甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2017春季高校野球兵庫県大会 準々決勝 5月3日対戦結果

2017-05-03 | 2017 春季高校野球

4強進出を懸けて、明石トーカロ、ウインク姫路の2球場で準々決勝4試合が行われました。

今日は試合速報を見ながらの応援。

どの対戦もいい試合になったようで、球場へ応援に行けなくて本当残念

明石トーカロ球場 第1試合では明石商業が、近藤投手、加田投手のリレー完封で秋の王者 神戸国際大附属を下し4強進出!

明石商業と神戸国際大附属は、昨秋8強進出を懸けて3回戦で対戦し、4-3と僅差で神戸国際大附属が勝利しました。

神戸国際大附属はこの後、秋の王者となりましたが、明石商業はリベンジマッチの春の対戦でしたね。

先日の3回戦、明石商業の選手たちが神戸国際大附属と尼崎小田戦を観戦後、

狭間監督さんと長い時間球場外でミーティングをされていた姿が印象に残ります。

明石商業の選手のみなさん 4強進出おめでとう!


第2試合 市立西宮と報徳学園の対戦では、

3回戦須磨翔風戦の時と同じような報徳学園の底地からがみられる戦いになりました。

市立西宮1得点先制リードを保った7回裏、報徳学園は2番長尾選手の2ベースヒット、小園選手の四球、

4番篠原捕手で1死二2,3三塁を作り、片岡選手の犠牲フライで同点。

8回には神頭選手の3ベースヒットに、稲葉選手がスクイズを決め逆転。

今日は投手先発 池上投手が完投、終盤底地力を魅せ4強進出。

市立西宮を観たいなぁと思っていたので残念。

また夏を楽しみに。

秋に続き4強進出 報徳学園の選手のみなさん おめでとう!


ウインク姫路球場での準々決勝 第1試合 滝川と育英との対戦

序盤から両チームいい守備も見られて締まった対戦でしたね。

育英は3回戦 六甲アイランドとの延長13回タイブレーク戦(3-2で育英がサヨナラ勝利)に続き

準々決勝も延長戦(10回)を戦い2-1サヨナラで勝利、秋に続き4強進出です。

9回裏 3番宮田選手のライト前ヒットでチャンスメイクし、5番辻本のレフト前同点タイムリーで延長戦へ。

六甲アイランドとの3回戦ではタイブレーク戦へ入り、

2番別府選手のセンター前タイムリーでサヨナラ勝ちをした育英でしたが、

今日の滝川との準々決勝では延長戦へ入り、10回裏 1死から別府選手の選球眼がチャンスメイク!

別府選手今回もラッキーボーイでしたね。

別府選手の四球を生かし4番藤田選手のサヨナラタイムリーで4強進出を掴みました。

育英の粘りの守備、それを攻撃に繋げる勝負強さ やはり凄いね!

育英も秋に続き4強進出 育英の選手のみなさん おめでとう!


第2試合 社と神港学園との対戦

15-5(5回コールド) 速報を見ると15安打?4番中戸選手の満塁HRも飛び社打線爆発の対戦となりましたね。

堂々の4強進出 社の選手のみなさん おめでとう!

神港学園は秋に続き4強進出ならず悔負となってしまいましたが、

前へ!夏へ!頑張って下さい。


明石商業、報徳学園、育英、社 4強が出揃い、兵庫の春も大詰め準決勝を迎えます。

準決勝の対戦組み合わせは、5月5日 明石トーカロ球場にて

第1試合 10:00~ 報徳学園ー育英

第2試合 12:30~ 社ー明石商業となりました。

6日 10:00~ 第三位決定戦 12:30~決勝

5日は曇り予報・・・ 6日は雨予報・・・

お天気心配ですが、良い対戦になりますように。

観戦の方は傘忘れないで~ワタシダナッ


5月3日 準々決勝 対戦結果です。

【明石トーカロ】

第1試合
神戸国際大附 000 000 000=0
明石商業   102 000 00 ×=3

神戸国際大附 花村、岡野ー猪田、荒邦 
明石商業 近藤、加田ー山本

兵庫県高校野球連盟試合速報より

初回国際 先頭の森田が四球を選ぶも得点に至らず。
その裏の明商 先頭後藤の四球から2死3塁としたところで相手バッテリーミスにより1点を先制。
2回国際 先頭の4番猪田が左線にツーベースを放つも無得点。
3回明商 先頭の1番後藤が左中間を破るツーベースを放つ。
直後バッテリーミスで無死3塁とすると、2番倉見の内野強襲安打で追加点を奪う。
さらに犠打で1死2塁とし、4番右田が中前にタイムリーを放ち3点目。
6回国際 1死から1番森田が中前打を放つも無得点。
7回国際 先頭4番猪田の四球をきっかけに2死3塁とするがあと一本が出ず。
最終回の国際 2番後藤から始まる好打順だったが3人で攻撃を終了。
明商が4強入りを決めた。

第2試合
市立西宮 000 100 000=1
報徳学園 000 000 11 ×=2
 
市立西宮 山本ー飯田 
報徳学園 池上ー篠原

兵庫県高校野球連盟試合速報より

序盤を終わって市立西宮が3安打とやや押し気味に攻め、
守っても先発山本投手が報徳打線を3人ずつで抑える完璧な投球でリズムを作ると、
4回、1死から4番禿が右前打、続く若林の4球目に二盗を決める。
若林倒れ、先ほど遊内野安打の6番山本が初球を左線に叩き、適時二塁打で待望の先制点を奪う。
追う報徳学園は6回までわずか1安打に抑え込まれていたが、
終盤に入った7回、先頭の2番長尾が右翼線に二塁打で出塁、小園も四球で続くと、
4番篠原はきっちりと投前に送りバントヲ決め1死二三塁と一打逆転の好機を作るが、
ここは5番片岡の中犠飛でひとまず同点に追いつく。
報徳はさらに続く8回も先頭の7番神頭が左中間を破る三塁打、1死となり9番稲葉が初球を投前にスクイズを決め、
ついに勝ち越しを決めると、終盤自分のリズムを取り戻した先発の池上投手が9回も市立西宮打線を3人で封じ、
報徳が終盤の少ない好機を確実に生かして見事に準決勝へと駒を進めた。

【ウインク姫路】

滝川 100 000 000 0 =1
育英 000 000 001 1×=2
(延長10回)

滝川 結城、前川ー齋藤、藤原(隆) 
育英 辻、野上ー馬場(雄)、前川 

兵庫県高校野球連盟試合速報

1回表滝川:1死から2番吉田悠が中前打、WPで3塁まで進み、3番東江の中前適時打で先制点。
1回裏育英:先頭1番本坊が中越2塁打、犠打で1死3塁から次打者のライトフライで本塁をつくが好返球でタッチアウト。
3回表滝川:先頭9番齋藤、1番山村の連続安打、犠打で1死2、3塁とし、次打者のレフトフライで本塁をつくが好返球でタッチアウト。
4回表滝川:先頭4番下川、5番中﨑が連続安打、犠打で1死2、3塁、2死後四球で満塁とするが無得点。
(5回までの安打、滝川:7、育英:4、残塁、滝川:7、育英:3)
8回裏育英:先頭四球、内野ゴロ、WPで1死3塁、さらに四球で1死1、3塁とするが後続が断たれる。
9回裏育英:先頭3番宮田右前打、盗塁にエラーが絡み無死3塁、さらに四球で無死1、3塁とし、5番辻本の左前適時打で同点。
さらに四球で無死満塁とするが後続が断たれ、延長戦に入る。
10回裏育英:1死から2番別府が四球で出塁、内野ゴロで2進後、4番藤田の右前打でサヨナラゲームとなる。
育英は粘り強く相手の攻撃を凌ぎ、逆転で準決勝進出を決めた。

第2試合
社    251 43=15
神港学園 130 10=5
(5回コールド)

社 佐名川、吉田(光)ー藤原 
神港学園 戎、竹本、岩﨑ー菅原

兵庫県高校野球連盟試合速報より

1回表社:2番坂口が中2塁打で出塁し、3番高岡の中2塁打で1点先制。
その後、2死3塁から失策で1点追加。
1回裏神港:1番佐々木が中2塁打で出塁、2番海端が四球を選び、無死1、2塁。
1死後、4番井上の右適時打で1点を返す。
2回表社:7番宮内が中前打で出塁、犠打とWP、四球で1死1、3塁とする。
ここで神港は投手を竹本に交代。
1番西山が四球を選び、1死満塁とし、2番坂口の中犠飛で1点追加。
続く3番髙田が左前打で続き2死満塁とし、4番中戸の左本塁打で4点を追加する。
2回裏神港:無死1、2塁から9番竹本の右2塁打で2点を返す。
その後、無死3塁からWPで1点追加。
3回表社:7番宮内が右前打で出塁、犠打で1死2塁。2死後、1番西山の中3塁打で1点追加。
4回表社:3番髙田が左2塁打で出塁、4番中戸の中適時打で1点追加。
失策と犠打で1死3塁とし、6番佐竹の左適時打で1点追加。
続く7番宮内の左安打で1死1、3塁とする。2死後、失策で1点追加。
その後、2死3塁から1番西山の中適時打で1点追加。
4回裏神港:死球、二安打、WPで無死2、3塁とする。
1死後、四球で満塁とし、2番海端の中適時打で1点を返す。
5回表社:1死3塁から5番寺道の右適時打で1点追加。
1死1塁から6番佐竹の中3塁打で1点追加。
1死3塁から7番宮内の右適時打で1点追加。
5回裏神港:最後の粘りを見せるも三者凡退で試合終了。
社高校が準決勝進出を決めた。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017春季高校野球兵庫県... | トップ | 2017春季高校野球兵庫県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 春季高校野球」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事