わいんとともに:一日の終わりにコップ一杯のワインを飲みながら、つぶやくあれこれ。

人生最後の5年かな、と思いつつ、それでも何気なく過ぎてゆく72歳の日々のあれこれ。

今日で、74歳になった。

2017-07-27 00:27:43 | 日記
 72歳の時、このブログを始め、元気で活動できるのは、あと、5年かな、などと書いたのだが、時間がたつのは早いもので、あと3年ということになってしまうが、どうしたものだろう。このままでいけば、来年はあと2年、再来年はあと1年ということになってしまい、その次はあとがない。
 いっそのこと、いくつになっても、あと5年ということにしておこう。長すぎず、短すぎず、ちょうどいいかもしれない。なんと虫のいい話だろう。

 朝起きたら雨。毎朝行っている畑に行かなくてもいい。久しぶりのことだ。
ここの所、朝、暑くならない内に、畑に行き、胡瓜、茄子、トマト、ブルーベリー,ゴーヤなど収穫し、草取りをし、7時半に帰り、庭の鉢物に水をやり、シャワーに入り、コーヒーとパンとサラダ、ヨーグルトの朝食を用意して、テレビの前。
朝ドラを見ながら朝食をとるのが楽しみの、朝の時間だ。早く夫が起きてくれば夫の朝食も用意するが、滅多に起きては来ない。途中で起きて来た時には、ドラマが終わるまで、待ってもらう。
 今日は、枕元に俳句の本とノートを拡げて、読書やら、作句をした。
お誕生日の句を3句ほど作った。ある俳句大会に投句しようと思っているので、ここに書くことはできない。いずれ、もしかして、入選でもしたらのお楽しみ。
俳句には、こんな楽しみがあるからいいと思う。

 会社へ行きがけに、長男が、お誕生日のプレゼントを持ってきてくれた。
藤色の長袖Tシャツに今時流行りの薄い上着が合わせてあるお洒落なアンサンブルだ。思いがけないことで、とても嬉しい。早速嫁さんにTELして、ちょっとおしゃべり。来週、野菜を取りに来ることになった。
 プレゼントを貰うって、やっぱり嬉しいな。私も上手にプレゼントできる人になろう。と、いつも思う。

 午後、畑に行き、眼科の定期検診に行き、図書館で、銀の匙 を借り、買い物をし、近所の俳句を始めたいという人に、秋の歳時記と雑誌を2冊、それに野菜を届けた。夫は近所の通夜に出かけたので、一人で、夕食。テレビドラマを一つ見て、このブログを書いている。
もう、12時を過ぎたのに、まだ夫は帰らない。
クロードチアリのギーを聞きながら、プレミアビールを。
そんな、結構、充実した74歳の誕生日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコンを新しくした。 3 | トップ | 老人ホームの夏祭り »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。