過疎地域の村からの無責任な世捨て人の呟き

限界集落の村でクラシックギターを勉強しながら日頃感じている疑問を発信します。賛否両論あると思いますが議論しましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦争が好きな人およびしたい人と中国の今のやり方

2016-10-31 08:34:37 | 日記


一見勇気があるように見えます。「無知なる日本人よ覚醒せよ」「日本人の誇りを取り戻せ」「徴兵制をしけ」「軍隊を持て」挙句は「核武装が必要」と羅列すれば本当に勇ましい限りです。

関係ないことのようだけど「左翼化した皇室」「何々様で大丈夫かしら」「あの方ではないと駄目だわ」「あのお辞儀の仕方は何かしら」等の投稿される方までブログランキングの上位に居られます。

斜め読みでも分かりますが、本当に高ランクになる程の内容でしょうか。大いに疑問があるし、本当に書いてまたコメントをしてある方が大勢いらっしゃるなら折角の言論の自由を無駄にお使いの様な気がします。

世の中の様々な事象に疑問を持たれず、只アジテートするのはもったいない気がします。実生活と乖離しすぎています。一般人は(ブロガーだけかな?)生きていくのが精一杯でいわゆるこういう類の勇気が持てません。

きっとこれらのアジテータは電車の中での狼藉行為には身を張ってでも止められるだろうし、一般的な悪を見つけたら黙ってはいない人々と思います。政務活動費の不正使用等には真っ先に出向いて抗議をされる筈です。それをしないと、このアジテートは国と国の対立をあおり戦争を引き起こす危険があります。

昨晩中国の「経済の為」の民族大移動の番組を見ました。生活を破壊し、おそらくその後何の手も打たないでしょう。「共産党は変わってしまった」という古老の嘆きが忘れられません。いきなり執行部隊が押し掛け、家屋を、商店を壊し別の地区に移動させていました。政治ではないと思います。

見入っていると我が国は民主国家ですが、選良たちが同じことを考えた場合、民主主義の鉄則である多数決という理論が働きます。そして今や猫も杓子もの状態で「有識者会議」なる物が開かれます。

あらかじめ選ばれたのか、有識者の本心なのか分かりませんが、大体政府の意向に沿った結論が出ます。古くは「成田」に始まり、今となっては無駄なダム、橋、道路等を作るために、抵抗すれば法律の名の下に執行部隊が押し寄せます。沖縄に至っては民主主義の根幹である民意すら無視です。みかん小屋をつぶされた農家の事は最近なので皆さまご記憶と思います。全てに利権が絡んでいます。


ブロガーが思うに、今の日本の一党独裁の中で形ばかり、結論ありきの有識者会議が、中国のようにいきなりではないよと、悪く言えば民主主義を悪用しているように思えてなりません。結果が同じだから。それと例えば東北・北海道で九州・沖縄からまたその逆でも関心を持てないあるいは持たないタイミングで選挙をします。

独りよがりかも知れませんが、昨晩そう思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国って誰のものそして何故余... | トップ | 無駄遣い? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL