狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

見ざる言わざる・・・沖縄の自衛隊差別

2012-05-06 07:05:43 | 県知事選

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 


沖縄、力強く船こぎ豊漁祈願 伝統の那覇ハーリー

 

伝統行事「那覇ハーリー」でゆっくりと港内を回る手こぎ船=5日午後、那覇市


 豊漁と海の安全を祈る沖縄の伝統行事「那覇ハーリー」で、竜をかたどった手こぎの船が速さを競うメーンイベントが5日、那覇市の那覇港新港埠頭であり、水しぶきを上げる勇壮なレースに見物客が「頑張れ」と声援を送った。

 伝統衣装をまとったこぎ手が歌いながら、ゆっくりと櫂をこいで回る「御願バーリー」に続いて、市内3地区の対抗戦「本バーリー」が実施された。鐘の音に合わせて力強く水をかき、全長14・5メートルの船が約630メートルのコースを勢い良く進んだ。

 初めて見たという札幌市の会社員犬伏健一さん(35)は「大人数で一致団結してこいでいて迫力があった」と話した。

2012/05/05 19:06   【共同通信】

              ☆

日本全国何処でも行われているお国自慢のお祭りの記事には、イデオロギーもクソ(失礼)もないと誰でも考える。

ところが異論を許さぬ「全体主義の島沖縄」では、伝統行事のハーリー競争にもイデオロギーを持ち込む。

昨日の地元テレビは上記那覇ハーリーの実況中継を、長時間にわたり放映していた。

実況を伝えるアナウンサーや解説者は、「見ざる言わざる聞かざる」の格言を徹底していた。

何を「見ざる言わざる」だったのか。

自衛隊の参加である。

実況アナウンサーや取材記者にとって、那覇ハーリーで力漕する自衛隊員の姿は、見ても見えない存在だった。

元々沖縄では自衛隊は那覇ハーリーに参加できなかった。

だが、全国的に自衛隊容認の世論が拡大していく中、沖縄だけがお祭りに自衛隊が参加するのを拒否しておれない。

そこで、10年ほど前から参加が認められるようになった。当たり前のことだが。

ところが自衛隊を蛇蝎のように憎悪する地元マスコミは労働組合の規約で、自衛隊の参加を記事にしたり名前を放送してはいけないと言う縛りを設けた。

「見ざる言わざる聞かざる」である。

事情を知らない某テレビ局のアナウンサーが、自衛隊の活躍を大声で放送してしまった。

これウォッチングしていた新聞記者がいた。

沖縄タイムスの吉田記者が「6分間の間に計16回も自衛隊を連呼する」のを聞いて怒りの記事を書いた。

筆者には吉田記者はその頃から既に発狂の兆しが出ていると思われるのだが、どうだろうか。

それがこれである。

(10)侵食する「軍隊(2008年6月28日 沖縄タイムス朝刊社会面)
「戦略うまく抵抗感除かれている」
市民に融合 一方で監視

 たくましい二の腕をした短髪の男たちが、上半身をいっぱいに使って櫂を漕ぐ。「さあ、どちらのタイムが早いか」。アナウンサーの実況が映像に重なった。

 今年五月の那覇ハーリー。海保や消防など、日ごろから体を鍛える職場に属する人々が参加する一般競漕Bの決勝レースは、陸海空の各自衛隊による三チームで争われた。

 チーム名には「航空自衛隊レキオウイング」などと、それぞれの隊名がはっきりとうたわれ、テレビの実況中継では決勝を伝える約六分間の放送中に計十八回、「自衛隊」が連呼された。

 「私たちの活動が理解された証しだと思う」。優勝した陸上自衛隊第一混成団(那覇市)は自信をみせる。那覇ハーリーには、最初は参加も認められなかった。「1CBシーサーズ」「陸自シーサーズ」とチーム名に徐々に隊名を出し、三年前から堂々と「陸上自衛隊第一混成団」と名乗り始めた。

 民間チームの舟のかじ取りや会場設営、大会運営の手伝い。有給休暇を取った隊員が自主的に汗を流す姿が、那覇ハーリーの実行委員会に徐々に認められてきた結果とみる。

 「民間企業はみんな社名で出場する。隊名を隠す方が不自然でしょう」。市民からの苦情などはなく「むしろ会場で激励を受けるくらい」と胸を張る。

 今年四月ごろ、県内の民放テレビ局各社に広告代理店から打診があった。「自衛隊の隊員募集のコマーシャルフィルム(CF)を、そちらで放送できないか」。各社とも「県民感情にそぐわず、公共の電波に乗せることはできない」と断った。

 自衛隊のテレビCFが県内で流されそうになったのはこれが初めてだ。

 県マスコミ労働組合協議会の宮城歓事務局長は「自衛隊の広報戦略のうまさで、沖縄でも徐々に抵抗感が取り除かれている」とみる。「報道機関は広告などの収入部門にまで食い込まれると、批判的な報道が難しくなる」と危機感を強める。

 柔らかな自衛隊のイメージを浸透させる一方、政府は今年五月、米軍普天間飛行場の代替施設建設に伴う海域の現況調査(事前調査)のための機器設置で、基地移設に反対する市民の活動をけん制する目的などで、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」を沖縄に派遣した。

 一月には、熊本で陸上自衛隊第一混成団と在沖米海兵隊第三師団が共同演習し、四月には嘉手納基地に暫定配備されていた米空軍のステルス戦闘機F22Aラプターと、沖縄の空自・南西航空混成団のF4戦闘機などと模擬空中戦を展開した。

 今月に入り、陸上自衛隊の情報保全隊が、市民の活動を監視している実態も明らかになった。

 それらから浮かび上がる自衛隊の姿は、まぎれもない「軍隊」だ。

 沖縄で自衛隊が存在感と軍事機能を増す中で、昔の日本の軍隊が沖縄で犯した罪が教科書から消されていく。

 今回の教科書検定問題について発言を続ける作家の目取真俊さんは、「対中国を想定した島嶼防衛のために、宮古・八重山地域をはじめとして自衛隊の強化が進められ、沖縄は米軍だけではなく自衛隊の拠点にもなろうとしている。今回の教科書検定問題と沖縄における有事=戦争態勢づくりは密接に結びついている」と指摘する。(社会部 吉田啓)=おわり

            ◇

ある種の言葉が放送禁止用語として、テレビ・ラジオでは自主規制するとはよく聞く話。

国の安全を守る職務の自衛隊が、沖縄のテレビ・ラジオでは、その名を連呼することも、その姿を映像で流すことも自主規制していた。 

いや、単なる自主規制だけではない。

マスコミ会社とマスコミ組合で「自衛隊は画面に出さない」という労使協定を結んでいるというから驚きだ。

つまり自衛隊は、沖縄では放送禁止用語だということになる。

>チーム名には「航空自衛隊レキオウイング」などと、それぞれの隊名がはっきりとうたわれ、テレビの実況中継では決勝を伝える約六分間の放送中に計十八回、「自衛隊」が連呼された。

中国人と同じ視点の吉田記者は、テレビの実況中継で六分間に計十八回も「自衛隊」が連呼されたことを、怒りに震えながらカウントいたのだろう。

それにしても、である。

自国の自衛隊が県のハーリー行事に参加するというのに、地元テレビが、画面に映像を出すのはおろか、その名を連呼するのを怒りに震えて批判する新聞も新聞だ。

一体どこの新聞なのだ。

と思って呆れていたら、おやおやこんなところでも。

中国を母国と慕う目取真センセが、脱清人のDNAを引き継ぐように中国の代弁をしてておられる。

対中国を想定した島嶼防衛のために、宮古・八重山地域をはじめとして自衛隊の強化が進められ、沖縄は米軍だけではなく自衛隊の拠点にもなろうとしている」

なるほど、これでは「琉球処分」の際、日本を嫌って中国に亡命した脱清人そのままの意見ではないか。

中国に軸足を置く目取真氏ならば、与那国に自衛隊を配備することも反対だろうし、石垣に同盟国の艦船が寄港するのも当然反対だろう。

過去に何度も引用したが、同じく脱清人の遺伝子を受け継いでいると思われるタイムス記者のコラムを紹介しよう。

◆ 沖縄タイムス
[大弦小弦]

 黄色軍艦がやってくる…。船体に黄色の龍の文様を描き、黄龍旗を掲げる清国の南洋艦隊は黄色軍艦と呼ばれたという。知人とこの話をしていたら、黄色軍艦が沖縄を侵略すると、勘違いして話がややこしくなった▼実際は逆で、明治の琉球人にとって清国軍艦は援軍だった。武力で琉球国を併合した明治政府に対し、琉球の首脳らは清へ使者を送って救援を求めている。そして、沖縄側はその黄色軍艦を待ちわびたのだった▼一八八六(明治十九)年に大迫貞清県知事が上申した「事変準備ノ件」が残る。清が軍艦を派遣するとの報に対し、政府派遣の知事は、対策十項目を提案。政府も北洋艦隊から戦艦九隻が派遣されると情報を得て、県に指示を出した▼日清戦争時にも清国の援軍は話題になった。それから百余年が経過し、あれほど待ちわびた援軍をも敵と間違うところに今の位置があるのか。林泉忠著『「辺境東アジア」のアイデンティティ・ポリティクス』は当時の言葉を紹介する▼「生きて日本国の属人と為るを願はす、死して日本国の属鬼と為るを願はす」。生きても死んでも日本とは一緒にならないという激しい決意。中国で死んだ幸地朝常が李鴻章へ送った書簡に残る言葉。歴史の反転は大きかったようだ▼百余年前はともかく、少なくとも最近の銃口や占領者を忘れてはいけない。境で揺れる島だからこそ、平和の選択肢を選び取る覚悟も必要だろう。(後田多敦)

ちなみに中国(清)に援軍を求めたのは琉球士族の一部であり、琉球士族の中でも、琉球王府で既得権を享受していた一部中国系士族とした方が正確であろう。 

沖縄タイムスコラムが言うように「沖縄」(明治の琉球人)全てが中国に援軍を求めたのではない。

それは現在の沖縄でも一部の親中国の知識人だけがが反日であるのを、あたかも沖縄人全体が反日であるかのようにマスコミが報じる状況と同じである。

                    ◇

ところで、沖縄のマスコミは本当に自衛隊をテレビ画面から締め出す労使協定を結んでいたのか。

単なる悪い冗談ではないのかという人もいる。

以下はその証拠を示す地元マスコミの「自衛隊憎悪」に関する過去エントリー「自衛隊は画面から消せ!」 沖縄テレビの労使協約よりの抜粋です。

<毎年、GWに開催されている「那覇ハーリー」という伝統行事があり、沖縄テレビではこの模様を中継しています。
那覇ハーリーというのは、簡単にいえば、学校や地域、会社などでチームを組んで参加するボートの競漕です。
この中継放送の際、出場した自衛隊の部隊名などがテレビ画面に露出したことに対して、組合は会社と団交を行ったそうです。

沖縄テレビでは「自社事業には自衛隊並びに自衛隊員は参加させない」との協定を組合と結んでおり、「ハーリーの中継や総集編などの放送では、宣撫工作に加担しないため自衛隊の露出について可能な限り控えるよう会社側に配慮を求めてきましたが、申し入れが守られなかったことは遺憾であり会社に抗議します」とあります。

1972年、沖縄返還とともに自衛隊が移駐した沖縄では、那覇市をはじめとする革新自治体が住民登録の拒否をした。

これにより、保護者の住民票が取れず生徒は事実上の入学拒否となった。(→参考:沖縄タイムス社説 2004年9月22日

又琉球大学のの夜間学部に入学した自衛隊員が学生や職員の入学拒否ピケにあい結局入学出来なかった例もある。

一方、自衛隊に偏見を持つ勢力に限って、沖縄では珍しくない「不発弾処理」は自衛隊に任せて知らん顔。

それを問うと、「自分達の先輩(旧日本軍)の後始末をするのは当然だ」と自衛隊員の決死の処理作業に水をかける。

上記労使協約書の存在は、図らずも、沖縄テレビが労使ともに日本軍、そして自衛隊に対して創業以来、言われ無き偏見を持ち続けていることを暴露してしまった。


復習の意味で「琉球処分」の概略を琉球新報の解説で。(煩雑と思う方はスルーしてください)

琉球処分 (りゅうきゅうしょぶん)
明治政府による琉球藩設置から分島問題の終結までをいう。明治維新にともない、1872(明治5)年、明治政府は〈琉球国〉を廃して〈琉球藩〉とし、廃藩置県に向けて清国との冊封関係・通交を絶ち、明治の年号使用、藩王(国王)自ら上京することなどを再三迫った。が、琉球が従わなかったため、79年3月、処分官、松田道之が随員・警官・兵あわせて約600人を従えて来琉、武力的威圧のもとで、3月27日に首里城で廃藩置県を布達、首里城明け渡しを命じ、ここに事実上琉球王国は滅び、〈沖縄県〉となる。華族に叙せられた藩王(国王)尚泰は東京在住を命じられた。しかし琉球士族の一部はこれに抗して清国に救援を求め、清国も日本政府の一方的な処分に抗議するなど、問題は尾を引いた。外交交渉の過程で、清国への先島分島問題が提案され、調印の段階まできたが、最終段階で清国が調印を拒否して分島問題は流産、琉球に対する日本の領有権が確定した。

                    ◇    

琉球新報は脱清人のことを琉球士族の「一部」と正確に表現している。

「琉球処分」とは、琉球王府の特権階級を処分したものであり、「琉球王府処分」と表現した方が正確である。

沖縄の知識人の中には、常に軸足を中国に置いて発言する人が多いのは、「琉球処分」の折、中国へ亡命をし損なった脱清人の呪いを現在に引き継いでいるからなのだろうか。

差別を声高に叫ぶ人ほど差別主義者である場合が多い。

沖縄マスコミの自衛隊への仕打ちは、差別であると思う方、クリック応援を。

参考:
「那覇ハーリー中継における自衛隊の露出についての抗議文」

脱清人の呪い? 沖縄の自衛隊差別

【おまけ】

石垣市民の読者よりのコメントです。

        ★

> Unknown (S里E利)
> 2012-05-04 17:39:44
> (続き)
> 最後に、この公開自慰動画(笑)の作成者について、手がかりとなる情報を1つ。

この汚らわしい動画の撮影場所は、
「石垣市教育研究所」も入所する「大濱信泉記念館」研修室の一室。
全国の早稲田大学を卒業された皆様の浄財等で建設された「大濱信泉記念館」、
不浄汚らわしい撮影場所に使われたこと、例えば秘密に「児○ポ○ノ」撮影もいいのか、
飲食禁止の利用規則は見たことがあるものの、撮影行為は利用規約違反ではないのか、
しっかり問い質す必要があると思っています。

いつも怒ってる八重山のもう一人の無政府主義者、壷中天地の大田○男さん、
怒りを噴火させ、怒ってくださいよ。「大濱信泉記念館」石垣教育研究所の研修室ですよ。
このような低レベルの寸劇をいい大人がしています。怒り心頭ものと思いますけれど。

ところで、ナシレーョン、
元石垣市教育長「江川三津江」女王様のお声と調子に似てますね。
あくまで視聴しての主観的感想です。

【追記】

下野さんの5/4の不連続線、元早稲田大学総長大濱信泉の「名言」
「明言」と紙新聞に書いたまま、また、本日休刊、WEB配信記事もそのまま。

今、2ちゃんねるを覗いて見ましたが、ブランキ八重洋一らの「不連続線」コラム、
全国ネット読者から、「めった切り」の書き込みのご様子ですね。

「南の方は知能が低い」と書き込む者あり、まったくもって「ブランキ八重」らの
不連続線コラムのおかげで石垣市市民らが誤解と迷惑を受けています。
これこそ「迷惑」というべきですね。

八重、上地、仲間らの毎日の知脳が、5、60年前の学生運動時代で思考停止したままの
「左赤化石脳」共産主義憧れ族の者らの問題なのです。

南の市民の知能の問題ではありません。地域住民は一般的に純朴すぎて人を疑わないのは、
現代にあってやや問題はありますが、まったくもって常識的なのであります。

全国の皆様、八重山毎日はク○紙新聞ですが、地域住民の知能の問題、
誤解なきよう、どうぞご理解ください。

それにしても八重山毎日の紙新聞の罪は重いですな。

   ★

 

※特報です!

祖国復帰40周年記念大会の入場料は学生以下は無料と決定しました!

■■沖縄県祖国復帰40周年記念大会についてお知らせ■■

政府や沖縄県は特定の限られた人々で復帰40周年の式典を行う予定です。

当然の事ながら、祖国復帰40周年は、県民あげ、国民をあげて祝うべきものと思います。

私共は、以下のように県内外の有志により、祝賀行事の実行委員会を立ち上げ記念行事を企画致しましたので、多くの方々の参加をお願い申し上げます。

◆日の丸パレード (自由参加)

5月12日(土)11時30分普天間宮集合 同45分出発⇒徒歩20分⇒宜野湾市民会館着

*小旗を用意しております。国旗の持参は大歓迎*300人程度の参加を予定しております。

 

◆記念大会 

5月12日(土)会場:宜野湾市民会館 

入場料:500円 会場1200席

     学生以下は無料!

オープニングセレモニー:13時30分 

県内外の有識者挨拶

特別提言:ペマ・ギャルポ桐蔭横浜大教授「我が祖国チベットと沖縄」

基調講演:津川雅彦(俳優)
       「日本人の誇り―沖縄県祖国復帰40周年を迎えて」

琉球・国まつり太鼓 若手30人による演舞

閉会16時

※祖国復帰四十周年記念大会 告知動画第二弾!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17645327

http://www.youtube.com/watch?v=2geSvyROrm4

◆祝賀レセプション

16時15分より

会場:ジュビランス(宜野湾市民会館向い)

会費:4,000円(検討中)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催:沖縄県祖国復帰40周年記念大会実行委員会

連絡先:波の上宮内 090-6831―0989 坂本まで

          Fax098(868)4219

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 略奪された「福建・沖縄友好... | トップ | 捨石か要石か、沖縄宿命論 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2012-05-06 09:25:44
狼魔人様


>>1972年、沖縄返還とともに自衛隊が移駐した沖縄では、那覇市をはじめとする革新自治体が住民登録の拒否をした。

これにより、保護者の住民票が取れず生徒は事実上の入学拒否となった。(→参考:沖縄タイムス社説 2004年9月22日)


酷い話ですね。
日本国民は、日本全国法律で同じ行政サービスを受ける権利があります。民主党が進める沖縄の一国二制度もまだ実施されていません。
まさに無法地帯ですね。
結局、極悪複合体は琉球王朝の特権階級たちが、姿を変え現代の沖縄社会に君臨していると思えば、理解しやすいですね。
ここは俺達のシマだと言わんばかりです。(暴力団が使うシマの意味です。)
やっている事は同じです。
沖縄県は全国一の失業率です。
その中にあって、米軍基地で生計を維持する基地従業員が約1万人。軍用地料、関連産業を含めるとその経済効果は約4千億と言われています。
沖縄県の予算が5千億前後ですから、大変な金額です。それは基地を抱える日本本土の都市も同じです。だからこそ全駐労の沖縄支部も、基地と共存共栄し、アジアの平和に貢献する仕事に誇りを持つ。と宣言したのだと思います。
自衛隊も、れっきとした国家公務員。県庁や教職員となんら変わりません。
沖縄の企業では、新人の礼儀作法の勉強に自衛隊に研修に行かせると言う話しも聞いたことがあります。辺野古のテント村で異性何とかと言う変なことやっている連中も、自衛隊で訓練すれば、少しは社会の役に立つ人間になるでしょう。
沖縄勤務時代に知り合った年配の方達も、米軍基地勤務で技術を習得したと発言していました。自衛隊とて多種多様の技術を教えていますし、何より沖縄の失業者対策にもなります。
私も技術講習会の、お手伝いをしていますが、自衛隊の方も沢山来ます。皆さん熱心で成績優秀ですよ。
国が国であるためには、軍隊が必要であるならば(もうほとんどの国民が自衛隊の存在を認めています。)、存分に能力を活用したほうが国益、地域益、個人益に叶うと思います。
確かに先の戦争で、沖縄が戦場になったのは悲惨な出来事であり、悲しいことです。
だからこそ、抑止力は必要なのです。
そして沖縄問題を考えたとき、諸悪の根源は自分達の犯した罪を全て日本軍に押し付けた人達が沖縄の指導層になっていることです。


那覇ハーリーの実況中継の一方で… (S里E利)
2012-05-06 17:23:06
狼魔人様


聞くところによると、その実況中継のあとに放送された、同じく那覇ハーリー会場からの生放送だった同じ局のとある番組では、沖縄の若手お笑いコンビが、那覇ハーリーに参加していた「海軍」について触れていたそうです。


この「海軍」が「自衛隊」をさすのか、あるいは「米軍」をさすのかは分かりませんが、この一件で言えることは、沖縄の若い世代は、「沖縄世論」という怪物が固執する、自衛隊・米軍に対する憎悪とは無縁の存在になりつつある、ということです。


さて、沖縄タイムスの吉田記者…、

沖縄の若手お笑いコンビが、那覇ハーリー会場からの生放送で「海軍」について触れましたが、この「海軍」が「自衛隊」か「米軍」かも分からないのに、彼等を自衛隊を賛美する心無い右翼勢力の一翼を担う者どもとして叩きますか?
Unknown (S里E利)
2012-05-06 18:18:18
さて、沖縄で自衛隊と言えば、昨今、下のような事件がクローズ・アップされていますね。

・格闘訓練中に死亡 自衛官遺族の支援会発足
http://www.qab.co.jp/news/2012041634988.html


事件が事件だけに「針小棒大」とは言えませんが、こういった事件をクローズ・アップするのも、沖縄から自衛隊に入隊するとこうなるぞといって、自衛隊に対する差別を煽りたいためなのでしょう。
日本の変脳左翼マスコミ対自衛隊 (町工場の親方)
2012-05-06 20:48:51
肝心なことをまるで報道せぬくせに、自衛隊を軽蔑し、イジメる腐れマスメディアの精神構造。

平成13年に出版された、
夏見正隆著・「僕はイーグル.2」、徳間書店、は、押井守氏が激賞していたように、実に面白い小説でした。

この本は、「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、の書き込みで10年ほど前に知りました。これがなければ決して読むことはなかったと思うと、あらためてインターネットの有り難さを感じました。

航空自衛隊、小松基地に所属する、F15・Jイーグル戦闘機乗りの若い二人の女性パイロツトを中心に、北朝鮮からの攻撃に対する、空自の防衛の物語が展開します。内容は非常に面白いものの、日本政府、関係諸官庁の実情に対する、ブラツクユーモアと言える、風刺がきつく、読んでいて可笑しさと同時にやりきれなさを強く感じさせられます。

また、中国、(=支那・中共)、韓国、日本のマスコミが激怒するような筋と描写も多く、もし「朝日、(チヨーニチ)、新聞」が書評をしたとすると、最近出た、前野徹氏の「亡国日本への怒りの直言」PHPと同じ、最悪の書、と決め付けるのは間違いないと考えます。

面白い部分は書けばきりがありませんが、
この中で印象深かった部分をご紹介いたします。これを読むと「チヤンネル桜」の開局がいかに大切なことかと、いうことを改めて感じます。

夏見正隆「僕はイーグル2.」第三章<西日本海TV>より徳間書店

・・・・・「でもさ、沢渡さん、小松基地を取材出来たのはいけれど、自衛隊員を少しほめ過ぎだって、デスクがいっていたよ」「ほめ過ぎ?」「うん、あなたが取材で留守の時、ラッシュを見て言っていた。自衛隊員というのは、何か一つ間違った存在として描かなきゃいけないのが業界のルールだって。ヒーローにしちゃいけないって」

「ねえ道振君。それ、おかしいとおもわない?」有里香は、缶を口から離して言う。「おかしいってーーうーん」有里香は日頃の疑問を吐き出すように、年下の道振カメラマンに「ねえ」と質問をぶっつけた。「ねえ。だって、日本の安全保障を担って、体を張っている人たちなのよ。なぜ自衛隊員たちを「何か一つ道を誤った人達」として報道しなくちゃいけないの?日本がどこからも邪魔されずに海外と取引して繁栄していられるのは、いられるのは、誰のお陰だと思っているの?

まさか周辺諸国が全部平和を愛する良い国ばかりだから、この国は戦争に巻き込まれずに済んでいるとでも言うわけ?自衛隊も安保も米軍も、騒音の元凶と税金の無駄遣いだから要らないとでも言いたいわけ?」「沢渡さん。まずいですよ」長身の道振は、声をひそめ「そんなこと言っちゃ駄目ですよ」と有里香にかがんで言う。「どうしてよ」口をとがらせる有里香に、道振は小さな声で、「いいですか。報道部員は、自衛隊をほめちゃ駄目です。「どうしてよ」

「昔からこの業界ではそういうことになつてるんです。いいですか、自衛隊をほめたり肯定したりすると、そこいらじゅうの市民団体とかPTAとかが怒りだして、ニュース番組のスポンサーの商品を集団で買わなくなるんです。」不買運動ってことーー?」

「そうです。報道の内容が原因で不買運動なんか起こされたら、民放のプロデューサーなんか、これもんですよ」道振は、自分の喉を掻き切る振りをした。

「僕だって、苦労してようやくTVの仕事につくことが出来たのに、そうなりたくなんかないですよ」あなただってそうでしょう?という顔で、道振は有里香を覗き込んだ。「沢渡さんも、もう少しおとなしくしたほうがいいかも知れませんよ」「じゃ、道振君訊くけどさ。この間の日本海のエアバス撃墜事件で、捨て身で旅客機を護ろうとして、撃墜されたパイロットのことどう思う?」、「どうって・・・・」「彼今ーー」口に出すと感情が高ぶるような気がして、有里香は思わず一呼吸する
「--かれは今、警察にあらぬ疑いを掛けられて、不当に拘束されているわ。命懸けで人を助けようとしたのに、業務上過失致死傷だなんて、ひどいと思わない?」「うーん・・・・。でも、しょうがないんじゃー」「どうして」「だって、自衛隊員に同情したら、この業界で干されちゃうかも知れないしーー県警のやることを批判なんかしたら、記者クラブから追い出されて記事も取れなくなっちゃうだろうし・・・・」

「--もういいわ」有里香は鼻をすすると、コーヒーの缶をゴミ箱にカンと放った。「仕事に戻る」と道振に背を向ける「あ、沢渡さん。一緒に食事しませんか」「「食欲ないわ。仕事する」・・・・

P.S.
自衛隊員住民登録拒否は、まったくひどい話でした。
しかし、当時沖縄県民の、あるお年寄りが゜、

「こんな馬鹿な話があるか!!」、と怒りの声をある新聞に投書したのを読んだ覚えがあります。

まともな常識のある人もいる、と嬉しくなりました。











この中で印象深かった部分をご紹介いたします。これを読むと「チヤンネル桜」の開局がいかに大切なことかと、いうことを改めて感じます。

夏見正隆「僕はイーグル2.」第三章<西日本海TV>より徳間書店

・・・・・「でもさ、沢渡さん、小松基地を取材出来たのはいけれど、自衛隊員を少しほめ過ぎだって、デスクがいっていたよ」「ほめ過ぎ?」「うん、あなたが取材で留守の時、ラッシュを見て言っていた。自衛隊員というのは、何か一つ間違った存在として描かなきゃいけないのが業界のルールだって。ヒーローにしちゃいけないって」

「ねえ道振君。それ、おかしいとおもわない?」有里香は、缶を口から離して言う。「おかしいってーーうーん」有里香は日頃の疑問を吐き出すように、年下の道振カメラマンに「ねえ」と質問をぶっつけた。「ねえ。だって、日本の安全保障を担って、体を張っている人たちなのよ。なぜ自衛隊員たちを「何か一つ道を誤った人達」として報道しなくちゃいけないの?日本がどこからも邪魔されずに海外と取引して繁栄していられるのは、いられるのは、誰のお陰だと思っているの?

まさか周辺諸国が全部平和を愛する良い国ばかりだから、この国は戦争に巻き込まれずに済んでいるとでも言うわけ?自衛隊も安保も米軍も、騒音の元凶と税金の無駄遣いだから要らないとでも言いたいわけ?」「沢渡さん。まずいですよ」長身の道振は、声をひそめ「そんなこと言っちゃ駄目ですよ」と有里香にかがんで言う。「どうしてよ」口をとがらせる有里香に、道振は小さな声で、「いいですか。報道部員は、自衛隊をほめちゃ駄目です。「どうしてよ」

「昔からこの業界ではそういうことになつてるんです。いいですか、自衛隊をほめたり肯定したりすると、そこいらじゅうの市民団体とかPTAとかが怒りだして、ニュース番組のスポンサーの商品を集団で買わなくなるんです。」不買運動ってことーー?」「そうです。報道の内容が原因で不買運動なんか起こされたら、民放のプロデューサーなんか、これもんですよ」道振は、自分の喉を掻き切る振りをした。

「僕だって、苦労してようやくTVの仕事につくことが出来たのに、そうなりたくなんかないですよ」あなただってそうでしょう?という顔で、道振は有里香を覗き込んだ。「沢渡さんも、もう少しおとなしくしたほうがいいかも知れませんよ」「じゃ、道振君訊くけどさ。この間の日本海のエアバス撃墜事件で、捨て身で旅客機を護ろうとして、撃墜されたパイロットのことどう思う?」、「どうって・・・・」「彼今ーー」口に出すと感情が高ぶるような気がして、有里香は思わず一呼吸する
「--かれは今、警察にあらぬ疑いを掛けられて、不当に拘束されているわ。命懸けで人を助けようとしたのに、業務上過失致死傷だなんて、ひどいと思わない?」「うーん・・・・。でも、しょうがないんじゃー」「どうして」「だって、自衛隊員に同情したら、この業界で干されちゃうかも知れないしーー県警のやることを批判なんかしたら、記者クラブから追い出されて記事も取れなくなっちゃうだろうし・・・・」

「--もういいわ」有里香は鼻をすすると、コーヒーの缶をゴミ箱にカンと放った。「仕事に戻る」と道振に背を向ける「あ、沢渡さん。一緒に食事しませんか」「「食欲ないわ。仕事する」・・・・





一つ穴の狢、チョーニチ・新報・タイムス。 (町工場の親方)
2012-05-06 21:22:41
先ほどの続きです。

「明日への選択」ーーー(日本政策研究センターの機関紙)、平成16年11月号、編集ノートより。

☆本号編集の最終段階で、新潟県中越地震のニュースが飛び子込んできました。・・・

☆テレビを見る限りでは、自衛隊がいち早く動き出しています。発生直後に偵察ヘリが飛び、先遣隊も派遣されたというのですから、過去の事例とは違うようです。

ただ、翌日の新聞を読んでおもしろいことに気づきました。読売などには被災者を救出する自衛隊ヘリコプターの写真が何枚も載っているのですが、朝日新聞にはたった一枚だけ。それも機体内部の写真ですから、写真説明を読まないと、どこのヘリかわからない。朝日は災害報道でもこういう偏向をやるようです。

自衛隊の活躍の写真は意地でも載せないぞ、という「朝日、(築地カルト・チョーニチ)」の、社是

<不偏不党の精神>、とやらがよく窺え、大いに哂えます。

※先ほどは書き込みの文章が重複し、失礼いたしました。
Unknown (東子)
2012-05-06 22:16:05
横路氏(社会党)が知事をしていたころ、野戦築城訓練中の自衛隊に対して市民が温かい飲み物を差し入れたことがあったのですが、それを社会党系の市議だかが公務員への利益供与だと議会で問題にしました。
そんな背景のもと、今の上田札幌市長は反自衛隊で、雪まつりの自衛隊参加を排除しようとしたのですが、自衛隊なしじゃお金かかりすぎるのを知って慌てて詫びを入れた間抜けです。
しかし、結局、自衛隊駐屯地にあった真駒内会場は2005年の第56回開催をもって廃止されました。
その後の雪まつり、札幌の最大と言っていくらいの観光資源なんですが、大雪像が減って前ほどの勢いがありません。
観客数も減ってきているようです。
自衛隊の協力無しでは開催できないので、雪まつりのサイト(http://www.snowfes.com/faq/answer.html)ででは、盛んに「陸上自衛隊」「陸上自衛隊の第11旅団を基幹とする北部方面隊」の単語を出して感謝(?)の気持ちをだしています。
北教組と社会党でぐちゃぐちゃだった北海道は、少しだけ変化してきました。
Unknown (宜野湾より)
2012-05-07 01:14:36
ドラッカーによれば、企業とは何かを決められるのは、商品・サービスに対して支払いの意志がある顧客だけ、故に企業の目的は「顧客の創造」であり、「利益の追求」であってはならないという。
もちろん利益が無ければ従業員と家族を守れませんから、顧客の創造による利益の追求なら立派な目的ということでしょう。
目的が「イデオロギーの追求」である場合はそこで「頭わるい」の一言で終了してしまうので、普通のビジネスで考えてみました。

テレビ局が「自主事業で自衛隊を禁句にする」と顧客を創造できると考えているとすれば、自主事業で自衛隊が参加し同時に禁句とされるものを積極的に増やすはずです。
しかし増やしている様子はないようですから、それが顧客の創造につながるとは考えていないのでしょう。
つまり自主事業で自衛隊を禁句にすることは顧客の利益になる、とは思っていないことになります。
それでも自衛隊を禁句にする協定には、「自主事業で自衛隊を扱うと自社の利益にならない」という前提があることになります。
これは会社と組合の協定ですから、双方同意であるわけですね。
顧客を彼方にやっても協定を結ぶほどの決意なら、自衛隊とは全く関わらない自主事業だけにした方が会社的にはよさそうです。

許認可制で数が限られたテレビ局ならば、「公共に利する」目的も陰に陽に強く求められる面があることに反対する人はいないでしょう。
ところがこのテレビ局は、近年だけでも阪神淡路大震災、新潟県中越大震災、東日本大震災、それに紀伊半島豪雨災害など幾多の大災害を報道しながら、沖縄県が激甚災害に見舞われた時に誰が助けるのかを想像もできないで、CMで流され番組スポンサードされる商品やサービスの価格に含まれる宣伝費を支払っている私たち顧客を思い浮かべられないで、自社と従業員が「占領軍に加担する」不利益を被りたくないって妄想で自衛隊は扱わないと宣言しているわけです。
そこに顧客の創造も公共の利益も愛郷心もありません。
頭わるすぎ。
それとも「スポンサーに配慮した」って言い訳します?
Unknown (涼太)
2012-05-07 01:26:18
狼魔人様

今、恵隆之介氏の「誰も語れなかった沖縄の真実」を読み始めました。
非常に面白い内容満載です。
何度も書きますが、嘘の歴史では嘘の将来しかありません。
「鉄の暴風」「沖縄ノート」が実証しています。
嘘で固めた歴史からは憎しみしか生まれません。
それが分かっているから、上原正稔さんも、恵隆之介さんも戦っていると思うのです。
この様に真剣に沖縄の将来を思っているから、きつい言葉も出てきます。
あえて苦難の道を歩む。この様な方達を見殺しにしたら罰が当たります。
平和、命が宝と言いながら利権に与る沖縄メディア、沖教組、自治労などの似非琉球王朝よりはるかに立派な行為です。
「誰も語れなかった沖縄の真実」は是非沖縄の方に読んで欲しい一冊です。
怖くて読めないなら話は別ですが。
永遠に被害史観に浸かる気なら読まなくていいでしょう。
Unknown (涼太)
2012-05-07 01:43:27
狼魔人様

エントリーとは関係ないですが、
沖縄南部から、フレッシュな青年が颯爽と登場しましたね。そう巨人の宮国投手です。
白銀堂のある糸満市の出身ですね。
沖縄県と言うとどうしても基地問題が中心で、基地の無い南部はどちらかと言うと地味な存在です。
宮国投手順調に成長して欲しいですね。
私が記憶に残っている南部出身のスポーツ選手はボクシングの平仲兄弟、重量挙げの平良選手ですかね。糸満高校も甲子園初出場を果たしましたが、動きが硬く明らかに緊張していましたね。
Unknown (S里E利)
2012-05-08 05:15:00
涼太様


>沖縄南部から、フレッシュな青年が颯爽と登場しましたね。そう巨人の宮国投手です。
白銀堂のある糸満市の出身ですね。


たとえが古いですが、まさしく“巨人の星”となった彼の今後の活躍には、期待したいものです。


その一方で、同じ糸満出身でも今後が全く期待できない、最初からだれも期待してない、“公開自慰動画”を撮って悦に浸っていらっしゃる変態老人もいるのです。

■江川義久
昭和19年、台湾・高雄生まれ。糸満小→糸満中、石中→八重高卒業後、富山大学へ進学。38年間英語教諭を勤め、退職を迎えた。

・【座談会】長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』
http://jaima.net/modules/readings/index.php?content_id=44


ちなみにこの変態老人、「チューゴク!チューゴク!」の迷言で知られていますが、その元ネタは、「ハテルマ・ハテルマ」だそうです。

あの、ケダモノ・ヒトラー教育長も犠牲者の1人だという、いわゆる“戦争マラリア”という、戦時中の避難先でのマラリアを、避難指示を出した旧日本軍のせいにする朗読劇だそうです。

■バガー島の今と未来「朗読劇「ハテルマ・ハテルマ」が伝えたかったこと」(島の未来を考える島民会議 共同代表・江川義久)

・月刊やいま 2010年12月号 NO.208
http://jaima.net/modules/guide6/content/index.php?id=142
Unknown (涼太)
2012-05-08 19:22:56
S里E利様

拙いコメントにご返事いただきありがとうございます。
歴史が好きで、沖縄勤務時代も休日は史跡、戦跡巡りをやっておりまして、その中でも白銀堂伝説の「イジヌインジーラーティーヒキ、ティーヌインジーライジヒキ。」と言う言葉は好きですね。
年甲斐も無く、いまだにエイサーの追っかけやっています。日本本土各地でエイサー愛好会などもでき、ここ関東でも独自に公演会などもやっています。
私は齢も齢なので見るだけです。あの激しい動きには付いていけません。沖縄勤務時代に買ったエイサーのCDは今も良く聞いて口ずさんでいます。もちろんウチナーグチで唄っています。意味も理解しています。
エイサー曲の名曲、海ヤカラーも糸満が舞台なんですね。ウミヤカラーロンドン、スーリエイヤーグァー。私は行ったことないですが、今度沖縄に行く機会があったら是非行きたいと思っていますが、今でも糸満にロンドンガマがあるそうですね。
そう、海ヤカラーは漂流したイギリス人と糸満娘の恋の物語なんですね。
話は飛びます。
沖縄出身の野球選手で印象に残っている選手は、巨人キラーの広島カープの安仁屋投手、ここ一番に強かった阪急ブレーブスの石嶺選手が印象に残っていますね。
宮国投手も、印象に残る様成長して欲しいですね。
甘いマスクですから女性ファンも増えそうですね。

リンクも読ませていただきました。
でも、今日はあえてコメントしたくありません。
あくまで、爽やかな宮国投手の話題ですから。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ネトウヨの言ったとおり (文句言いのたわごと)
ソフトバンクの詐欺師の孫は予定通り 韓国企業から大量に太陽電池購入を勧めているようです