広く浅く

秋田市を中心に青森県津軽・動植物・旅行記などをご紹介します。

解体/駅工事 その後

2016-12-13 22:56:42 | 秋田の季節・風景
以前の続報。
まずは、1か月ほど前にアップしていた、秋田市の千秋地区の2つの解体工事。
千秋城下町の脳研裏の崖下のアンダーパス建設に伴う、お店とビルの解体。
以前と逆の東側から撮影。奥が千秋公園、左が脳研下・秋田駅、右が手形陸橋下、背後が線路
上の写真右が解体されていた場所。建物はすっかりなくなり、更地になりつつあった。

左側ではアンダーパスなのか道路関係の工事が始まった。
なお、実はこの右手前に、以前紹介した倒れかけたまま生長を続ける木があるのだけど、今のところ健在。

続きはこの記事後半


次は千秋矢留町の保育園だったビルの解体。
こちらは完了
現在は数台の車が停まっていることがあり、駐車場として使われているのだろうか。

建物がなくなったことにより、千秋公園の斜面が広範囲で姿を現した。
てっぺんには、明徳小学校の体育館の屋根も見える
木々が落葉して山肌がむき出しになったこともあり、なんか恥ずかしいような眺め。
来春以降、日当たりが良くなって、植生が変わったりするかも。


最後は、秋田駅の改良工事。この記事の続き。
12月初め。中央改札口前から西方向
この時点では、右の、11月末に元の場所でリニューアルされて営業再開したみどりの窓口前の仮囲いはまだ残っている。
左のびゅうプラザ前には、新たに囲いが設置され、「美人を育てる秋田米」などの広告はすべて見えなくなった。

仮囲いの中では、引き続きびゅうプラザが営業中。
奥が仮待合室入口


最近(先週末頃?)、みどりの窓口側の囲いが撤去された。
新しくなったみどりの窓口がよく見えるようになった
これで隠れていた指定席券売機(写真右側)も、通路から認識しやすくなった。窓口側とは別に券売機用の独立したドアも、いちおうあるようだけど、あまり意味がなさそう。

かつての待合室→仮みどりの窓口→工事中だった場所は、
囲いは取れた
大部分はシャッターが下りている。中でびゅうプラザへの改装がされているのだろう。
左端には、10日から営業を再開した、ATM「ビューアルッテ」。
従来は室内にあったものが、通路に面した奥まった位置に移設。ドアはなし。
ATMの機械は交換したのではなく、以前のものを移設したようだ。
【21日追記】従来はすぐ横にコインロッカー、すぐ後ろに待合室のベンチがあり、その間を人が通ることもあった。移設後は、右方にスペースが広く取られ(パンフレットなどが置かれている)、後方も余裕があり、今までと比べるとスカスカしたようにさえ感じられる。ただ、後ろは自由通路なので多くの人が通るため足音が聞こえて、ちょっと落ち着かない感じもする。

このアルッテを用いて、ビューカードからSuicaにチャージした分の利用明細をネットで見ると、
上段が待合室~仮みどりの窓口時代、下が移設後
ATMの設置場所が律儀に詳しく表示されるのだけど、仮みどりの窓口時代も含めて「秋田駅待合室内」だったのが、「秋田駅みどりの窓口横」という表記に変わった。
みどりの窓口は1軒(工事中のびゅうプラザ移転予定地)おいて隣だし、最終的には「びゅうプラザ横」にするべきではないでしょうか。いや、むしろ、
「トイレ横」?!
ここにあった2台の公衆電話はどこへ行ったのかな。

【16日追記】15日に行ってみると、びゅうプラザが待合室跡に移転して営業していた。コメント欄でも触れているように、みどりの窓口とびゅうプラザの間には、壁とドアができて仕切られており、最近のJR東日本の駅に多い、両者が一体化した構造ではない。
これで北側のみどりの窓口・びゅうプラザ部分はリニューアルが終わったとみなしていいのだろうか。この記事にて
『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男鹿線の新車到着 | トップ | 土手長町通りの変化 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-14 13:55:09
一昨日の夜通りかかってみると、新びゅうプラザ区画のシャッターが開いていて、照明が点灯し工事関係者が作業していました。
内装はかなり出来上がっているようで、案内サイン(「国内旅行」など)の一部も取り付けられていました。

JR東日本が全域で進めている、みどりの窓口とびゅうプラザとの「一体型」になるのかと思っていましたが、両区画の間の壁は取り払われないようですね。
駅の工事といえば (りお)
2016-12-14 22:53:12
休みに秋田に戻った際、新屋駅を利用しましたが新屋駅も工事中なのですね。
扉の様子が変わり、まだ工事中でしたが、明らかに断熱性が上がっていました。
跨線橋(?)はペンキが塗られ綺麗になっていました。
券売機は前は2台ありましたが、工事を機に1台に減るようです。
来年まで工事は続くようです。
コメントありがとうございます (taic02)
2016-12-15 00:40:03
>Unknownさん
仮囲いが撤去された段階で、ある程度形になっていたのでしょうね。
事務的な引越し作業はあるでしょうが、びゅうプラザの移転オープンも遠くないのかもしれません。

そういえば、そうですね。新しくなったみどりの窓口西側には、他と同じ茶色いしっかりした造りの壁があるので、このまま残りそうな気配です。

>りおさん
減築の上、昔のような外観にリニューアルするそうですね。
機会を見て記事にしたいと思っていますが、あまり行かない場所なので、また何かあれば教えてください。

ちなみに羽後牛島駅(西側の事務所)では、少し前に屋根の工事をやっていました。ごく簡単なもののようですが。
千秋地区区画整理 (TimTiptoes)
2017-01-04 10:50:09
千秋地区の区画整理ですが、
一番上の写真の右手前側、文中にもある倒れかけの木の建物とその隣の貸し倉庫に入っていたデザイン事務所などが、2016年末までにだいぶ転出してしまったようです(張り紙がしてありました)。
もしかすると、さらに解体が進むかもしれません。
いずれは (taic02)
2017-01-04 22:58:01
移転したのはイベント会社「スタッフ」などですね。
区画整理されたのに、あの辺りだけ残るというのもなさそうだし、アンダーパス~既存道路の線形を考えるとジャマそうにも思えます。
いずれなくなってしまうのでしょうかね…
とうとうなくなってしまった (TimTiptoes)
2017-02-16 00:19:05
倒れかけの木の件です。
今週月曜日(2/13)朝に通りかかったとき、貸倉庫のほうの解体が始まっていたので心配していたのですが、今日(15日)夕方に見たときは、ついにもたれかかっていた建物共々撤去されてしまっていました。
倒れかけの木が (taic02)
2017-02-17 00:38:15
ついにですか。珍百景が消えてしまいますね。
後で行ってみます。情報ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。