狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

沖タイが「チビチリガマ・集団自決」で発狂するわけ

2017-09-13 09:01:53 | ★集団自決

 

よろしかったら人気blogランキングへ   ク  リックお願いします

 

 
名護市民集会

 

 画面をクリックするとか拡大します。

 

今朝の沖縄タイムスは合計三面を使って「チビチリガマ荒らし」で大発狂。

■一面トップ

チビガマ荒らされる

看板遺棄 遺品破壊 千羽鶴散乱

「集団自決」の地 無残

■第二社会面トップ

またも破壊「なぜ」

30年前にも事件

関係者憤り「許せない」

■社会面トップ

遺族ら衝撃「誰が」

チビチリガマ 内部も被害嘆く

平和学習を破壊する行為

【識者談話】

吉浜忍 沖縄国際大学教授

ちなみに「チビチリガマの集団自決」は、「軍の命令による集団自決」の反証として、例に出される。

「軍命論者」は、「軍の命令」の根拠として「軍の居た場所で集団自決は起きた」と主張する。

だが「チビチリガマに避難したのは住民だけ。

軍人は一人もいなかった。 軍が命令は不可能、というのが反証である。

 

確かに集団自決の現場が荒らされるのは許されるべきではないし、沖縄タイムスが怒りを露わに報道することも理解できる。

だが、一面、社会面そして第二社会面のトップを飾って大発狂すべきことなのか。

沖縄タイムスが過剰反応したのは、10年前2007年9月29日の「11万人集会」(高校歴史教科書検定意見の撤回を要請する県民大会)の十周年が目前に迫ったからではないか。

10年経過しても検定意見は撤回されておらず、現在でも教科書に「集団自決は軍の命令」と記述することは禁じられている。

そこで新たに読者を扇動し、「教科書に軍命を記述させる」キャンペーンを張る、というのが沖縄タイムスの魂胆である。

その証拠が、第二社会面の中段のこんな見出し。

「集団自決」事実継承へ

9・29の会講演

教科書検定で確認

沖縄タイムスのチビチリガマへの過剰反応の真意はこんなところにあった。

頭隠して尻隠さずだ。(爆)

 

この「チビチリガマ荒らし」は、すでにネットでは二日前に拡散された事件。

沖縄タイムスは「誰が」「なぜ」などと、犯人探しを匂わせているが、「サヨク団体の自作自演では」などの噂も浮上している。

そう、「チビチリガマ荒らし」の犯人探しで因縁をつけ、結局「2・29集会」で達成できなかった「検定意見の撤回」を成功させようという魂胆だ。

やくざの因縁つけ、ということだろう。

ところで、犯人は誰?

刑事ドラマなどでも「第一発見者を疑え」と言われている。

第一発見者は誰だっけ?

                     

 

よろしかったら人気blogランキングへ   ク  リックお願いします

2017.09.12 政治

【沖縄】散らばる千羽鶴 砕かれた遺品 集団自決のチビチリガマ荒らされる

~ネットの反応「どっかの市民じゃね?」「なぜ防犯カメラをつけないのか」

 

 

72年前の沖縄戦で、「集団自決(強制集団死)」が起き、85人が犠牲になった読谷村波平のチビチリガマで、入り口や内部の遺品が壊されるなど何者かによって荒らされていることが12日、分かった。
遺族からの証言聞き取りや平和学習などを続ける知花昌一さんが同日午前11時ごろ、荒らされているのを確認した

ガマの入り口の看板は近くのせせらぎを超えて十数メートル先に投げ捨てられ、平和学習で訪れた中高校生による千羽鶴は半分ほどが地面に放り出されていた。

ガマの中には遺骨や石油、水を入れたビンなど遺品が残る。
ビンの多くが割られ、入れ歯や小銭を載せていた陶器も割られ、周囲に飛び散っていた。
また、惨劇を詠んだ彫刻家金城実さんの歌碑が書かれた看板も引き抜かれていた。

遺族会によると、直近では5日に平和学習で訪問者がいた際は被害は確認できなかった。引き抜かれた看板にまだ青い葉がついていたことから、犯行から時間がかかっていないとみられる。嘉手納署が12日午後、現場を封鎖して調べている。

母方の祖母ら5人を亡くした遺族会の與那覇徳雄会長62は「平和を願う遺族の気持ちに泥をかぶせられた。本当に残念だ。中には遺骨も残っており、その場所まで手をかけられている。なぜこんなことをしたのか、心境は分からないがひどすぎる」と嘆いた。


http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/141218
http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/7/2/-/img_72473b5295aae9927f591f5e4b30bd6d64779.jpg
http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/e/5/-/img_e53fd055204e93123bb6d6001e95557879984.jpg

 

理人
ネットの反応

名無し
なぜ防犯カメラをつけないのか

名無し
パヨク活動家じゃね?

名無し
どっかの市民じゃね

名無し
こーいうのはだいたい近所の悪ガキどもの仕業だよ。小学校を徹底的に調べるといいね

名無し
神社仏閣でもこの手の施設でもカメラや防犯灯位つけろよ阿呆

名無し
沖縄に日本嫌いの集団が集まってるからなんとも

 

よろしかったら人気blogランキングへ   ク  リックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性自身砲!山尾議員 夫と... | トップ | 電波オークションで政府もテ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-09-13 10:46:49

オピニオン面に一般投稿6本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「戦争で犠牲に 誰がなるのだ」のうるま市・西明雄さん(62)は、2月4、19日、3月5、24日、5月5日、6月5、21、25日、7月17日、8月15日に続き今年11回目の掲載。
「基地反対する 意味理解して」の鳥取県米子市・服部直記さん(70)は、3月2日、5月19日、6月13日、7月16日、8月4日に続き今年6回目の掲載。
「20年の聖火も 通ってほしい」の浦添市・安東民夫さん(64)は、1月9、28日、2月19日、3月17日、4月6、16、26日、5月5、14、25日、6月8、11、24、27日、7月9、19日、8月2、21日、9月10日に続き今年20回目の掲載。
「共有の考え方 領土問題にも」の豊見城市・米蔵任さん(53)は、2月12日、3月7日、5月12、25日、6月14日、7月8、23日、8月7、27日に続き今年10回目の掲載。
「新文化施設 那覇に活気」の徳森仁さん(56)は、今年初掲載。
「小ちゃい秋」の那覇市・喜舎場順さん(83)は、1月29日、2月25日、4月1、17日、5月7日、7月6、26日に続き今年8回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2017-09-13 11:16:03
「チビチリガマ破壊、平和学習も破壊する行為 吉浜忍・沖縄国際大教授に聞く 2017年9月13日 10:01」
チビチリガマ 読谷村 事件・事故 沖縄戦
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/141652

>読谷村の文化財に登録された戦争遺跡
>それを破壊することは文化財保護法違反に当たる

文化財保護法違反は親告罪だ。
だから、被害届を出さないと、犯人捜しが始まらない。


「チビチリガマ損壊 沖縄戦「集団自決」の壕 遺骨、遺品荒らされる 87年に右翼団体も破壊 読谷 2017年9月13日 06:00」
チビチリガマ 集団自決(強制集団死) 読谷村波平 自然壕 世代を結ぶ平和の像
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-574071.html

>遺族会は村と相談しながら被害届を出すかどうか検討する。

NHKニュースで「許せない」と泣かんばかりの怒りをぶちまけていたのに、被害届は検討?
さっさと被害届を出さないのは、なぜ?
「自作自演」だから犯人捜しをされると困る?


(おまけ)
「展示物荒らされる 辺野古座り込みテント 2014年6月21日 09:44」
https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-227323.html

>看板が壊され、展示していたこれまでの闘争などを示す資料や新聞紙面、全国から贈られた折り鶴などが引きちぎられていた。

破壊され具合が似ている。


>関係者からは「このような暴力的な行為は許せない」と怒りの声が上がった。

怒りの声が上がったも、同じ。


>被害届を出すかどうかについて検討している。

「被害届を出すかどうかについて検討」、ここまで同じ。
そして、この後、被害届を出した?
Unknown (東子)
2017-09-13 11:16:26
>新たに「民意を扇動」し、「教科書に軍命を記述させる」キャンペーンを張る、というのが沖縄タイムスの魂胆である。

↑と同時に「国連」での「沖縄県民は先住民認定」と同じように、県民の知らないところで「沖縄県民は被占領民族」と世界に広めようとしている気配あり。


「沖縄戦の自然壕荒らされる 遺族ら「侮辱」 2017年9月12日 22:41」
https://ryukyushimpo.jp/mainichi/entry-573849.html

>元村議で僧侶の知花昌一さん(69)が12日午前11時ごろ、イスラエルのジャーナリストを案内


イスラエルのジャーナリストって、この人↓?

「パレスチナ占領50年を アミラ・ハスと考える」
http://doi-toshikuni.net/j/info/20170917_18.html

>ハス氏が日本の沖縄を訪ね取材します。
>占領50年の“パレスチナ”と米軍に支配される“オキナワ”との接点を探ります。
>またアメリカ人として沖縄での自国の“加害”をドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』に描いたジャン・ユンカーマン監督と対談し、自国の“加害”を伝えることの意味、“パレスチナ”と“オキナワ”が共有する普遍性を語り合います。


「アミラ・ハス氏来日 スケジュール
http://doi-toshikuni.net/j/info/amira_hass2017.html

>アミラ・ハス氏来日 スケジュール
>2017年9月
>11日(月)~13日(水) 沖縄取材
>14日(木) 沖縄・講演
> 18:30 - 20:30 沖縄キリスト教学院シャローム会館
> パレスチナ占領50年をアミラ・ハスと考える


「2017年9月20日(水)18:00 - 21:15 東京・文京区民センター ジャーナリストはなぜ、なにを、どのように伝えるのか」
http://doi-toshikuni.net/j/info/20170920.html

>イスラエル人ジャーナリスト、アミラ・ハス氏との対話
>ゲスト:金平茂紀 氏(TBS「報道特集」キャスター)

金平茂紀氏はこんな人達↓とも一緒に活動
https://pbs.twimg.com/media/C4Fr7qjVcAAG0nS.jpg


レイバーネット「2017/09/18 パレスチナ占領50年をアミラ・ハスと考える「自国の“加害”をなぜ、どう伝えるか」ジャン・ユンカーマン 森住卓 土井敏邦(本郷三丁目駅)」
http://www.labornetjp.org/EventItem/1495118237704ylaur

>2. 森住卓氏(フォトジャーナリスト)の辺野古・高江報告


アミラ・ハス氏を使って、「パレスチナ占領(パレスチナの地に割って入ったイスラエルを米国は支持している)」と「日本軍が沖縄を占領していた、その後は米軍の占領下」の錯誤を重ね合わせて、デマ拡散を目論んでいるようだ。
Unknown (東子)
2017-09-13 11:18:04
「世界遺産登録へ来月に沖縄調査 IUCN、本島北部と西表 2017年9月13日 06:20」
世界自然遺産 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島 国際自然保護連合(IUCN) 国連教育科学文化機関(ユネスコ) ジュゴン保護キャンペーンセンター 辺野古新基地建設
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-574098.html

>IUCNは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関で、政府から正式な推薦書が出された遺産候補地の現状や持続可能な環境保全の対策が講じられているかなどを確認する。

だが、辺野古反対派は、「辺野古新基地建設の埋め立て問題」を滑り込ませたい考え。
県は、北部訓練場は問題視せず、辺野古移設は問題視して欲しい意向。

「基地と自然は両立しない」という切り口で、今回の世界自然遺産登録に関係のない、20Km以上離れた「辺野古の自然と基地」は問題視してくれと、IUCNに書簡を送った翁長知事。
IUCNは、「基地と自然は両立しない」に賛同して、北部訓練場と隣り合わせの「やんばるの森」、「辺野古の自然、ジュゴン」をひとまとめにして問題視。
結果、「やんばるの森」の登録が怪しくなった。
県は、もともと北部訓練場は問題視せず、辺野古移設だけ問題視して欲しい意向だったから、大慌て。

「基地と自然は両立しない」の切り口で
  北部訓練場と隣り合わせの「やんばるの森」はOK
  今回の世界自然遺産登録に関係のない、20Km以上離れた「辺野古の自然と基地」は問題視せよ
のダブスタを、IUCNにどう理解させるか。
翁長知事の腕の見せ所なのだが、「辺野古反対」にジュゴンを利用している人々は、北部訓練場、辺野古移設を共に問題視されて「やんばるの森」の登録が保留されても、IUCNから「辺野古の自然破壊」のお墨付きをもらえるならかまわないと、県と「やんばるの森」登録について温度差があるので、一層ダブスタを難しくしている。
Unknown (東子)
2017-09-13 11:19:17
「世界遺産登録へ来月に沖縄調査 IUCN、本島北部と西表 2017年9月13日 06:20」
世界自然遺産 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島 国際自然保護連合(IUCN) 国連教育科学文化機関(ユネスコ) ジュゴン保護キャンペーンセンター 辺野古新基地建設
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-574098.html

>世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の4カ所

奄美・琉球世界自然遺産登録は「沖縄島北部(やんばるの森)」だけではなく、タグにあるように、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の4地域が推薦候補地」。
IUCNから「辺野古の自然破壊」のお墨付きをもらうためだけに今回の世界自然遺産登録に関係のない、20Km以上離れた「辺野古の自然と基地」は問題視させて登録ができなくなったら、県内からは西表島地方から、県外は奄美大島、徳之島を有する鹿児島県から、翁長知事への批判は避けられないだろう。



【参考】
沖縄県HP「さあ、世界へ 目指せ!!世界自然遺産」
http://www.pref.okinawa.jp/site/kankyo/shizen/sekaishizenisan/

>平成25年の「奄美・琉球世界自然遺産候補地科学委員会」において奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の4地域が推薦候補地として選定されました。
>これら4地域が一体となってはじめて世界自然遺産としての価値を有します。
>国内外からこれまで以上に自然環境の保全に対する意識が高まるとともに、観光産業をはじめとした地域の活性化が期待できます。
Unknown (東子)
2017-09-13 11:19:47
【資料】
「電波オークションで政府もテレビ局ももうかる 池田信夫 2017年09月12日 15:30」
http://agora-web.jp/archives/2028291-2.html

コメントを投稿

★集団自決」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL