広く浅く

秋田市を中心に青森県津軽・動植物・旅行記などをご紹介します。

地形図の謎 解決

2016-10-17 23:49:25 | 秋田の地理
2014年に、国土交通省国土地理院の地形図に、「謎」があることを取り上げた。その後。
今なお変化がないものもあるが、「秋田貨物駅」と旧称「秋田操車場」が両方記載されているものや、NHK秋田放送会館が移転していないのは、正しくなった。ただし、移転前のNHKにはあった「電波塔」の地図記号が、移転後にはない。
市役所移転は時期的にまだ反映されていない。

また、地理院地図の機能として、以前よりも、さらにもう1段階ズームアップできるようになったらしい。
そこまで拡大すると、地図記号ではなく、その施設の名称が表示されるのが原則のようだ。
ただ、Googleマップなどと同様、粗い縮尺の時はその存在が示されるのに、ズームして細かく見ると、記号も名称も表示されなくなってしまうものや、その逆に拡大すると突然存在を示す施設もあり(秋田市立中央図書館明徳館や後述の日銀秋田支店など)、ちょっと困る。

以前の最後に取り上げた大きな謎が、秋田市大町三丁目、大町西交差点角にあるオフィスビル「マニュライフプレイス秋田」についていた「官公署」の記号。記号に該当する役所は存在しないように思われた。
現在も官公署の記号がある

ズームすると…
そうだったのか!
それ以前に、ズーム前は記号がなかったのに、拡大すると突然「日本銀行(秋田支店)」が現れる。
1ブロック東にある「秋田銀行大町支店」はどちらでも表示されず。【18日追記】日銀の脇にある「記念碑」記号はズームすると消えてしまう。

官公署の正体が判明した。「東北厚生局秋田事務所」だそう。
でも、ここにそんなのあったっけ?

ネットで調べると、
厚生労働省東北厚生局ホームページより
「厚生労働省東北厚生局秋田事務所移転について」という告知を発見。
厚生局秋田事務所は2015年1月5日に、マニュライフプレイス秋田2階から山王七丁目の「(国の)秋田第二合同庁舎」4階へ移転していた。

ということで、地形図は移転を反映していなかったことになる。
だけど、以前謎をアップしたのは、2014年だから移転前のはず。その時の現地のビルの前のテナント一覧には表示がなかった。
やっぱりヘン?
まあ、深く考えずに、謎は解決としましょう。

地形図が現状に即していないのは確実なので、国土地理院へ伝えておきました。
欲を言えば、厚生局秋田事務所が移転する時に、国土地理院にも連絡することはできなかったのか。縦割り行政で難しいのだろうけど、国の役所どうし、日本が誇る正確な地形図を維持するために。


さて、厚生局秋田事務所の移転先の第二合同庁舎とは、秋田地方気象台なども入るビル。
近隣には、別の合同庁舎や裁判所など、国の機関が集結している。そこを地理院地図で見ると…
びっしり
いずれここに「東北厚生局秋田事務所」も加わるのでしょう。
『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽後交通100円/五城目線乗り放題 | トップ | 新新CNA道路カメラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。