Poem&Poem

自分の詩作品および好きな詩の紹介をします。

2017年04月19日 14時33分59秒 | My poem


桜     高田昭子

開花宣言の朝
季節の記憶を加算する
小鳥はみずからの重さに耐えうる枝を記憶する
さえずりに大気はわずかに揺らぐ
 
生きることも(花咲くことも)
死ぬことも(散ることも)
幕間(まくあい)のつぶやき
「はやばやと死に迎えられる。待ってくれ。
その酒はまだのみかけなのだ。」 *

花に酒 死(詩)に酒 
喜びに酒 悲しみに酒 怒りに酒  
ぼろぼろの胃袋を酒で浄めて
父は倒れた
桜散る日に

「おれの生涯 お酒に漬けた 
消毒された ぬけがら 火の付きがいい」 **
   
敗戦数日前 哈爾浜の父の所属部隊は
証拠隠滅の後に
部隊の引込線の列車に乗って釜山へ逃げた
父は日本行きの船には乗らず
釜山から哈爾浜の家族のもとへ帰る
それは独りぼっちの命がけの二ヵ月の旅だった
父の末期の夢にソ連兵が現れるほどに過酷な……

戦後の父は父としてのみ生きた
そして生涯酒を飲み続けた
「父は潔く燃えるだろう。」
私は密かに想像した 

そして 父は彷徨う意識のなかで
確かに「諸君 乾杯だ。」と言った。
そして故郷への幻の列車に乗った
静かに手を振って……


*「金子光晴自伝」より 
            
**「鳴海英吉 銭念仏」より 

 〔80〕
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落下 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。