甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

今年も終わりです・・・

2009-12-31 | 春夏秋冬 こつ こつ と...日記
2009年 少年野球のみんなと別れがあり・・・
クラブのみんなとの出逢いがあり・・・
そしてまた、倶楽部のみんなとはお別れもあり・・・
色々あった一年でしたが、人の温かさと人と別れる寂しさ、
人との接し方の難しさを考えさせられた一年でした。

やはり、1番の思い出は・・・クラブのみんなと出逢えたことだと思います。
こんな出逢いがあるとは思いもしなかったので、倶楽部のみんなと接することができて本当に楽しかったです。
ついつい、子供の目線に背を低くしてしまう自分があり、想いも大きくなって、
迷惑を掛けたかもしれません。

2010年はどんな出逢いがあり、どんな年になるのか楽しみでもあります。
やっぱり、自分らしく出逢いを大事に、人を思いやることができる自分でありたいなぁと思います





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

My Birthday^^*

2009-12-26 | 春夏秋冬 こつ こつ と...日記

         

        歳をとるのは嫌だけど・・・
        やっぱり 覚えていてくれるだけで嬉しいです
         毎年、こっそり少ないお小遣いで用意してくれるpresent
                歳をとる悲しさを癒してくれくます      

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Merry ☆X’mas

2009-12-25 | 春夏秋冬 こつ こつ と...日記

                     

       今年も お家のX’mas を作ってくれました

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

小さな巨人 satoshi 恐るべき食欲 @@;;

2009-12-24 | 中学野球

昨日は、年内最後の練習がありました

卒団の思い出に フォトビデオを作成中で
想いを巡らせながらどんな思い出をこのに収めようか・・・  
           

最終日に間に合えばと思っていたのですが
試合と違って卒団の思い出となると、こんなところも~あんなところも
残してあげたいと思うとなかなか進まない・・・

結局、仕上げることが出来ず
残念ながら練習を見に行きたいなぁ~と思いながら没頭してました

気が付くと外は
 もっと未来の高校球児が風邪ひいてしまう
ちょっと一休みして、お迎えに行きました

未来の高校球児にも年内もう会えないので みんなでお昼ごはんしたのですが・・・
satoshi のすごすぎる食欲  おかしくなって今年最後の 

               すごすぎる
                        
       これハンバーグ3つも重なってます 見てるだけで気分悪っ
       これにプラス なんと 大おかわり すごすぎる恐るべし食欲

中学生ってみんなこんな食欲なのか いやいやsatoshiだから
何が驚くか・・・というと 
さらにこの後苺パフェをぺロリ すごいというより、おかしいやろって感じ。

チームのモットーは『食べること』
satoshi 堅実に守ってますね
巨大ハンバーグを前に、あんまりにも嬉しそうな顔してたのでとらせてもらいました

        
                                        
                      もっと未来の高校球児も将来こんな食欲になるのかな

satoshi たちとは少し離れた あまり会えない年月が過ぎていましたが satoshi の野球がきっかけで最近はよく会えるようになって・・・
お泊りもあり、普段静かな我が家は嵐のような賑やかさ 騒々しさでしたが
小さな時から変わらず、お喋りなsatoshi と、もっと未来の高校球児 ~只今反抗期miniギャング~に楽しい時間をもらいました

またお正月、来るらしいので賑やかなお正月になりそうです
いっぱいご飯作らないと ハンバーグ4つ重ねなんてどうだろう
それより先に 昨日から15日間の長い冬休みに突入
まずは 仕上げよう
クリスマスpresent には間に合いそうにないなぁ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の練習♪

2009-12-20 | 中学野球

昨日、野口球場での練習にお邪魔させていただきました
一度、見てみたかった球場で、想像していた球場とは違って味のある雰囲気の良い球場でした
  
                               
   スコアーボードは手書き
こんな感じが何だかいいですね~

昨日は、先日卒団を迎えた3年生が練習に来ていて、練習を見ているといつもと変わらない風景で 
またみんなに逢えて嬉しかったです
  それから ROOKIE  2年生ウッチィーの姿もあり 笑顔も見れてgoo
     

           
              
       
グランドでの練習を終えて、併設されている室内練習場でバッティング練習が行われました。
             
                          打順待ちの選手たちの様子を
            
           
                                   こら shota 邪魔しないでやらんかい
     ここにも邪魔者1名masao 

                     辛そうぉ と人のは笑えるyamatoも 自分の番は 
    
  
                  そこでみんなの辛そうぉを集めてみました
 
   
                                               
           satoshi 辛いと笑える男                 がんばれhamachan
      
                                                                                                   
     shunさん辛いっすか 辛いっすよねぇ~       ウッチィー余裕の笑いですねぇ

と・・・こんな感じでした 
見る方も笑える練習 これ見てるだけでもまた笑える

しかし こんな言葉を耳にましたよ
3年生、卒団して気が抜けたか練習に身が入ってない・・・』と。
『真剣にすることの大事さ』 練習に遊びに来る感覚ではいけないですね
そんな選手は、もちろんいないだろうけど・・・
ON/OFFのケジメ大事ですね
       
        引き締まって練習終了です
     
                

昨日は初雪 舞いそうなくらい気温の低い1日でした
3年生は特に大事な時期です  風邪引かないように気をつけて
年内あと残すところ練習は2回と聞いてます
体調管理に気をつけて元気で今年を終えてくださいね  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

卒団式 = 3 = 『2009 あしあと』

2009-12-16 | 中学野球
        
               2009加古川倶楽部   
     
            卒団記念に 少しですが撮りためた、みんなの『あしあと』です
            短い間でしたが、これを見ると1人1人がどんな選手なのかが見えます。       
            あまり話すことが出来なかったので、この1枚の中に1人1人に贈る無言の
            メッセージを自分なりに入れてみました
                                            
       
     
       
     
       
                                          
       
     
       
     
       
          
       
           
       
          
       
           
       
          
                       
              
       
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

卒団式 = 2 = 『 9つの思い出』

2009-12-16 | 中学野球

             卒団生9人、9つの思い出ができました
   
   
                    

これも私は倶楽部らしいと思いながら、色紙を書いている選手を微笑ましく思いました
色紙って、前もってこっそり回したり・・・それぞれもらう時までの、お楽しみみたいな感じではないですか
卒団式の中で書き合いっこしながら、くっつき合って、とても楽しそうな笑顔が溢れていました
そんな時間を作られた倶楽部が倶楽部らしくて素晴らしいと思いましたgoo
しかし・・・勉強より真剣な表情かもしれないですね
それだけ仲良しで仲間を想っているのでしょう
       
                みんなの想いがつまった色紙です
    
    
    
    
    

14 tathuya と会うのは卒団式が最初でした。
卒団生の思い出にと思い、撮りためた写真で、1枚の大きな写真を作ったのですが・・・
tathuyaとは、試合でも練習でも会うことができず、私が撮影した写真が1枚もなく
みんなが写真を見ながら楽しそうにしている姿を見て、嬉しかった反面、tathuyaには
ほんと可哀相なことをしたと思いました。ごめんね・・・
 
それから、この色紙の中で、人一倍でっかい字でアピールしている選手がいます
shotaだけど・・・
shotaは、初めて相生で会ったとき、初の笑顔写真に、1番反応してくれた選手で
それからの中に、いつも誰かと楽しそうにじゃれ合っている姿がありました。

卒団式でのshotaの作文を聞いて私が感じたことなので、ほんとうのココロは分からないけど・・・
shotaは、顔にボールが直撃し、入院する事態になったそうで、その話しは聞いていたのですが、
その話しが出てきて、やっぱり人一倍倶楽部と仲間、人が好きな子なんだなぁ~って思いました。

 『ケガをして入院したとき、倶楽部の全員が病院にきてくれて嬉しかったです。
 
自分が辛いとき、大変なときに仲間から寄せてもらった『こころ』がshotaの『心』に残ったのでしょう。
心から嬉しかったんだと想像します。だから、自分も人に優しくなれる・・・
本人は気が付いているのか?いないのか?聞いてみたいですね。

常に・・・ 自分がされて嫌なことは人にするな。自分が人にされて嬉しいことは、人もきっと嬉しいはず。と思っているので、
人の気持ち『心』を先に見て、行動できる自分でありたいなと思っているのですが・・・
これも想像ですがshotaはそれができる人間に思います。なぜそう思ったか・・・ 
   
    
     
1人だけ真新しいバットを持って、コーチの話しを聞く選手。shotaです。
このバットは倶楽部からの卒団記念品です
こんな姿を見ると、人一倍、倶楽部に想いがあるんだろうなと感じます。
新しいバットが超うれしかっただけなのかもしれないけど・・・
3人の写真は、式の最後の1ショット
多分ですが、このバットで1人の写真撮りたかったかなぁ~と後で思ったのですが、
横にいたnakajiこまっちゃんに一緒に撮ろうと私言ったので
そうだったらごめん・・・ 『心』先に見れなかったかも・・・

他のみんなも、それぞれ想いがある言葉が出ていました。
こまっちゃんの『高校行けたら』でパッと式の雰囲気が明るくなりました・・・が
やっぱりこまっちゃんらしいと言うか こまっちゃんには笑顔が似合います
ただ1人、作文を見ずに話してくれたこまっちゃん男まえ』でした 
母から、こまっちゃんが高校で試合に出るようになれば連絡して下さると約束したので 
絶対行って野球してもらわないとね
また空に叫ぶこまっちゃんが見たい見れると信じて待ってようと思います
 
みんなのことぜ~んぶ書きたいですが、とめどなくなりそうなので・・・
最後に、キャプテンnakaji キャプテン業お疲れ様でした
1人違う中学から倶楽部に入部したと聞いてます。
心通うまで、キャプテンとしてまとめ役、大変だったと思います。
穏やかな人柄が、みんなの笑顔を生んだのではないかと感じます。
   
私が倶楽部に出会ったのも『縁』 みんなに出逢えたのも『縁』
人は逢うべくして出逢うと思うので、逢うべくして出逢った人たち、これから出逢う
人たちを大事にしていきたいなと思います。
選手にも『縁』を大切にして欲しいなと思います。
卒団式・・・あたり前の行事かもしれないけれど、この最高の卒団式が笑顔で終われたのも、
君たちを次の道へ送り出してあげたいと『想う』倶楽部の皆さんが、一生懸命準備してくれたお陰だということを忘れないで・・・
あたり前のことを、あたり前ではなく、そういうことを考えられる人になってもらえたら君たち最高です

         
       

最後に、嬉しいことがありました・・・
卒団式のあった夜。 ある選手から1通のが届きました。
すごく嬉しかったです ありがとう。  
 『 登録したって下さいな (クレヨンしんちゃんマーク)』
 『 短い間やったけど~まぁ甲子園でるからその時写真とってや
    写真とってもらう時ゎ優勝旗も一緒にな 』
 甲子園のスコアーボードの君の名前がバッチリ撮れる一眼レフ買って
行かせていだだきます 
だから必ず連絡してくるように
甲子園に行けるように、とりあえず高校受験 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第一期生 卒団式

2009-12-15 | 中学野球

        3年生のみんな 卒団おめでとう
     
     
   1yamato  3masao shotaro  yuya  4masakazu

           8yasuyuki   2shota   9rikiya  14tathuya

  先日、加古川倶楽部 第一期生の卒団式が行われ出席させて戴きました。

卒団生を送り出すのも初めてのことで、御父兄の皆さんが一生懸命準備され、
本当に温かい卒団式でした

卒団と言えば・・・笑顔で始まり、涙で終わることが多いですが、涙に始まり・・・
笑顔で終えることのできた卒団式。

先日、代表とお話をする機会があり、『倶楽部に関わってくれる人は家族の様に思っている』とおっしゃっていました。
涙の代表、卒団生へ贈る言葉から始まった卒団式。
代表の温かい、お人柄が、倶楽部らしい卒団式になったんだと思います
子供たちへ愛情いっぱいの代表をはじめ、『人心』ひとこころ・・・を教えて下さった監督さん、コーチの方々。
最高の指導者の元、選手たちが学んだ物は大きいなと感じました。

卒団生が、感謝の気持ち、仲間への想い、これからの夢を話してくれました。
  1人の選手から・・・ 
   『 親には1番感謝しています。
     今まで迷惑を掛けてきた僕を、このチームに入れてくれてありがとう。
     高い野球道具を買ってくれてありがとう。
         当番の時、仕事を休んでまで来てくれてありがとう。
 』 

親の協力なくしては出来なかったこと。
普段は、口うるさい親かもしれないけど、誰より君たちの1番の理解者はご両親。
どんな時も味方なのもご両親。
面と向かっては『ありがとう』言えないね・・・
でもね言葉にならなくても、感謝の気持ちを表す方法はいくらでもある

監督さんからは・・・
   『人の気持ちを思いやる。野球というものは1人では出来ない。
    気持ちを持てる選手が、これからいい選手になれる。
    』
 
    『気持ち』・・・色々深い意味をもった言葉だったと思います。
    選手たちに、この『気持ち』の意味が伝わったでしょうか。

そして・・・在団生ルーキーキャプテンshunから先輩へ贈る言葉がありました。
     
      

    shun涙

shun が先輩たちと、いつも笑ってた姿を、よく見掛けました。
来年、shunが卒団を迎えるとき、涙の贈る言葉をもらえるようキャプテン業

そして・・・仲間へ全員で色紙を書きました。
色紙のことは次回書こうと思います

大事な式の途中、部外者の私のことを、みなさんに紹介して戴き、それに・・・
御父兄のみなさんから、こんな嬉しいプレゼントまで戴きました。
こんなにして戴き、ほんと嬉しくて・・・
こんな温かい倶楽部のみなさんに出逢えて感謝です。
ありがとうございました。
        
  倶楽部のみんなのユニホームと同じデザインで作って戴いたストラップです
  背番号には名前まで入れて下さいました
  もうひとつ、可愛いお財布も戴きました

  3年のみんなへ・・・
  
  倶楽部に出逢い、みんなとも出逢え楽しい時間を過ごすことができました。
  ありがとう
  これから、もっと厳しい世界で野球をすることになりますが、指導者の方々から
  戴いた『心』を思い出し、頑張って欲しいと思います
  
            夢はでっかく 目指せ甲子園
          みんなのこれからにYELLをおくります

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンク 今宮健太 背番号2

2009-12-11 | プロ野球

          

                                大きい期待 『背番号
        
        城島選手が大リーグへ移籍した2006年から空けられていたナンバーを背負う。 

         「正直、自分が『』をつけていいのかなという不安があった。
                             でも、もうそれを言っていたら、どうにもならない

         「城島選手を越えるように、2を渡してよかったと言われるように、努力したい

         ソフトバンク 背番号 2 は、今宮健太の『 』にきっとなるだろうと期待する。
    
    明豊カラーのユニホームから、真新しいソフトバンクカラーのユニホーム姿が
    プロになったんだと実感させてくれる。
    今宮選手のプロでの活躍にYELL

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほんとに残念・・・阪神 赤星選手引退

2009-12-10 | プロ野球

            

        9月 横浜戦 右中間への打球にダイブ・・・中心性脊髄損傷・・・
        まさかの引退・・・
        復帰を楽しみにしていたのでショックです・・・

 『僕は100%の力を毎試合出せなければ他の選手に勝つことはできないと思ってやってきた。
  どこかでセーブしなければいけないという恐怖感もある。プロとして、身を引くべきじゃないか

 入団から9年。プロでは通用しないと言われた小さい体にファンの夢を乗せ、全力で走ってきた赤星選手。
 1年目から5年連続の盗塁王、6度のゴールデングラブ賞。
 1番赤星・・・俊足、堅守 甲子園からあの姿がなくなるのはほんとうに残念です。

         
   赤星選手が新人だった2001年の              2003年9月15日の広島戦。
   春季キャンプで打撃指導する野村監督。           サヨナラ打した赤星選手を抱きしめる         
   赤星選手をプロに導いたのは、2000年         星野監督。
   当時、阪神の監督だった野村克也氏            『忘れんよ…あのV打
                                     あのガッツをもう一度見たかった…』
                                        と星野仙一SD                                            
                         
        
     アニキとは2003年に広島からFA移籍       阪神赤星 決死のダイブは後悔なし!
    してから左中間でコンビを組み続けた。 

 『グラウンドで死ねたら本望かと聞かれれば、本望といえない自分もいた。恐怖心もあった

 悩み抜いた1カ月間・・・ プロとして・・・プロだから・・・引退という苦渋の決断を選択したのだと思う。

  愛知・大府高から亜大―JR東日本を経て2000年ドラフト4位で阪神入団。
  走攻守三拍子がそろった外野手として1年目からレギュラーに定着し、39盗塁
  で盗塁王、新人王に選ばれた。
  その後も05年まで5年連続盗塁王、リーグ優勝した03年と05年にはベストナイ
  ンに選ばれ、ゴールデングラブ賞は6度選出。
  04年に社会貢献活動が評価され、ゴールデンスピリット賞を受賞した。

  今季は、91試合の出場で打率2割6分3厘。
  プロ9年間の通算成績は1127試合で1276安打、打率2割9分5厘、3本打、215打点、381盗塁。
  
  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンクーバーオリンピック ☆安藤美姫選手☆ 織田信成選手☆ 内定おめでとう!

2009-12-06 | スポーツがおもしろい!

       

    昨日のGPファイナル ミキティー&織田選手の銀メダル おめでとう
    そして・・・バンクーバーオリンピック内定 おめでとう

    安藤選手・・・精神面からのプレッシャーか15位という不本意な結果に終わったトリノ五輪。
    4年前があるから今がある 2度目のオリンピック金メダル目指して
    ファイナルでは、勢いのある滑りと、衣装と曲がとても合っていて、1つのジャンプがおしかったけど、
    金メダルでもおかしくないフリーだったと思います 
    ヨナ選手のショートは世界最高得点 さすがの演技でしたね 
    銅メダルの鈴木選手 フリーからの巻き返し素晴らしかったと思います  
    

    織田選手・・・4年前トリノ五輪選考の全日本選手権。
    1度は優勝の判定に輝いたが前代未聞の判定ミス 涙をのんだトリノ。
    『この4年間は五輪のことだけを考えてやってきた。誇りに思う』 
    昨日のファイナルではのびのびとした、織田選手らしい滑りだったと思います
    バンクーバーではどんな演技が見れるか楽しみですね

    残念ながら、ファイナルまさかの5位に終わった高橋大輔選手。
    ショートではケガからの復活首位の貫禄ある滑りでしたが、
    フリーでは、いつもの高橋選手の華麗さが見れなかったように思いました。

    それに・・・ファイナル出場ならなかった真央ちゃんも
    まだ全日本選手権がある 

    バンクーバー五輪 高橋選手真央ちゃんなしは考えられないでしょう。
    2ヶ月後のバンクーバーが楽しみですね    

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KOBE ルミナリエ 09’

2009-12-03 | 春夏秋冬 こつ こつ と...日記


       KOBE ハーバーランド        KOBEポートタワーとMOSAICツリー
  
                    1995 ~ 夢の光 ~ 
阪神淡路大震災
               
1995年1月17
午前5時46分          

               あれから15年・・・
        この日、神戸で暮らしていた私。
       こんなことが起こることなど想像もしていなかった私は
       あの朝、何が起こったのかしばらく理解できなかった。
       外は昨日までの穏やかな神戸の街の跡形もなく、寒空の中
       どうすることも出来ない人たち。
       映画やテレビで知る戦場のような光景は一生忘れないだろう。
       多くの方が犠牲になり・・・
       両親をなくした子供たち・・・家族や友人を失った人たち・・・
       この年の12月 阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂と都市の
       復興への希望を託してKOBEルミナリエが開催されました。
       あれから15年、未だ震災の爪跡が残るところもありますが
       街の復興も進み、12月クリスマスで一見華やかに見えるルミナリエですが
       多くの方は、あの時を思い出し大切な人を偲ぶ光なのです・・
       
      

    1996 讃歌・輝けるときを求めて      1997 大地の星たちに捧げる    1998 光の星空    
   
          1999 「Pure」な光の下で          ハーバー 赤煉瓦倉庫 
 
                         2000 光の永遠
 
                  2001 光の願い                              2002  光のぬくもり
 
 
               2003 光の地平線             2004 神戸・光の都
 
             2005 光の第二章               2006 空の魅惑
       
 
                                            2007  光の紀元  
                           
                                     2008  光のインフィニート 
                                                            
           そして・・・15年目 偲ぶ光のテーマは光の抱擁~
   
    

                                     
                            
 
       


 

       

       
       


                      
         
                       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加