内ホルモンの働きを考慮した相対としての運足法。

今年度の社会人躰道優勝大会に狭山道場から出場した
二ノ宮君は、相手の力技を左右に抜ける運足を駆使し、
壮年実戦に相応しい戦いが出来ました。

初戦から決勝戦まで見事な一本勝ちを収め、
危なげない実戦競技をしてくれました。
☆優秀選手賞も受賞しました。

力らやスピードでぶつかり合う直線的危い対戦は
3次元をもって行動する躰道の理念からは外れる。
最低でも平面を自在に操れる躰道の対戦にしたい。

運足八法と名付けたのは最高師範祝嶺先生ですが、
玄制流時代、運足を考案し他流との空手と対戦したのは、
我々若手の師範だったことを想い出します。


各健康体操教室は、夏バテを解消する経絡(ツボ)体操のまとめ。
臥状ストレッチで腕の六経(肺、心包、心)心肺機能と、
(大腸、三焦、小腸)の経絡を刺激。

体幹では督脈(肉体疲労)、任脈(精神安定)を整え、
夏バテ秋バテを解消、冬場の健康体に備える。

肩関節の可動範囲が広がり
四十肩、五十肩のリハビリと予防が出来ます。
体育に適した気候になってきましたが
急激な運動は避けたいですね。
先ずは充分な柔軟体操で体を柔らげ、人生百年に備えてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.274 第七回世界大会

2017-08-20 | 整体体操、 躰 道

脊柱管狭窄骨化症手術の退院後のリハビリは、
スポーツジムでトレーニングと独自のリハビリ。
負荷の掛け方の調整に心を配り早めに心身を整える。

17日(月)の健康体操サークルから指導、
日に一回のペースで股関節整体体操の指導を始める。

22日からは山梨県実施する躰道世界大会及び
親善大会に出場するフィンランドの選手は
入間市武道館と狭山道場で指導を行なった。

選手には勝敗より正確な基本技と少しでも
創造進化した技を持って臨むよう指導。

躰道は競技で勝敗を競う者の為に創造したのではなく、
創造的思考力と人格形成を目的にしたのです。

玄制流時代躰道創作に貢献した数少ない1人の師範して、
基本理念を実現して行かなければならない。

今回、山梨県で実施した第七回世界大会では、海外からの
参加国も減少し主催国として課題を残す結果となった。

退院後の7月は、安静とリハビリを
同時におこなはなければならない。
多忙な日々を過ごすことになったが、
傘寿の身体は良く健康を保ってくれた。

8月3日
大会で活躍したフィンランド会員の1部帰国の途につく、
将来の躰道を担う若者達に期待したい。

今年の7月は、一瞬の間に過ぎたような気がする。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.273 股関節の柔軟性

2017-07-28 | 整体体操、 躰 道


各公民館体操サークルや健康整体体操教室は、
女性の方に多い股関節亜脱臼の整体体操。

5動作の筋バランスの整体と整骨 1動作からリラックスで、
無理のない開脚とストレッチ。

最近の書店では開脚の本が良く出ているが、
無理な開脚は避けたい。

なぜなら女性の寛骨臼は浅く2人に1人は亜脱臼している
と言われている。
知らずに無理な運動やストレッチは避けねばならない。

6月半ば脊柱管狭窄骨化症の手術で 2週間の入院、
某病院にお世話になった。

膝の手術も多いが股関節の手術の方も多く、
骨と骨との間にある軟骨は大切にしたい。
今の医学をもってしても軟骨は作れないようだ。

整筋 1動作
片足を立て片膝を胸に引き寄せる(股関節に違和感の有無を感じ取りながら)


2動作
上げた足の膝頭を腹筋で胸元に引き寄せる(大臀筋等を意識する)


3動作
両脚を深く絡ませ両膝を倒し骨盤低筋のストレッチ


4動作
恥骨筋をリラックス


5動作
膝頭を内側に倒し片足をのせる(内側に倒した脚の股関節は無理にねじらない)
出来ればヘソ下の丹田を意識し(下腹をゴルフボール大に縮める呼吸法)

*整骨の体操は動画になりますので後日にします。
*開脚の画像は真上から両脚を無理なく開く、皆さん一応に開脚出来ます。

普及活動 | 谷式健康体操教室 (入間市) 整体体操 http://www.kenkotaisou.jp/%e6%99%ae%e5%8f%8a%e6%b4%bb%e5%8b%95/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.272 世界の仲間

2017-07-24 | 整体体操、 躰 道
手術から1ヶ月半ば、まだ強い運動は止められている。
不安だったが先々週からリハビリを兼ね
健康体操教室の指導に入った。

腰椎に負担を掛けない股関節亜脱臼の
整筋、整骨、リラックスの整体体操。

リハビリのつもりが運動量が多くなる、
性格でしようがないか、では済まされない。

週末には腰痛で動けない状態、
痛み止めの薬を飲み休養することになった。


現役600名余りの健康体操の会員の皆さんには、
心配とご迷惑を掛けました。

22日(土)回復を待って躰道の稽古に復帰する。
狭山道場の稽古にはフィンランド躰協、
Espoon taido 7人の会員が参加、充分な準備体操から
肘内弦を意識した拳の引き方、突き方から2連3連に連動。

蹴りでは膝内弦の使い方のトレーニングから、
腰内弦を合わせ伸びのある前蹴りの稽古。

帆立構えは前後の構えから四方構えで腰の下ろした
正確な後屈立ちを習得する。

交足からエビ蹴りを繰り返し、
エビ蹴りから連動の旋状蹴りに繋げ、
寸止できる旋状蹴りを体得させ、
最後は実戦で交流を深める。

Espoon Taidoの皆さんお疲れ様でした。
一階の喫茶店では懇親会。

脊柱管狭窄の手術後は両足に力が入り、
4年振りに納得できる帆立構えが出来た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.271快気祝いの花束

2017-07-17 | 整体体操、 躰 道


不安だったが先週からリハビリを兼ね
健康体操教室の指導に入った。

会員の皆さんからは快気祝いに花束を頂きましたが、

リハビリのつもりが運動量が多くなる、
性格でしようがないか、では済まされない。

週末には腰痛で動けない状態、反省。
脊柱管狭窄症で腰椎4ヶ所の骨化した靭帯を削り取る
手術から1ヶ月、まだ強い運動は止められている。

今、思い起こせば玄制流から躰道に変わる4~5年前、
各武道の術技の中では正中線を活用する技か多い中。

玄制流には四方突、四方蹴りから始まり、
四方ハ方の相手を想定した型が多く、又、示現攻防等
5~6人相手にする、実戦的な稽古が多かった。

複数人を相手にする攻防では、正中線と合わせ、
体の中心軸(体軸)で躱すことが有利であった。

躰道はこの体軸を以って攻防を展開する武道として創造。
一言付加えるならば当時代の師範であれば、
創造性に富み誰でもが気付き実践していたものです。

あまりに型にはめた今の展開競技では
創造性を生かすことが出来ないと思います、
独自で創造する示現攻防は良く体験できました。

長年、体軸に近い背骨(腰椎)に無理な力を掛けた結果、
脊柱管狭窄黄色靭帯骨化症の手術になった。
5ッの腰椎が悲鳴を上げていたようてすね。

体軸は体気もって模索する事から始めなければ
体軸の活用は一生会得できない、
指導に当たる者は、此れこそが躰技の基本と
考えなければならないと思います。

若さの至りで強ければいい、早ければいい、
身体のことは考えずに来た結果、この始末、
加齢によるものと一言では決め付けれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

躰道シーラカンスの整体体操 No.270 埼玉県躰道優勝大会

2017-07-04 | 整体体操、 躰 道
最悪の状態にならずに済んだタイミングが良かった、
入院前日までのトレーニング、
足腰の筋力が落ちてなかったのも一つ、又、最高の先生に
執刀して頂くことができ幸運が重なったことでした。

高齢化が進む現在地域医療に貢献している医師、看護師、
関係者の皆様と同病で入院し苦しんでおりました方々の
心の優しさに触れ感謝です、
これから先も宜しくお願い申し上げます。

又、ご助言や御見舞い頂いた皆様ありがとうございます。
昨日28日腰椎3箇所の手術にもかかわらず、
2週間後二本の足で歩いて退院できました。

手術後3日目からリハビリに入りましたが、
後半は谷式の整体体操を加えて行ないました。

退院の現在、リハビリを兼ね一日置きに
トレーニングジムで体調を調整し、衰えた所の筋力アップ。

脊柱管狭窄で減少するのはハムストリングスと気付き、
焦らずに筋力づくりに励んでおります。

4日の今日は、近くの公園を準備体操を加え、
大地を踏みしめて30分ほど歩くことが出来ました。

傘寿(80歳)では順調な回復と思います、又躰道では
1番大切な運足の創作が出来そうだ。


最終的には8日(土)の
執刀して頂いた医師の判断によりますが、
もし良かったら狭山道場の稽古には
参加したいと思っています。


7月2日の埼玉県躰道優勝大会、第42回埼玉県大会には
躰道初期、全日本躰道選手権大会では県代表選手として、
埼玉県躰道協会を数度の総合優勝に導いた
最も活躍した井上雅雄氏を会長に迎えての大会。

会場の雰囲気が一変し終始緊張感あふれる大会になった、
出場選手には怪我も無く、無事に終了する事ができた。
関係者の皆様にお礼を申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加