狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

山城の「公開処刑場」!国連シンポは、

2017-06-17 18:53:29 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

弾圧された哀れな被害者のつもりでノコノコ国連まで出かけた山城被告。

「人権と表現の自由を弾圧された」と訴え、満場の同情を受ける目論みだった。

ところが、国連は山城被告の「公開処刑場」であった。

折角の「国連演説」は我那覇真子さんの「出鼻くじき演説」で、赤恥を晒し、アドリブの沖縄方言は時間切れで強制終了させられるなど恥の上塗りの国連であった。

だが山城被告の恥さらしはそれに止まらなかった。

同行支援者らで行ったシンポでは、質問者に「暴力動画」を突きつけられ、シドロモドロの体たらく。

国連シンポは山城被告にとって恥の三重塗りというより、さながら山城被告の「公開処刑場」の様相だったという。

いや、地獄だったかも知れない。

 

東子さんのコメントです。

「【山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に😂】
山城博治氏の国連内でのサイドイベントに行ってきました🤣」
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=481156658893195&id=100009965956299

「【山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に😂】

山城博治氏の国連内でのサイドイベントに行ってきました🤣

部屋は結構埋まっていました。

かなり面白い展開になりました👍🏼

取り敢えず、沖縄タイムスは「フェイクニュースだ!」って言ってきました🤣

私が、山城博治やその他の登壇者に、様々な質問をしましたが、誰1人として、まともに答えられず、話をはぐらかす有様でした。


 

その後に私も他の参加者が、山城博治氏に対して「あなたの暴力の動画を見ましたけど、今、あなたが言ってる事と違いますよね」と言っていました。


私も質問をして、「貴方の暴力動画を見ましたけど、あれはヒドイですねと」質問時間に発言しました。


さらに「あなた方が言っている嘘全てに私は証拠付きで反論できます。」「何故、国連を悪用しようとしているのか意味がわかりません」など、質問の時間に発言しました。


それと国連を悪用して、山城氏が被害者になりすまそうとしていると言うことも明確に言ってあげました


 山城は泣きを入れ同情を買おうとしていましたが、完全に失敗に終わりました。


 後から、数人に「貴方が言っていたのは本当!?」と聞いてきたので、山城の暴力動画を見せてやりました😂

 Terrorist Hiroji Yamashiro a leader of "Peace Action Center of Okinawa" rorist Hiroji Yamashiro a leader of "Peace Action Center of Okinawa"

                              ☆

【追記】 6月18日

>取り敢えず、沖縄タイムスは「フェイクニュースだ!」って言ってきました

今朝(18日)の沖縄タイムスが「フェイクニュース」見事に証明している。

■沖縄タイムス 3面トップ

沖縄の戦い 世界が共感

山城議長に「人権の擁護者」

反基地への圧力 国連で訴え

いや、はや驚いた!

大嘘つき新聞の証明か?

国連で「出鼻くじき演説」を喰らい、自身の発言も強制中止させられ、その上国連シンポでは「暴力男」と糾弾され、さながら公開処刑の刑事被告人が、沖縄タイムスのフェイクニュースに掛かると、「世界が共鳴」「人権の擁護者」だそうだ。(爆)

まるで「世界を救うヒーロー」だ。

阿部岳記者は、記者を止めて小説家になった方が成功すると思うがね。

東子さんの関連コメント

「平和」「人権」を愛するあまり、そういう言葉を散りばめられて説明されると、一直線に「弾圧」を連想、そして確信してしまう意識高い系。
弁護士なら、「疑わしきは罰せず」。
学者なら、「仮定と検証」。
ここに照らし合わせて、ましてや特に相手が反論しているなら、一方的に断罪は、あり得ない。
あり得ないのだけれども、相手が政府だと、「権力に立ち向かう私、カッコイイ」とヒーロー感に酔ってしまって、あり得てしまう。

他方に「不正」を憎む純真無垢な国民がいる。
ヒーロー感に酔い易い意識高い系を導火線に、「不正」を嫌う割に「疑う」ことをしない純真無垢な国民に火をつければ、政府転覆も夢ではない。

 

              ☆

以下東子さんのコメント

 

「【国際ミッション•コンプリート】
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=481571395518388&id=100009965956299

>現在、ここジュネーブは朝の6時。
>今回、ジュネーブでの国連人権理事会では、
>1. 藤井 実彦氏の慰安婦問題についての発言
>2. 我那覇真子氏の沖縄問題、邪魔しろ博治へのカウンター発言
>3. 山下 英次 大阪市立大学名誉教授のデイヴィット•カイ氏へのカウンター発言
>この3つを成功させることが、私のミッションでした。
>3つとも、滞りなく完璧にこなすことができました。
>「邪魔しろ博治」のサイドイベントで、「邪魔しろ博治」を擁護するために登壇者として参加していたデイヴィット•カイ氏は、完全にトーンダウン。
>会場から質問されても、一般論しかせず、「私は沖縄に行っていないので、質問に答える立場にない」と言い、自分の中立性を訴えるだけになりました。
>デイヴィット氏は、「なんかやばいところに足を突っ込んでしまったな」と思っている事でしょう。
 
 
山城被告 1:37:00~
日本政府反論は、同じビデオの後ろ2:04:00~。
http://webtv.un.org/meetings-events/human-rights-council/regular-sessions/watch/item4-general-debate-23rd-meeting-35th-regular-session-human-rights-council/5472906855001

=========
デビット・ケイ氏と懇意な伊藤和子氏のツイッター。
https://ameblo.jp/awakinginheaven/entry-12284160967.html

Kazuko Ito 伊藤和子@KazukoIto_Law
山城博治さんが国連人権理事会で発言。とても力強い発言で、国連の会議場にひときわ声が響き渡り、大きな注目を集めました。平和活動家の魂のこもった発言だということがわかり、演説後も多くの人が話しかけたり、激励したりしていました。その後、日本政府の反論が行われ、会場は凍り付いた雰囲気に。
2017年Jun16日 00:58

Kazuko Ito 伊藤和子@KazukoIto_Law
政府は、辺野古基地建設は、普天間が危険すぎるから、高江についてはこれこれ、山城さんの逮捕は刑事訴訟法に基づく、等と説明したのですが、それを前提としても、米国の危険な基地が日本の沖縄にあり、住民が反対する建設が強行されていることはわかるわけで、会場の人々の心に刻まれたことでしょう。
2017年Jun16日 01:07
=========
伊藤和子氏が言うように、日本政府が反論し始めると「会場は凍り付いた雰囲気に」なったかどうか。
他の政府が反論しているのと違いがあるか、確かめてください。
日本政府は、「普天間基地は市街地にあり、学校も近くにあるから危険。だから日米政府で相談して移動させることにした」と言っている。
伊藤氏の「米国の危険な基地が日本の沖縄にあり」が知れたというより、政府反論の「危険な基地が市街地にあり故移動する」ことの方が伝わったと思うが、どうだろう?
 


■普通の宜野湾市民さんのコメント

東子さん コメント

>「【山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に😂】
>山城博治氏の国連内でのサイドイベントに行ってきました🤣」

添付のFacebook 投稿見ました。 (暴)
サイドイベントの開催動画が有れば是非見たいものです。

山城議長(偽長)、国連まで出向き国際社会に
「平和的な抗議運動者」をアピールした筈が
「暴力的な抗議運動者」である事が国際社会に露呈されてしまった。

「ミイラ取りがミイラになる!」 実に見事な喩え話の実践です。(笑)


このサイドイベントでは、山城や弁護士は嘘のつき放題でした。また、沖縄タイムスの阿部記者も、完全に嘘の吐き放題。

デイヴィット•カイ特別報告者も、登壇していましたが、前日に私が邪魔しろ博治の暴力シーンの動画を見せましたので、かなりのトーンダウンしていました。詳細は後ほど。

 

 東子さん コメント

>【国連ミッション•コンプリート】
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=481571395518388&id=100009965956299

↓↓
サイドイベントの続編ですね。
今回の山城議長(偽長)の国連関連記事。
琉球新報・沖縄タイムスが大々的に取り上げない(出来ない)理由が良く分かりました。

投稿記事で「山城博治」が
↓↓
「邪魔しろ博治」で登場していたのには(笑)

(個人的にはやはり「クルサリンドー山城」がしっくりきますが・・・。)

山城議長が国連デビューを果たせたので、今後は沖縄での「平和的な抗議運動」を国際社会が監視する事になるか? 楽しみ!

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我那覇さん、東京で記者会見... | トップ | 国連の晒し者、山城被告!沖... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2017-06-17 22:12:13

山城被告は、国連で嘘をついたので

 「保釈の取消し」

って、県民、皆そー思っているんじゃーないかな?www


         
Unknown (東子)
2017-06-17 23:48:44
>>3. 山下 英次 大阪市立大学名誉教授のデイヴィット•カイ氏へのカウンター発言

「【国連反日報告】 「一握りの過激論者の影響を受けている」 保守系学者がデービッド・ケイ氏の報告に反論 2017.6.16 23:30」
http://www.sankei.com/politics/news/170616/plt1706160053-n1.html
Unknown (東子)
2017-06-18 06:24:29
伊藤和子氏の、山城被告らのシンポジウムの感想。

「山城さんのこと、沖縄のこと 2017年6月17日」
http://worldhumanrights.cocolog-nifty.com/


伊藤和子氏については、《伊藤和子 30》で検索して頂ければ、分かります。
Unknown (東子)
2017-06-18 06:50:31
「平和」「人権」を愛するあまり、そういう言葉を散りばめられて説明されると、一直線に「弾圧」を連想、そして確信してしまう意識高い系。
弁護士なら、「疑わしきは罰せず」。
学者なら、「仮定と検証」。
ここに照らし合わせて、ましてや特に相手が反論しているなら、一方的に断罪は、あり得ない。
あり得ないのだけれども、相手が政府だと、「権力に立ち向かう私、カッコイイ」とヒーロー感に酔ってしまって、あり得てしまう。

他方に「不正」を憎む純真無垢な国民がいる。
ヒーロー感に酔い易い意識高い系を導火線に、「不正」を嫌う割に「疑う」ことをしない純真無垢な国民に火をつければ、政府転覆も夢ではない。
Unknown (Unknown)
2017-06-18 09:07:29
東子さんコメントより

>一方的に断罪は、あり得ない。
あり得ないのだけれども、相手が政府だと、「権力に立ち向かう私、カッコイイ」とヒーロー感に酔ってしまって、あり得てしまう。

-----------------------------------------------------------------

私も昔は、そう思ってましたー(単なるカッコつけのおバカだった・・・ついこないだまで(恥)

元来、日本人は「判官贔屓(ほうがんびいき)であり、どうしても「弱者の味方」になるのだ。

しかしー、この「普天間の辺野古移設の戦い?」が始まってから、「マスゴミ・沖縄二紙の現実を知るにつけ」・「いつの間にかガチ保守?に転身」してしまった。

「腐敗し・狂ってしまっているマスゴミの強大な権力」見えてしまって「政府権力が、弱々しく思えてきた」からだ

これには「判官贔屓」が働かない訳がない、あっという間に「ガチ保守に転身」とあいなった次第だ。

やがて、県民・皆、こーなることでしょう、だからどっかの<命>を受けた「サヨクの皆さんは焦って墓穴を掘っている」のでしょう。長期戦になると勝ち目が無いから(=皆が目覚めてしまうから)

            
Unknown (東子)
2017-06-18 09:53:17
「国連利用に聴衆冷ややか 人権理事会で「抑圧」アピールの山城博治被告 2017.6.18 00:18」
http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180005-n1.html

>山城被告は15日夕(日本時間16日未明)の国連人権理事会で、沖縄方言を織り交ぜながら自身の“惨状”を約90秒、英語で訴えた。
>山城被告の演説にチベットの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)幹部は顔をしかめ、こう言った。
>「彼は苦しんでいる他の誰かのためにスピーチしたのではなく、自分の個人的なケースを述べたにすぎない。全く理解できない」

弾圧に苦しむ人達は人権理事会にたどり着けない。
だから、代わりに誰かが、それを告発する。
しかし、山城被告の場合は、自身が人権理事会で「自身の弾圧」を語る。
こんなことができるののどこに「弾圧」があるか、分からないと思われるのは、当然だ。

山城被告らがしたのは「弾圧の解消のため」ではなく、「世界も共鳴した」「世界が日本を批判している」の「素材作り」のために「国連で発言した」だけ。
真剣に「弾圧の解消」を目指している人達に、そこを突かれた。
国連の体たらくが指摘されるが、それでも世界が一同に会して「弾圧の解消」向かう場であることには違いないのだから。

伊藤和子氏の「感想」と、産経の記事、「【山城博治氏の国連でのサイドイベントが悲惨な事に】【国連ミッション•コンプリート】を読み比べれば、色んなことが浮かび上がってくる。
Unknown (東子)
2017-06-18 09:54:19
新報「「政府、沖縄で人権侵害」 山城氏、国連で声明発表 2017年6月16日 06:30」
人権 人権侵害 山城博治 沖縄平和運動センター 国連人権理事会 国連 長期勾留 ジュネーブ
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-515759.html


タイムス「沖縄平和運動センター・山城博治議長 国連人権理事会での声明全文 2017年6月16日 10:10」
山城博治 沖縄平和運動センター
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/102707


ちなみに、2年前の翁長知事のは、新報は「演説」。
タイムスは、既に「声明」。
ただし、まだ遠慮があったのか、タグは「翁長知事国連演説」となっている。

新報「新基地は「人権侵害」 知事、国連で演説 辺野古阻止訴え 2015年9月22日 11:37」
普天間飛行場移設問題
http://ryukyushimpo.jp/movie/prentry-249254.html


タイムス「辺野古の状況を見てください」国連での沖縄知事声明全文(日本語訳) 2015年9月22日 11:42」
翁長知事国連演説
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/18960


翁長知事で乱れがあったのを、山城被告のは、タイムス、新報は「声明」と揃えた。
八重山日報は、翁長知事、山城被告、いずれも「演説」としている。


ちなみに、JapanTimesに載った、山城被告の記事↓を見てみると、

「Okinawa base activist describes five months of alleged Japanese oppression to U.N. rights council Jun 16, 2017」
http://www.japantimes.co.jp/news/2017/06/16/national/okinawa-base-activist-describes-five-months-alleged-japanese-oppression-u-n-rights-council/#.WUWl5LFcWhB

>in a speech to the council in Geneva.

演説を意味する「speech」。
声明を意味する「statement」は、ない。
でも、タイムス、新報は「声明発表」と書く。

「声明」は「政治・外交上の意見の発表」に使う。
翁長知事の場合は、政治家だからまぁ良しとしても、山城被告が?
「琉球国」を代表してってか?
「沖縄独立」の布石?
Unknown (東子)
2017-06-18 11:19:03
「辺野古・キャンプシュワブに物資運ぶトラックのそばで抗議→「足踏まれた」と救急搬送 トラック運転手の男性を書類送検 「反対派は制止した警官を振り切ってトラックに…。納得できない」 2017.6.18 09:00」
http://www.sankei.com/premium/news/170618/prm1706180026-n1.html

>名護署の警察官2人がこの反対派を抑えるなどしたため、男性がトラックを発車させたところ、「踏んでるからバックして」という警察官の声で事故に気づいたという。
>男性は反対派が警察官を振り切ってトラックに足を踏み入れたと主張しており、沖縄県警はこの経緯をビデオ撮影していたという。
>名護署は男性の書類を那覇地検に送ったものの、地検は起訴、不起訴の判断はまだしていない。
>男性は「基地関係の仕事をしている人も地元・沖縄の人間なのに、執拗な抗議行動を受け、事故を誘発するような行動を取られた。その上、現場で事故処理中も反対派に囲まれ、大声で威圧された。これで起訴などされたら納得できない」と話している。

今までのように反対派の言う通り起訴すれば、ダンプの運転手の男性は、警察官の警備の不備を問う勢いである。
警察にとって困った案件になっている。
それでかな。
警官は規制に今まで以上に当たっている。
それを、「市民」らは「中隊長が代わったからだ」「『弾圧』が酷くなった」と言っていた。
が、驚くことに、シュワブ前の道路を、横断する場合、大城事務局長は、「機動隊の指示に従うように」と言うようになった。
前なら「道路を『市民』が渡って何が悪い! 通行の自由がある」と盾突いていたのに。

ダンプの運転手の男性を起訴する場合、「警察官を振り切ってトラックに足を踏み入れた」男性も通行妨害で起訴されるのかもね。

この頃、「市民」、逮捕されないようにしている。
やはり、逮捕は嫌なのだ。
「弾圧」とレッテル貼りして叫んでいるが、裁判になれば、弾圧でもなんでもなく、道交法違反になることを知っているのだ。
Unknown (東子)
2017-06-18 11:21:53
「翁長知事が辺野古工事差し止め訴訟起こせば、翁長氏個人に損害賠償を行う 政府が検討「知事権限の乱用」 2017.6.18 09:58」
http://www.sankei.com/affairs/news/170618/afr1706180006-n1.html

>応訴費用について翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入った
>政府は翁長氏が埋め立て承認を撤回した場合に賠償を求める方針だが、加えて差し止め訴訟も提起の根拠が乏しく知事権限の乱用にあたると判断した。
>翁長氏は20日開会の県議会定例会に差し止め訴訟提起に関する議案を提出し、可決後に提訴する。

翁長知事は議会の承諾を得て提訴するが、「翁長氏個人に損害賠償を行う」。
議会は、責任を負わなくて良いのね。


「【リポート】辺野古から 工事差し止め提訴へ、承認撤回は慎重 2017/6/14 16:00」
https://this.kiji.is/247616792736710662

>翁長知事は、提訴を表明した6月7日の記者会見でも、承認撤回に踏み切る時期については「一番重要な案件なので、あらゆる状況を想定して、法的な観点から丁寧に検討する」と明言を避けた。
>県側は承認撤回を、差し止め訴訟などで勝てなかった場合の「最後の手段」と位置付けているが、撤回の理由などハードルは高いとされる。

「差し止め訴訟」と「撤回訴訟」、2度も訴訟を起こすより、「撤回訴訟」をしてしまった方が、翁長知事の損害賠償は小さいのでは?
幸い、「市民」は、「差し止め訴訟」なんて回りくどい方法を取らず、即時の「撤回訴訟」を望んでいるようですし。
Unknown (東子)
2017-06-18 12:05:10
「国連事務所「今後も見守る、情報提供を」 沖縄の人権状況改善を注視 2017年6月18日 11:25」
国連 山城博治 沖縄平和運動センター 人権
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103245

>加盟国が互いの人権状況をチェックする「普遍的定期審査(UPR)」で日本が11月に対象になることから、日本に対する質問を準備するよう要請した。

UPRをさも権威あるように書いているが、これも法的拘束力はない。


「<社説>国連審査報告書 基地の非人道性が暴かれた 2015年5月21日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243189-storytopic-11.html

>国連人権理事会の普遍定期審査(UPR)対米審査報告書が、米国外の米軍基地が現地の人権を侵害していると明記し、改善を勧告した。
>勧告に法的拘束力はない

と、新報が書いているほどだ。
が、「法的拘束力はない」としても、山城被告の逮捕を「弾圧」とする虚構を作った人達は、UPRを利用して、日本人の謙虚さと国連至上主義に付け込んで日本を貶めようとする気満々。


「沖縄の人権侵害告発 国連宛て報告公表、研究会がシンポ 2017年5月22日 06:30」
人権 沖縄国際人権法研究会 国連人権理事会 辺野古新基地 沖縄大学 自己決定権 環境権 表現の自由 女性・子どもの権利
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-500087.html

>新基地建設など基地問題を中心に、日米両政府によって自己決定権、環境権、表現の自由、女性・子どもの権利の4分野で人権が脅かされている

「先住民と自己決定権」を理由に米軍基地撤去を言い、その先に、琉球独立を目指す人達。
↑の主張に反論する者は「弾圧者」であり、「差別主義者」であるとレッテル貼りして、排除するつもり。
レッテル貼りがしやすいメディア環境と「差別主義者」を取り締まる法を作ろう。

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL