隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

スポーツ No.105 『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』

2017年03月29日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第105回は、『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』をお送りします。


大相撲春場所は、千秋楽の26日(日)、新横綱の稀勢の里が優勝決定戦で大関・照ノ富士を破り、2場所連続2回目の優勝を果たしました。


春場所は25日の14日目を終えて、照ノ富士がただ1人1敗で優勝争いのトップに立ち、2敗で稀勢の里が追う展開となっていました。


稀勢の里は、13日目の横綱・日馬富士戦で左肩を痛め、前日の横綱・鶴竜戦では、簡単に寄り切りで破れていました。


誰もが、照ノ富士の2度目の優勝を予想していたところ、千秋楽で、稀勢の里が本割、優勝決定戦と二番連続で照ノ富士勝ち、“奇跡の逆転優勝”を果たしたわけです。


この稀勢の里の優勝を絶賛する声が溢れていますが、隊長は、稀勢の里優勝に忖度(そんたく)はなかったのか、あえて問題提起をしてみたいと思います。


森友学園問題に関して、安倍首相に対して役人の忖度がなかったか、国会では、連日紛糾しています。


忖度とは、「他人の心をおしはかること」とされています。


照ノ富士が、他人の心をおしはかって、千秋楽の土俵に上がっていたとしたら。。。


籠池理事長は、土地の価格が下がったことに「神風が吹いた」と話しています。


稀勢の里は、優勝後のインタビューで、「見えない力感じた」と語っています。


これは、偶然の一致でしょうか?


テレビ観戦をしていたのですが、13日目まで、圧倒的な力を見せていた照ノ富士が、稀勢の里との二番では、全く力が入っていない様な動きでした。


さらに、取り組み前に“鬼の形相”になるいつもの照ノ富士が、千秋楽では見られませんでした。


本割では、稀勢の里が立ち合いに変化をし、有利な体勢に持ち込みましたが、前日に同じく立ち合いの変化で勝った照ノ富士が、“手負い”の稀勢の里がこの戦法を取ることは、十分想像出来たはずです。


それが、見事にその作戦に引っかかるとは、考えられません。


まあ、照ノ富士も、古傷の膝の痛みが再発していたとの話しもあり、忖度があったかなかったかも、森友問題と同じ様に、当事者の口から語られることはないでしょうね。


さて、『春場所番付 売切れ御免』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557 で、取り上げた稀勢の里以外の隊長の注目力士の結果です;


横綱・白鵬は、初日から黒星をし、五日目からまさかの休場です。来場所も精彩がないと、これまでの功績が本当に“レジェンド”で終わったしまいますよ。


関脇・玉鷲は、8勝7敗と辛うじて勝ち越しました。三役昇進後の三場所連続勝ち越しは、立派な成績ですが、“遅咲きの大関誕生”にはほど遠い成績に終わりました。


同じく関脇の高安は、初日から10連勝して、稀勢の里との同部屋優勝争いの期待もかかりましたが、その後三連敗し、12勝3敗の結果でした。それでも、来場所大関挑戦の権利は手にすることが出来ましたね。


平幕の逸ノ城、期待していたのですが、6勝9敗と負け越してしまいました。


今場所の“新星”として目に付いたのが、前頭7枚目の千代翔馬(ちよしょうま)です。


モンゴル出身、まだ25歳の千代翔馬、同じくモンゴル出身の先輩横綱・日馬富士の若い頃を思わせる様な筋肉質の体、素早い動きで、9勝6敗と見事な成績を残しました。


同部屋の大横綱、千代の富士の様に“ウルフ”の称号で呼ばれるのも近いかも知れないですね。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに35回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~90 省略

No.91 2016/9/4 『リオ五輪サッカー男子決勝戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56479c7f0c88756f68313e38de4ae1cd

No.92 2016/9/14 『白鵬休場秋場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe

No.93 2016/9/27 『豪栄道 全勝で初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4928a71ea72d4ca5594d61500fda39a

番外編 2016/11/8 『訃報:平尾誠二さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a65e0c7823eee06d243f3abdceb502b2

No.94 2016/11/12 『九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4

No.95 2016/11/18 『PANCRASE 282』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3dbba02348d263d9dff38f382681974

No.96 2016/11/30 『鶴竜 有終の美を飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd947572b9d08912a910a0d8e29d3130

No.97 2016/12/13 『五輪野球会場に外れた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/466d20d8a663055f0a0ecf6a26a43003

No.98 2016/12/23 『鹿島 世界を相手に大善戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb38dbca07c3ef75eb3be3bf8314b31a

No.99 2016/12/27 『フィギュ全日本女子 宮原三連覇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9

No.100 2017/1/9 『初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958

No.101 2017/1/24 『稀勢の里横綱昇進へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8e18a16d99be844e58a34f1af8d8b1f

No.102 2017/2/14 『アイスホッケー女子 五輪決定』 http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=67e8d973a956575957a8ba41d91cd95b

No.103 2017/3/15 『春場所番付 売切れ御免』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557

No.104 2017/3/25 『WBC 準決勝で敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2bde76c25b658ef9d058711468b013df

ジャンル:
相撲
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本と雑誌 27冊 『地球の歩き... | トップ | テレビ Vol.171 『五木先生の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL