すそ洗い 

R50 恥垢の上塗

SPUNK SEX PISTOLS

2017年06月02日 | 音楽

アナーキー・イン・ザ・Ukのオリジナルテイクとノー・ファン
どうしても耳にぶち込みたくて購入
あとでゲオ宅配レンタルとゆー手があったかと 後悔

レコードで所持していたブートと入ってる曲数が違う

内容は NEVER MIND THE BOLLOCKSより緩いのだが
生っぽさではこちら
そしてアナーキー・イン・ザ・Ukは圧倒にSPUNKのオリジナルバージョンの方が
優れている
怒張力がね

ゴッド・セイブ・ザ・クィーン
圧倒的にNEVER MIND THE BOLLOKSバージョンの方が優れているが

プリティー・ベイカントのSPUNKバージョンはヤル気なしのチンピラ感が半端ない

EMIの歌い方はPUBLIC IMAGE時に近い 冷ややか

NO FUNは 頭が切れていて尻が全部入ってるバージョン、僕はこちらのバージョンの方が今は好き 冒頭の待ちのめんどくささがない

他アナーキー・イン・ザ・Ukのかなりしょぼいバージョンも入ってるが これは無い方がヨイ

グレン・マットロックはシド・ヴィシャスよりベースは上手だが 
いかせん見た目がカッチョ悪すぎるのでクビになったのは仕方ない

NEVER MIND THE BOLLOCKSが後世の残すために色々作りこんでくれているのを
改めて評価したい
オリジナルPISTOLSをあまり加工しないで音盤で残したら ヘビーローテーションには不向きで すぐ飽きると思われます



SPANK~オリジナル・ブートレグ・フォーマット
クリエーター情報なし
BMG JAPAN





Spunk (Sex Pistols bootleg album)

Recorded
13–30 July 1976, 10–12 October 1976, 17–28 January 1977

Johnny Rotten – lead vocals
Steve Jones – guitar, backing vocals
Glen Matlock – bass, backing vocals
Paul Cook – drums, backing vocals
Dave Goodman – producer

1."Lazy Sod" ("Seventeen") – 2:08
2."Satellite" – 4:10
3."Feelings" ("No Feelings") – 2:51
4."Just Me" ("I Wanna Be Me") – 3:11
5."Submission" – 4:17
6."Nookie" ("Anarchy in the U.K.") – 4:07
Side two7."No Future" ("God Save the Queen") – 3:37
8."Problems" – 4:19
9."Lots of Fun" ("Pretty Vacant") – 3:09
10."Liar" – 2:44
11."Who Was It" ("EMI") – 3:15
12."New York (Looking for a Kiss)" ("New York") – 3:08
Bonus tracks on the original No Future UK? bootleg and official Sanctuary Spunk CD13."Anarchy in the UK" (Denmark Street/Riverside/Decibel, July 1976)
14."Pretty Vacant" (Denmark Street/Riverside/Decibel, July 1976)
15."No Fun" (Lansdowne/Wessex Studios, October 1976)


Sex Pistols - No Fun - Live at Winter Gardens (S.P.O.T.S Tour)

Sex Pistols - EMI (Live in Holland)

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PUBLIC IMAGE LIMITED 1980 | トップ | 土手高アン・マーグレット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事