田口孝夫 絵手紙旅日記

絵手紙を通じ素敵な出会いと感動の旅を重ねる田口孝夫のブログです。(申し訳ありませんがコメントなどへのお返事はできません)

6月19日 安曇野にて

2017年07月06日 | Weblog

 

新宿発九時ちょうどの特急あずさ号に乗り込んで松本駅に着いたのは昨日の十一時。ホームに「絵手紙・北アルプス夢の会」のOさん、Nさんが出迎えて下さいました。五年振りの再会に笑顔の握手を交わして。「三十名ぐらいのミニ講演会でも来ていただけますか?」松本のNさんからお声をかけていただいたのは昨年の十一月だったでしょうか?「エッ!!呼んでいただけるなら喜んで伺いますよ」と大喜びしたものです。

 

年が明けて「六月十八日に決まりました」との連絡が入って。五年振りの松本。前回は「安曇野スケッチ会」を企画して下さったのですが…その日は生憎の雨で。でも参加された皆さんそんな中懸命にスケッチに挑戦して下さって楽しい集いになった思い出が。翌日は最高のいいー天気で残雪の北アルプスの連山が大迫力の雄姿を見せてくれて大興奮したものです。確か五月だったような…。そんな北アルプスに会えたらどんなにうれしい事か!!会場の「ゆめひろば庄内」に向う車の中で案内して下さるNさんに「今日はアルプス見えますかね?」と尋ねましたら「全然ダメです」と。「エーッ!!ショック…期待してたのに…」

 

会場ではスタッフの皆さんが準備に大わらわ。「教室の方達にお声かけはしてあるのですが…どれくらいの参加者があるのか?」とNさんが不安気(?)に。控え室で開演まで待機してましたらね…「参加者用のリボンが足りません。急いで作らないと!!うれしい悲鳴です」とスタッフの皆さんが―。大騒ぎ!!三十名ぐらいとお聞きしてたので…。ところがフタを開けてみたら七十名の参加にふくれあがって。勢いこっちも元気をもらいましてね。「絵手紙の力・出会いの素晴らしさ。楽しさ。日々のくらしを豊かにしてくれる事」おもいっきりしゃべくりましたよ(ハハハ)無事に終ってスタッフの皆さん「良かった良かった」と大喜び!!全員で記念撮影をしましょう!!と。

 

昨夜のホテル「ファインビュー富士」での交流会は大盛会。講演会取り組みなど感想を述べあって。「改めて絵手紙に出会ってほんとうに良かったと思いました」と口々に。ここの温泉も実にいいーのです。安曇野の風景を眺めながら…。「ああ…無事に終える事ができた」との安堵感からベッドに入るなりバタンキューでした。

五時過ぎには目が覚めて…「どうかいい天気で北アルプスに出会えますように」との思いでカーテンを開けてみる…。山の端がほのかなピンク色に染まり青空も少し見えて―ひょっとしたら!!と期待に胸が膨らみます。松本・絵手紙同好会の皆さんが安曇野を車で案内して下さると言うのです。うれしいじゃありませんか!!「気に入った所でスケッチして下さい」と。

 

会員の中のおひとりがどうしても見せたい仏像があるので―まずそこを案内しますとの事。その前に途中の池に睡蓮の花が咲いてるんですよと車を止めて下さって。そしたら今まさに咲いたばかりの紅白の睡蓮が!!うわぁーっこれはきれい!!きれーいと。思わずハガキを取り出して。そして案内して下さった山裾の小さな阿弥陀堂。「ここなんです」と。中に入り格子越しに目をこらすと…小さな仏像が…。

 

やさしいお顔で佇んでらっしゃいました。右の手は欠けて…。かかせていただきます。どうか今日北アルプスに出会えますように…と手を合わせました。さぁ!!それではスケッチ場所の目的地を探してイザ!!と車を走らせてもらいました。そこら中緑の中を。安曇野の懐かしい風景の中を…。そして「おっ!!おっ!!北アルプス見えてきましたよーっ」と。もう…大興奮!!やったーっ!!って感じで暑さも何のその。しばしのスケッチタイム。充実の時いただきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月7日 スケッチ会 堀切菖蒲園 | トップ | 6月20日 木喰の里微笑館にて »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL