狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

週刊新潮が集団自決特集!櫻井よしこが星、上原両氏にインタビュー

2009-07-09 06:36:57 | ★集団自決

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

本日発売の週刊新潮に櫻井よしこ氏の「集団自決特集」が掲載されている。

タイトルはこれ。

「集団自決に軍命はなかった」と口に出せない沖縄「言論封鎖社会」
日本ルネッサンス「拡大版」  櫻井よしこ

同誌の名物コラム日本ルネッサンスを4ページに拡大特集した記事は、沖縄二紙の捏造体質に対し勇気ある告発をした沖縄在住の作家星雅彦氏と同じくドキュメンタリー作家の上原正稔氏へのインタビューを中心に沖縄の「物言えぬ言論封殺社会」を激しく糾弾している。

5月11日の「うらそえ文藝」による告発以来、県庁での記者会見で追い討ちをかけるように沖縄二紙の「軍命による集団自決」という捏造記事と謝罪要求にも関わらず、これまで二紙とも沈黙でこれに答えていた。

もっとも沖縄タイムスと琉球新報は、夫々無知な文芸評論家と「転向の達人」の女性史研究家に反論にならぬ論文を掲載したが、新聞社としての正面からの反論は依然としてない。

両紙が動揺していることは両紙のOB記者達から漏れ聞く次のようなウワサでも判断できる.

新報の某OBはこう述べる。

「琉球新報が上原氏に行った言論封殺は一寸やり過ぎだった。あれでまともに上原氏とやり合ったら新聞社としての恥を全国に晒すことになる」

富村順一氏が、『鉄の暴風』が梅澤氏の死亡記事を30年も放置したことをネタに「沖縄タイムスから50万円を強請り取った」と上原氏が公言したことに対し、一方の沖縄タイムスの某OBは、こう述べる。

「新聞社としては致命的な発言をされたが、表立って戦ったら新聞社の負けだ。 何しろ強請った富村氏はまだ存命だから、本人が死ぬまで待つしか無いだろう。 確か50万円は富村氏の原稿料として処理したはずだが・・・」

両紙とも夫々「言論封殺」「捏造記事で強請られた」と新聞社としては致命的ともいえる告発を受けていながら、反論もできずただ沈黙を守るしかなす術が無いのもむべなるかなといえる。

ただ星、上原両氏とも沖縄で新聞を中心とした文筆を生業とする身であるから、両紙が時間をかけて県内各マスコミ・出版社関係に圧力をかけ、兵糧攻めにするつもりなのか目下両氏とも県内の文筆業は完全に干された状況である。

星雅彦氏については早い時期に沖縄県史の編纂のため数回にわたり渡嘉敷、座間味で聞き取り調査をしており、そのときの感想や論考を雑誌や沖縄タイムスに書残しているので、集団自決の文献研究の過程でその名を知る者は多いが、一方の上原正稔氏については氏が琉球新報に連載した「沖縄ショウダウン」が集団自決訴訟の原告側の証拠物件となったくらいで、余り知る人は少ない。

ただ、当日記の読者なら一昨年の琉球新報による言論封殺を受けた人物、そして自分が創始した「一フィート運動」が左翼集団に乗っ取られた人物ということで彼の勇名を知る人も多いと思う。

星、上原両氏の今回の告発で衝撃を受けたのは沖縄マスコミのみではなかったようで、悔し紛れに「両氏が沖縄マスコミに相手にされないので鬱憤晴らしにやった」とか、見当違いの罵詈雑言で自己満足している左翼ブログも散見される。

上原氏は新聞に長期連載の戦記掲載の他単行本の出版や、テレビの戦記ドキュメンタリー番組でも中心になっている沖縄戦史研究の第一人者である。

:第14回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品

又「一フィート運動」が左翼集団に乗っ取られた後も独自に沖縄戦のフィルムを発掘し、沖縄戦の研究では重要な役割りを果たしている。

例えばこんなふうに。

沖縄戦の映像を入手 上原さんが米公文書館から2005年3月11日

 

沖縄戦史の貴重な証人である両氏が沖縄二紙を正面から告発し地元マスコミは沈黙している異常な状況は本土マスコミが見逃すはずも無い。

また星、上原氏も県内で沖縄マスコミに無視されたまま、拱手傍観で、沖縄二紙の兵糧攻めを待つだけでは能がなかろう。

当然大手マスコミや有名ジャーナリストから両氏にアプローチがあり、両氏がこれを利用しても不思議ではない。

そこで冒頭で紹介した本日(7月9日)発売の週刊新潮が4頁に渡る両氏に関する特集記事となったわけ。

沖縄タイムスと琉球新報がいくら頬被りで、嵐の過ぎ去るのを待っていても、両紙の集団自決に関する捏造体質に対する星、上原両氏の告発は既にルビコン川を渡ってしまっている。

週刊新潮には星氏が沖縄タイムスに曽野綾子氏の『ある神話の背景』の書評を依頼された際に被った、衝撃の言論封殺が告発されていると聞く。

詳細は同誌記事に譲るが、沖縄タイムスは原稿依頼の際「強く批判してくれ」と星氏に強い圧力をかけたが、星氏がタイムスの圧力に多少は応じながらも、自身の調査も参考に公平な視点で原稿を書いたら、タイムス側に大幅に書き変ええらた。

星氏は書き変えられた原稿に不本意ながら納得し、掲載を受諾したが結局原稿はボツにされ、以後その原稿が日の目を見ることはなかったという。

常日頃は「言論の自由」を標榜する沖縄の二紙が自己が捏造し、読者を騙し続けてきた虚偽の記事を守るため、あからさまな言論封殺をしてきた事実が今白日の下に晒されようとしている。

沖縄二紙の卑劣な捏造体質は「集団自決の軍命令」という虚偽報道から、「新聞の言論封殺、捏造体質」という大きな火種に変わり、本体を焼き尽くす大きな炎となって両紙に襲い掛かっている。

身に降りかかる火の粉を手で払う程度の小手先の対処では、もはやどうにもなら無いほど沖縄タイムスと琉球新報は追い詰められている。

両紙の恥ずべき捏造体質は、今ネットのリンクによって全国隅々まだ拡散し、良識ある国民の非難の的になりつつある。

言論封殺の巨大ダムは、今崩壊を目前にして悲鳴にも似た断末魔の軋みを発しはじめた。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。




沖縄戦「集団自決」の謎と真実
秦 郁彦
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球民族は哀れな先住民か | トップ | SAPIOの衝撃!ゴー宣が集団自... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ni0615)
2009-07-09 10:25:30
狼魔人さん
おはようございます

櫻井よしこさんの週刊新潮日本ルネッサンスといえば、梅澤裕元隊長の「村代表との会見記」を創作家として一層誇張したことで、かれの証言の信用性を心証として、著しく低下させたことを思いだします。
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/730.html

今回はどうなのでしょうか? 近く興味深く読ませていただきます。 ご紹介有難うございました。
嘘と知っているから (ヒロシ)
2009-07-09 16:10:42
タイムスも新報も隊長命令は嘘と知っているから今更言えないんでしょうね。
鳩山由紀夫さん、小沢一郎さんともに悪い事と知りながらやっていた訳で、悪い事の中心に近づけば真相が分かります。
狼魔人さんに悪魔の証明を求める方がいますが
先入観を捨てて出てきた事実をよく考えたらたらわかるんじゃないですかね?
それとも、前言撤回できない立場の方なんでしょうか?
Unknown (涼月)
2009-07-09 16:40:13
おそらくは、向こう側の関係者ではないかと。
このお方は (エム)
2009-07-09 17:11:04
 狼魔人さんに構ってもらいたい

 寂しがりやさんのようですよ。

 キー坊ちゃんの唯一のお友達です。
Unknown (涼太)
2009-07-09 19:51:10
狼魔人様

週間新潮、早速買いました。
週刊新潮という、全国紙が取り上げた意義は大きいと思います。沖縄紙が無視するなら、全国紙が報道すればいいだけの話です。
記事中の上原さんの言葉「親族を殺して軍の命令でした。といえば国から億単位の金が貰える。こんな事恥ずかしくて世界に言えませんよ。」が表しているように、県民の弱みを、沖縄タイムスをはじめとする、反日左翼に最大限利用されたみたいです。
上原さんが「沖縄戦ショウダウン」で書いたように、「自分達の罪を1人の軍人に押し付けた、県民の罪は大きい。県民が自己責任を認めること。これが即ち沖縄が大人になることである。」は正に正論だと思います。逆にそれが出来ないと、未来永劫沖縄の苦悩は続くと思います。
自分達の非を認め、謝罪する。人間として当たり前事が何で出来ないのでしょう。この件には沖縄県も加担しています。県も巻き込んで知恵の出しどころだと思います。
Unknown (縁側)
2009-07-09 20:26:32
狼魔人さま こんばんは

早速読んでみます。ところで昨日のタイムス社説について論説委員に電話してみました。やっぱ「うそつき」ですね。
Unknown (狼魔人)
2009-07-10 10:16:24
ヒロシさん

週刊新潮コピーを送って貰って読みましたが、上原、星両氏のタイムス、新報に対する告発は迫力がありますよ。

結局両氏の告発はすべて事実なので両紙はまともに反論できないで、沈黙せざるを得ないのでしょう。



涼月さん

よくわかりませんが・・・「極悪非道の日本軍」の糾弾に情熱を燃やす人物のようです。



エムさん

お仲間で意見の異なる論者には「悪徳」のレッテルを貼って憂さ晴らしをしているようです。(笑)


涼太さん

週刊新潮の前に発売された「SAPIO」で《集団自決 NHKの捏造番組》を8ページにわたって特集しています。

金城重栄、重明兄弟の証言を捏造したNHKと沖縄マスコミを糾弾していますが、イラストによる兄弟の殺戮場面は迫力があります。


縁側さん

新聞報道だと島を自衛隊誘致には意見が島を二分していると報じていましたが、町議会の6人のうち5人が誘致賛成で、町長が賛成なら民意は賛成のはず。

町長選挙で、反対派を代表して立候補をせんげんしていた唯一の反対派町議も、支援者がいなく立候補を諦めたそうです。

結局テレビ画面に写る「大勢の反対派」は島外からきた投票権のない「プロ市民」であることがバレたわけです。

悔しかったら町長選挙に反対派候補を擁立してみよ、と言いたいです。

ネットの普及で新聞の思惑通り世論操作が出来なくなった絶好の例でしょう。(笑)

誤情報予告 (ni0615)
2009-07-18 12:26:42
狼魔人さん こんにちは
上網くださった櫻井よしこ氏エッセイ、読ませていただきました、有難うございました。

私がこれを必読だと思ったのは本エントリーに貴兄が「予告」をなさったからです。

~~~~~~(引用開始)
週刊新潮には星氏が沖縄タイムスに曽野綾子氏のある神話の背景』の書評を依頼された際に被った、衝撃の言論封殺が告発されていると聞く。

詳細は同誌記事に譲るが、沖縄タイムスは原稿依頼の際「強く批判してくれ」と星氏に強い圧力をかけたが、星氏がタイムスの圧力に多少は応じながらも、自身の調査も参考に公平な視点で原稿を書いたら、タイムス側に大幅に書き変ええらた。

星氏は書き変えられた原稿に不本意ながら納得し、掲載を受諾したが結局原稿はボツにされ、以後その原稿が日の目を見ることはなかったという。
~~~~~~~(引用おわり)

しかしながら残念なことに、このように貴兄がお書きになった「予告編」の内容は、櫻井氏の「本編」には全く存在しません。

狼魔人さんは、「・・・が告発されていると聞く。」と仰っていますが、「予告編」はどなたからお聞きになったのでしょうか? 櫻井さんからでしょうか? それとも、星氏もしくは上原氏から「お聞き」になったのでしょうか?

いずれにしても、誰が狼魔人さんに「聞かせ」たかは知りませんが、もしガセネタなら、それを貴兄につかませるとは不届き千万ですね。

案の定、
>星氏は書き変えられた原稿に不本意ながら納得し、掲載を受諾したが結局原稿はボツにされ、以後その原稿が日の目を見ることはなかったという。

こんなウソを「予告」は言っています。星さんの原稿が1973年のものなら、それは日の目を見ていますよ。

狼魔人さんのように著名になったブロガーには、怪しげな情報源も御器振りのように寄って集ってくるのですね。間違いをご訂正くださるようお願いするとともに、是非これからは読者の為にも、厳に情報源をご峻別してくださるよう、臥して言上申しあげます。
Unknown (狼魔人)
2009-07-19 08:10:16
ni0615さん

おやおやこんなところまで。

うっかり見落とすとこでした。(笑)

それにしても熱心なるご愛読?には管理人としては御礼を申し上げます。

長々と引用の通り「・・・・聞く」としてありますが、どなたから聞いたか白状しろとでもいうのですか?

大きなお世話で一々あなたにご報告するいわれはありません。

それをゴギブリ情報と口汚く罵るのはあなたの勝手ですが、当欄を汚す目的なら大きな迷惑です。 何度も言いますがお仲間のブログで精精悪口を言い合ってください。

そうもうひとつ、ゴギブリ情報が何故週刊新潮に掲載されなかったかって?

さ~、櫻井よしこさんに聞いてみたらいかがですか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
読書好きの私が書評しちゃってます! (読書好きの私が書評しちゃってます!)
書評に関する情報サイトです。 よろしければご覧ください。