田神六兎の明るい日記帳

田神六兎の過去、現在、そして起こるであろう出来事を楽しく明るくお伝えします。

道徳が教科に

2017年04月04日 | 日記
 道徳が教科になるそうです。良いことだと思うけど、道徳って教えて身に付くものでしょうか?疑問です。以前話題になった『江戸しぐさ』をブログで少しだけ肯定的に書いたら「嘘で道徳を教えることが良いことか」とお叱りを受けました。確かに江戸しぐさなるものは作られた逸話かもしれませんが、年寄りが「貧しかったが、昔は良かったなぁ・・」「兵隊の頃は(私は戦後生まれ)苦しかったが青春だった」と、少しばかり大げさに言うのを否定はできません。「昔の俺達は、思いやりを死ぬまでつらぬいた」とか「自分が有能であるかのような嘘は、自分ばかりではなく、廻りも危険にさらす」との正直な気持ちの現われです。
 
 さて、マスコミの最前線で働いている人が、自動車の運転免許証を一度も取ったことがないのにもかかわらず、無免許運転で逮捕されたそうです。免許失効や取り消しでの無免許でも許されないことですが、免許を一度も取ったことがない者が、免許があるかのように振る舞って運転するとは、言語道断あってはならぬことです。
 
 近頃この手の話に「免許を持っている下手な運転より、免許の無い上手な運転の方が安全だ」と、身勝手にも論点をすり替える言い草があります。免許を持っていても下手ならば、それなりの運転をするのが道徳です。運転の上手な者は『道は歩く人のためにある、そして運転の下手な人もいる』と謙虚に考えるのが道徳です。
 
 恐らく、身勝手な言い草を真に受け『事故さえ起こさねば、見つからねばよかろう』などと、不遜な考えに染まってしまった哀れな若者です。このような若者にこそ道徳が必要なのですが、道徳というものは幼い時に身につけるものですねぇ。
 
 道徳の教科に点数を付けるのが論議されています。先生の主観でしか成績は付けられぬでしょうが、万が一先生に道徳観が無かったら、子供は見抜くでしょう。低学年の子供は大人より道徳的ですよ。そして子供は反面教師で道徳を学ぶのでしょうねぇ。いつまでも道徳的ありたいオイラです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レジャーの食べ物値段 | トップ | お墓参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む