甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2017春季高校野球兵庫県大会3回戦 8強を懸けて 4月29日対戦結果

2017-04-29 | 2017 春季高校野球


明石トーカロ球場 雨上がりの八重桜

今日からゴールデンウィーク9連休って方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は土日の2連休を挟んで来週月曜日は仕事ですが6連休♪

連休初日は楽しみにしていた県大会3回戦 須磨翔風vs報徳学園

尼崎小田vs神戸国際大附属の二戦を明石トーカロ球場に応援に行きました。

今日は突然の雷雨に注意!の予報でしたが、お天気アプリで雨雲の行方を見ると

何とか大丈夫そうだったので傘も持たず油断していました

今日の3会場、ウインク姫路球場が一番西なので、試合速報を見ると

12時前に第1試合が終了し、第2試合が14時40分って~@@

明石にも雷雨が近づいている予感・・・

高砂球場では、第1試合 六甲アイランドと育英が延長12回を終了した時点で

雷鳴のためタイブレーク戦を待ち約1時間半の中断。

気持ち切れず、無事再開することを願い・・・。

明石トーカロ球場ではその頃、第2試合 尼崎小田と神戸国際大附属の試合が始まった頃で、

そろそろ来るかなぁ><と・・・

その1時間後のこと・・・

パラパラ降り始めた中での5回裏 神戸国際大附属が1得点を返し1-1 同点とし、

インターバルも省略し6回表 尼崎小田の攻撃を終えたところで、やっぱり来た><; 

雷雨で1時間の中断。

いい対戦になっていたところの中断だったので、投手陣の肩の冷えや、その後の流れの行方も気になるところ。

高砂が再開した速報だったので、明石も15時過ぎには再開の兆しで空が明るくなり始め・・・

神戸サブの第2試合も同じ頃同じ状況に。

さっきまでの真っ暗な空と雷雨は嘘のようにお天気は回復し、明石、神戸サブも最後まで試合は無事行われました。

明石トーカロ 第1試合 須磨翔風と報徳学園、第2試合 尼崎小田と神戸国際大附属との対戦、

結果、報徳学園と神戸国際大附属の2校が勝利し8強進出を決めた対戦となりました。

惜しくも8強進出にはなりませんでしたが、須磨翔風と尼崎小田とも僅かな差だったと思いますし、

昨秋の優勝校、準優勝校を相手に二校ともチームの色を生かし、

両校とも元気いっぱいな応援も素晴らしい対戦を魅せてくれたました。

特に須磨翔風は、ゼロの中にも主導権を握る勢いある攻めが見られ夏が楽しみです。

尼崎小田も勢いある先制点、勢い余ってという場面は多々ありましたが、

一所懸命さゆえのミスも、本当はアァ~となるところだと思いますが、

微笑ましいと表現すればいいのか、笑顔になれる一所懸命なミス・・・って変な表現かな^^;?

私にはそう見えました。

尼崎小田、いい選手いっぱいで、夏にまた絶対観たいなって思う選手も発見ができたいいチーム、いい試合でした。

二戦の観戦記は改めて書きたいなと思います。

今日はどの球場でも天候によって遅れや中断があり、少し肌寒い中の試合になりました。

ユニホームも半袖が目立ち始めていますが、まだまだ春の終わり・・・

気候も今日のように急に変化することもありますので、選手のみなさんは体調に気をつけて

最後まで、いい兵庫の春になりますように。


4月29日 3回戦対戦結果です。

【神戸サブ】

第1試合
神港学園 300 050 00=8
伊川谷北 000 000 01=1
(7回コールド)

神港学園 竹本、岩崎、亀谷ー菅原 
伊川谷北 熊谷、茨木ー池田

兵庫県高校野球連盟試合速報より

1回表 神港学園:1番佐々木が内野安打で出塁し、2番平沢の内野ゴロの間に二進。
3番戎の左前打で1・3塁となり平沢の盗塁で一死2・3塁。二死後5番斎部が四球で満塁。
6番海端の中前打で2点先制し、7番菅原の内野安打でこの回計3点を挙げる。
5回表 神港学園:一死2・3塁から4番戎の左前打で1点追加。
5番斎部がスクイズ失敗で二死となるが6番海端の右前打で1点、
7番菅原の左越二塁打で2点、8番大西の右前打で1点、この回計5点を追加する。
7回裏 伊川谷北:6番三上が右前打で出塁し、一死後8番新田の内野安打で1・2塁。
9番中村の投ゴロが併殺打と思われたが取り損ね二死1・3塁となる。
1番田中の右前打で1点を返すも反撃及ばずコールドゲーム。

第2試合
市立西宮 000 130 017=12
三田松聖 000 100 000=1

市立西宮 山本 - 飯田 
三田松聖 齋藤(3回1/3)→井上(2回1/3)→吉岡(2回1/3)→松本 - 稲富
本塁打 市立西宮 若林

兵庫県高校野球連盟試合速報より

4回表 市西宮:4番禿が四球で出塁。5番若林の左中間適時二塁打で先制する。
4回裏 三田松聖:一死二塁から3番中川の中前適時打で同点となる。
13:25雷鳴の為一時中断。15:02試合再開。
5回表 市西宮:二死2塁から4番禿の左前適時打で1点、続く5番若林の左越本塁打で2点、この回計3点を追加する。
8回表 市西宮:二死3塁から8番岡田の右前打で1点追加。
9回表 市西宮:二死満塁から8番岡田の左前適時打で2点、9番飯田の右前適時打で1点、押出しで1点、
代打中野の左越適時二塁打で3点、この回計7点を追加する。

【明石トーカロ】

第1試合 須磨翔風ー報徳学園

須磨翔風 河野ー荒川
報徳学園 太田、西垣ー篠原

第2試合 尼崎小田ー神戸国際大附属

尼崎小田 井畑、窪田、井畑、窪田ー定井
神戸国際大附属 岡野、花村ー猪田

【高砂】

第1試合 
六甲アイランド 011 000 000 000 0=2
育英      000 100 100 000 1×=3
(タイブレーク13回)

六甲アイランド 薗ー井本 
育英 辻、羽佐田、野上ー馬場雄

兵庫県高校野球連盟試合速報より

2回表 六甲アイランド:先頭5番薗が敵失で出塁し無死2塁、犠打で三進し、二死後8番井本が右前適時打で1点先制。
3回表 六甲アイランド:一死から連続四死球、5番薗右前打の二死満塁から7番三輪の中前適時打で1点追加。
4回裏 育英:一死から死球、5番赤松中前打の一死12塁から6番辻本の左線適時2塁打で1点、
なお一死23塁のチャンスが続くが六アイ薗投手が踏ん張る。
6回表 育英:投手を羽佐田に交代。
7回裏 育英:一死後1番山村、2番別府が連打の一死12塁から3番宮田の左前適時打で同点に追いつく。
8回表 六甲アイランド:6番武田の中前打などで二死13塁とするも無得点。
9回表 育英:投手を野上に交代。
9回裏 育英:先頭稲岡が左中間への2塁打、犠打で一死3塁、その後二死満塁となるが六アイ薗投手が踏ん張り無得点。
10回表 六甲アイランド:5番薗の内野安打と敵失で二死12塁とするも育英野上投手が踏ん張る。
11回表 六甲アイランド:四球と前川の右前打で一死12塁と攻めるが無得点。
11回裏 育英:稲岡の中前打、四球でチャンスを作るも無得点。両チームとも踏ん張り12回が終了、タイブレークへ。
12:48より雷鳴のため中断に入る。14:13より試合再開。
13回表 六甲アイランド:犠打で一死23塁とするも後続が打ち取られ無得点。
13回裏 育英:犠打で一死23塁とし、2番別府の中前打でサヨナラ勝ち。
育英は準々決勝進出。

第2試合
西脇 000 000 020=2
滝川 102 100 00× =4

西脇 玉田、宮野、足立ー山本 
滝川 結城、齋藤ー藤原(隆)

兵庫県高校野球連盟試合速報

1回裏 滝川:2番山村、3番下川の連打でチャンスを作り、5番東江の右前適時打で1点先制。
3回裏 滝川:2番山村の左前打と敵失、四球で一死満塁とし、5番東江の中前適時打で2点追加。
ここで西脇は投手を宮野に交代。
その後、二死満塁とするも無得点。
4回裏 滝川:四球と犠打で二死3塁とし、3番下川の中前適時打で1点追加。
6回表 西脇:1番山本の左線二塁打、3番有田の右前打で一死13塁と攻めるが、滝川結城投手が踏ん張り無得点。
7回裏 育英:投手を足立に交代。
7回裏 滝川:一死から3番下川の内野安打、5番東江の左前安打などで二死満塁とするが無得点。
8回表 西脇:振り逃げと四死球で二死満塁とし、相手のWPと捕手の暴投で2点を返した。
9回表 西脇:反撃及ばず、無得点。
滝川は準々決勝進出。

【ウインク姫路】

第1試合
明石商業 110 000 100=3
市川   000 000 000=0

明石商業 加田ー山本
市川 多田、堀田、山下(多)ー見賀ー永良

兵庫県高校野球連盟試合速報

1回表明商:1死から2番倉見の右中間2塁打など2安打で1死1・3塁とし、犠飛で1点先制。
2回表明商:2四球と敵失で1死満塁とし、内野ゴロの間に1点追加。
6回表明商:2安打と犠打で1死1・3塁とし、市川の投手堀田。後続を抑え無得点。
7回表明商:安打と犠打、敬遠で1死1・2塁とし、右前打で1点追加。
2死1塁のところで市川の投手山下多。
9回表明商:市川の投手見賀に代わり、無得点。
9回裏市川:無得点で試合終了。

第2試合

社    070 000 100=8
関西学院 000 020 012=5

社 佐名川、吉田(光)ー藤原
関西学院 伊原木、高木、羽渕、藤原ー山田
本塁打 社 髙田

兵庫県高校野球連盟試合速報

2回表社 1死1塁から6番佐竹の右翼線への2塁打で1点先制。
続く7番宮内が右前安打を放つと敵失も絡み、1点を追加する。
その後1死1、3塁とすると9番佐名川にも左中間への2塁打が飛び出し、1点を追加。
ここで、関西学院は投手を高木に変更。
2死2、3塁から2番坂口の右中間への2塁打で2点を追加。
更に3番髙田が左越本塁打を放ち2点を追加。
関西学院はここで投手を羽渕に変更し後続を打ち取るも、社は一気呵成にこの回7点先制。
5回裏関西学院 2死から3番田中のレフトへの3塁打、4番谷山の中前適打で1点。
更に安打、死球で満塁とすると7番日野が四球を選び押し出しで1点。この回2点を返す。
7回表社 1死から3番髙田が中越3塁打で出塁すると4番中戸の左犠飛で1点追加。
8回裏関西学院 安打、四球、安打で無死満塁とすると1死後、二ゴロの間に1点を返す。
9回表社 先頭打者が四球で出塁。
ここで関西学院は投手を藤原に変更。後続を抑える。
9回裏社は投手を吉田光に変更。
関西学院は1死1、2塁から6番藤原の中越え2塁打で1点を返し、更に1死2、3塁から二ゴロの間に1点を返すも反撃もここまで。
2回に見事な集中打で大量点をあげた社がベスト8進出。


5月3日 準々決勝 対戦組み合わせ

【明石トーカロ】
第1試合 10:00~ 明石商業ー神戸国際大附属
第2試合 12:30~ 報徳学園ー市立西宮

【ウインク姫路】
第1試合 10:00~ 育英ー滝川
第2試合 12:30~ 神港学園ー社

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲間 ~軽井沢高校野球部の春~ | トップ | 2017春季高校野球兵庫県... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 春季高校野球」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事