田口孝夫 絵手紙旅日記

絵手紙を通じ素敵な出会いと感動の旅を重ねる田口孝夫のブログです。(申し訳ありませんがコメントなどへのお返事はできません)

5月24日 スケッチ会 巣鴨地蔵通り商店街

2017年06月20日 | Weblog

 

まだ五月だというのに…。二、三日前から三十度越えの真夏日続き。こんな暑かったら出かけるのもイヤになる。熱中症にでもなったら大変!!どうか二十四日の「巣鴨スケッチ会」この暑さ少しでも和らぎますように!!そう念じていたのです。

今日はその「巣鴨スケッチ会」の日。なんとなんと!!絵手紙(神)さまに思いが通じたのでしょう。昨日までの暑さは和らいで、その上曇日。良かったぁー!!

案内によるとお目あての(?)巣鴨地蔵通り商店街にある「高岩寺とげぬき地蔵尊」は毎月四のつく日は「縁日」だそうで。特に五月二十四日は「例大祭」で本堂で大法要が行われるそうな…。商店街には二百近くの露天商が建ち並ぶとの事。ものすごい混雑が予想されます。

チト…早目に行ってあまり人が少ないうちにスケッチの一枚でもできれば―そんな思いで巣鴨駅に着いたのは十時ちょっと前。ところがです。改札口のアチコチには高齢者男女の集団が。あきらかに「とげぬき地蔵」を訪ねる人達だな?と。にぎやかなおしゃべりにこっちは圧倒されそう。その元気そうな事。

巣鴨商店街に向う通りはたくさんの人が行き交い活気に満ちみちています。確か商店街の入口にあたる所に眞性寺・江戸大地蔵尊があったよなぁ…と。そしたらすぐ本堂が目に止まりなんとなんと大きな笠をかぶったお地蔵さんがデーンと鎮座してらっしゃるではありませんか!!

 

その高さ三メートル以上あるのでは?なんとも堂々としたお姿に導かれるように境内へ。そしたらもう…懸命にスケッチしてらっしゃる絵手紙人発見!!「早いですね!!このお地蔵さんスゴイですね」と。思わず見上げて手を合わせ、次いで本堂でお参りをすませ。境内を一巡。再びしげしげとお地蔵さんを。江戸時代から今日まで…人々の暮らしを見守り続けて下さってるのか?と思いましたらね…改めてスゴイ!!なぁ…って。

人気(?)のあるお地蔵さんなのでしょう。スケッチしている間にも次から次と参拝客の皆さんが。高岩寺・とげぬき地蔵尊の大法要が十時半から行われるというのでどんなものか?と。まぁ…巣鴨地蔵通り商店街はもうすごい賑わい。露店が立ち並び、人、ひと、ヒトでごったがえしています。さすがおばあちゃんの原宿!!

 

イヤーッ!!こんなんじゃスケッチするのも大変だなぁ…と。とにかく高岩寺でお参りをせねば。ここの「洗い観音」は水をかけて観音さまの体(自分の体の悪いところ)を洗ってタオルでふいてあげると治るそうで。

これは是非にと。受付でお線香とタオルを買って。ところがところがです。洗い観音さまをお参りする人達の長蛇の列にはビックリ!!これじゃ…いつになったら―という感じ。とにかく本堂にお参りを。そしたら朗々と読経の声が流れ「今日のスケッチ会、無事終える事ができますように…」と手を合わせて。間なしに御住職の御講話が始まるそうで―。こんなチャンスはめったにない事。たくさんの参拝客に混ざって拝聴する事に。八十五歳を迎えられた御住職。ほんの数日(?)前に大手術を終え生還なさったそうで―。

 

命の尊さ、ありがたさを自分の体験をもとにお話して下さいました。ご先祖さまから繋がってるこの命。朝、目を覚まして、今日も生かされている事への感謝。一杯の水のおいしさに感謝。天地の恵みをいただいて生かされている事への感謝。年を重ねる度に思うのは「快食・快便・快眠」がいかに大切でありがたい事かを痛感してます―と。で必ず「死」はやってきます。心の準備は必要です。と。最後に全員で歌をうたいましょう!!と歌詞が配られましてね。御住職自ら野太い声で。「みんな心の中に居る」という歌をうたわれたのです。♫~心静かに心を見れば~♫みんな~心の中に居る~♫みんな居る居る心の中にいつでも居ます~♫心の中に~♫なんだかどこかで耳にしたメロディーだな?と。そしたら思い出しました。あの良く昔歌った「いつでも夢を」のメロディーでした。(ハハハ)堂内で大合唱!!

 

集合場所の児童遊園は賑やかな商店街をちょっと横道に入った所。こじんまりとした静かな公園。今回もスケッチ会の貸切状態で―。下調べをするだけでも大変なのに良くぞこんないい場所を見つけて下さったと案内担当のTさんに感謝感謝。

「こんな大賑わいの中でのスケッチ。大変だと思いますが…こんな時間をいただける事に感謝をして一枚でも今日のこの日を残しましょう」と二時間のスケッチタイム。

三時の集合時間に持ち寄って発表された「スケッチ」には「おばあちゃんの原宿」への思いが込められて。「洗い観音」「塩大福のお店」「赤いパンツのマルジ」「猿田彦大社」「高岩寺山門」とバラエティーに富んでました。散会の後、左肩の痛みを治すために再び「洗い観音」を訪ね、やっとの思いでお参りできました。どうにか御利益がありますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月10日 スケッチ会 代々木... | トップ | 6月2日 大田原にて »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL