田神六兎の明るい日記帳

田神六兎の過去、現在、そして起こるであろう出来事を楽しく明るくお伝えします。

取り木

2017年06月30日 | 日記
 ゴムの木がヒョロヒョロになった。昨年壁際で夏を過ごさせたので、葉っぱに傷がつき、見苦しくなった。今年は梅の木の下の日陰で夏を過ごさせようと思うが、なにせヒョロヒョロで風で折れそうだ。思い切って取り木を考えている。
 
 取り木とは、枝や幹の1部に傷を付けて、その部分から根を出させる方法。
 期間は、作業始めから発根して植え付けるまで1~2か月
 時期は、6月ごろから9月ごろの間に作業をする
 工法は、
幹の直径の1.5~2倍くらいの長さで、1~2ミリ位の深さに帯状に切り込む。
切り込みを入れた部分を薄くはがしたあと、指でむくように皮をはがしていくのがコツ。薄い緑色の形成層の部分をがし、木質部を露出させる。
軽く湿らせた水苔を団子状に包むように巻く。巻いた水苔を透明なビニールで包み、上部はヒモやビニタイなどで軽く留め、下部は強めに留める。
直射日光の当たらない場所に置く。水苔が乾燥しないようにビニールに小さな穴をあけ、水を注いで1~2か月管理する。
切り込みの上部からしっかり根が伸びているのを確認したら、ビニールをはがし、水苔をきれいに取り除き、発根している部分の下を剪定ハサミなどで切り、親株から分離する。
残ったゴムの木の親株は、土を入れ替えて植え替える。1年くらいで新しい枝が育ち、鑑賞できるようになる。ゴムの木は、どの節からも芽が出るので、伸びたときの姿が整うように、芽の向きを確認しながら、切り詰めると良い。

 初めてだが、天気が回復したらやろうと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終日 松島クルージング | トップ | 蒸し暑い土曜日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事