春風村から

スピリチャアルの里へようこそ

春風村は心の奥深くにある、穏やかで懐かしい場所・・。

たこ八郎の名言

2016年10月14日 | 名言集

<名言集>

「たこ八郎の名言」



めいわくかけてありがとう

元ボクシング日本フライ級王者の経歴を持つ役者
伝説の人、たこ八郎、私は大好きでした。

若い頃、「たこ八郎に似てるね」って、
言われたことがありますが、ソレはうれしく
なかったですが(笑)

「時間ですよ!」というドラマがナマ放送で
オンエアーされた時、たこ八郎は
屋台のリヤカーごとセットの階段から転げ
落ちるシーンがあり、それがもう思いっきり
転げ落ちるんですよ・・。
「大丈夫かかなぁ」って感じでした。
天然なのか、演技なのか・・ボケと、
そんな体当たり的役どころが
ウリの役者でした。



↓たこ八郎の
名(迷)演技(セリフなし)をどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=I0TFbyYioHs

ボクシング時代、相手に打たせ、
打ち疲れたところで仕留める戦法だったため
ダメージが残り、その後遺症で寝小便を
したそうです。(「あしたのジョー」の
壮絶なノーガード戦法はたこ八郎が元です)

ボクシングを辞め、売れない役者時代、
友達の家に居候するのですが
毎日オネショして迷惑をかけ、
そして居れなくなり
「めいわくかけてありがとう」
と、いう書置きを残して出て行った・・
それがこの名言のたこ八郎伝説です。

そして、たこ八郎はその人の好さで
愛された人です。
山本晋也(監督の作品に多数出演)、
由利徹(師匠)、赤塚不二夫、タモリ、
あき竹城などたこ八郎が大好きだった
芸能人はたくさんいますし、
酒好きのたこが飲み屋に行くと、
「金払ってるの見たことないよ、
うらやましい、いいよね~」
と赤塚不二夫が証言する程、
可愛がられた人です。

とにかく、たこ八郎は不思議な
魅力のある人です。
時に酒場のカウンターで飲みながら、
子供のような字で
こんなメモ書きを残しています。

「命は天からのさずかりものものだ」

「バカでもしぜんからまなぶことができる」

「うちゅうにたいしてしつもんしたい 君はだれだ」


以下、「ウィキペディア」より抜粋

新聞には「たこ、海で溺死」、弔問に訪れた
タモリは「たこが海で死んだ。
何にも悲しいことはない」と、
たこの死を悼んだ。出棺の時、赤塚が、
たこの額を叩き、「この野郎、逝き
やがったな。」と泣き笑いをしていたという。
葬儀終了後、師匠・由利の先導
(「たこヤロウが好きだった三本締めを…」)で
参列者によるによって三本締め。
たこの棺を乗せ霊柩車は式場を後にした。
たこの死後、後年、赤塚は週刊
プレイボーイて、「現代の妖精だったね。
たこは」と、たこを追悼するコメントを
残している。



泥酔しケンカして相手に耳をかじられ、
片方の耳が欠けていた・・たこ八郎

子供の頃のケガで片目が見えないのに、
ボクシング、フライ級日本王者
までになった・・たこ八郎

葬儀で号泣したあき竹城と恋仲が噂された、
意外にモテた・・たこ八郎

後遺症でちっともセリフが
覚えられなかったのに、
そこそこの役者になった・・たこ八郎


めいわくかけて ありがとう by たこ八郎






知名度のある偉人の
名言集を並べるだけでは、よくある名言集
サイトと同じ、「なんかつまんないな」
ということでエンターテイメントな
スピブログを目指す当ブログとしましては
たこ八郎のチョイスで、人物紹介
(人となり)となりました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャーリーのグローブ・・? | トップ | 怒りの取り扱い(実体験編) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。