田神六兎の明るい日記帳

田神六兎の過去、現在、そして起こるであろう出来事を楽しく明るくお伝えします。

三が日を終えて

2017年01月03日 | 日記
 このお正月、三日ともとても良い天気に恵まれました。私達はようよう回復しました。朝食は紅茶のみ、お昼におかゆを二膳とパンを少し食べました。
 
 お正月に用意した食材が無駄にならぬように冷凍しましたが、危ないと思うものは処分しています。今回のノロウイルスと思われる食中毒のあらましと反省を記録しておきます。
 
 30日の餅つき大会、世間では食中毒を恐れ中止が相次いでいます。まさかわが家で起こるとは思いませんでした。
 
 嫁子ちゃんは29日とても忙しく、バス移動もあったそうですから、どこかで罹患(24~48時間ほどの潜伏期間)し、30日深夜(12:00)に発症したのでしょう。その後、午前3時に病院へ出かけるどこかで妻が罹患、妻は9時間後に発症していますので、ノロウィルスでは無いかもしれません。ま、救急病院の女医さん(息子の話)の『ノロウィルス食中毒でしょう。全員感染する恐れがあります。絶対注意です』の診断、また『消毒は不可能、捨てなさい』だそうですが、ドアノブなんて捨てられないです。
 
 発症前のお餅は安全だろうかと思われますが、幸いにもお餅を作った時は発症していません。さらに娘のお土産のお餅は、28日に妻と二人で作ったお餅のビニールパックだから安全と思います。
 
 今回、用意してあって良かったことと言えば、マスクの買い置きが大量、使い捨てビニール手袋も大量に買い置きがありました。さらに昨年の秋、迷った末に購入したスポーツドリンクの箱買(24本)がありました。キッチンハイターもありました。即座に消毒液を作ることができました。31日はお店は開いていても、病人を残して、幼子と子犬は買物には足手まといです。必要なものが揃っていたことは幸運でした。
 
 絶食の効果ですが、昔から「お腹を壊したら食べるな」と言われていました。ネットでも『ノロウイルス治療には、丸1日の絶食が有効』とあり、1~2日の絶食は健康体なら安全とありましたので、水分補給だけをした私です。嘔吐も下痢もない私でしたが、汚染されたものを口から入れたくない絶食でした。効果あったと思うことにします。おしまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やや回復期 | トップ | 今後のブログあれこれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事