狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

琉球新報を提訴!販売店が、ヤクザまがの「押し紙強要」で、

2016-05-10 06:52:52 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

「狼」の画像検索結果

お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 

 

 

 

 沖縄お悔やみ情報局

 

 

 地方紙でも押し紙は常識。
未開封のまま廃棄される押し紙の山(京都新聞)

 

販売店が琉球新報を提訴!

ヤクザまがいの「押し紙強要」で、

追い詰められた琉球新報

         ☆

かつて、ヤクザ稼業の専売特許といわれた夜の飲食店へのおしぼり販売が、使い捨てタオルの普及で姿を消した。

強面(こわおもて)のヤクザ稼業が必要のないおしぼりを水商売の店に強要するのはともかく、知的産業を自負する新聞業界に、ヤクザまがいの押し売り販売が跋扈する事実を知る人は少ない。

そんな沖縄の新聞業界に激震が走った。

琉球新報の販売店の約10店が、反乱を起したのだ。

                         ☆

圧倒的占有率で沖縄の言論界に君臨する琉球新報が、実際の販売部数より多くの部数、販売されない新聞を販売店に強制的に買い取らせる「押し紙」問題で、那覇地裁に提訴されていることが判明した。

これは脅しを盾にヤクザがおしぼり販売をするのと同じ構図だ。

その一方、新聞社と販売店の関係は、同じ単一商品(新聞)を拡販するという意味で、一般商品の販売店とメーカーの関係より親密といわれていた。

しかも新聞の販売店は、新聞が拡販を続けられる間は、共存共栄の蜜月関係といわれるほど「儲かる」ビジネスであった。

琉球新報の販売店を経験したある元店主は、「確かに販売店は年中無休で多忙を極めるが、10年間も働いたら現金で家一軒買えるほど儲かるビジネスだった」と昔を懐かしむ。

ところが、近年ネット情報の急速な普及による新聞離れや、新聞自身の捏造報道などにより読者が愛想を尽かしたのが原因で、新聞の発行部数が激減し始めた。 結果として、両者の蜜月な関係が急転、「押し紙の強要」というヤクザまがいの険悪な関係に陥ることになる。「押し紙の強要」には、もはや両者に信頼の一欠けらも存在しない。

親密なはずの販売店約10店が、「押し紙」が経営を圧迫するとして、親会社の琉球新報を提訴したのだ。

押し紙訴訟の発覚により、沖縄の新聞業界はいま大きな変革を余儀なくされている。

 ■巨大ダムも蟻の一穴から

巨大なダムも蟻の一穴から決壊するといわれる。

沖縄タイムスと並んで圧倒的影響力で沖縄の言論を塞き止めてきた巨大ダムの琉球新報が、「蟻の一穴」どころか、二つの「蟻の穴」でいま、決壊の危機に瀕している。

 ひとつは新聞の販売を一手に引き受けてきた販売店の現場から、もうひとつは新聞を編集・報道する新聞製作の現場から。

別々の方角から放たれた「新聞告発」の矢は、小さな穴ではあるが、その大きな破壊力は、まさに巨大ダムを決壊させるほど大きな力を持っている。

先ず琉球新報の編集・報道を「捏造新聞」として告発の狼煙を挙げたのは、昨年4月に結成された「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(我那覇真子代表)である。 告発を受けたが沖縄2紙は、報道を正して反省するどころか、ただ終始狼狽するだけで、両紙のOBを集めて「支える会」を立ち上げて対抗するのがるのが精一杯であった。 

その間、沖縄2紙の狼狽を尻目に「正す会」の賛同者は増え続け、同時に両紙の購読を解約する読者が続出した。ひとつ目の「蟻の穴」である。

もうひとつの「押し紙」について、沖縄でも以前から噂にはなっていたが、肝心のメディアが業界の「不都合な真実」として隠蔽してきたため、「押し紙」の意味や存在そのものを知る県民はほとんどいないのが実情だった。

ところが、押し紙問題では以前から訴訟などの問題があった朝日新聞が、現役記者の内部告発により、公取委の「注意」処分を受けたことにより、押し紙について「脛に傷」の本土各紙を震撼させた。

■公取委が押し紙を問題視

業界の馴れ合いに目を光らせる公取委が新聞業界の押し紙に疑念を呈したのだ。

これまで、ぬるま湯に浸っていた新聞が存立の危機に瀕し、震撼するのも当然である。

新聞社、販売店、広告業界そして新聞の公称発行部数を発表するABC協会までもが、実際は持ちつ持たれつの、一つ穴の狢とみなされていた。

新聞業界の馴れ合いを、一見お互いを牽制するように見えるが、その実態は地下茎ではしっかり結びついて相互に助け合うかつて石油業界を席巻した「セブンシスターズ」に例える人もいる。

そんな業界で、唯一絶対権力を持っている公取委が、朝日新聞の押し紙行為に「注意」をし、疑念を呈したのだ。

元新聞記者で『小説 朝日新聞販売局』の著者の幸田泉氏は、公取委の「注意」についてこう述べている。

「公取委は独禁法に違反した事業者に排除措置命令を出し、課徴金を課す強大な権限があるが、注意は放置すれば違反につながる恐れがある行為だと指摘するもので、いわばイエローカードにあたる」

新聞が報じない業界の恥部に公取が疑念を呈したことに、週刊誌が飛びついた。

『週刊新潮』(4月28日号)と『週刊ポスト』(4月18日号)の両紙が、それぞれ「『朝日新聞』部数水増し 『大新聞の明日』」、「朝日新聞またも危機! 『押し紙問題』の不可解な裏事情」と題して特集を組んだのだ。

■那覇地裁と元販売店主に取材

週刊誌の大々的報道を受け、筆者は連休の中日の5月2日、那覇地裁で琉球新報の押し紙訴訟について取材し、6日には以前に琉球新報の販売店の経験のある浦崎さん(仮名)に取材することが出来た。

先ず那覇地裁の取材で、4月末現在、少なくとも琉球新報の約10店の販売店が琉球新報本社を提訴し、原告は19人にのぼることが判明し、被告・琉球新報の代理人が池宮城紀夫弁護士であることも分かった。

ちなみに池宮城弁護士は、ドキュメンタリー作家の上原正稔さんが言論封殺で琉球新報を提訴し、全面勝訴した「パンドラ訴訟」の被告側弁護士である。

■直談判で、押し紙廃止を宣言した高嶺社長

平成21年に押し紙問題で、琉球新報を提訴した販売店の島田さん(仮名)は、訴訟の前に押し紙の不当性を琉球新報の上層部に直談判した。

当時の高嶺琉球新報社長が販売店を集めた集会において、以後、ABC協会の公査を受けることを取りやめ、押し紙を無くすことを宣言した。 そして琉球新報は、平成21年6月と7月に、全販売店に対し、Z紙(残余紙)を削る処置をした。Z紙の削除をした責任を取ったのか、そのとき高嶺社長以下複数の幹部が辞任している。

 2009年に、琉球新報は部数激減に伴う経費削減のため夕刊を廃止するが、元琉球新報の販売店主の浦崎さん(仮名)は、琉球新報が夕刊を発売し、まだ「儲かる時代」に、販売店を止めたという。

 浦崎さんは、販売店をやめて理由として、「ネットの普及により、読者数が減ってきたことと、それに応じて押し紙が経営を圧迫し始めたから、経営に余裕のあるうちに思い切って辞めた」と、当時を振り返る。

浦崎さんによると、ほとんどの販売店主は、40代後半から50代前後の人が多く、琉球新報が「(押し紙が)嫌なら辞めてもいいのだよ」などと、脅迫的対応をしても、他に職のあても無いので、やむなく押し紙を強制されていたという。

那覇地裁の取材では、他にも直近の訴訟の原告の代理人や原告の氏名・住所・電話番号なども判明した。 訴状によると、裁判名は「不当利得返還等請求訴訟事件」と称し、被告琉球新報に対する請求金額は、1946万242円となっている。 また、新聞社の販売店に対する押し紙行為は、販売店に対する圧倒的優位な立場を利用した「販売店の不利益」をもたらす行為であり、公序良俗に反する、として損害賠償を請求している。

■広告料の過大請求ー「完全な詐欺」堀江氏が断罪

さらに訴状では次の2点を問題としている。

先ず、公序良俗違反は独占禁止法違反(押し紙規制違反)という点と、スポンサーに対する広告料の過大請求の目的として押し紙がおこなわれている点の2点。 

本土で提訴された押し紙訴訟は「岡山地裁ー平成23年3月5日」と「控訴審広島高裁岡山支部ー平成23年10月28日」が販売店側の勝訴の判例となっている。

『週刊ポスト』は、押し紙特集で広告料の過大請求についてホリエモンこと堀江貴文氏の「これは完全な詐欺」とのコメントを引用し、厳しく断罪している。

和解を勧める原告代理人

訴状を読む限り、原告の優位は疑う余地はなく、押し紙を示す販売店の帳簿も揃っている。

しかも原告勝訴の判例があるのだから、原告代理人は原告勝訴まで戦うべきと、販売店を鼓舞するかと思いきや、原告側弁護士と電話で話した印象は違っていた。

被告側の和解の意志を受け、原告に対しても和解を勧めているという。

 ここで大きな疑念が浮上してきた。

琉球新報が敗訴した場合、会社の屋台骨を揺さぶるほど致命的なので、原告・被告の代理人がグルになって、判決をなるべく引き延ばし、古い訴訟から順に和解に持ち込む目論見ではないかという疑念だ。

琉球新報は高嶺前社長の当時、全販売店を集めて「押し紙止める」と宣言していたが、社長が変わっても押し紙がやめられず、「押し紙訴訟」にまで至った。

琉球新報が押し紙を辞めきれない理由はなにか。

それは、琉球新報が極端な購読者の減少とそれに伴う財務の悪化により、止めるに止められぬ「押し紙中毒」あるいは「押し紙依存症」に陥っているのではないか。

和解を勧める原告側代理人に問い合わせても原告に取り次いでくれないので、やむなく自分で行動を起した。

原告の電話は不通なので住所を訪ねてみたが、既に引っ越した後であった。

近所の人に聞き込み調査をしたら、「琉球新報の販売店をしていたが、移転先は不明」とのこと。 

いかにも新聞販売店らしい間取りの荒れ果てた事務所を見ると、まるで夜逃げ同然で移転した様子がうかがわれた。

ヤクザまがいの琉球新報の押し紙に対する怒りが込み上げ、同時に押し紙に苦しむ販売店の哀れな末路を見る思いがした。

 【おまけ】

販売店への「押し紙」19人が琉球新報を提訴
販売店が琉球新報を「押し紙」で提訴!

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 
 
 


 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曲学阿世の憲法バカ | トップ | 憲法バカが、参院選出馬へ、... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-05-10 08:26:19
如何に新聞社が既得権で守られているか、わかりますね。
なぜ新聞社を守ってきたかというと、民主主義は国民一人一人が意見を持ち、判断するから。
判断に欠かせないのが、情報だから。
だから、情報が偏ることは許されない。
しかし、保護されていることを良いことに政府が手を付けられないと奢り、自分たちの主張を国民に押し付けるようになった。

保護されているのと引き換えに、司直の手で正されなくとも自分たちで、正せるという自律が求められる。
が、それは、ほおかむり。
それでも、自律ができていないと自覚があるのだろう。
高市発言や自民党の「選挙報道の偏り是正」の申し入れに、行き過ぎた偏向報道を少し軌道修正した。
だが、それが悔しくて「報道の自由がない」と国連の特別報告者に訴えたら、特別報告者に「管轄大臣が法律を説明した発言や政府の紙切れ一枚で、自粛(報道的に言えば委縮)するのが不可解」と言われてしまった。
Unknown (東子)
2016-05-10 08:27:02
もう押し紙問題は、朝日新聞社単独の問題ではなく新聞業界、いや日本のメディアの在り方そのものを問われる問題と思う。

① 記者クラブ制度の弊害
② クロスオーナーシップの弊害
③ 報道の自由、編集権の許容範囲未定義の問題
④ 「第四の権力」監視機構の必要性の検討
⑤ 新聞の特殊指定、再販制度の必要性の検討
⑥ 放送免許の見直し及び、適正価格徴収の検討

戦後60年以上放置されて、とんでもなく肥大したメディアの既得権。
メディアに選挙も政権交代もは無いからやりたい放題。
そろそろメスが入っても良いんじゃないか?

のは「国民の強い支持を受けた政府」なら、メスを握る資格がある。
期待してますよ、安倍総理。
これってまさに「戦後レジューム」でしょう。



【参考】
10年前の第1次安倍内閣頃の記事
「安倍政権とマスコミの300日戦争 2007年9月15日」
http://seisai-kan.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_c36f.html

>安倍政権の隠れた方針が、近年暴走を強めていたマスコミの規制であったのは間違いないでしょう。
>熾烈な安倍政権叩きが始まったのは5月の末からで、これは放送倫理・番組向上機構の設立と竹島委員長の再任に歩を一にしています。
>参議院選挙を乗り越えた安倍政権が取り組むのがマスコミ改革であることに気がついたマスコミは、何が何でも政権を潰すことを決意したのでしょう。
>結局政権は倒れてしまいましたが、竹島体制はあと5年続きますし、退陣とほぼ同時にNHKの中長期計画も出ます。
>不公正な報道にメスを入れる前例はできました。
>安倍政権のマスコミ規制策は、三年殺しのようにじわじわと効果を現すでしょう。

メディア改革のために「国民の強い支持を受けた政府」の出現が必要。
Unknown (東子)
2016-05-10 08:48:02
法を盾に無作為を続ければ、法を超えたところでの処罰(私刑)を求めるようになる。

「「フィリピンのトランプ」当選確実…大統領選 2016年05月10日 01時51分」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160509-OYT1T50116.html?from=ycont_top_txt

>ドゥテルテ氏は、検事時代に国内最悪とされたダバオ市の治安を回復させ、「犯罪者は殺す」といった過激発言で支持を広げた。



「【サヨク犯罪】沖縄辺野古にて、日本のこころ・和田政宗議員らが演説「不法テントを撤去せよ」⇒ 沖縄サヨクに暴力を振るわれ、妨害される *沖縄タイムスは事実伝えず 2016年05月09日 20:46」
http://www.honmotakeshi.com/archives/48563250.html

>和田 政宗 認証済みアカウント@wadamasamune
>沖縄辺野古で、不法占拠のテントを撤去し合法的な抗議活動をするよう訴えたが、我々の演説を活動家達は暴力を振るい妨害。
>私は小突かれ腕をひっかかれ、スタッフは頬を叩かれたり、プラカードの尖った部分で顔面を突かれ転倒。
>警察と相談し対処する。

>沖縄タイムス辺野古取材班@times_henoko
>5月9日午前11時、キャンプ・シュワブゲート前で日本のこころを大切にする党の和田政宗参院議員らが市民に「テント設置は不法」と撤去を要求しました。
>市民側は「民意を踏まえた表現の自由」と主張。
>約1時間、騒然としました。

「民意を踏まえた表現の自由」を盾に、違法テント、フェンスに括り付ける横断幕や小汚いリボンを許してきた。
「表現の自由」は確かに憲法に謳われているが、野放図が自由ということか?



「ろくでなし子被告、女性器作品の陳列無罪 データは有罪 千葉雄高 2016年5月9日 20時09分」
http://www.asahi.com/articles/ASJ5945NZJ59UTIL01Y.html

>被告は「3Dデータを使った創作活動への出資者に配布しており、芸術活動だ」と主張したが、判決は「わいせつ性は、3Dデータ自体のみで判断されるべきだ」と退けた。

朝日は、「表現の自由と公序良俗維持との関係性」について問われた裁判であるのに、そのことには言及せず。


「女性器データ提供は有罪 「ろくでなし子」被告に罰金40万円 東京地裁 2016.5.9 13:51」
http://www.sankei.com/affairs/news/160509/afr1605090011-n1.html

>この裁判では、表現の自由と公序良俗維持との関係性も問われた。
>田辺裁判長はこの点について「表現の自由は無制限のものではなく、公共の福祉や他人の権利などを不当に害するものは許されない」と指摘。
>「フェミニズムアートという思想自体は否定できないが、社会の性的な道徳観念を害する危険性が低いとはいえず、女性器のデータ頒布は正当化できない」とした。
Unknown (宜野湾より)
2016-05-10 10:05:42
渡邉哲也氏の解説によれば
http://biz-journal.jp/i/2016/04/post_14681_entry.html

押し紙20%越えが事実だと第三種郵便物の承認条件を満たさなくなり、もし第三種郵便物でなくなると、公職選挙法の規定により、選挙に関する報道や評論ができなくなると。
へえ、知らなかった。

ところで先日、顧客サービスのためにまだ沖縄タイムスをとっている食堂のおばちゃんが、この頃は折込の数が少なくなったよー、と。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-05-10 10:14:30

オピニオン面に一般投稿7本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「県民意思表れ 抗議文尊重を」の糸満市・岸本定政さん(68)は、1月4、25日、2月1日、3月8、24日、4月5、16、27日に続き今年9回目の掲載。
「亡き妻を供養 清明祭に感慨」の那覇市・稲福英男さん(90)は、4月26日に続き今年2回目の掲載。
「避難者のケア より力入れて」の那覇市・宮城須美子さん(77)は、1月25日、4月14日に続き今年3回目の掲載。
「公園利用者が 使えぬ駐車場」の浦添市・安東民夫さん(62)は、1月15、31日、2月21日、3月5、19、29日、4月11、16、27日に続き今年10回目の掲載。
「グラジオラス 家庭訪問の花」の宜野湾市・吉村武さん(77)は、1月7日、3月3日に続き今年3回目の掲載。
「子育て 社会全体の問題」の那覇市・ウィンフィールドひろみさん(51)は、2012年11月27日以来の掲載。
「アジアは一つ」の那覇市・当真嗣寿雄さん(72)は、1月19日、2月21日、3月24日に続き今年4回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。 

「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べただけでは、担当者は仕事をしたことにならない。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL