甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2016 秋季高校野球兵庫県大会2回戦 北条vs関西学院 写真UPのお知らせ♪

2016-10-17 | 2016 秋季高校野球



2016 秋季高校野球兵庫県大会2回戦 北条vs関西学院 
写真UPのお知らせ



北条 山本投手と松本捕手

苦しくても松本捕手の声かけに笑顔を忘れず頑張る山本投手

「信頼」を感じた印象に残るバッテリー。


2回戦 北条と関西学院との対戦は、関西学院が井原木投手と羽渕投手のリレーで

北条を4安打 7-0(7回コールド)完封勝利した対戦だった。

関西学院は初回、1番堀尾選手、2番水谷選手の2連打で無死1、2塁と先制のチャンスを作ると

3番田中選手のタイムリーで先制、打者一巡6安打4得点を挙げ好スタート。

その後、北条先発山本投手が力投を魅せるも、中盤5回

1死から5番菱谷選手のレフトヒットをきっかけに、6番藤原選手のサードゴロにEランプ

1死1、3塁を作ると7番日野選手が3安打2打点目のタイムリーで5-0

(1回ライトタイムリー、3回センターヒット)

更に2死2、3塁から9番井原木投手のセンター2点タイムリーで7-0と大きくリードを取った5回裏の攻撃。

菱谷選手、藤原選手、日野選手、井原木選手も皆、初球を狙い打ちする攻撃に圧倒されたイニングだった。

北条も6回、3番立脇選手のヒット、4番世良田選手の四球で無死1、2塁のチャンスを作るが、

井原木投手はフィールディングも良く、3塁を踏ませない関西学院の堅守が光るイニングとなった。

関西学院の6回、先頭2番水谷選手のショートゴロにミスを誘い、3番田中選手の四球、

5番菱谷選手の内野安打で1死満塁を守り切った北条へチャンスが訪れることを願う7回

関西学院は羽渕投手へと継投し、三人を討ち取り試合を締めた対戦だった。

2016 秋季高校野球兵庫県大会2回戦 9月17日対戦結果

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 秋季高校野球兵庫... | トップ | 2016 秋季高校野球近畿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む