隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

上海城市新聞 Vol.27 『10年ぶりの南京』 (その2)

2017年05月18日 | 上海城市新聞

上海城市新聞 Vol.27『10年ぶりの南京』(その1)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8e285ce7b3b208dfe45bf66f38856473


宿泊先の「明発国際大酒店(英文名:Mingfa International Hotel)」に、チェックインしたのが、17:20頃です。


部屋で一休みして、18:30に夕食を食べにホテルを出ました。外は、雨が振り出しています。


ホテル脇を通る「明城大道」の向かい側に、「明発商業広場」という大きなショッピングセンターがあります。


ここに、中華レストランが10数軒並んでいる一角がありました。レストランというより、地元の食堂の雰囲気の店々です。


その中の一軒「小李特色菜館」は、お客さんで賑わっています。美味しいに違いないと、この店に入りました。


オーダーしたのは、“キクラゲとエノキの炒め物”、“豚肉とナスの炒め物”、“ニラ玉”の三品。


それにビール一本と、ライスで、お勘定は50元(約850円)と、とてもリーズナブルな値段でした。


料理はどれも美味しく、大満足です。


食後は、同じ「明発商業広場」にある「永輝超市(Yong Hui Super Market)雨花台店」に、買い出しに行きました。


買ったのは、ホテルの部屋での晩酌用のビールとおつまみ、それに家内から頼まれた“木耳干(乾燥きくらげ)”。


ホテルに戻ったのが、21時でした。こうして南京旅行一日目が終わりました。

 

★続きは 『10年ぶりの南京』 (その3)で★

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海城市新聞 Vol.27 『10年... | トップ | テレビ Vol.181 『金曜日くら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL