gooブログはじめました!「お一人様乳癌」です

他人事だと思っていた乳癌を患って感じた色々

お一人様の乳癌②告知までの道

2017-07-01 13:50:53 | 日記
2016年初秋、これは更年期障害?というホットフラッシュに悩まされ町の婦人科を受診したのが、そもそもの始まり。
ホットフラッシュに関しては、漢方薬で様子見となったが、子宮ガン検診を受けているか?と医師に質問され、そういえば数年前に1度受けたきりになっていたと思い、一緒に診てもらった。
≪多発性子宮筋腫≫
大学病院で診てもらった方が良いとの事で紹介状を渡される。
大学病院の診察で、数年前の人間ドックでSSCという腫瘍マーカーが高値だったことを話し、色々検査を受ける。結果、悪性ではないと言われる。
生理痛・腰痛などの自覚症状がないのなら手術適応ではない。とのことで筋腫に関しては経過観察となる。
では、何故、腫瘍マーカーが高値なのか?
今度は内科の紹介状を渡される。
そして、PET検査を受ける。
結果、子宮・大腸・右乳房に集積があると言われ、またまた検査の予約。
ここまでで2016年が終わる。
年が明け、大腸内視鏡検査、異常なし。
2月、乳房の検査。マンモ・エコー・病理…
2月28日、主治医(乳腺外科)より「乳癌です」と言われる。
何ともアッサリ言われた記憶しかなく…
この時は ただ「へぇー」と感じただけだった。
帰り道(自宅から病院まで車で1時間もちろん独り)、
ホットフラッシュからの乳癌…
繋がらないし、予想できないし、半年いろいろ検査してきて…
やっぱり「へぇー乳癌だったんだ」位の感想しかなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お一人様の乳癌 ①はじめに | トップ | お一人様の乳癌③手術まで »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。