甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

1942年のプレイボール

2017-08-10 | 読書



「1942年のプレイボール」

戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球で活躍した4兄弟 野口 明、二郎、昇、渉

野球を通して絆を深め、青春を燃やした4人の兄弟たちの物語。


以前観た映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」

ただ、大好きな野球を自由にすることも許されないこの時代に生きた選手たち、支える人たちから、

純粋に野球に向かう気持ちとは・・・、頑張るという本当の意味とは・・・「自由」の偉大さを感じた作品でした。

時代が違うと言えばそれまでだけど、またこの作品でも何か大事なことを感じることができるような気がします。


「1942年のプレイボール」

8月12日(土) NHK総合 PM19:30~20:45放送

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天使がやってきた.+*:゚+。.☆ | トップ | 2017 秋季高校野球 ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事