狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

本日、我那覇真子さんの記者会見予定!

2015-09-25 06:46:35 | 普天間移設

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

翁長知事が帰沖 「基地問題、国際社会が見始める」

 国連人権理事会総会で演説するためにスイス・ジュネーブを訪れていた翁長雄志知事が24日午後6時50分すぎに帰沖し、那覇空港に到着した。島ぐるみ会議のメンバーら約70人が大きな拍手と指笛で翁長知事を出迎え、国連演説をねぎらった。翁長知事は「国際社会の中で基地問題を見てもらうということが大きく動き出そうとしている。いろんな分野の方と力を合わせて頑張っていきたい」とあいさつした。

 

         ☆

今朝の沖縄タイムス一面の写真を見ると、翁長知事を迎える「市民団体」がまるで凱旋将軍を出迎える、といった印象を読者に与える。

だが、翁長知事の国連演説が沖縄生まれの26歳の女性によって見事粉砕された事実を県民、いや、国民のほとんどが知っている。

知らぬが仏は沖縄2紙のみを情報源にする哀れな読者だけ。

翁長知事の帰沖は、実は敗軍の将の帰沖だった。

敗軍の将は兵を語るべきではない。

だが、捏造新聞の沖縄2紙がまたしても嘘をばら撒いている。

 

昨今のネットの普及は驚異的である

翁長知事の国連人権理事会での「演説」は、それが大嘘であることを暴露され大失敗に終わった。

知事の「演説」直後、同じ人権理事会の席で「知事の話は嘘です」と、名護市の我那覇真子さんにカウンターパンチを食らって、撃沈してしまったのだ。 

このニュースは大手メディアが無視する中、インターネットを通じて日本中を駆け巡った。 

ただ、例外的に産経新聞と八重山日葡のみが、大きく取り上げた。

ところが、沖縄知事に同行した大デレゲーションの一員として取材した沖縄タイムスと琉球新報の両紙は、翁長知事の「演説」の直前、同行した市民団体が主催したシンポジウムで発言した内容を、あたかも知事の国連演説であるかのように捏造報道した。

これは、予想通りであった。

だが、知事の僅か2分間の「棒読み演説」に対し、ほとんどの欧州メディアが無関心であった。

その事実を沖縄タイムスが報じているのは、皮肉以外の何ものでもない。

沖縄タイムス 9月23日(水)10時43分配信
「欧米メディア、翁長知事演説の報道目立たず」

さらに知事が一番関心を持って欲しいはずの米国は、沖縄タイムスの取材に対し、「(知事演説を)見ていない」という無関心さだ。

これには思わず失笑してしたくらいだ。

日本政府は国連での嘉治代表の反論に続き、菅官房長官も止めを刺す念の入れようだ。

菅氏、翁長知事の国連演説に「強い違和感」「国際的に理解されない」

沖縄タイムス 2015年9月24日 12:22
【東京】菅義偉官房長官は24日午前の記者会見で、翁長雄志知事がスイス・ジュネーブの国連人権理事会で名護市辺野古の新基地建設に反対する声明を発表したことに、「強い違和感を持っている」と不快感をあらわにした。

 菅氏は米軍普天間飛行場の移設問題に関し、「19年にわたって多くの沖縄県関係者の協力を得ながら適正な手続きで進めてきた。そうしたことを踏まえない翁長知事の主張は国際社会で理解されないと思う」と述べ、政府が進める移設計画の正当性を強調した。

 さらに、同理事会で沖縄県出身者が翁長知事とは異なる見解を述べたことも承知しているとして、「沖縄においてさまざまな意見があるということも事実じゃないか」との認識を示した

              ☆

メディアが我那覇さんの反論をいくら隠蔽しても、辺野古問題の最高責任者である菅官房長官は我那覇さんの快挙を先刻承知である。

当然、「オール沖縄」が嘘であることも知っている。

沖縄2紙が捏造新聞であることも知っている。

 

大失敗のまま帰沖するのは、いくら面の皮の厚い翁長知事といえども耐えられなかったのか、帰る途中、東京に立ち寄り記者会見をして「国連演説」の内容を説明した。

翁長知事よ、「棒読み演説」の内容は既にYoucubeを通じて世界に発信されていますよ!

いまさら、負け犬の遠吠えをして恥の上塗りをするつもりですか。

 その恥の上塗りがこれ。

翁長知事「移設阻止長期戦で」

アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、翁長知事は、日本外国特派員協会で記者会見し、「安倍政権も長くてあと3年だ。日本の民意が変わっていくことも十二分にありうる」と述べ、政権交代も見据え、移設計画阻止に向けて長期的に取り組んでいく考えを示しました。
アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、翁長知事は、スイスで開かれた国連人権理事会で演説し、計画への反対を訴えたあと、24日、帰国して、東京の日本外国特派員協会で記者会見しました。
この中で、翁長知事は、国連人権理事会で政府側が3月に返還された西普天間住宅地区など基地負担の軽減策に触れて反論したことについて、「返還を大きく誇張するような反論であり、大変残念だ」と述べ、アメリカ軍専用施設の大幅な返還につながるものではないと批判しました。
その上で、翁長知事は、「長期的な法廷闘争になった場合、移設計画を止められるのか」と質問されたのに対し、「安倍政権も一番長くてあと3年だ。来年は参議院選挙もあり、日本の民意が変わっていくことも十二分にありうる。世界中の人に、日米安保体制の品格を見てもらい、解決の道を探していきたい」と述べて、政権交代も見据え、移設計画阻止に向けて長期的に取り組んでいく考えを示しました

NHKニュース 09月24日 19時38分

              ☆

驚いた!

帰沖したら、即決で埋め立て取り消しの法的執行をする、と思いきや、

安倍政権が終わり、民意が変わるのを待つという。

>翁長知事は、「長期的な法廷闘争になった場合、移設計画を止められるのか」と質問されたのに対し、「安倍政権も一番長くてあと3年だ。

>来年は参議院選挙もあり、日本の民意が変わっていくことも十二分にありうる。世界中の人に、日米安保体制の品格を見てもらい、解決の道を探していきたい」と述べて、政権交代も見据え、移設計画阻止に向けて長期的に取り組んでいく考えを示しました

それじゃ聞くが、政権交代が行われ、支持基盤である共産党が政権を取るまでずるずる引き延ばすつもりなのか。

共産党が「国民連合政府」構想 参院選での統一戦線呼びかけ 
民主・岡田代表ら早くも前のめり… 野党再編加速か?
(産経新聞 9月21日)

嘘塗れの会見に一々反論するのは省略し、保存記録として、下記にリンクしておく。

【翁長知事会見詳報(1)】
「多額の振興費をもらっている誤解がある」

国連に出発する前の報道では行政手続法に則った取り消しは、帰沖後の24日頃と報じられていた。

だが本日の沖縄タイムスによれば、「承認取り消し29日以降」とのこと。

29日と明言せずに、「29日以降」と曖昧にしたのは何故か。

まさかこの期に及んで、取り消しから逃げる気ではないだろう。

 

国連まで乗り込んで、翁長知事の「演説」を粉砕した我那覇真子さんが、本日25日、「琉球新報・沖縄タイムスを正す会代表、ジュネーブ国連派遣団団長我那覇真子」の肩書きで記者会見を行う予定である。

ちなみに9月25日は筆者の誕生日だが、これは本文に何の関係もない。(汗)

那覇空港貨物便のの終夜営業により、にわかに活発化した物流のハブ化。

その恩恵で、新鮮な魚にありつけるようになった。

それに伴い最近大型回転寿司の支店展開競争が激しい。 かみさんと2人でスシローにでも行って、誕生日を祝おうか。

 

■我那覇真子記者会見の詳細
 9月25日(金)11時
 日本記者クラブ大会議室
 千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンター9階
 電話 03-3503-2722 

 

東京近郊にお住まいの方は、ぜひ参加しして激励して下さい。

 

 Shun  Fergusonさんの写真
国連でのスピーチ直後の記者会見

 

翁長知事と沖縄2紙が放火した後を追い、火消しに務める我那覇さん。

まるで火付け盗賊改め方、「鬼の平蔵」こと平成の女平蔵のようである。

【追記】 9:25

7年間も連続で、毎年3000億円以上の一括交付金を受けていながら、「差別だ、人権無視だ」などと頓珍漢な訴えを翁長知事に、人権弾圧を何であるかを知らせておこう。

本日の沖縄タイムスにこんな見出しの囲み記事が・・・。

電気ショックで拷問

中国の人権派弁護士、APに証言

8平方メートルに3年

翁長さん、国連人権理事会では、このような事例を「人権弾圧」というのですよ。

 

おまけ】

八重山日報 「尖閣問題訴えるのが筋」 砥板氏ら知事演説批判

 
演説後、報道陣の取材を受ける我那覇氏。後ろは砥板氏=22日、国連ビル内演説後、報道陣の取材を受ける我那覇氏。後ろは砥板氏=22日、国連ビル内

 【スイス・ジュネーブ】米軍普天間飛行場の辺野古移設で、県民の人権が侵害されていると訴えた21日の翁長雄志知事の演説に反論した砥板芳行市議と我那覇真子氏。取材に対し、知事演説に対する怒りを口にした。
 国連人権理事会では翁長知事の演説前まで、北朝鮮の拉致問題などの人権問題を審議していた。翁長知事の演説を会場で聞いた砥板氏は「世界中が大きな関心を持っている人権問題の中で、日本国内の安全保障問題である辺野古移設反対を訴えている知事に違和感を抱いた。尖閣諸島問題に触れなかったのもおかしい」と批判。「知事の演説は、出席者には異様な光景に映ったはずだ。どれだけの国が翁長知事の訴えに耳を傾けたのか疑問に思う」と述べた。

 

 
【おまけ】2
 
国連人権理事会・我那覇眞子さんの|翁長知事への反論」


国連(聯合国)人権理事会での我那覇眞子さんのカウンタースピーチ(英語)。
スピーチ原文と和訳

Yesterday you heard that the people of Okinawa Prefecture, which is actually an integral part of Japan, are discriminated minority, oppressed by Japanese Government and U.S. Military.

昨日皆様は、現に日本の不可分の一部である沖縄県民が、日本政府及び米軍によって抑圧­される少数民族だ、という話をお聞きになったことと存じます。

Nothing could be further from the truth! I was born and raised in Okinawa, as a part of Japan we enjoy the highest standards of human rights, quality of education, welfare, health and living.

これ程事実からかけ離れた事はありません。私は沖縄で生まれ育ちましたが、日本の一部­として私達は最高水準の人権、教育、福祉、衛生及び生活の質を享受しております。

And China, a threat to the security of the region and to Japan, as well as human rights in general, it's promoting an independence movement in Okinawa by having elected officials and their supporters say "we are an indigenous minority".

支那こそ同地域の安全保障及び日本に対する脅威であり、概して人権に対する脅威です。­あの国が沖縄の選挙で選ばれた議員やその支援者に「自分達は先住民族である」と言わせ­て、独立運動を煽動しているのです。

We are not. Please DO NOT believe the propaganda! I brought with me a message from a member of Ishigaki City Council Yoshiyuki Toita, who writes: "Our current governor is irresponsibly ignoring the role of the U. S. bases play in the security of Japan and Asia Pacific Region. He is misrepresenting the situation".

私達は先住民族ではありません。どうかプロパガンダを信じないで下さい。石垣市議会の­砥板芳行(といたよしゆき)氏からのメッセージです。「現知事は無責任にも、日本とア­ジア太平洋地域の安全保障における米軍基地の役割を無視しています。知事は状況を捻じ­曲げて伝えています」

"It is important that he and everyone at U.N. recognize the serious challenges in the East China and South China seas presented by China". Thank you.

「重要な事は知事や国連の皆様が、東シナ海及び南シナ海において支那が引き起こしてい­る深刻な問題を認識することです」。有難うございました。

 

【おまけ】3

欧米メディア、翁長知事演説の報道目立たず
翁長雄志知事がスイス・ジュネーブの国連人権理事会で米軍普天間飛行場の
名護市辺野古移設反対と米軍基地の過剰集中を訴えたことについて、
欧米メディアはほとんど報じず、関心の低さが目立った。
地元メディアをはじめ、国内主要紙なども大きく報じた日本とは捉えられ方が大きく異なり、
県の発信能力も問われそうだ。

インディア・ドット・コム(電子版)は22日、NHKニュースの報道を引用し、
「翁長氏は沖縄の人々は、
人権をないがしろにされていると訴えた」などと述べ、

翁長氏が地元の意向を無視する日本政府を批判したなどと報道。

これを受け、日本政府代表部が「沖縄の基地負担軽減に最大限取り組んでいる。
普天間基地の辺野古への移設は、危険性の除去を実現する唯一の解決策だ」などと
反論したと報じた。 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【翁長知事会見詳報(1)】 | トップ | 我那覇さん「知事の嘘を正し... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-09-25 07:15:44
まとめブログを更にまとめてみました。
真子さん応援コメント\(^o^)/一部抜粋。

保守速報
【基地移設】国連人権理で辺野古賛成派が反論「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」

>我那覇さん応援してるよ!
妹が演説うまいのにびっくりしたよ!
かんぱれー日本!

>沖縄のジャンヌダルクこと 我那覇真子さん
こう言う人は翁長にとって脅威になり沖縄の良心的な人にとっては頼もしい人だね 
悩める沖縄を素晴らしい方向に導いてくれるだろう! 
此処の住民だけでも応援しよう!

>真子さんGJ!
左派の言動はウソまみれで不潔

>我那覇さん、よくぞ言ってくれました!!!

>この我那覇さんのような沖縄県民が増えてくれると嬉しい。
若い世代がもっと政治に関心をもってたくさん選挙に行ってほしいわ。

>今回は、国賊の動きが判っていただけに、此方側のアクションが早かったね。
これは、素晴らしい判断。

>※13
同意。
我那覇さん、かっちょいい^^

>我那覇さん、日本政府よ、Geneva での状況を明白に一部始終公開してくださ
い。 オナガ一味の虚構糾弾のために最高の機会ではないでしょうか?

>我那覇真子さん、ありがとう。
今回、日本側の担当者が 佐藤地 でなくってよかったと心から思います。
我那覇真子さんは最高の人材ですネ。

>我那覇さんを 我々が援護し守らなければいけないですね。

>沖縄もうダメなんかなと思ってたけれど、我那覇さんのような若い方々が居らっしゃるなら、沖縄の未来は明るい。頑張れ沖縄!

>我那覇 真子さんの勇気と行動に敬意を表します!
沖縄も捨てたもんじゃ無いですね!

>彼女の勇気ある行動と発言に感動しました
こういったものを一切報道しない増すゴミは偏りすぎ。
周りのひとたちにも教えてあげようっと。

>さっきニコ動で動画見た素晴らしい演説だった
そして案の定、記事にしない産経以外のマスゴミ

>彼女がもし資金を必要としてるならぜひ援助したいね


【非常に適切なコメント】

>あれ?
オール沖縄で県民一丸となって辺野古移設反対じゃないの?
>>一方で移設賛成派にも発言の機会が設けられ
賛成派も発言したのか
テレビニュースじゃ全くやらなかったぞ これをやるとまた見方が変わる
あえて報道せずに印象操作したんだろう
>翁長のやり方 何かに似てると思わないか?
そう 韓国の慰安婦だよ
国際問題化して強制うぬんだけでなく
女性人権とかに摩り替えてやる戦略

>沖縄の知事は、チベットのように異民族に侵略されて人権も奪われていると主張している。それなら、よく考えてみて欲しい。国連のような公的な場で自国政府を批判できること自体、日本が民主主義の国家であることを示しているのではないですか?沖縄の基地負担を減らす努力をさらに積極的に続けるべきと思います。幸い地元の辺野古の住民の多くは移転賛成というなら、それ以外の移設反対派の意見は最重要と騒ぐのは、ある意図を持って政治的混乱を招くことが目的ととらえられても仕方ない。沖縄に限らず、米軍は敵で災いのもとのように騒ぎ立てるが、米兵は、当たり前だが米国籍を持った米国市民であることを忘れてはいないだろうか?集団的自衛権により、従来より危険は増し場合によっては、戦闘行為による死傷者もでるでしょう。それでも、日本とアジアの平和を守るためには、やるしかないと言い切れない自民党政権も覚悟が足りないですね.外国・生命を懸けても守らなければならないものがある。日本・人の命は何よりも優先させるもの。先の大戦のように死ぬことを目的とするような特攻隊は否定します。しかし、東日本大震災の時、自分の消防、警察
、その他善意の方達は、人の生命を救おうとして多くの犠牲を出しました。戦争と同列にとらえると抵抗のある人もいるでしょう。でも、この日本を守り、より良い国になるよう、一人ひとりが責任をもって頑張りましょう。

以上です。
今後の展開 (町工場の親方)
2015-09-25 08:10:15
我那覇さん、有難うございました。

本当にご苦労様でした。

今回の、国連の場における、我那覇さんの活動に対し、私が一つだけ、ハッキリ言えることは、今後、支那・中共があらゆる陰謀、を用い、日本国内にいるスパイ、工作員、息のかかった、支配下にあるともいえる日本全国の全国紙、地方紙を使い、「我那覇潰し」、の工作を仕掛けてくることです。

これに関しては、その手口を暴き、今後継続してこちらに書かせていただくつもりです。


Unknown (東子)
2015-09-25 08:15:07
誰だって沖縄の事実を知れば、同じことを思う。
沖縄に辺野古賛成派の声が無かったのではなく、封じ込めてきただけ。
封じ込めてきたことまで知れて、沖縄マスコミ苦しいわね。
Unknown (東子)
2015-09-25 08:21:42
海外で有名だかなんだか知らないが、権威に頼ってこんな学者が言ったからと言っても、みんなが自分の目と耳で確かめるようになった。
「自己決定」の習慣が根付いてきたのよ。
「オール沖縄」「島ぐるみ」という言葉は異論を許さないってことでしょ?
「自己決定権」の否定を連想させるわ。
Unknown (パパドプーロス)
2015-09-25 09:49:37
翁長は承認の撤回の手続きに入ると言っただけで承認の撤回を決断したわけじゃない
承認の撤回はないのではないか?


県が設定した意見聴取に応じないと回答した沖縄防衛局に対し、行政手続法に基づく聴聞であれば応じるかを確認する文書を25日に提出する。
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134323
Unknown (宜野湾より)
2015-09-25 10:00:34
町工場の親方さんが仰る通り。
翁長知事に纏わる有象無象が我那覇氏潰しに動くことはあるかも。
オフィス・マツナガさんによれば、社民党のある人が「するめのよっちゃん」さん潰しを口にしたとの情報もあるしね。
もし潰そうとするとして、国会での体たらくからマスコミ論調まで見れば、彼らが相手を論戦で潰す気ではないことは容易に想像できる。
仮にもしも潰したとしよう。
消せば増える。
それが今の時代なんだよねーψ(`∇´)ψ

中共の外交部が日本課(通称・日本処)を廃止して、韓国・北朝鮮・モンゴル所管部署と統合した。
これ、日本に対する物事を外交部でやる気は無くなったってことでしょう?
じゃ、支那のどういう連中が出張ってくるのかといえば…
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-09-25 10:45:23

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「貧困世帯増加 身近な不安に」の那覇市・勝連朝昭さん(70)は2月28日、4月3日、5月1日、7月4日、8月9、16日、9月6日に続き今年8回目の掲載。
「ぶざまな光景 強行採決の姿」の豊見城市・香村直佑さん(69)は9月1日に続き今年2回目の掲載。
「与儀先輩逝去 温厚さを懐古」の那覇市・瀬良垣宏明さん(75)は1月27日、2月15、28日、3月8日、9月19日に続き今年6回目の掲載。
「警察判断遅れ 襲撃を防げず」の那覇市・横田等さん(67)は1月12、27日、3月15日、4月8、20日、5月5、13日、6月3、14、27日、7月7、29日、8月14、26日、9月15日に続き今年16回目の掲載。
「台沖 深まる兄弟的関係」の蘇啓誠さんは2月3日、3月13日、4月10日、5月10日、7月15日に続き今年6回目の掲載。
「サイラー川」の宜野湾市・堀川恭吉さん(79)は昨年1月3日以来の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (山路 敬介(宮古))
2015-09-25 16:45:32
>中共の外交部が日本課(通称・日本処)を廃止して、韓国・北朝鮮・モンゴル所管部署と統合した。
これ、日本に対する物事を外交部でやる気は無くなったってことでしょう?

「正しくは中華人民共和国の外交部が」です。
公式の外務大臣、王毅のほうですね。
日本に対する扱いを一段下げる、といった意思表示を公に発したメッセージでしょうね。

ですが、それはそれとして中国共産党には対外連絡部というのがあります。「裏の仕事をする外務省」って、位置づけです。
トップは、王家瑞で序列こそ王毅より下ですが、党内での実際の権力は王毅よりも強いです。
その役割のほうもより重要で、各国に設置した大使館や領事館を通じ、華僑や日本国内の華人に共産党の方針や指示を徹底して縛る仕事をしています。
いわゆる「スパイ業務」ですね。
当該国の世論操作も担当します。
青山繁晴氏によると、翁長知事は沖縄華僑を普段の橋渡し役として、王家瑞と非常に近い関係であるとの事。

表の外交部から裏の対外連絡部へ、と日本への対応をシフトさせている、というニュースなのでしょう。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
勝ち目のない闘いに追い込まれた翁長沖縄県知事 (遊爺雑記帳)
 普天間基地のキャンプシュアブへの統廃合。仲井真前知事のキャンプシュアブ沿岸の埋め立て工事承認を取り消す手続きに入ることを表明せざるをえなくなった翁長知事。国との裁判になり、負けると判っている展開を進まざるを得なくなってしまっているのですね。  世界一...