狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖縄最北端の死闘!県板挟み、辺野古移設、新基地:国頭村奥港できょう海上搬入 住民「ダンプ往来で生活に影響」

2017-11-14 08:03:15 | 辺野古訴訟
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

■「正す会」第8回定例会のご案内

日時:11月17日(金)18:15受付 18:30開演
場所:てだこホールの市民交流室 浦添市仲間1-9-3(てだこホール:098-942-4360)
会費:一般は500円、会員は無料
問い合わせ:080-8364-3051 (但し、番号非通知および公衆電話からの対応はできません)

 

 

沖縄の最北端・奥港を舞台に、反基地活動家と「ダンプ運転手」との熾烈な戦いが始まった。

奥港には、高江や辺野古のような米軍基地はない。 

反基地活動家は怒りの矛先を「米軍基地出て行け!」などと、米軍に向けることができない。

そこで石材運搬を請け負ったダンプ運転手が攻撃の的になったわけ。

だが、少し待ってほしい。

仕事もせず座り込んでいる反基地活動家と違って、ダンプ運転手は生活のため汗を流して働いているのだ。 

それも活動家のように違法行為などしておらず、県の許可を得て仕事をしているにすぎない。

沖タイの北部報道部長の阿倍記者の記事と思われる報道は、攻撃する敵を故意に間違えた捏造報道である。

以下印象操作に満ち溢れた見出しを紹介しよう。

■一面トップ

辺野古石材 海から搬送

奥港 台船へ積み込み

■二面トップ

加速する工事 県板挟み

港使用許可 市民から不信

■第二社会面トップ

憩いの港 嘆き怒り

残念な気持ち基地造らせない

奥港 石材運搬 体張り抵抗

 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は13日、国頭村の奥港で護岸建設用石材の海上搬送に着手した。運搬を請け負った業者が接岸した台船へダンプカー約50台で石材を積み込んだ。14日にも大浦湾北側の「K9」護岸に台船を係留し、護岸の延長に使われる石材を搬入する方針。従来の陸路に加え、海上からも搬入することで建設を加速させる方針とみられ、新基地建設は新たな局面を迎えた。

 
台船に石材を積み込むダンプカー=13日午後1時27分、国頭村・奥港 台船に石材を積み込むダンプカー=13日午後1時27分、国頭村・奥港

 奥港では13日、海上搬送に反対する市民約40人が抗議行動を展開した。地元に十分な説明がないまま港の使用を強行した防衛局に対し、奥区の区民を含め強い反発や不安の声が上がっており、県内からもその姿勢に批判が集まりそうだ。

 台船は1回でダンプ200台分を積載できるが、満載せずに13日午後3時半ごろ、奥港を出た。政府関係者によると、14日から波が高くなることが予想され、港から出られなくなるおそれがあるためだという。この日は周辺海域で停泊し、海象を見ながら14日にもK9護岸へ係留する方針。

 防衛局はこれまで、陸路で名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲートから資材を搬入してきたが、反対する市民らの抗議行動で作業が遅れていた。そのため今年9月、大浦湾北側の「K9」護岸の先端に台船を係留し、石材を海上から搬入する方針を県に伝達した。

 県から奥港の使用許可が出ている来年3月までに海上搬送される石材は辺野古崎西の「N5」「K1」両護岸の延長に使われる。

 防衛局は13日、海上からの資材搬入についての県土木建築部の照会に対し、「当初から環境保全図書にも記載されている」と回答。陸上からの搬入に比べ「さらなる環境負荷の軽減や、施工の効率化につながるものだ」とし、準備が整い次第、海上からの資材搬入を開始する意向を示した。

 一方、県は「K9」護岸に台船を接岸して資材の海上搬入を行うことは、環境保全図書で予測されていないと指摘。留意事項に基づく変更承認が必要となる可能性があり、県との協議が調うまでは海上搬入しないよう求めている。

                   ☆
 
>奥港では13日、海上搬送に反対する市民約40人が抗議行動を展開した。地元に十分な説明がないまま港の使用を強行した防衛局に対し、奥区の区民を含め強い反発や不安の声が上がっており、県内からもその姿勢に批判が集まりそうだ。
 
無理やりダンプ運転手を敵に仕立て上げ、ダンプの下に座り込んだりしているが、一番迷惑を被っている野は、弱い立場の運転手さん。
 
生活の手段を妨害されては文字通り死活問題である。記事では「説明がないまま」などと飛ばし記事で「市民ら」を煽っているが、防衛局は説明している。
 
偏向報道は犯罪と、宮古毎日新聞も声を上げていますよ、阿部北部報道部長。
 
 
 
沖縄タイムス 2017年11月13日 07:10
 
 

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、護岸建設用石材の海上運搬を請け負った業者が13日に国頭村奥港を使用して石材の試験搬入をすることが12日、分かった。

港内に造成されたスロープ。接岸した船への石材積み込みに使うとみられる=12日午後3時ごろ、国頭村奥

 奥区の糸満盛也区長によると、沖縄防衛局から「13日の午前中、石材を船に詰め込む作業をする」と説明があったという。

 糸満区長は、23日の区民総会で港使用の賛否を決めたいと防衛局に伝えたが、防衛局は総会を待たずに試験搬入を強行する。港を管理する県は9月、搬入業者に港の岸壁と港湾施設用地の使用許可を出していた。

 集落内では12日、区民が防災無線を使って作業阻止を呼び掛けた。

 住民の宮城恵子さん(60)は「静かな村にダンプが何度も往来することで周辺に砂ぼこりが舞い、生活にも影響が出る。集落に十分な説明もないまま、一方的に『港を使います』なんて住民をばかにしている」と憤った。

 抗議の市民によると12日、港にはダンプ数台と作業員約10人の姿があった。港内に砂利を敷いてスロープを造っていたという。船が接岸した時にダンプでの搬入をしやすくするためとみられる

                       ☆

>奥区の糸満盛也区長によると、沖縄防衛局から「13日の午前中、石材を船に詰め込む作業をする」と説明があったという。

ほら、説明があったと、区長さんが言っているじゃないですか。

嘘の報道は犯罪ですよ、阿部記者さん!

それに、抗議すべき相手は「あらゆる手段で辺野古阻止」と公言しておきながら、埋め立て用の石材運送を許可した翁長知事ではないか。

相手を間違えて弱い者(運転手)いじめをすることこそ差別ではないだろうか。

最後に新聞の見出しの間違いを指摘しておこう。

誤⇒辺野古新基地建設は新局面に

正⇒辺野古移設は最終局面に

 

追記】

東子さんのコメント

 

「辺野古新基地:国頭村奥港できょう海上搬入 住民「ダンプ往来で生活に影響」 2017年11月13日 07:10」
普天間移設問題・辺野古新基地 辺野古埋め立て 資材搬入 国頭村 沖縄防衛局
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/169475

>奥区の糸満盛也区長によると、沖縄防衛局から「13日の午前中、石材を船に詰め込む作業をする」と説明があったという。

あれ?
一度も説明がないと言っていたが、あったのね。


>集落に十分な説明もないまま、一方的に『港を使います』なんて住民をばかにしている」と憤った。

分かった。十分な説明がなかったのね。
なぜ、県は許可にあたって、「十分な説明と地元の同意」という条件をつけなかったのかしらねぇ。
法的に必要ないからでしょう。
法的に必要なら、苦渋の選択で「許可」なんかする訳はなく、良い理由を見つけたとここぞとばかり利用するはずだ。

法的に必要ないとすると、住民は法的に必要でない「十分な説明と地元の同意」を求めている訳なので、法的に必要でないのに「十分な説明と地元の同意」を求める根拠を「住民」が説明しないとね。

説明責任は沖縄防衛局ではなく、「十分な説明と地元の同意」を求めている住民になる。

■そういえば、恣意的に許可を出さなかったのが、大田元知事。
「不作為」を行った。

1995(平成7)年9月28日、大田昌秀知事がアメリカ軍用地強制使用の代行手続きを拒否する事件があって、国は沖縄県知事を被告とする職務執行命令訴訟を、同年12月7日に福岡高等裁判所那覇支部に提起した。
結果は、最高裁判所の判決で上告は棄却され、1996(平成8)年8月28日に沖縄県の敗訴が確定した。
これをきっかけに2004年の行政事件訴訟改正により、新たに「義務付け訴訟」が法定されたため不作為に関する救済手段が、より整備された。

「申請等の店晒しで実質認可しない」は、できなくなった。
大田元知事によって、サヨクは、行政を巻き込んだ手段を一つ失った。 
 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「偏向報道は犯罪」宮古毎日... | トップ | 翁長知事錯乱、「辺野古終了... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2017-11-14 08:08:41
「沖縄防衛局、護岸用石材の海上輸送着手 辺野古新基地建設は新局面に 2017年11月14日 05:00」
普天間移設問題・辺野古新基地 辺野古埋め立て 沖縄防衛局 国頭村
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/170181

>奥港では13日、海上搬送に反対する市民約40人が抗議行動を展開した。
>地元に十分な説明がないまま港の使用を強行した防衛局に対し、奥区の区民を含め強い反発や不安の声が上がっており、県内からもその姿勢に批判が集まりそうだ。
>反対する市民らの抗議行動で作業が遅れていた。

ほっほぉー。
今日は、慎重に「妨害行為」と言う言葉を避けて、「抗議活動」とな。
記事に署名はないが、こういう技巧的な文章が書けるのは、タイムスのベテラン記者でないと無理。
ついつい、未熟な記者は正直に事実を書いてしまうから。


>今年9月、大浦湾北側の「K9」護岸の先端に台船を係留し、石材を海上から搬入する方針を県に伝達した。
>防衛局は13日、海上からの資材搬入についての県土木建築部の照会に対し、「当初から環境保全図書にも記載されている」と回答。
>県は「K9」護岸に台船を接岸して資材の海上搬入を行うことは、環境保全図書で予測されていないと指摘。

以前より、沖合に資材置き場を作り、そこから埋立現場に資材を運ぶことになっている。
つまり、海上からの搬入は決まっていたわけで、それを「『K9』護岸に台船を接岸して資材の海上搬入を行う」ことは予想していなかったって、予想する能力不足を告白して……。
苦しすぎる(涙
できた護岸に船をつけて資材搬入、那覇空港第2滑走路工事でもしていない?


>留意事項に基づく変更承認が必要となる可能性があり、県との協議が調うまでは海上搬入しないよう求めている。

「県との協議が調うまでは海上搬入しないよう求めている」。
「求めている」と書く時は、法的根拠がなく、沖縄防衛局のお情けで止めてもらうしかない。
しかし、「魚心あれば水心」と県に忖度すれば、更に嵩に被って要求をしてくるだけの翁長県政だから、国は法的根拠のないものは、突っぱねることにした。



【参考】
「辺野古、新たな護岸着工へ 来週にも2カ所 希少サンゴ移植待たず 2017年11月4日 05:00」
普天間移設問題・辺野古新基地 辺野古埋め立て 護岸工事 沖縄防衛局
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/165596

>沖縄防衛局は6日の週に、新たな護岸工事に着手する方針を固めた。
>県は埋め立て海域で見つかったサンゴの保全措置が不十分として工事の停止を求めており、
>防衛局の担当者は2日、県庁を訪れ、工事を止めるよう求めた県の行政指導に対し、「工事を停止する必要はない」と反論する文書を提出した。
>県は「K9」護岸に係船機能を持たせた施工は事前に示された設計内容と異なるとし改めて事前協議を要求。
>協議が整うまでの工事停止を求めている。
Unknown (東子)
2017-11-14 08:09:05
名護市が砂利運搬用にベルトコンベヤーの建設を許可しないからダンプで搬入余儀なくされていることに一言も触れないタイムス、新報。
ベルトコンベヤーの建設がされていれば、ダンプの排気ガス、交通事故の心配、騒音、すべて解決。


「沖縄防衛局、護岸用石材の海上輸送着手 辺野古新基地建設は新局面に 2017年11月14日 05:00」
普天間移設問題・辺野古新基地 辺野古埋め立て 沖縄防衛局 国頭村
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/170181

>地元に十分な説明がないまま港の使用を強行した防衛局に対し、奥区の区民を含め強い反発や不安の声が上がっており、県内からもその姿勢に批判が集まりそうだ。

と、批判の矛先は、許可した県でしょーに。


「静かな小集落、突然の緊張 新基地建設の資材搬入拠点に一変 国頭村奥の住民、涙の抗議 2017年11月14日 06:30」
辺野古新基地 埋め立て 海上搬入 防衛局 県警
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-613216.html

>ダンプカーが通る道には奥小学校があり、この日は奥小の職員も不安そうな顔を浮かべて様子を見ていた。

高江と同じく、通学時間帯を避けることになっている。


>国頭村の宮城久和村長は「奥港は県の管轄なのでコメントする立場にないが、住民生活に支障が出ないように最大限配慮してほしい。国道を多くの工事車両が通って渋滞が発生したら、奥集落の問題だけではない」と強調した。

さすが区長まで務める方だけのことは、ある。
行政の管轄がどこか、分かっていらっしゃる。
Unknown (東子)
2017-11-14 08:09:24
そういえば、昨日あった、「釣りができない」。

「海上搬送のための大型船入港 名護市辺野古の新基地建設 国頭村奥港で住民ら抗議 2017年11月13日 09:05」
国頭村奥 名護市辺野古 新基地建設
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-612709.html

>奥の住民らは港に集まり「ここは釣りをする場所だよ」「自然破壊したらもう直らないよ」と抗議の声を上げた。
>奥に住む女性(83)は「この港は、畑の合間に釣りをしに来るみんなの憩いの場所だよ。新聞見て始めて知って驚いている。何の説明もない。もう釣りもできないさ」と肩を落とした。

ツイキャス観ていて、運搬船がいても普通に釣りはできそうな感じなので、不思議な言葉と思ったら、今日の新報の記事にはない。
これ↓が、影響している?


「「ここは釣りする場所だ!出てけ!」自称住民、港への辺野古工事資材搬入に抗議~ネットの反応「港の意味知らんのかこいつら」「理由はなんだっていいんです」「誰一人釣りしてないけどカモフラージュくらいはしとけよ」 2017.11.13」
https://anonymous-post.com/archives/15715

> 2017年11月13日 12:31 PM
>画像や年齢は出しても、何故か名前は公表されない不自然さwwww
>そして今回の資材搬入の為に作られた港って訳でもないのに
>「もう釣りができない」などと妄言撒き散らしまくり
>こいつらの思考回路は一体どうなってんだよwwwwwww

>2017年11月13日 2:34 PM
>もう4-5年前からこの港は釣り禁止。漁港関係者以外立ち入り禁止だ。

釣り禁止の場所で奥の住民らは釣りをしていたのか?
Unknown (東子)
2017-11-14 08:09:41
「静かな小集落、突然の緊張 新基地建設の資材搬入拠点に一変 国頭村奥の住民、涙の抗議 2017年11月14日 06:30」
辺野古新基地 埋め立て 海上搬入 防衛局 県警
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-613216.html

の記事に添えられた写真↓
https://ryukyushimpo.jp/archives/002/201711/cec68da0adbedda29a1882b35150b477.jpg

黄色のジャンパーの人、誰?
なぜ、名前を聞くかというと、この方、この日のリーダーらしくメガフォンで妨害行為の指導をしていた。
そして、作業を見守っている防衛局職員に向かって「あの小太りの〇〇が、責任者。〇〇、こっちにきて説明しろ。一切説明があにではないか。メガフォン貸すから説明しろ」と怒鳴った。
さらに「皆さん、○○の顔をよーく覚えておいてください」と扇動した。

「顔と名前を覚えておけ」という本人の名前を晒してもなんら問題ないと考えるので、誰?と聞きました。
Unknown (東子)
2017-11-14 08:12:24
辺野古より那覇から遠い高江は、人の集まりが悪かった。
奥港は高江よりさらに40km遠い。
行ったことがあるが、道が細い。
辺野古基金からバス代出してバスを仕立てるの?
ダンプ迷惑と声を挙げているところに、更に排ガスを出すバスを送り込む訳?
辺野古ビジネス (清島清)
2017-11-14 08:23:32
.
チラシ「逮捕されたらウチの事務所へ」

市民に寄り添う、辺野古に群がるハイエナ弁護士
https://anonymous-post.com/archives/15764
Unknown (東子)
2017-11-14 08:32:52
「国頭・奥港で石材を搬出、あすにも辺野古へ 2017年11月13日 18時27分」
http://www.qab.co.jp/news/2017111396448.html

>県は、海上からの搬入を認めていません

まるで県に「海上からの搬入の可否」権限あるように書くが、あるなら、「認めない」でこの問題は終わりでしょ。
県は「嫌だ」という感情を垂れ流せるだけ。


>奥港の使用許可申請に対しては、「弁護士らと法的な問題を検討した結果、認めざるを得なかった」として、港の使用を許可しました。
>奥港の使用許可は、事実上、新基地建設計画を後押しした形にもなるため、翁長知事には詳しい説明が求められそうです。

仲井真前知事シンパの課長級の者が「認可」しただけで翁長知事は関わっていない。
と言説を流していた者がいたが、「許可」したら大事になることは分かり切ったことなので、たとえ課長級の者の決済事項えあっても知事まで上がらないはずがない。
というか、責任回避したいのが、人情。
誰が、非難の的になる許可を一存で下級公務員が出すものか。
Unknown (東子)
2017-11-14 08:47:27
「辺野古、新たに絶滅危惧サンゴ 防衛省が沖縄県に報告、詳細公表せず 2017年11月14日 06:00」
辺野古新基地 埋め立て サンゴ 大浦湾 沖縄防衛局
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-613201.html

>工事海域で、新たに絶滅危惧種のオキナワハマサンゴ8群体、準絶滅危惧のヒメサンゴ2群体の計10群体が見つかったことが13日明らかになった。
>7月にも絶滅の恐れのある希少なサンゴ14群体が見つかっていたが、防衛局が県に報告した時点で13群体は死滅していた。
>このため県は報告が遅いと批判しており、防衛局は今回、発見から数日以内に県に報告したことを強調した。

県の批判に防衛局は改善を見せている。
「見せたのに、県は…」と使われる可能性あり。


>今回発見されたサンゴについて防衛局は「移植のための採捕許可申請を県に出すかどうかなど対応は環境監視等委員会で議論する」とした。

移植のための採捕許可申請を県に出すかどうか。
つまり、出さなくても良いサイズ、種類なのね。
1回目に、出さなくても良いサイズだったにもかかわらず採捕許可申請を県に出して、許可が中々下りない「実績」を防衛局は手にいれた。

県の言うこと、やる事、尽くオウンゴールになるのは、翁長知事の辺野古阻止が矛盾の塊だから。
Unknown (東子)
2017-11-14 08:51:17
糸満市議選で共産党候補のビラに名前を載せる翁長知事。
http://takemitu.ti-da.net/e10079102.html
Unknown (東子)
2017-11-14 09:29:14
「ハガティ駐日米大使と翁長知事が初会談 2017年2017年11月13日 19時55分」
http://www.qab.co.jp/news/2017111396451.html

>翁長知事は、会談で、「日本の国は守ってあげてるよ、その代わり沖縄は我慢して、これだけの事件事故にも耐えて、日本国に尽くしなさいよ、アメリカも助かるからねと言ってるようにしか聞こえない」と述べました。

被害者意識はあっても中国の脅威、北朝鮮の脅威に晒されている当事者意識はゼロ。
タイムス、新報が「中国の脅威、北朝鮮の脅威」を書かないと、知事まで気づかない??


>ハガティ駐日大使は北朝鮮などの脅威があるとした上で「基地による県民への影響の緩和にも知事と連携して対応したい」とも述べました。

ハガティ駐日大使に「北朝鮮などの脅威がある。当事者ですよ」と注意される。

コメントを投稿

辺野古訴訟」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL