甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2017 秋季高校野球 ~選抜への道~ 兵庫地区予選対戦組み合わせ

2017-08-11 | 2017 秋季高校野球

夏甲子園も4日目が終了しました。

開幕戦から逆転サヨナラ試合や、終盤の粘りで逆転勝利した対戦、延長戦も2試合、

最後のアウトまで諦めてはいけないこと改めて教えてもらう熱い素晴らしい対戦に感動の連続です。

仕事の日、移動中の車中は甲子園の大応援団の応援が流れる心地よい空間で

甲子園に居る気分で試合の行方をラジオで聞いて、帰ってから録画で観てまた感動する毎日です。

勝って誇らしい笑顔あり、敗れて悔し涙あり、やり切った清々しい涙もあり・・・

スタンドの選手が笑顔で元気いっぱいに仲間へ力を与える姿にも感動します。


今日から夏休みで甲子園へ行きたいな~と思いましたが、昨日の試合が終了してすぐ

チケットを求める方々の列ができはじめ、これは始発でも無理だなぁと今日はテレビで4試合をゆっくり観戦しました。

今日も好ゲームの連続で、継投の難しさだったり、バッテリーの術だったり、

解説を聞きながら勉強になった対戦ばかりでした。

どの対戦も注目校同士の対戦とあって、打力も凄かったですね。

大会4日目にしてホームランが17本、今日の4試合だけで8本も飛びました。

なかなか1日で8本ものホームランを観ることないですよね。

高校球児のパワー!本当凄いです。

明日は第3試合から2回戦へ入ります。

夏を繋げている神戸国際大附属の初戦もあり楽しみです。


季節は流れ 「2017 秋季高校野球」 カテゴリーが増えました。

甲子園きっぷを書き初めて今年10月で9年目へ入ります@@!

こんなに長く続くとは自分でビックリです。

その年の季節大会毎に分けているので9年も巡ると42ものカテゴリー数になっています。

このブログ・・・最大100カテゴリーまでしか作れないようなので、いつかは甲子園きっぷを書く日も終わってしまうのかな・・・と。

100カテゴリーまであと何大会? そこまで続くか分からないですけどね^^;

もう少し頑張ります。


神戸国際大附属以外のチームは新チームが始動し来春の選抜へ向かって16日から地区予選が始まります。

今秋も、阪神、神戸、播淡、西播、但丹の5地区18ブロックに分かれ予選がスタート。

各ブロック 第1代表 第2代表とも県大会へ出場しますので

代表決定戦へ進んだ36チームは自動的に県大会への出場が決まります。

ブロック予選で敗戦したチームは敗者復活戦へ廻り第3代表の座を目指します。

第3代表は、阪神4、神戸4、播淡5、西播3、但丹3 の19チームが県大会へ。

昨秋は神戸地区の第3代表の枠が5でしたのでマイナス1チームのようです。

県大会へは、5地区18ブロックの第1、2代表36チーム、第3代表19チームと

甲子園出場校 神戸国際大附属の56校が出場します。

選抜へも長い道のりですが、兵庫球児のみなさん 春の浜風流れる甲子園目指して頑張って下さい。

また今秋も兵庫球児たちの選抜への道、あしあとを残していきたいと思います。


2017年 秋季高校野球兵庫地区予選 対戦組み合わせ

※神戸地区は試合会場、時間が未定のところがあります。

雨天順延等、変更がある場合がありますので正式には

兵庫県高校野球連盟HP Home Topics 平成29年度秋季地区大会 <組合せ>でご確認下さい。
































『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1942年のプレイボール | トップ | 諦めないかぎり夢の実現は続... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 秋季高校野球」カテゴリの最新記事