狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

ヤクザも驚く「押し紙」商法、沖縄2紙

2016-07-30 07:05:14 | マスコミ批判

 お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 沖縄お悔やみ情報局

 

 一昨日の夕刻、那覇市内の某居酒屋で、チャンネル桜「沖縄の声」の相棒・我那覇真子さんと2人で、、沖縄2紙の販売店を経験した3人の元販売員に「押し紙」について取材した。 

1人は琉球新報、2人は沖縄タイムスの販売店を経営していた。 3人とも売れていない新聞を毎日強制的に押し付けられ、集金だけは厳しく取り立てるあくどい新聞社の取引に借金がかさみ、販売店を辞め現在は別の仕事についているとのこと。 

3人はそれぞれの販売店を辞めてからは時々居酒屋で酒を酌み交わすほど親しく付き合っているが、販売店を経営していた頃は、琉球新報と沖縄タイムスは販売店間で敵対意識が激しかったため、販売店同士が話し合う機会などなかった。

会社(新聞社)側から「相手を潰す覚悟で戦え」と叱咤激励されていたからだ。 

両紙とも現場の販売店の段階では、お互いを敵同士に仕立て上げるように洗脳していた。

ところが新聞社の上層部ではお互いに談合があり、情報交換をしていた。 10数年前、新聞の販売部数が逓減し、夕刊発行を廃止したときも敵対同士のはずの両紙は、上層部で話し合いをし、両紙とも同じ日から夕刊廃止に踏み切った。 両紙が談合している何よりに証拠である。

ヤクザの抗争では、現場のチンピラ同士の抗争もし烈だが、組の上層部の抗争は、絶えずボディーガードを常備するほど憎しみあっているという。 つまり新聞社の悪徳商法はヤクザより複雑で悪辣だということになる。

夕刊を廃止したとき、両紙の販売員が合計約4000人職を失った。 販売店は彼らの再就職に気を配ったが、新聞社側は彼らの失職に関しては全く無関心だった。 

両紙の夕刊廃止の頃から「押し紙」の圧力が激しさを増してきた。 勿論押し紙で被った赤字に個人的に不満を述べる販売店はいた。 だが、正面から会社(新聞社)に向かって「押し紙」の不当性を訴える販売店はほとんどいなかった。

会社側からの押し紙を含む請求には借金をしてやりくりしていたという。 最近は以前に比べて販売店を辞める人が増えているというが、それでも大多数の販売店は押し紙の苦痛に耐えながら現在営業をしている。

その理由を何かと聞いたら、概ね次の理由が返ってきた。

先ず約20年ほど前までは 新聞購読者は放っておいても増える時代で、販売店は儲かる仕事であった。 新聞販売の利益だけで住宅を建てたり、中にはビルを持った成功者もいた。 したがって販売店希望者は多く、新聞社と販売店の関係は娘1人に婿8人の状態だった。 そんな昔話を知る販売店は、「夢よもう一度」と、いつかは儲かる時代が来ると期待する風潮があった。 また「知的産業」のトップを行く新聞社が連日販売店を叱咤激励する様を見て会社がそのうち何とかしてくれるという儚い期待がったたとも言う。

ところが会社側は販売店の儚い夢の代償に提供したのが「押し紙」というまがいの悪徳取引である。 以前は売れない商品を押し売りするのはヤクザの専売特許だったが、ヤクザを取り締まる法規の強化で、現在はヤクザでも「押し紙」のような悪徳商法はしないという。 したがって新聞社の「押し紙」をヤクザまがいの悪徳商法というのは、ヤクザにとって失礼な話である。

たまたま本日の沖縄タイムスに掲載の「2015年ど沖縄県内企業売上高ランキング(上位100社)」で琉球新報、沖縄タイムスのランキングを見るとこうなっている。

68位 琉球新報 (9552円 単位百万円)

78位 沖縄タイムス(8856円 単位白万円)

両紙を比べて琉球新報の方が財務内容が悪く、押し紙の程度も悪質である。 現在10数店の販売店が押し紙訴訟を提訴しているのはすべて琉球新報である。

にも関わらず販売高は琉球新報のほうが沖縄タイムスより常に上位に有る理由を、3人の元販売店主は「琉球新報の売り上げの多い部分は押し紙による売り上げ」と説明した。

沖縄2紙は、自分の捏造記事に嫌気をさした読者が購読をやめた責任をすべて販売店に転嫁し、「押し髪」という架空の売り上げを強制して、その金で新聞社の社員は県内では最高級の年収を享受している。

そのヤクザも驚く悪徳商法の琉球新報が、沖縄の貧困を記事にすると、次のような貧困を侮辱するような記事になる。

 ※「押し紙」については改めてレポートの予定。(8月2日(火)放映のチャンネル桜「沖縄の声」で取り上げる予定)

【琉球新報】ネット記事の見出し『貧困さん、いらっしゃーい』

うちな~ニュース2016-07-29 19:52:58

 琉球新報社が2016年7月29日のインターネット記事の見出しで、「貧困」さんいらっしゃーい!と掲載した。
 記事の内容は少子化対策で住居費を補助するものだが、見出しに問題がある。
 この記事を発見したネットユーザーからは『若者をバカにしている。』『生活困窮者を笑いものにしている』などとフェイスブックやツイッターで怒りを表している。
 なお現在は、【低所得新婚へ住居費を補助 南城市 県内初、少子化対策】と見出しを替えられているものの読者に対する謝罪や訂正理由などは掲載されておらず、一部のネットニュースでは【「貧婚」さんいらっしゃ〜い!住居費を補助 少子化対策で 沖縄・南城市】のまま掲載が継続されている。
 
                ★

「貧婚」さんいらっしゃ〜い!!住居費を補助 少子化対策で 沖縄・南城市

「住居費を補助 少子化対策で 沖縄・南城市

 【南城】南城市はこのほど、市内に居住する低所得者の新婚夫婦に最大18万円の住居費、引っ越し費用などの補助を出す「市結婚新生活支援事業」を始めた。低所得者の支援や少子化対策の強化が目的。内閣府子ども・子育て本部の同事業費補助金を活用した事業で、県内初。 対象者は(1)7月1日から2017年2月末までの婚姻(2)世帯の所得が300万円未満(3)市在住—などを満たす世帯。他の自治体で婚姻届を提出した後に、同市に転居する場合も対象となる。住宅の購入費用や賃料、敷金、礼金などの費用を補助する。 市社会福祉課の中本和正課長は「若者の負担軽減や少子化の改善が期待できる。事業を機に、市への転入が増えて人口増につながれば」と語った。(内間安希)
 
 
【おまけ】
 
7月29日付沖縄タイムスの一面に基地の金網越しに基地を遷した写真つきで、こんな見出しが躍っている。
 
ポケモンGO 基地内NO
 
「入れば逮捕も」
 
一瞬「地位協定の壁」という新聞の常套句が脳裏を過った。
 
だが、基地内に正当な理由なく入った場合、刑事特別法で米軍側に逮捕される可能性がある。
 
これはポケモンに関係なく法令順守の問題だ、
 
それを「基地内NO」「入れば逮捕も」の大見出しで、県民を誤誘導するのが捏造新聞の得意技である。
 

米軍基地にポケGOスポット 沖縄県警「入れば逮捕も」

2016年7月29日 05:05 キャンプ・キンザー サクッとニュース ゲーム 注目 普天間飛行場 社会・くらし 話題 キャンプ瑞慶覧

 

  • スマホゲーム「ポケモンGO」のスポットが米軍基地内にも多数ある
  • 県警は「刑事特別法で米軍側に逮捕される可能性がある」と説明
  • 消費者庁は危険な場所にスポットを設置しないよう求めている

 

米軍キャンプ・キンザー内にもポケモンを戦わせる「ジム」がある=28日午後、浦添市仲西

米軍キャンプ・キンザー内にもポケモンを戦わせる「ジム」がある=28日午後、浦添市仲西

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で、ゲーム内でアイテム(道具)が入手できる「ポケストップ」やポケモン同士を対戦させる「ジム」のスポットが米軍基地内にも多数存在していることが、28日までに分かった。立ち入り制限場所にポケモンが出現することが問題となる中、沖縄県警は「正当な理由なく基地内に入れば、刑事特別法により米軍側に逮捕される可能性がある」としている。

» 徹夜でポケGO? 路上で寝込む人も

 本紙が基地内を確認したところ、米軍普天間飛行場には多数のポケストップがあり、キャンプ瑞慶覧では「海軍病院時計塔」、米軍牧港補給地区では「物流センター」がジムに設定されていた。

 利用者らのツイッターには「基地なので近づけない」「基地の中にはどんなポケモンがいるのだろう」「(ポケモンを探して)多くの人が訪れたら基地の現状も知ってもらえる」などの書き込みもあった。

 国内でゲーム配信された22日以降、地震で被災した熊本城の立ち入り禁止区域内でゲームをしようとした男性を案内人が制止するなどトラブルが発生。米国では、利用者が原発の敷地に迷い込むケースもあった。

 消費者庁は、危険な場所や立ち入り禁止区域はアイテムを入手できるスポットを設定せず、必要に応じて削除することをゲーム運営会社に求めている。

 ゲーム広報窓口のホフマンジャパン(東京)は、基地内のゲームスポット数や利用者の苦情、米軍側からの削除要請などは「公開できない」と回答。在日米軍にも問い合わせたが、28日午後9時現在、回答はない。

 県警は「基地内に正当な理由なく入った場合、刑事特別法で米軍側に逮捕される可能性がある」と説明する。逮捕後は県警に身柄が引き渡されるが、進入目的の取り調べなども行われるため、「遊び」が理由の進入はリスクが高い。(社会部・吉川毅)

 
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インコー鳥越氏、事実有根!... | トップ | 高江ヘリパッド、公務執行の... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2016-07-30 08:02:26
「押し紙」が多いということは、実読者は少ないと。

電子版を出せば、日本中で読まれる。
が、沖縄県民は慣らされて疑問に思わないことも、県外の者には、奇異に見える記事も多いので、反論がネットに出回る。
直接、新聞社の記事に反論が書けなくても、引用するブログは多く、反論は日本中の目に入る。
以前より、タイムス、新報の記事を題材にするブログが増えた。
沖縄が望む、「沖縄を知れば理解が深まる」傾向にある。
Unknown (東子)
2016-07-30 08:07:30
>「貧婚」さんいらっしゃ〜い!!住居費を補助 少子化対策で 沖縄・南城市

子供の貧困とか、やたら騒ぐタイムス、新報だが、本音はこんなところ↑なのね。
やたら、沖縄は差別されているという新聞社ほど、実は劣等感のまみれ。


「日本のトキが絶滅したように沖縄県内の、… 2013年09月29日 不連続線」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/23380/

>八重山毎日新聞ではホームページ(HP)の大刷新を機に島の方言の現在を発信してみることになった。
>新聞で方言を文字にして掲載するにあたっては、研究者によって違う表記法に都度悩まされてきた▼
>そこで新しいHPでは動画配信システムを介し映像で紹介することにした。
>さっそく敬老の日特集で島々の元気なお年寄りを訪ねて取材、健康の秘訣(ひけつ)を方言で話してもらった。
>カメラとマイクのせいか、緊張の様子もうかがえるがまずまずのすべり出し▼
>一方で取材する側が方言を解さない若い記者なので島の、村の方言を取材したつもりが、たまたま宮古や本島からの移住者だったりして後の編集で慌てたようだ。やはり方言は危ないかも。
>(仲間清隆)


「方言あいさつの名手・宮良の東宏信さん。 2016年07月10日 不連続線」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/30092/

>イリオモテヤマネコ同様、絶滅危惧種に指定されている方言を何とか次世代へつないでいきたいと願う有志の情熱が地道に実を結んでいるのは心強い。
>音声はウエブ上にあり、スマートフォンなどで聞ける。
>マービフォーラ(マネしましょう)。
>(仲間清隆)

こんな↑に、方言を大切に思っている人が、実は、方言に劣等感があった↓なんて。
なんなの?


「自分の話し声の録音を聞いて自己嫌悪に陥る… 2016年07月24日 不連続線」
http://www.y-mainichi.co.jp/news/30172/

>加えて方言交じり、抑揚も怪しく、語尾は不明瞭ときている。
>私のように田舎丸出しで共通語に劣等感を抱えている人のために、なまりや不明瞭な発音を修正してくれる日本語音訳機があるといいのだが
>「歌い終えてウナーグ(ほっと)しました」と方言交じりで結んだら、東京からの客が「いいねー君の話し方、心が休まるよ」、えっ地のままでいいの?
>なまりは悩む必要なしっていうこと…?。
>(仲間清隆)
Unknown (東子)
2016-07-30 08:08:36
「沖縄の基地負担軽減へ研究会設置 全国知事会が初 2016年7月30日 05:03」
全国知事会 基地負担 米軍基地 地位協定
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-326079.html

>翁長雄志知事は会議内で「沖縄の基地問題は一都道府県の問題ではなく、日本の民主主義と地方自治が問われている問題だと理解していただきたい。この問題をわがこととして真剣に考えていただけるようお願いしたい」と全国の知事らに協力を呼び掛けた。

「日本の民主主義と地方自治」から迫ろうと、早晩、日本の安全保障に行き着く。
「ここに空き地かあるから基地どうぞ」とできるか、どうか。
「基地=悪」か「基地=抑止力」か。


既に、研究会設置でその芽がでいる。

「基地問題研究会に他県知事も賛同 「地方自治が問われている」 2016年7月30日 06:06」
注目 普天間移設問題・辺野古新基地 米軍 政治
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=180870

>埼玉の上田清司知事は「基地問題はセンシティブで大変難しい。研究会を通じ一つ一つ障害を越えることが連帯につながる」と述べた。
>滋賀の三日月大造知事は「日本の民主主義、地方自治が問われているということを知事会で共有し、議論することが重要だ」と指摘。
>静岡の川勝平太知事は「日米地位協定の抜本的改定がまず落としどころではないか」と提案した。
>岩手の達増拓也知事は「根本的な負担軽減策として、国外(移設)の可能性も視野に入れるべきでは」と語った。
>米軍基地を抱える都道府県の知事でつくる渉外関係主要都道府県知事連絡協議会(渉外知事会)の会長を務める神奈川は、欠席した黒岩祐治知事の代理職員が「基地がない自治体にも米軍基地の現状や基地負担を理解してもらうことは大変有意義」と賛同した。

沖縄と沖縄以外の基地を抱える県と差。
それは、どこからくるか。


「基地負担減へ研究会 全国知事会できょう設置提案 2016年7月29日 06:34」
政治 注目
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=180659&f=sr

>名護市辺野古の新基地建設を巡って国との争いが続く中、県はこうした協議の場を通じ、沖縄県が置かれた状況への理解と基地問題の全国的な議論を深めたい考え
>沖縄の戦後の歴史
>米軍基地は今や経済発展の最大の阻害要因

沖縄が望むことだけが伝わるだろうか。
知らせる→理解が深まる=賛同では、ないからねぇ。


防衛・外交は国の専権事項だからと、地方の首長が無関心なのは良くないから、知識を深めて、県政に活かすために「研究会」は大いに役立つと考える。
首長の方が防衛に詳しくなれば、反対だけしている野党国会議員の質も上がるのでは?
Unknown (東子)
2016-07-30 08:08:53
知事会のテーマは、基地問題だけではない。
合区も大きなテーマ。


「合区、沖縄で問題提起=「闘う知事会」掲げ―全国会議 2016/07/29-17:15」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016072900796&g=pol

>会議では、7月の参院選で初めて導入された「合区」の解消や、米軍基地を多く抱える沖縄県の基地負担軽減など、例年になく政治的なテーマに踏み込んだ。
>世論を喚起しつつ問題解決の突破口を開きたい考えだが、国に施策転換を迫るには課題も多い。
>参院選の合区問題について知事会は、合区の早急な解消を求めた上で、「将来を見据え、最高裁の判例を踏まえ、憲法改正についても議論すべきだ」とする決議を採択した。
>会議では、改憲に踏み込んで合区解消を求める地方の知事と、現行憲法の下で最高裁が求める「1票の格差」是正を尊重すべきだとする都市部の知事との対立が先鋭化。

改憲は、9条どうこうだけじゃない。
「改憲」ができる環境が整ってきたせいで、今まで言われてきた憲法の不備が、各種、表にでてきた。

1票の格差は民主主義の根幹に関わる。
「日本の民主主義と地方自治」が問われるのは、「沖縄の基地問題」だけでない。

翁長知事が「日本の民主主義と地方自治」を「沖縄の基地問題」だけに使えば、「研究会」を提案した動機に疑問を持たれる。
翁長知事の「日本の民主主義と地方自治」を憂う言葉は、方便か、本気か、全県知事に共有される。
Unknown (坂田)
2016-07-30 08:26:47
>米軍基地  ⇒  特にオスプレイの評価に付いて

全国一の離島を抱える長崎県、中でも佐世保市は観光名所九十九島で有名です。
佐世保市は今月、災害時の離島救難体制の柱に佐世保水陸部隊=日本版海兵隊の駐屯地に陸自新型オスプレイの配備に合意しました、佐賀空港とは別です。

決意の理由は、熊本地震で見せ付けた普天間海兵隊オスプレイの「岩国基地~八代港揚陸艦~南阿蘇村~岩国基地の空輸を物資搬入出一切の手間と時間を含め3時間で終えた」実績を佐世保市が注目したからです。

10トン以上搭載のヘリ は幾らでも在りますが、オスプレイの速度はヘリの2倍で、世界最速のヘリより約20
0km早いから、島嶼抱える佐世保市は災害時人命救助に最適の航空機材だからです。

オスプレイ配備に訝しがる訳が判らん沖縄県と佐賀県の県民と全国の知事さんへ、為政者は人命救助に関心在らば手段にする参考事例として、佐世保市を考察願います。

※オスプレイ導入後4年経て墜落はないどころか、12年間も海兵隊は墜落事故がない。「オスプレイは墜落危険視在る」と嘘吐いてる奴は夢でも観てるのか、違うのかい志位さんと安倍総理は。
一方で、自衛隊はこの1年で2回墜落し8人死んでる。墜落危険視とは自衛隊ではないのか、本島二紙は。


本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2016-07-30 10:20:04

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒限定の「ぼくも私も」除く)。

「高江反対運動 行動が支援に」のうるま市・東智子さん(62)は、1月13日、3月11日、4月7、17日、5月25日、6月30日に続き今年7回目の掲載。
「情報を選ぶ力 身につけたい」の西原町・新垣大智さん(21)は、今年初掲載。
「台湾の車社会 高齢者に親切」の那覇市・松川和弘さん(75)は、1月30日、2月22日、3月7日、4月10、16日、6月16日に続き今年7回目の掲載。
「やんばるの森 早く返還して」の豊見城市・佐藤悦晴さん(69)は、1月11日、2月10日、3月10、31日、4月12、25日、6月1、17日、7月18日に続き今年10回目の掲載。
「着陸帯増設 危険も増大」の那覇市・知念徳彦さん(66)は、1月12日、2月3、21日、3月1、23日、5月2、19日、6月1、20日、7月10日に続き今年11回目の掲載。
「『730』の夜」の浦添市・安東民夫さん(62)は、1月15、31日、2月21日、3月5、19、29日、4月11、16、27日、5月10、28日、6月13、30日、7月20、26日に続き今年16回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

「投稿マニア」を否定はしないが、新聞はブログじゃないんだから、常連の投稿を並べただけでは、担当者は仕事をしたことにならない。

Unknown (amai yookan)
2016-07-30 10:56:18
>Unknown (東子)
2016-07-30 08:08:36
「沖縄の基地負担軽減へ研究会設置 全国知事会が初 2016年7月30日 05:03」
全国知事会 基地負担 米軍基地 地位協定
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-326079.html

>>翁長雄志知事は会議内で「沖縄の基地問題は一都道府県の問題ではなく、日本の民主主義と地方自治が問われている問題だと理解していただきたい。この問題をわがこととして真剣に考えていただけるようお願いしたい」と全国の知事らに協力を呼び掛けた。

「日本の民主主義と地方自治」から迫ろうと、早晩、日本の安全保障に行き着く。
「ここに空き地かあるから基地どうぞ」とできるか、どうか。
「基地=悪」か「基地=抑止力」か。


既に、研究会設置でその芽がでいる。


-------------------------------------------

「一部の議員や役員だけがワーワー騒いで議事・討議をそっちの方向に引っ張られ・持って行かれてしまい」他の者はあまり発言できなくされている状態。

「沖縄の声」で豊見城だったか、与那原の議員さんが言っていた。デバガメ(サヨク共産系)が幅を利かせているよーだ、

これも、彼等の伝統的手法、未だに機能しているよーだ。



オナガさん、これを狙っている(基地を持っている県同士でワーワーやる)のかな?

喋りに関しては、オバマさんに負けない(と、本人は思っているよーだが?、、、中味は、意味不明の何にも無しゼロ)だが、万人には、非常に危険な人物だ。


   「気をつけよー オナガの口と 腹の中」



 
Unknown (石垣島より)
2016-07-30 15:42:59
こんにちは。

昨日は、気晴らしに独り言の走り書きの雑文、PC誤変換知能から誤解
を招き、コラム欄の真面目な読者のお叱りに恐縮しております。

小生は名が示すとおり、本根、いや本音か、根はいたって素直で真面目
に○○がつくほどであります。(自己申告)

小生の表現不足、「言いたかったこと」ことを、昨日コメント欄読者様、
本日のブログ内容にフォローされたと感謝し、お礼申し上げます。

ところで、県2紙「押し紙」問題の件、当方県2紙のうち「琉球新報」を
長年間購読していましたが、数年前にさっぱりとやめました。地元の八重
山毎日新聞も読むと、特に仲間らの不連続コラムを読むと朝から精神的に
よろしくない、何より無駄な時間と購読料、有効に使うとしてやめました。
お蔭で毎朝、すっきり爽やかな一日の始まりです。


>沖縄2紙は、自分の捏造記事に嫌気をさした読者が購読をやめた責任を
>すべて販売店に転嫁し、「押し髪」という架空の売り上げを強制して、
>その金で新聞社の社員は県内では最高級の年収を享受している。

→「最高級の年収を享受する」のに怒髪天を衝くような「押し髪」怖い
ですね。新聞社がヤクザを非正規雇用しているのか?

>そのヤクザも驚く悪徳商法の琉球新報が、沖縄の貧困を記事にすると、
>次のような貧困を侮辱するような記事になる。

そう、ジャーナリストは偉いんだか、アッポーだか、自惚れだか、世間
より上だと思ってか、同じ目線と言って実は上から目線。自分が書いた
意味が解ってるか、解ってないか、社会に及ぼす影響を考えて報道した
か、などが判らないのです。「自分が一番現場を知っている。」などと
エラソーに言われると、皆が「へへー」と土下座でもするのだろうか。

>【琉球新報】ネット記事の見出し『貧困さん、いらっしゃーい』

>うちな~ニュース2016-07-29 19:52:58

> 琉球新報社が2016年7月29日のインターネット記事の見出しで、
>「貧困」さんいらっしゃーい!と掲載した。
> 記事の内容は少子化対策で住居費を補助するものだが、
>見出しに問題がある。
>この記事を発見したネットユーザーからは『若者をバカにしている。』
>『生活困窮者を笑いものにしている』などとフェイスブックやツイッ
>ターで怒りを表している。
> なお現在は、【低所得新婚へ住居費を補助 南城市 県内初、少子化
>対策】と見出しを替えられているものの読者に対する謝罪や訂正理由
>などは掲載されておらず、一部のネットニュースでは【「貧婚」さん
>いらっしゃい!住居費を補助 少子化対策で 沖縄・南城市】のまま
>掲載が継続されている。


>『貧困さん、いらっしゃーい』
>「貧婚」さんいらっしゃ?い!

→このネット記事読んでいませんでした。
昔は、皆が貧困で育った、歯をくいしばって頑張ったものです。

「貧困」さん、「貧婚」さんいらっしゃーい、の新聞見出し、あまりに
無神経でふざけた見出し。「貧困」、「貧婚」の経験がなく「最高級の
年収を享受している」者だから書ける見出しですね。

昨日の同性カップルの結婚式報道は、TVが放映してもて囃すのでない、
当事者らも本気か、と疑問に思ったものです。

何事も過ぎたるは、というし、同性同士の珍婚(失礼)は少子化問題の
解決にならないし、養子縁組はできるのか、戸籍法など法的整備はされ
ているか、漠然とした社会状況下で「個人の尊厳」、「個人の自由」と
堂々と結婚してもね、報道は無責任だし・・・という類の感想でした。

ほんとの「障害者」を差別する気はまったくないし、また、少子化問題
の解決にケチをつける気もありません。

ところで、沖縄は別として、どうして結婚しない者が増えたか、保育園
落ちたが、なぜ日本死ね、なのかさっぱり理解できないのです。子育て
の場がない、マイホームがないなど結婚の動機がないから結婚しない、
それに子育てはコスパが悪い、・・・。それで行政が少子化対策に支援
する時代、公的子育て支援金の時代になったのには驚きです。

子育ては社会貢献。二子、三子と育てるにつれて税法上の控除制度を充実
させ優遇すればよく、結婚できるのに、しない者に、今は行政が婚活パー
ティを開催する時代となった、・・・。

ジジババのカップルが移住して、○○○配備反対、○○○○移設反対、
○○○場建設反対を定年後の生きがいとするは「カエルの楽園」です。

原稿憲法改正の必要性、国際情勢、国内社会の変化をいろんな観点、視点
から検討して改正すべきは改正するは当然であり、真面目に考えます。

一方、憲法には矛盾はあるが、改正しなくてよい、との共産党らの論理は、
まったく理解不能です。しかし、彼らが大手を振って道の真ん中を歩いて
真面目な者がこそこそと道の端を歩くような社会が沖縄にあるのです。

いつから、共産党や学会員が大手を振って歩き、イデオロギーを振り回し、
反対者を威嚇して道を歩くようになったのだろうか、・・・・。


追記
土用丑の日、ウナギ重、皆様とご一緒に食べたかったです。


コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL