すそ洗い 

R50 恥垢の上塗

西川正勝・住田紘一、死刑執行

2017年07月13日 | ヒトゴロシ

2人の死刑を執行 8カ月ぶり、金田法相で2度目

法務省は13日、1991~92年に兵庫、島根、京都の3府県で女性4人を殺害するなどし、強盗殺人罪などで死刑が確定して再審請求中だった西川正勝死刑囚(61)と、2011年に岡山市で元同僚の女性派遣社員を殺害し、強盗殺人などの罪で死刑が確定した住田紘一死刑囚(34)の2人の死刑を執行した、と発表した。

昨年11月以来、執行は8カ月ぶり。住田死刑囚は裁判員裁判で死刑判決を受けた確定者として3人目の執行となった。

自民党が政権復帰し安倍内閣が発足した2012年12月以降では11度目、執行は計19人になった。金田勝年法相では2度目(計3人)。同省によると、6月26日時点で未執行のまま収容されていた確定死刑囚は126人だった。

大阪拘置所で執行された西川死刑囚は女性4人を殺害するなどした「警察庁指定119号事件」に関わった。一、二審とも死刑判決を受け、2005年6月に最高裁で上告が棄却され、確定した。

広島拘置所で執行された住田死刑囚は2013年2月に岡山地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け、控訴したが、翌3月に控訴を取り下げ、確定した。

金田法相は昨年8月の大臣就任後の記者会見で死刑執行について「人の命を絶つ極めて重大な刑罰。慎重な態度で臨む必要がある。裁判所の判断を尊重しつつ、法の定めに従って慎重かつ厳正に対処するべきだ」と述べた。3カ月後の同年11月、裁判員裁判での死刑判決が確定した死刑囚の死刑を執行し、その際の記者会見でも「裁判員裁判で慎重な審理や評議を尽くし、判決を言い渡している。その判断を尊重しつつ、慎重かつ厳正に対処すべきだ」と述べていた。(

(2017.7.12.朝日新聞DEGITAL)


スナックママ連続殺人事件 - DTI

スナックママ連続殺人【西川正勝】 - NAVER

スナックママ連続殺人事件(警察庁指定119号)(事件史探求)

平成4年1月7日朝、大阪府天王寺区の母子2人暮らしのマンションで、無職の住所不定・西川正勝(当時35歳)が警察に逮捕された。西川は前日の6日夜、同マンションに入り込み、母子2人を殺害しようとしたが抵抗され断念。この母子の母親(当時31歳)から自首するよう説得され、観念した西川は警察に逮捕された。
・平成3年12月12日、兵庫県姫路市のスナック経営者・正木久美子さん(当時45歳)を首を絞めたうえ刃物で刺殺。
・同月21日、島根県松江市のスナック経営者・高橋文子さん(当時55歳)を同様に殺害。
・同月26日に京都市のスナック経営者・原田京さん(当時55歳)を同様に殺害。
・同月28日に京都市のスナック経営者・村上紀子さん(当時51歳)を同様に殺害。

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件とは【住田紘一】 - NAVER

【死刑判決】岡山元同僚女性殺害事件【住田紘一】 - NAVER

死刑確定囚(2013年)

住田被告は元交際相手の別の女性と知人男性との結婚を阻止するため、加藤さんを監禁して知人の仕業に見せかけようと計画。「監禁するのは、知人と面識ある女性なら誰でも良かった」と説明しているという。
一方、住田被告は「加藤さんを監禁して大阪に連れて行こうとしたが、抵抗されたために気が動転して持っていたナイフで刺した」と、計画性を否定している。

大阪市住吉区の無職、住田紘一被告は2011年9月30日、岡山市北区にある元勤務先のIT関連会社敷地で派遣社員の女性(当時27)を倉庫に誘い込んで押し倒し、現金24,000円が入った入りバッグなどを強奪。強姦後、バタフライナイフで胸などを10回以上刺して殺害。遺体を車で運び、大阪市内の自宅近くに借りたガレージで切断し、同市内の川やゴミ捨て場などに遺棄した。
 住田被告は9月20日に退社しており、当日は会社に社員証を返却してアパートを引き払った後だった。住田被告は総務、被害者は庶務を担当。別のフロアで勤務し、書類のやりとりをする程度の関係だった。
 岡山県警は会社の防犯カメラに一緒に歩く2人が映っていたことなどから住田紘一被告を割り出し、10月6日、大阪府警住吉署に任意同行して取り調べたところ、殺害を自供したため、殺人容疑で逮捕した。8日、ガレージで遺体の一部を発見した。川などに遺棄したという遺体の一部は見つかっていない。
 


死刑執行
再審請求中の西川死刑囚 女性殺害の住田死刑囚


法務省は13日午前、京都、兵庫、島根の3府県で1991年、飲食店経営者の女性4人が相次いで殺害された警察庁指定119号事件で、強盗殺人罪などに問われ、死刑を言い渡された西川正勝死刑囚(61)=大阪拘置所=の刑を執行したと発表した。また、岡山市で2011年、元同僚の女性を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、裁判員裁判で死刑を言い渡された住田紘一死刑囚(34)=広島拘置所=の死刑も同日執行された。

関係者によると、西川死刑囚は再審請求中だった。再審請求中の執行は極めて異例。住田死刑囚は裁判員裁判で死刑を言い渡され、執行された3人目の死刑囚になる。

確定判決などによると、西川死刑囚は91年12月、松江市のバー経営者の女性(当時55歳)▽京都市のスナック経営者の女性(同55歳)▽同市の別のスナック経営者の女性(同51歳)を強盗目的で殺害。兵庫県姫路市のスナック経営者の女性(同45歳)を絞殺して現金を盗んだ。92年1月には大阪市で女性落語家の首を絞めて負傷させ、現金を奪った。最高裁は05年6月、死刑囚側の上告を棄却し、1、2審の死刑判決が確定した。

 住田死刑囚は11年9月、岡山市の元勤務先の会社倉庫で、派遣社員の女性(同27歳)から現金などが入ったバッグを強奪したうえ、性的暴行をして刺殺。遺体を大阪市内で切断し、川などに遺棄した。裁判員裁判で行われた1審・岡山地裁(13年2月)は死刑を言い渡し、弁護側が控訴したが、本人自ら控訴を取り下げて死刑が確定した。1審判決は「被害者は1人だが、性的被害も伴っており、結果は重大。死刑を選択するほかはない」とした。

 執行は昨年11月以来約8カ月ぶり。第2次安倍政権発足(12年12月)以降では11回目で計19人が執行された。再審開始決定を受けて釈放された袴田巌元被告(81)を除くと、確定死刑囚は124人となった。

(毎日新聞2017年7月13日)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FINAL FANTASY XII THE ZODIA... | トップ | 39度超え »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL