田神六兎の明るい日記帳

田神六兎の過去、現在、そして起こるであろう出来事を楽しく明るくお伝えします。

エクセル方眼紙

2017年08月05日 | PC、趣味
 ワープロを多用していた私がパソコンを手に入れる条件に、ワープロがプリインストールされていることでした。当時『一太郎・花子・三四郎』が有名、一太郎がワープロ、花子がグラフィック、三四郎が表計算でした。対峙するのがワード・ロータスだったように記憶しています。
 
 一太郎のヘビーユーザーの私は、ワープロ時代のデータを、フリーソフトを使って一太郎データに変換しました。その頃、地方の天下り人事で、民間へ就職されたHさんに再会しました。Hさんのデータは尋常ならざる量で、重いワープロ(書院)を持って通勤される時もありました。
 
 Hさんに、書院データをテキストファイル変換できるアプリを紹介したのですが「使い辛い」とワープロを使っていらっしゃいました。
 
 そんな時『エクセル方眼紙』の名を知りました。データをいただくとき、エクセル文章が多いのを不思議に思いました。連絡用として読み、データとして利用することは多くありませんでした。いつしかエクセルのワープロを『おじさんのワープロ』と呼ぶようになりました。
 
 表を作ったり、文字の頭を揃えたり、数文字下げて注釈などは綺麗に仕上げられると思いますが、数ページに渡る文章や、改行・改ページが使いづらいなど、困ることが考えられ使わなかった私です。
 
 エクセル方眼紙が、地方のおじさん達の流行かと思っていましたが、さにあらず、中央からの流行だったことに驚いた土曜の朝でした。今日も暑いですね。
 
 追伸、ゴムの木の木取りですが失敗したようです。悔しいので、もし根付いたら、鼻をうんと伸ばして詳しく紹介します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過密 | トップ | 呆れ返るほどの低次元 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PC、趣味」カテゴリの最新記事