狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

米軍基地の現場から、ネット復活しました

2010-02-23 08:17:23 | 普天間移設
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

昨日2月22日、約三週間振りに、やっとネットがつながりました。

長年利用していた某地元プロバイダーを当てにしてギリギリまで待ったのが徒となって、新規プロバイダーに切り替えたたら結局3週間のネット無し生活となった次第。

その間は時々ネットカフェ難民となって、一週間分程度まとめて時間差更新をしたことは前にお知らせしたとおりです。

そのため記事の鮮度が落ちて、皆様にご迷惑をおかけしたことをこの機会を借りてお詫びいたします。

また過去記事等の予約エントリーでお付き合い戴き、コメントまで頂戴した読者の皆様には深く御礼申し上げます。

長期間ネットを遠ざかっておりましたが、その分今後は張り切ってエントリーしたいと思って頑張りますので変わらぬ応援お願いいたします。

自公が応援した長崎県知事が圧勝し、国民の怒りが心頭という結果なのでしょう。

2月28日は、問題の石垣市長選ですが、これまで大浜市長を支持していた公明党が新人の中山候補の支持に鞍替えし、自民、公明vs民主、社民、共産、社大(ローカル党)という戦いになって、長崎県知事選と同じ構図になっています。

当日記は、ネット復活と同時に大浜市長5選を阻止するため、中山候補を応援して行きたいと思います。

                     ◇

ほかにも、今朝の沖縄タイムス社説は長崎県知事での民主党推薦候補の大敗を取り上げ、「[民主党敗北]新政権が漂流し始めた」というタイトルで民主党批判を展開している。 縁側さんのコメントにもあるように、最近の沖縄タイムスは一体どうしちゃったのだろうか。 

折角、ブログネタにするため琉球新報から切り替えたのに、当日記と同じ主張の社説を書かれたのでは困惑してしまう・・・。

                    ◇

さて、体勢を立て直して、沖縄タイムス2月15日付特集記事より、「辺野古反対」は「見返り金約1000億円の喰い逃げ」と言う話題を。

稲嶺新名護市長や「辺野古反対派」は、既に支払済みの国民の血税約800億円を国庫に払い戻してから反対すべきである。


安保改定 米軍基地の現場から

『基地とリンクしない振興策を考えていく

国内外から注目を集めた1月の名護市長選。 米軍普天間飛行場移設に反対の稲嶺進氏は、空き店舗が目立つ商店街での演説でそう訴え続け、勝利した。 

稲嶺氏が指摘する「基地とリンクした振興策」とは、1999年に政府が普天間飛行場を受け入れた名護市を含む本島北部一帯の自治体を対象にした「北部振興策」だ。過疎化が進み、中南部より振興が遅れているための経済基盤整備と政府は説明したが、実際は普天間受け入れの「見返り」であることは明白だった。 

当時は10年間で1000億円を拠出する予定であったが、実際は8割弱に止まった。 名護市には230億円が投入され、多くがハコ物建設に消えた。 

市の2005年度失業率は12・5%。2000年度より2・5%悪化した。市民一人当たりの年間所得は1999年度の202万円から2006年度には188万円と14万円も減った。現在、商店街の空き店舗率は20%近いとされる。

「振興策」の効果を実感する市民は少ない

普天間移設が浮上した1997年前後から市の基地関連収入が増加、2001年には90億円を超え、歳入全体の3割近くを占めた。国策の「アメ」が地方自治に染み込んだ。

「過去10年で大施設がどんどん完成するのを見て名護も発展していると信じていた。しかし、店の売り上げは落ちる一方で地域から人の姿も減った」

そう振り返る自営業の山城義和さん(55)。地域振興のための基地受け入れは仕方がないと考えていたが、今回の市長選で初めて基地反対の稲嶺氏に投票した。振興の効果を実感できなかったためだ。

中部の北谷町で1980年代に返還されたハンビー飛行場(約43㌶)やメイモス

カラー射撃場(約23㌶)は、若者が集まる人気の商業地に変身した。町の算出ではハンビー跡地は91~2002年の間に約1700億円、メイモスカラー跡地は1996年~2002年の間に400億円の経済効果を生んだ。

地域事情に違いがあるとはいえ、北谷町の例は基地経済からの脱却が夢物語ではないことを証明した。

基地に頼らない振興策をどう打ち出すかは容易ではないが、新生名護市にとって最大の課題といえる。

 

                     ◇

国民の生命と財産を護るため同盟国アメリカと交わした日米安保の基に設置された米軍基地。 

地域住民の反対があるからといって、米軍基地を産廃場や原発とを同じ土俵で論じる愚かさはさておいても、反対する住民に対して国ができる唯一の補償が「迷惑料」としての金銭補償であることは論を待たない。 

これは自治体の都市計画による立ち退き料に相通ずるものがあるが、国や自治体にとっては反対する住民の声が大きければお大きいほど補償額が大きくなるというジレンマがある。


普天間基地は住宅密集地に隣接しているという理由で、とにかく普天間住民を危険から緊急避難させるというのが、普天間移設の発端であった。 日米合意は14年にわたる日米の模索の結果辺野古決着をしたはずだった。

だが、当然のように起きてきた辺野古反対派の意見には当初の普天間住民の緊急避難の視点が完全に欠落している。


辺野古に決定した時名護市のある沖縄北部地域には10年間で1000億円が「迷惑料」として約束され、その80%以上は既に支払われているという。

上記引用の沖縄タイムス記事では名護市内のシャッター通りの写真を載せて、基地関連の収入があっても名護市の経済には何の貢献もしておらず、むしろ以前より雇用率等の経済指数は悪化しているとしているといった印象操作記事を書いている。

いやむしろ1000億円近くの収入があったため、それが住民に害毒を与えたかのような印象さえ与えている。

だが、駐車場のない旧市街地が、近隣の駐車場完備の大型店に客を奪われシャッター通り化していくのは何も名護市に限ったことではなく、全国いたる所で見られる現象である。

名護市の旧市街の凋落振りとは対照的に、名護市北部の為又(びーまた)界隈の国道沿いにはジャスコや地元の大型スーパーサンエーを筆頭に、ガストやマクドナルドといった大型外食産業が軒を連ね、旧名護市街の閑散とした風景とは対照的に別世界のような賑わいを呈している。

このような駐車場のない旧市街地に比べて近隣の駐車場つき新開地が賑わう例は、かつて殷賑を極めた沖縄市に対する、泡瀬地区やうるま市、或いは国際通り地区に対する新都心おもろ町といったように時代の流れを反映して地域の栄枯盛衰がありうる。 

名護市の旧市街地のシャッター通り化を専ら基地関連収入のせいにするのは見当違いであろう。

又上記タイムス記事では解放された米軍基地の成功例ととして茶谷町の例を挙げているが、

確かに北谷町のハンビー飛行場跡地の商店街はオープン当初地元の若者を始め観光客も含めて、大盛況の感があった。

だが、那覇の新都心が解放され、うるま市が積極的に大型店を誘致し始めた昨今では、日祭日には賑わうこともあっても、平日は人通りもなく閑散とし、転廃業する店も続出している。

結局、米軍基地を解放しても大型スーパーやコンビニ、居酒屋やファミリーレストランしか誘致できないようでは同じパイをよりり多くの競争者が奪い合うことになる。 米軍基地を解放すればするほど共食い状態になるのが目に見えている。

つまり基地の「迷惑料」をもらっても持続的経済効果を期待できないというのは、資金を運用する住民側の問題と、今日本全国を覆っている不況の影響であり、基地の見返り金であるが故に経済効果がないという主張はいいがかりといわれても仕方がない。金に印がついているわけではなくそれを使いこなす側の資質の問題なのである。

ちなみに上記記事にある「北部振興策」とは1999年12月、名護市の米軍普天間飛行場受け入れ表明を受けて閣議決定した基地の「迷惑料」であり、

10年間で総額1000億円投じる計画で、その80%は辺野古移設の前に、すでに支払い済みである。

2006年に同閣議決定は廃止されたが、北部振興策は地元の要請(沖縄の思い)で続行され、期限切れが迫った09年、鳩山政権は当面の継続を決め、今後も例え移設先が県外移設でも支払われるという。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国の国防戦略見直しQDR | トップ | 【最終章】オカッパの少年の正体 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝!復活 (ヒロシ)
2010-02-23 08:49:43
狼魔人様、おはようございます。
ネット環境の復活、おめでとうございます。

箱ものだけではだめで結局は「人」をどう集めるかということですよね。
米軍誘致が一番簡単だと思いますが「基地反対」を叫んで当選したから難しいですね。
実は最初から受け入れるつもりで鳩山内閣と密約が有ったりして、、、

これからもよろしくお願いいたします。
ご挨拶 (左近尉)
2010-02-23 13:18:16
『中韓を知りすぎた男』さんのコメント欄をみてお邪魔しました。

沖縄は風光明媚で海がきれいですネ。

もう一度行ってみたいのですが

景気回復しないので、おアシがたりません。
あるブログより (太平山)
2010-02-23 18:03:08
狼魔人さま

ご無沙汰しております。1年半ぶりでしょうか。ランキングが段々下がって50位を切るかと心配しました。復帰して何よりです。安堵しました。石垣市長選や普天間基地問題も控えており、数少ない沖縄からの情報発信局としてますますこのブログの重要度は増しています。御身大切にし、御健闘、御活躍を祈って已みません。

話は変わって、例の「中韓を知りすぎた男」のブログですが、沖縄の若いもんもなかなかやるではないかと感心しています。沖縄の団塊の世代や50代にはもう期待はできませんが、20代、30代には期待はできそうです。何も保守的な事でなくてもいい、基地反対であってもその思いや考えを述べればいいのですね。反論を恐れずに。

沖縄のごく普通の人達、一般の人々からの声が少なすぎました。琉球新報や沖縄タイムスに投稿するだけでなく、このようにネット社会の政治ブログにもどんどん投稿して欲しいですね。黙っていては誤解を受け偏見を持たれるだけです。本土にいる沖縄出身者だけではなく、地元沖縄の若者達も奮って発言してもらいたいものです。期待しています。

太平山
Unknown (縁側)
2010-02-23 19:16:27
狼魔人さま こんばんは

ネット、よかったですね。

さて北部振興策ですが、800億使ったようですが、実は表向きの話で、その倍、つまり1600億も拠出してるようですよ。あの「沖縄タイムス」の論説委員氏(名前はふせます)が、守屋元事務次官のお宅に訪問して、「北部振興策についておたずねします。毎年100億円の北部振興費ですが・・・」と切り出すと、「キミィ、100億じゃなく200億だよ」。「えっ?毎年100億のはずですよね?」、「いや~、私は毎年200億円の決済書類にサインしたよ」とのやりとりがあったそーです。いくら、沖縄タイムスでも論説委員の肩書き付けて嘘八百は言えないでしょうからね。じゃあいったいその金はどこに消えたんだ?不思議ですね。北部の首長やその他のステークホルダー連中も「世の中には言えないこともあるわな」ってとこでしょう(T_T)/~~~
Unknown (涼太)
2010-02-23 20:08:42
狼魔人様

まずは、ネットの復活、安堵しております。
引越しでネット接続が3週間もかかるなんて、おかしいですね。

普天間問題とは関係無しに、毎年補助金は出す。
これでは、先の名護市町選挙の争点が、ボケますね。勝利した稲嶺市長が言う、「名護市民の民意は移設反対」の根拠を失います。流石に国民新党の下地議員は、申し訳ないと思ったのか、最近は辺野古陸上案を持ち出しています。陸上案なら小沢幹事長が言う、美しい海を埋め立ててはいかん。とも合致します。基地が出来れば周りに必ず歓楽街が出来ます。小沢幹事長が買った原野も利用価値が出てきますね。小沢幹事長の訪米の話もあるようですが、利権のため、昨日は中国、韓国、明日はアメリカなのでしょうか。
大量の、拍手、ヤジだけが仕事の民主党議員を引き連れて、中国に行ったのも、過って自分を見捨てたアメリカへの牽制があったのかも知れません。




Unknown (狼魔人)
2010-02-23 22:16:55
ヒロシさん

ネット復活にこれほど日時がかかるとは思いませんでした。引っ越しても一日の欠落もなく配達したのが沖縄タイムスだったのは皮肉でした。

ハコモノ以外でも、例えば以前論議のあった「全島フリーゾーン構想」や現在橋下大阪知事が検討中の「カジノ構想」でも必ず左翼知識人が新聞とタッグを組んで反対するので何も実現できません。

彼らが主張するのは復帰前からバカの一つ覚えのように「観光と企業誘致」だけでは、どんなに金をつぎ込んでも消えていくだけです。

さすがに最近ではサトウキビとパイン産業の振興とは言う識者は消えましたが・・・。


何はともあれ今後ともよろしく。



左近尉さん

コメントありがとうございます。

早めに景気回復してオアシがたまるといいですね。

沖縄の海が待っていますよ。

又コメントください。



太平山さん

お久し振りです。

ネットが切れたおかげで、古い本をじっくり読む機会ができ、何事も塞翁が馬を実感しました。

毎日の更新に追われエントリ内容が希薄になるのを実感していましたので、ある意味いい休養にもなりましたし、おかげでネットカフェの体験もできました。(笑)

今後とも示唆に富むコメントを期待しています。



縁側さん

北部振興費が表向きの二倍支払われていたとは驚きですね。

それだけの大金を食っていながら「県内は許しません」とまるで日本の大統領にでもなったつもりの稲嶺名護市長の傲慢な言動には呆れますね。僅か1500表余の当選で沖縄の民意といわれたくないですね。

それにしても「消えた800億円」とは・・・。



涼太さん

ネット中断中も連日のコメント感謝です。

上記縁側さんのコメントにもありますが、反戦平和を叫ぶ首長と「消えた800億円」の関係を考えると興味深いですね。

いろいろありますが、とにかく小沢一郎を失脚させることが現在の日本にとって一番のクスリだと思います。

そうそう、数日後に迫った石垣市長選で現市長が五選をするようでは、沖縄の将来は真っ暗ですね。 政治の中枢では「政治と金疑惑」が地方では「政治と女疑惑」が大手を振ってまかり徹訳ですから・・・。
Unknown (涼太)
2010-02-23 23:37:08
狼魔人様

サラさんの投じた一石に、石垣市民の良心が問われていますね。鳩山総理、小沢幹事長にも言えることですが、金が有るから、力が有るから何をやっても許されるわけではないと思います。
民主党政権は、権利の濫用以外何もでも有りません。日本国民も民主党の偽善にやっと気が付いたみたいです。政治は外交、内政、経済を含めた総合力であり、金だけばら撒けばいい。ではないと思います。

狼魔人様、どうか無理だけはなさらないで下さい。
ブログは書きたいときに、書きたい事を書けばいいと思います。
Unknown (涼太)
2010-02-24 00:43:40
狼魔人様

過去、3期12年に渡る、移設賛成の市長時代も、反対派は日当貰って、反対、反対と叫び続けました。なら、今回の選挙は僅差で負けたかも知れないが、賛成派も堂々と賛成、賛成と発言すればいいと思います。
ただし、補助金で北部振興。今まで普天間一辺倒だった利権に、自分達も与かる権利はある。何でもいいと思います。自分のしっかりした考えをもつことです。でないと百戦錬磨のプロ市は論破できません。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
金をもらって民主党を擁護するコメンテーターリスト (ラサ#lhasaのブログ)
テレビに出てる政治評論家の連中が民主党擁護ばっかりな理由が判明しました。 マスコミ対策は万全って訳ですね? ●小沢一郎   政経研究会 講演謝礼 525,000円 H20.4.23 (株)オーケープロダクション (取締役小倉智昭所属タレント小倉智昭諸星裕室井佑月) 講...