マッシュで温泉めぐり

マッシュで日本全国温泉めぐり

九州 ( 大分・熊本 ) 温泉巡り ( 3 )

2016年12月09日 | 温泉
平成28年11月24日( 木 )
2日目です
今日の目的地は,熊本県山鹿市にある「 山鹿温泉 」


雨の中を出発

   
チョイと大観峰へ寄り道
トイレに行きたくて・・・
西の空には雨雲が,東の空には青空が
この日は寒くて風もビュンビュウで
展望台はまたの機会に

  
阿蘇スカイラインを走ってるとカルデラの雄大な景色が

  
てなことで阿蘇スカイライン展望所に車を止めて

  
景色と看板でお勉強

 
熊本県菊池市にある「 道の駅 旭志( きょくし )」に立ち寄り
レストラン「 食彩館 」で旭志牛の焼肉を
美味しく頂きました。


目的地 山鹿温泉を目指して

  
山鹿温泉「 さくら湯 」に
敷地には飲泉塔があり,温泉を汲んでおられました
泉質:アルカリ性単純弱放射能泉( アルカリ性 低張性 低温泉 )
泉温:32℃ とありました

   
さくら湯は,平成24年に明治時代様式に復元されたとありました
源泉掛け流し
入浴料金:大人300円

   
入口の下足場
受付
受付の上には「 湯札 」が掛けてありました
1番札は「 市川海老蔵 」
隣に5番札「 堀越麻央 」( 旧姓 小林麻央 )の湯札が

  
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)
泉温:42℃
脱衣所です

   
レトロな趣のある浴室です
お湯も熱すぎずマッタリと長湯ができました

   
脱衣場からの階段を下りた所に「 かかり湯 」が
通路の奥には「 洗い場 」が

  
浴室を挟んで反対側にも脱衣場が
専用の温泉飲み場も

  
さくら湯の外に出てみると
「 龍の湯・池の間 」の看板が
龍の湯は昔はお殿様用の風呂?

   
こんな感じの浴室
天井には龍の絵が

 
「 池の間 」
「 さくら湯 」の歴史も書いてありました

次は,同じく山鹿市にある平山温泉に






ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州 ( 大分・熊本 ) 温泉... | トップ | 九州 ( 大分・熊本 ) 温泉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。