マッシュで温泉めぐり

マッシュで日本全国温泉めぐり

2017 ゴールデンウィーク 九州 ( 鹿児島・熊本・大分県 ) 温泉巡り ( 2日目-3 )

2017年05月27日 | 温泉
4月28日(金)、鹿児島県・熊本県・大分県に温泉巡り2日目
「 霧島湯の谷温泉 」を満喫した後

昼食は湯之谷山荘の若旦那に教えてもらった
霧島でしか味わえない「 神話豚 」を食べに
   
霧島温泉街から国道223号を少し南下したところにある
「 食いもんや 花いちもんめ 」
今日は、神話豚のヒレが入ってますとのことで
早速、ヒレカツ定食を注文しました
1、480円
旨かった~!!

腹が膨れたところで
今度は妙見温泉(霧島市牧園町)を目指して出発


ここは妙見温泉「 田島本館 」
湯治の宿とのこと
受付で 「 神経痛の湯 」 と 「 キズ・胃腸の湯 」 のどちらに入られますか? と問われ
何も考えてなかったので、お勧めの温泉に とお願いしました

入ったのは「 神経痛の湯 」
入浴料250円
 
これが神経痛の温泉棟
泉質:純重炭酸土類泉( 緊張性、低張、高温泉 )
泉温:49.1℃
と看板に

脱衣場です

   
こんな感じの温泉です
少し青味がかったような色です
浴槽の壁面には温泉成分の析出物が
給湯パイプから温泉がドバドバと注がれていました
源泉掛け流し!!
温泉を飲もうとしたところ
地元の人が「飲まない方がいいよ!」
「源泉は川の中に掘った井戸から引いているので
河川水が混じっているよ」と教えて下さいました
でも、ちょっと味見しましたが、確かに炭酸泉特有の味がしました

キズ湯にも入りたかったのですが
ちょっと湯疲れ気味でパス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ゴールデンウィーク 九州 ( 鹿児島・熊本・大分県 ) 温泉巡り ( 2日目-2 )

2017年05月26日 | 温泉
4月28日(金)、鹿児島県・熊本県・大分県に温泉巡り2日目
霧島新湯温泉を満喫した後

次の霧島湯谷温泉に向けて出発
県道1号線(霧島スカイライン?)を南下
 
ん~~!!
何だコリャ!!
道路脇に水蒸気が・・・
火山国なんですね~

またまた ん~~!!
  
林田温泉だ~!!
約40年前、新婚旅行で泊ったホテルでは??
懐かしさのあまり写真を


  
さらに少し南下すると
道路脇の谷間から白煙がモウモウと
傍の駐車場に 「 硫黄谷噴気地帯 」との看板が
噴気による被害防止のため
パイプで噴気を逃がしているとのこと

  
「立入禁止」の立看が
それにしてもすげ~~!!

  
ついでに「 丸尾の滝 」 も見物
柱状節理もしっかり見えました

 
こんな山道を進んでいくと
湯之谷山荘の看板が

  
こんな感じの温泉宿です
帰りに気が付いたのですが
「車高の高いキャンピングカーは不可」とありました
我が車は車高2.7m・・・
ぶつからなくて良かった~~

  
中で入浴料500円を払い

   
温泉棟の付近に
いろいろ効能書きが

   
奥に露天風呂の看板が・・
脱衣場の温泉成分表には
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性、弱酸性、高温泉)
泉温:44.1℃
 
   
こんな感じの温泉
私的には趣のある秘湯の温泉って感じです
床も板張り
乳白色のお湯が溢れており
ん~~ これぞ源泉掛け流し!!
浴槽が3つ
奥は熱めの湯が
手前は小さな浴槽にはぬる目の炭酸泉が
熱めの温泉とぬる目の温泉が真ん中の浴槽で混ざり
丁度良い湯加減に
のんびりと長湯が出来ますよ~!!

 
奥の熱めの湯

 
手前のぬる目の炭酸泉

   
真ん中の丁度湯加減の良い浴槽
浴槽の縁の切り込みから、熱い湯とぬるい湯が流れ込んでいます

  
「 湯の花 」 満開!!
いいですね~~!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ゴールデンウィーク 九州 ( 鹿児島・熊本・大分県 ) 温泉巡り ( 2日目 )

2017年05月25日 | 温泉
鹿児島県・熊本県・大分県に温泉巡り2日目
4月28日(金)、道の駅 「 ゆ~ぱるのじり 」(宮崎県小林市)の朝

まずは道の駅の前にある
 
コインランドリーで洗濯を

    
少量洗濯・乾燥で600円
所要時間約60分

洗濯後、霧島市にある新湯温泉 「 霧島新燃荘 」 へ

木立の覆い茂った県道104号線??を通って

ありました!!立派な看板が!!
「 民営国民宿舎 霧島新燃荘 」 
「 秘湯 西の大関 新湯温泉 」と
期待でワクワクします!!

 
溶岩の跡のような所をとおって

    
見えました新燃荘が

 
記念写真を撮って
川も硫黄成分で白くなっているような・・・

 
玄関を入って
フロントで入浴料金500円を支払い

 
ん~~!!
温泉棟への階段口に
良く見ると
「 新燃岳噴火の際の避難注意事項 」
避難時の注意事項が・・・
おいおい凄い所に来たな!! って感じです

 
階段を下りたところに

 
温泉成分表示が
泉質:単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性、弱酸性、高温泉)
泉温:60.5℃(使用位置)
高温のため加水している とありました

 
ありました
階段を下りた先に露天風呂が
青味がかった乳白色!!

  
まずは男湯で裸に

  
温泉の出口は硫黄分で真っ白に

 
お湯の色も乳白色 少し青味がかったように見えます

   
こんな感じの露天です
日陰も作ってあるし

   
露天は混浴です!!
写っているのは家の奥さんです
脱衣場に露天用のバスタオルが用意してあるそうです
お湯汲み処もあります
皮膚病に効くとの事で汲んで帰られる方もいるとか

治療泉棟があったので覗いてみました
もちろん男湯ですが
  
家族湯的な感じです

    
熱かったので加水して浸かってみました
いい湯です!!

  
次は 霧島湯之谷温泉「湯之谷山荘」へ

この時は、まさか明日も新燃荘に来るなんて夢にも思っていませんでした!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ゴールデンウィーク 九州 ( 鹿児島・熊本・大分県 ) 温泉巡り ( 1日目 )

2017年05月18日 | 温泉
平成29年4月27日(木)~5月3日(水)にかけて
夫婦で6泊7日で鹿児島県・熊本県・大分県に温泉巡りに
行ってきました。

4月27日(木)20時に自宅を出発
山陽自動車道 佐波川SAに22時33分到着
ここで車中泊

写真はありませんがトラックで満杯状態
ようやく1台分のスペースを見つけ一安心
しかし1晩中、トラックのエンジン音が・・・

翌朝、4月28日(木)午前8時、佐波川SAを出発
午前10時20分にナッツ太宰府店に到着

バンクベッド横の小窓の取替え、外部充電器や
FFヒーターの点検調整をしてもらい

午後12時40分、ナッツ太宰府店を出発
九州自動車道を走って
広川SAで昼食


えびのJCTから宮崎自動車道に入り
高原ICで降りて

宮崎県小林市にある道の駅 「 ゆ~ぱるのじり 」 に午後5時40分到着
   
広い駐車場に
トイレが2箇所
道の駅の道路向かいにはコインランドリーが

夕食は道の駅 「 ゆ~ぱるのじり 」で
ここは、レストラン、入浴施設、宿泊施設を備えた道の駅です


レストラン「味彩」の入口付近に
   
チョウザメの水槽とこんな掲示が

  
てなことで
早速、ご当地グルメの「チョウザメにぎり膳」をいただきました

 
チョウザメの身は、淡白であっさりしてとても美味でした
ただ、皿に載っけてあった鍋具材のチョウザメの切り身を
刺身と思って生で食べてしまたのが・・・
それはそれで美味しかったのですが
鍋の味が・・・

夕食後、一休みしてから
 
道の駅にある入浴施設へ
入浴料金:大人400円
残念!!
温泉ではありませんでした

   
それでも運転で疲れた体には
とても気持ちよく入れました
浴槽にはバラの花が浮かべてありました

ついでに道の駅のトイレの写真も
    
売店横のトイレは24時間使用可能
ウォシュレットもあるし

 
外灯下の明るい場所に陣取り
何となく安心!!
向こうの端にはキャンカーが1台車中泊


こんな感じの車中泊です



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マッシュの修理 ( FFヒーター )

2017年05月16日 | キャンピングカー
平成29年4月28日(金)
我が家のマッシュでナッツ太宰府店を訪問した際

先日壊したバンクベッド横の小窓の修理のついでに
不都合な点をいろいろと相談・・・

冬場、FFヒーターを点けても
設定温度にならないのにファンが止まるのでと相談

サードシート下のFFヒーターを見てもらったところ
パッと見で「何か変!!」とのコメント

  
そうです!
FFヒーターの吸気口の周辺に
空気の取入れ口がない・・・
これではヒーター本体の温度が上がり
自動で止まるとのこと

てことで
 
サードシートの側壁をテープで養生し

  
エアーノコギリで
あっという間に穴を開け
FFヒーター吸気口の側に
空気の取入れ口を設置

これでFFヒータの効きが良くなることでしょう!!
冬が楽しみです
ナッツ太宰府店のIさん
ありがとうございました!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加