甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2017春季軟式高校野球近畿大会準決勝 対戦結果

2017-06-10 | 2017 春季高校野球

春季軟式近畿大会準決勝2試合が行われました。

報徳学園 柏原投手が投打に活躍でしたね。

足と技でチャンスを広げ得点を挙げた報徳学園が立命館に完封勝利。

東山と比叡山との対戦は、4回東山が先制をすると、その裏すぐさま比叡山が反撃し1-1

7回ボークにより勝ち越した東山が守り切り接戦を制し決勝へ。

明日の決勝戦は兵庫 報徳学園と京都 東山との対戦となりました。

東山は昨秋の近畿大会、初芝富田林との準決勝を延長十回タイブレークの末0-1で決勝進出ならず、

春近畿大会決勝進出を果たしました。

滋賀県大会では1回戦、決勝とも1得点で勝ち上がり、近畿大会2回戦 阪南大高に3-1

そして今日の準決勝を2-1と接戦に強い東山

明日の決勝も楽しみです。

両校、春の近畿頂点を目指し頑張って下さい


2017年 春季軟式高校野球 準決勝対戦結果

第1試合

立命館  000 000 000=0
報徳学園 100 011 00× =3

立命館 小川 - 丸山 
報徳学園 柏原 - 朝野

兵庫県高校野球連盟試合速報より

1回裏 報徳:1番藤岡が四球で出塁し2番前田のバントで一死2塁。
3番柏原の打席のときにワイルドピッチで一死3塁となり内野ゴロの間に1点先制する。
5回裏 報徳:7番川端、8番井上の連続安打、9番加藤の送りバントで一死2、3塁。
一死後2番前田が四球で二死満塁。3番柏原の左前適時打で1点を追加する。
6回裏 報徳:5番本木が中前打で出塁し、盗塁を決め無死2塁とチャンスをつくる。
つづく6番早川の送りバント、7番川端が四球で一死1、3塁。8番永田の内野ゴロの間に1点を追加する。
報徳ピッチャー柏原、9奪三振完封で報徳学園決勝進出。


第2試合

東山  000 100 100=2
比叡山 000 100 000=1

東山 嶋田 - 更田
比叡山 唐島田、三上 - 小東


決勝 10:00~ 報徳学園ー東山 

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストロベリーム~ン♪。.:*・゜ | トップ | 2017春季軟式高校野球近... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017 春季高校野球」カテゴリの最新記事