狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

核ミサイルはОKだがパトリオットは反対!市民団体座り込み

2006-10-11 19:13:35 | 普天間移設

 7月のミサイル乱射に続いて今度は核爆発実験と来た。

  安倍首相の訪中・韓に合わせたのか、国内事情があったのかはともかく、
 これでミサイルに核弾頭を載せて発射する準備が完了したと言うことになる。

  この数週間、そのミサイルを防御するためのパトリオット(PAC3)の沖縄配
 備反対で市民団代と自称する「プロ市民」が大騒ぎをし、それを支援する地
  元メディアが連日煽るような報道をしている。

  彼ら「プロ市民」の言動は北朝鮮を祖国と仰ぐ「朝鮮総連」の論調と重なる。

 「朝鮮新報」とは『フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
 「日本在住の朝鮮人(在日朝鮮人)団体在日本朝鮮人総聯合会
 (朝鮮総聯)の中央機関紙」である。

  ここに朝鮮日報2006年9月22日の記事があるが14日付けの北朝鮮
  労働新聞の論評を転載している。

 ここで言う「わが国」とは北朝鮮のことを指す。 ちなみに「朝鮮新報」は、
  韓国の「朝鮮日報」とは何の関係もない。

  米国が日本に弾道ミサイル防衛能力を備えた1万トン級最新型イージス
  巡洋艦シャイローを配備し、沖縄の嘉手納空軍基地に今月PAC3迎撃
  ミサイルを配備して年内に部分的に稼動させることは、朝鮮半島情勢を
  爆発ラインに向かわせる危険極まりない行為である。

  こんにち、米国は朝鮮を軍事的に占領することを侵略的なアジア太平洋
  戦略実現のカギ、最重要課題としている。米国は日本を朝鮮侵略のため
  の前哨基地、補給基地、総合的な戦争指揮処に利用しようとしている。

  米好戦勢力が日本に最新型イージス巡洋艦を追加配備したのは、
  新たな朝鮮戦争準備完成の一環である。

  わが国を「悪の枢軸」、核先制攻撃対象に名指ししたブッシュは、
  米国の「安全保障」と同盟国「保護」の名目のもと、朝鮮侵略戦争計画を
  実践に移そうとしている。(労働新聞14日付論評) [朝鮮新報 2006.9.22]

  沖縄の「プロ市民団体」に向かって
  「沖縄へのパトリオット配備に反対せよ!」と言ったメッセージを送っている。

  そしてプロ市民は指示通り8日の夜、9日の朝と実力行使を行った。

  沖縄タイムスは朝鮮日報の記事の9日後、
  社説で「パトリオット沖縄配備反対」の社説を書いていた。

  沖縄タイムス社説(2006年10月1日朝刊)

  [PAC3配備] 文民統制を崩壊させるな  

  米軍嘉手納基地と嘉手納弾薬庫に分散配備される最新鋭の
  迎撃ミサイル・パトリオット(PAC3)の陸揚げが那覇軍港で始まった。

 他国が発射する弾道ミサイルをレーダー網で探知し、着弾前に撃ち落とす
  ミサイル防衛(MD)システムで、PAC3の国内配備は初めてである。

  米軍再編に伴う日米合意で、米軍は来年三月をめどに計二十四基の
  PAC3を沖縄で本格運用する方針だ。

  嘉手納町、北谷町、沖縄市などは
  「これ以上の基地機能の強化は許されない」と強く反対してきたが、結局、
  地元の声は無視された。

  政府は「純粋に防御的なシステム」と説明しているが、
  大方の県民にとっては「招かざる客」であろう。

  なぜなら、移動可能な地上運用のPAC3をめぐっては、
   いくつかの疑問点が浮かび上がるからだ。

  まず、米軍がPAC3を発射する事態に至った場合、
  沖縄周辺の民間航空機の飛行ルートとの関係はどうなるのか

  民間機を含め、住民の安全はどう保たれるのか。

  また、専門家は配備される嘉手納基地など「周辺への電波障害は
  真剣に考えないといけない」
と指摘している。こうした疑問に対し、
  日米両政府は十分な説明を尽くしたとは言えない。

  もう一つは、PAC3が二〇〇六年度末に自衛隊に配備された後、
   シビリアンコントロール(文民統制)や憲法が禁じている集団的自衛権の
   行使との関係があいまいである点だ。

  昨年七月、弾道ミサイルを迎撃する際の手続きなどを定めた
   改正自衛隊法が自民、公明両党の賛成多数で成立。これまで国会承認が
  必要だった防衛出動の発令前でも、迎撃ミサイルの発射が可能になった。

  しかし、弾道ミサイルの具体的な発射兆候があれば、
   首相の承認を得て防衛庁長官が迎撃を判断する手続きを踏むが、
  兆候がつかめないまま急な発射に至れば、現場指揮官が迎撃を判断
  しなければならない。

  指揮官の裁量が大きくなり、文民統制が形骸化し、なし崩しにされる
   恐れがある。  政府は、自衛隊が得た弾道ミサイル情報を米軍に提供
   することは「情報交換の一環として可能」としている。

  だが、米側の迎撃につながる情報提供は集団的自衛権行使に当たる
   との指摘があり、なお論議を呼びそうだ。

  文民統制の原則や集団的自衛権行使の禁止事項が、
   日本の軍事大国化に歯止めをかけてきた。私たちは、
   PAC3の配備においてもこの点をきちんと検証する必要がある。

    さすがの沖縄タイムスも「防御の為の迎撃ミサイル配備」に真正面
   からは反対するには苦労をしているようだ。

   ≪まず、米軍がPAC3を発射する事態に至った場合、沖縄周辺の
   民間航空機の飛行ルートとの関係はどうなるのか
。民間機を含め、
   住民の安全はどう保たれるのか。≫

   核弾頭付きのミサイルが飛んでくる危険は考えずに、民間機や住民の
   安全は図れないだろう。 こんな簡単な理屈がなぜ判らん。

   ≪周辺への電波障害は真剣に考えないといけない≫

   同じ事をあえて繰り返す。核弾頭付きミサイルが飛んでくるのに周囲
   の電波障害もヘッタクレもないだろう。

   さすがの沖縄タイムスも真正面からは反対できなかったのか文民統制に
   逃げ込んで何とか朝鮮日報の指令に対するアリバイ作りをしたようだ。

   日本の自衛隊ほど文民統制の徹底した「軍隊」は世界でも例がないと言うこと
   は沖縄タイムスが一番承知しているはず。

    だが「プロ市民」の暴走は止まらない。

   下記8日夜のの実力行使の翌日になって「核爆弾実験」のニュースが沖縄
   にも伝わったが、メディアは「プロ市民」のコメントを取って欲しかった。

    「北朝鮮は7、8個の核弾頭は保有しており、日本全土をカバーする
   約200基のノドンを日本に向けて配備している」事実に彼らはどう答えるのか。

    「核弾頭搭載のノドンが日本全土に照準を合わせている」事実にどう
   コメントするのか。

 ◆「軍事要塞化」危ぐ 市民団体座り込み (琉球新報 06/10/9)  http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-17887-storytopic-1.html

 8日夜、うるま市の天願桟橋前 米陸軍パトリオット・ミサイル(PAC3)の沖縄配    備  で、沖縄平和運動センター(崎山嗣幸議長)は8日夜、
  PAC3本体の搬入場所となるうるま市の天願桟橋前で抗議行動を行った。

  ミサイルの搬入が9日未明に迫っていることや、
   嘉手納基地への次世代戦闘攻撃機F35Aの配備検討が
   明らかとなったことを受け、参加者は終始険しい表情。

  「沖縄は軍事要塞(ようさい)化している」「機能強化には反対だ」
   と激しい怒りの声を上げ、フェンス越しに対峙(たいじ)する憲兵を
   にらみつけながら、シュプレヒコールを繰り返した。

  パトリオット・ミサイルを積んだとみられる貨物船は8日午後、
   金武湾中央部に停泊しているのが確認された。
   船上にはコンテナのようなものが複数個あり、クレーンも積まれていた。
 黒い船体部に白字で「GLOBAL CONTAINER LINES」
   と記されていた。日没後、船上部のライトが点灯したものの、
   動く気配を見せなかった。  桟橋前には、午後9時前から
   「パトリオット配備阻止」「機能強化反対」と書いたプラカードを掲げた
   市民運動団体が集結。次第に数を増し、抗議行動が始まった
   同日午後10時半すぎには、20を超す市民団体が集結、
   150人を超すまでに膨らんだ。  抗議行動の参加者が増えるに連れ、
   現場も次第に緊迫感を増した。機動隊が出動するような騒ぎなどは
   なかったものの、座り込みをする市民団体の中には、
   桟橋の入り口前に車両を止め、憲兵の行く手を阻もうとする行動も見られた。

  抗議行動であいさつに立った崎山議長は「PAC3の配備は米軍再編
   の正体。ミサイルを迎撃できなければ、県民の頭上に落ちることになる。
   沖縄の負担軽減という言葉で米軍再編の枠に沖縄を押し込めよう
   としている」と語った。

  一方、桟橋の周辺に住む住民からも、一様に不安を訴える声が
   上がった。天願桟橋周辺に住む佐久川長一さん(52)=うるま市昆布=
   は「家の目の前には米軍の貯油施設があり、ミサイルに何かあったら
   この付近は一大事になる」と不安を隠せない様子。

  狩俣元(はじめ)さん(37)=同市昆布=は「報道以来毎日、
   天願桟橋を見ている。毒ガスを積んだ車両が家の前の道を通った
   という話は聞いたが、『まさかまた』と思った。何十年たっても何も
   変わっていない」と繰り返される兵器輸送に怒りをあらわにした。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◆在日米軍、幹部ら緊急集合・日本政府と緊密連携 (日経 06/10/9) http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061009AT2M0900L09102006.html

 北朝鮮による核実験発表を受け、在日米軍は9日、ライト総司令官
(米空軍中将)ら幹部が東京・横田の在日米軍司令部に緊急集合し、
事態の推移を注視するとともに最新の情報収集を続けている。

  モリス在日米軍広報部長は9日、日本経済新聞に対し「核実験に
対して、在日米軍として特別なリアクションは取らない」と言明。
直ちに軍事的な緊張が高まる可能性は低いとの見方を強調した。

  北朝鮮が7月に弾道ミサイルを連射した際、米軍は第7艦隊の旗艦
「ブルーリッジ」をロシア・ウラジオストクに「定期訪問」の名目で事前に
派遣するなど「万が一」の場合に備え、万全の構えを取っていた。ただ、
核実験については、これが直ちに軍事的な「有事」に発展するものでは
ないと判断。意識的に冷静な対応に努めているものとみられる。
 モリス広報部長は在日米軍幹部の動静について「彼ら(ライト司令官ら)
は会議を続けている」と説明。

 【社会】 「(日本へのミサイルを迎撃する)パトリオット配備、
許さない!」 市民団体座り込み、PAC3陸揚げできず…
沖縄・うるま★2 1 :

☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/10/09(月) 16:22:45 ID:???0

★市民団体ら座り込み PAC3陸揚げできず ・弾道ミサイルを迎撃する
アメリカ軍の最新型パトリオットミサイル「PAC3」の嘉手納基地  
への配備に向け、ミサイル24発を載せた輸送船が9日朝、
沖縄県に到着した。  しかし、反対する市民団体ら約150人が
座り込むなどしていて陸揚げできない状態が  続いている。  
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20061009/20061009-00000034-nnn-soci.html

・嘉手納基地に配備される最新のパトリオットミサイルPAC3の本体を
積んだ貨物船が今朝、  うるま市の天願桟橋に到着しました。
ゲート前では配備に反対する市民団体が座り込みを  行っていて
嘉手納基地への搬入の作業は現在の所行われていません。  
パトリオットミサイルが陸揚げされる天願桟橋では沖縄平和運動
センターなどの市民団体が  昨夜から阻止行動を行っていて座り込み
の開始に合わせて開かれた集会にはおよそ250人が  参加しました。
集会の参加者はパトリオットの配備ゆるさないぞ基地の
機能強化反対などを  シュプレヒコールを繰り返した後ミサイルを
積んだ貨物船が入港しないか一晩中監視活動を  続けました。
 宮城歓記者報告「一夜明けて天願桟橋では市民団体が
パトリオットミサイルが搬入されないか  どうか警戒を強めています」。
一方パトリオットミサイルを積んだ貨物船は今朝から天願桟橋の  
沖に姿を現し午前8時45分着岸しました。しかし天願桟橋のゲート前で
座り込みを行っている  市民団体のメンバーが、陸揚げにあたる
作業員や、アメリカ軍の兵士が基地の中に入らないよう  監視している
ため現在の所、嘉手納基地への搬入の作業は始まっていません。  
http://www.otv.co.jp/newstxt/news.cgi?

 

 ※画像:http://www.otv.co.jp/newstxt/photos/20061009120161a.jpg

※動画:  http://meta.cdn.yahoo-streaming.jp/cgi-bin/yahoo/news.asx?cid=20061009-00000034-nnn-soci-movie-000&media=wm300k

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官邸カメラは防犯カメラ【そ... | トップ | 盧武鉉は裸の王様  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お邪魔します (ima)
2006-10-11 19:16:55
自衛隊は決して警察の前に出ては駄目なんですよね。
それから (ima)
2006-10-11 19:19:40
恐怖心の連鎖って知ってますか?

核兵器を核兵器で阻止すると云う行いは 愚かな幻想です。

沖縄平和運動センター (Takashi)
2006-10-11 21:43:44
画像に写っている「沖縄平和運動センター」は、朝鮮新報の左下「2002年以前の記事」の

1998年10月16日「沖縄でチュチェ思想全国セミナー」の記事に載っています。

明らかに、北朝鮮の為にやってます。



imaさんへ

ホント北朝鮮って、愚かですね。



狼魔人さん、毎日記事を読ませてもらってます。

いつもご苦労様です。
迎撃ミサイル (狼魔人)
2006-10-12 13:07:01
imaさん



< 自衛隊は決して警察の前に出ては駄目なんですよね。 >



よく意味が解りませんが、沖縄の天顔桟橋で座り込んでいる「市民団体」の皆さんと説得しているは防衛施設局の職員であり自衛隊員ではありません。



ちなみに現場にいるのは「市民団体」、防衛庁職員、米軍、沖縄県警です。







<核兵器を核兵器で阻止すると云う行いは 愚かな幻想です。>



これも良く解らないのですが、核実験をして核ミサイルで威嚇する北朝鮮に対し、「市民団体」の皆さんが反対しているパトリオットは迎撃ミサイルであって、攻撃用ミサイルでもなければ核ミサイルでもありません。





takashiさん



ご紹介頂いた「沖縄平和センター」についての朝鮮新報の記事大変参考になりました。



これでは沖縄がチュチェ思想の巣窟になってしまうと言う危惧が現実となってしまいますね。



おかしいのは沖縄のメディアだけかと思ったら大学教授の先生方が思考停止と個人崇拝では・・・・ネ!



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
破綻する峻別論☆集団的自衛権と個別的自衛権 (松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG)
<font size=3> 安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で、集団的自衛権の行使について「個別的自衛権と集団的自衛権の間にあるものについて、(個別事例の)研究を行った結果、(それらの中には)わが国が禁止する集団的自衛権の行使ではないという解釈を政 ...