すそ洗い 

R50 恥垢の上塗

大河原優樹被告(26)懲役13年求刑

2017年05月17日 | ヒトゴロシ

同居の男に懲役13年求刑=3歳児虐待死―さいたま地裁

埼玉県狭山市で昨年1月、
同居する女の次女=当時(3)=にやけどを負わせ、
十分な食事を与えず死なせたとして、
傷害や保護責任者遺棄致死などの罪に問われた大河原優樹被告(26)の裁判員裁判の論告求刑公判が17日、さいたま地裁(高山光明裁判長)であった。

検察側は懲役13年を求刑した。

弁護側は傷害罪について無罪を主張し、結審した。判決は25日。大河原被告は最終意見陳述で死亡した次女に対し、「本当にごめんなさい」と涙ながらに謝罪した。

 検察側は論告で、大河原被告が藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=と共謀し、約4カ月にわたって次女に暴行を加えたと指摘。食事も与えず、体を弱らせ死なせたのは「無慈悲で極めて悪質」と批判した。弁護側は「藤本被告をかばうため、うその自白をした」と訴えた。 

(時事通信 2017.5.17)


娘の口の中に歯ブラシを突っ込み虐待 藤本彩香容疑者(22)&大河原優樹容疑者(24)

「手」「口」「首」
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断食二日目 | トップ | あなたのことはそれほど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL