狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

きのう第二次国連バトル勃発!我那覇vs山城

2017-07-16 05:40:36 | マスコミ批判

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

米軍基地反対運動をめぐり、6月にスイス・ジュネーブの国連人権理事会で演説した山城博治被告と我那覇真子さんが15日、那覇と浦添でそれぞれ国連報告会を開いた。

国連でバトルを演じた両者が偶然にも同じ日に沖縄で報告会を開くことになった。

それぞれの報告会を報じる今朝の八重山日報本島版の一面トップが面白い!

人権擁護者か

国連悪用か

山城被告「デマは撥ね返す」

我那覇さん「反基地派は非常識」

記事によると、「人権の擁護者」と紹介された山城被告は次のように述べている。

山城「機動隊が県民をなぶりものにして、お構いなしになぎ倒している。 (政府は)しゃしゃと合法的というが、私たちが抵抗すると獄につなぐ。どこに正義があるのか」

暴力・傷害・器物損壊など複数の刑事事件で起訴され保釈中の山城被告が、合法的に国連までやってきて、意見を述べることが可能なこと自体が、山城被告が主張する「人権や表現の自由を弾圧されている」という主張と矛盾していることに気がつかないのだろうか。

我那覇さんは、その矛盾点を次のように指摘している。

我那覇「『米軍基地の人権侵害に平和的に抗議活動を行っている』と最初から嘘。 渡航許可が出たこと。国連でスピーチできたのも驚きだ」

山城被告の報告会では山城被告に同行した沖縄タイムスの阿部岳記者が登壇して、山城被告の擁護をしたらしいが、この時点で阿部記者は記者としての役割を放棄し、山城被告と同じ違法な活動家に成り下がったことに気がついていないのだろうか。(阿部記者はジュネーブでの山城氏のシンポでも登壇して応援演説をしている。)

ちなみに山城被告を「人権擁護者」と褒め称えたのは阿部記者が書いた山城被告の「国連演説」特集記事の見出しに用いられていた。

阿部記者は、暴力行為を繰り返す凶暴犯を「人権擁護者」とは、一体どのような思考回路を持っているのだろうか。

仮に暴力犯の山城被告を非暴力主義者のマハトマガンジーや人権宣言のトマスジェファーソンに並べて人権擁護者に仕立て上げるつもりなら、世間はこれをブラックジョークと笑い飛ばすだろう。

産経新聞 2017.7.15 20:16

更新


我那覇真子氏「山城博治被告の演説は最初からうそばかり」 琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘

 

 6月14日にスイス・ジュネーブで開催された国連人権理事会でスピーチした「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表、我那覇真子氏は15日、沖縄県浦添市内で国連演説報告会を開いた。

 我那覇氏は、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告=傷害などの罪で起訴、保釈=が同じ舞台で「当局の人権侵害で抗議行動からの離脱を迫られた」と演説したことに対し「最初からうそばかり。スピーチができたこと自体、驚きだ」と批判。山城氏の発言のみを大きく伝えた琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘した。

 基地移設反対派とトラブルになった会社経営者で、我那覇氏に同行した依田啓示氏も「沖縄の事実を知っている人にはジョーク。事実を知らない世界の人々にうそを先に広めて染めようとしている」と非難した。

 報告会には仲井真弘多前沖縄県知事ら300人が参加した。我那覇氏は、会の活動を拡大、定着させるために「県民大会」の開催を計画していると発表した。

                                  ☆

 

沖縄県浦添市で国連報告会 我那覇真子氏「山城博治被告の演説は最初からうそばかり」 琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘 仲井真弘多前沖縄県知事も参加~ネットの反応「ちゃんと聞いとけよ馬鹿左翼」「そんなヒロジに騙されて」

 

 

沖縄県浦添市で国連報告会 我那覇真子氏「山城博治被告の演説は最初からうそばかり」 琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘 仲井真弘多前沖縄県知事も参加~ネットの反応「ちゃんと聞いとけよ馬鹿左翼」「そんなヒロジに騙されて」

 

沖縄県浦添市で国連報告会 我那覇真子氏「山城博治被告の演説は最初からうそばかり」 琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘 仲井真弘多前沖縄県知事も参加~ネットの反応「ちゃんと聞いとけよ馬鹿左翼」「そんなヒロジに騙されて」

 

沖縄県浦添市で国連報告会 我那覇真子氏「山城博治被告の演説は最初からうそばかり」 琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘 仲井真弘多前沖縄県知事も参加~ネットの反応「ちゃんと聞いとけよ馬鹿左翼」「そんなヒロジに騙されて」

 

ジュネーブで開かれた国連人権理事会での演説などを報告する我那覇真子氏(右)と依田啓示氏=15日、沖縄県浦添市(高木桂一撮影)

<noscript></noscript>

6月14日にスイス・ジュネーブで開催された国連人権理事会でスピーチした「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表、我那覇真子氏は15日、沖縄県浦添市内で国連演説報告会を開いた。

我那覇氏は、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告=傷害などの罪で起訴、保釈=が同じ舞台で「当局の人権侵害で抗議行動からの離脱を迫られた」と演説したことに対し「最初からうそばかり。スピーチができたこと自体、驚きだ」と批判。

山城氏の発言のみを大きく伝えた琉球新報と沖縄タイムスの偏向報道ぶりを改めて指摘した。

基地移設反対派とトラブルになった会社経営者で、我那覇氏に同行した依田啓示氏も「沖縄の事実を知っている人にはジョーク。事実を知らない世界の人々にうそを先に広めて染めようとしている」と非難した。

報告会には仲井真弘多前沖縄県知事ら300人が参加した。我那覇氏は、会の活動を拡大、定着させるために「県民大会」の開催を計画していると発表した。

http://www.sankei.com/politics/news/170715/plt1707150017-n1.html

 

 

 

 

ネットの反応

 

 

そんなヒロジに騙されて

 

 

インターネットのおかげで琉球新報と沖縄タイムスの大嘘が全国にバレてるな
良い時代になったな

 

 

我那覇さん、応援しています。
沖縄の中国アカ新聞に負けないで!

 

 

あの朝日新聞が「右翼の新聞」だ、と糾弾される沖縄! こえぇぇぇぇぇ・・・

 

 

国民vsマスコミ

 

 

ちゃんと聞いとけよ馬鹿左翼

 

 

【おまけ】

中国、共産党への異論許さず=自己正当化に終始-劉暁波氏死去(7/14時事)
 【北京時事】ノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が末期がんであることが明らかになって以降、中国当局は適切な治療を行っていることを重ねて強調し、自らの正当化に終始した。
 欧米を中心に国際社会が求めた即時釈放と海外での治療は結局認めず、共産党による一党支配に異論を表明し続けた劉氏を最後まで許すことはなかった。
 遼寧省監獄管理局は6月26日、劉氏が肝臓がんと診断され、病院に移されたと唐突に発表。その後も入院先の病院がホームページで病状を伝えるなど異例とも言える広報態勢を取り、7月8日には米国とドイツの医師の診察も受け入れた。
 中国当局のこうした対応の背景に、習近平国家主席の訪独日程(7月4~8日)があったのは間違いない。欧州連合(EU)欧州議会は6日に劉氏の即時釈放を求める声明を採択し、習氏に圧力をかけていた。秋に習指導部の2期目の人事を決める党大会を控え、「国際社会の批判がさらに拡大し、外交面での失点となる」(外交筋)ことを懸念、表向きは柔軟な姿勢を示したとみられる。
 しかし、中国側の発表内容には、不信の目が向けられた。劉氏は5月末の検査で異常が見つかり、6月7日に肝臓がんが全身に転移していると診断されたというが、劉氏の支援者からは「突然、末期がんなんておかしい。わざと治療を遅らせた」などの批判が相次いだ。米独の医師による診断をめぐっても、病院は「劉氏が国外に行っても良い(治療)方法はないと述べた」と両医師が現状を追認したかのような発表をしたが、両医師は直ちに声明で「劉氏の海外移送は可能」と反論した。
 こうした対応には「中国は自ら中途半端な対応をして国際社会の関心を拡大させてしまった」(日本政府関係者)との見方も出ている。
 中国外務省は連日の記者会見で、劉氏の出国を認めるかどうかをただす外国メディアの質問に「個別案件を利用して中国の内政に干渉することに断固反対する」とのコメントを繰り返すだけ。関連するやりとりは同省のサイトに掲載せず、国民には知らせようとしなかった。 


                  ☆

中国当局が劉暁波氏に行った対応は絵に描いたような「人権弾圧、表現の自由の弾圧」そのものである。

14日付沖縄タイムスは、劉暁波氏を「弾圧に負けぬ信念の人」と褒め称えているが、同じ日付の記事で山城被告の国連報告会の記事を掲載している。

劉暁波氏と山城被告の両者に共通するのはそれぞれ「(政府に)人権と表現の自由が弾圧された」と沖縄タイムスが主張する点だ。

沖縄タイムスが山城被告を劉暁波氏と同じレベルの人権被害受けた人物と考えて「人権擁護者」の称号を献上したとしたら、・・・・。

いくらなんでも、それほど常軌を逸してはいないでしょう。

ブラックジョークか褒め殺しでしょう。

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計騒動が終了! 京産大が会... | トップ | 米軍基地統合 防衛省、8月... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amai yookan)
2017-07-16 09:12:31
「タイムス=山城応援団」が顕になってきましたね

こうなったら恥も外聞もなくなってきた。

今年ほど「マスコミの正体バレバレ・おまけに平気の平左って態度」が顕著になってきたよーだ

これって「マスゴミの終焉・最後のあがき」のよーだ。が。


          
Unknown (東子)
2017-07-16 09:19:50
>今朝の八重山日報本島版の一面トップが面白い!
>人権擁護者か
>国連悪用か
>山城被告「デマは撥ね返す」
>我那覇さん「反基地派は非常識」

記事の写真をあげておきますね。
https://pbs.twimg.com/media/DEzwXmYUQAAxlD7.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DEzxTl2U0AAXjPR.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DEzxTl2VYAAunPh.jpg

紙面の構成は、まさに両論併記。
Unknown (東子)
2017-07-16 09:21:05
長年、狼魔人さまが訴えてきた「反基地無罪」が、我那覇嬢によって、糾弾されている。

我那覇嬢は山城被告を非難できるが、山城被告は政府の弾圧を非難するばかりで、我那覇嬢を非難できない。
それは、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」が、「辺野古、高江賛成」と言っているのではないから。
タイムス、新報の偏向記事を糾弾しているだけだから。

だが、「辺野古、高江反対」派は、タイムス、新報の偏向記事に支えられているから、痛い。
痛いけれど、「辺野古、高江賛成」と言っていないので、彼等の最大にしてそれしかない武器、「平和」だの「人権」だの「差別」で対抗できない。
彼等の主張が非難されているのではなく彼等の闘争方法が非難されているだけなので、「平和」だの「人権」だの「差別」で対抗できない。


>報告会には仲井真弘多前沖縄県知事ら300人が参加した。

仲井真前知事が落選したとき、「マスコミにやられた」とおっしゃった。
仲井真前知事は公約を破っていないのに破ったとされ、稀代の悪者にタイムス、新報にされた。
知事選のころ、仲井真前知事は公約を破っていない、翁長氏の主張には矛盾があると、一生懸命コメントに書いたころからすると、隔世の感あり。


>我那覇氏は、会の活動を拡大、定着させるために「県民大会」の開催を計画していると発表した。

「県民大会」いいですね!
「県民大会」はサヨクの特権じゃないわ。
Unknown (東子)
2017-07-16 10:02:46
池田信夫氏と同じ疑問を持っている者は、

「【二重国籍】池田信夫「問題は国籍選択してない違法状態のまま「生まれも育ちも日本人だ」と嘘をついて3回も選挙に当選したこと」 2017/07/16」
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-37271.html


「国籍選択の宣言日」を知りたいだけなのに、

「【二重国籍問題】自民・小野田紀美議員「戸籍謄本には重国籍者の表記が何もなく、スパイ送り込み放題」「国籍法違反でない証明、戸籍謄本でのみ可能」 2017年07月16日04:00」
http://www.honmotakeshi.com/archives/51701851.html

「自民党・小野田紀美「戸籍謄本には【重国籍者であることが分かる表記が何もありません】。国籍選択の義務を果たして初めて重国籍であった事が表記されます。スパイを送り込み放題の仕様になっています」 2017年07月15日12:58」
http://hosyusokuhou.jp/archives/48797024.html


戸籍謄本の公開は「血」の公開になると論点すり替えが出てくると、産経と同じ気持ちになるだけ。

「【メディア】蓮舫氏の戸籍公開めぐり新聞バトル 朝日「あしき前例」⇒ 産経「この指摘こそ勘違い」 2017/07/16」
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-37267.html


池田信夫氏と同じ疑問を持っている者の声を報道から抹殺しても、疑問が消える訳ではない。
寧ろ、なぜ抹殺するのかと、別は疑問が湧く。
Unknown (東子)
2017-07-16 10:03:08
「【加計騒動】アホの民進党議員「京産大と京都府知事、なぜ今発言…何か水面下で蠢いているのでは」 2017年07月15日23:45」
http://www.honmotakeshi.com/archives/51701019.html

被害者と言われている人達に取材しない、しても記事にしないから、自分たちで発信し始めたんでしょ。


「【加計】加戸氏「多数取材があったが、都合のいいとこはカットされた。」メディア批判…報道しない自由 2017年07月11日」
http://ksmworld.blog.jp/archives/1066665379.html


「朝日と毎日は「ゆがめられた行政が正された」の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず 2017.7.12 07:06」
http://www.sankei.com/politics/news/170712/plt1707120010-n1.html

>衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査から一夜明けた11日の朝刊各紙は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言を大きく取り上げた。
>一方、国家戦略特区として獣医学部設置が認められたことに関し「ゆがめられた行政が正された」などと文部科学省の過去の対応を批判した加戸守行前愛媛県知事の発言については記事で取り上げないところもあり、報道の“印象操作”が浮き彫りとなった。


「【加計/閉会中審査】産経「朝日毎日、加戸前愛媛県知事の『ゆがめられた行政が正された』などの発言を翌日の朝刊で取り上げず」 2017年07月12日14:25」
http://www.honmotakeshi.com/archives/51678554.html
Unknown (東子)
2017-07-16 10:03:30
山城博治氏ら国連報告会は報道しても、同じように国連で発言した我那覇嬢の報告会を、タイムス、新報は報道していないらしい。
「らしい」というのは、私は、無料の電子版しか見ていないので、紙面で報道しているかどうか、分からないから。
だが、ネットの書き込みでは、していないと。
だから、「らしい」。

「報道しない自由」で、封じ込められる時代は、去った。
「報道しない内容」と共に「報道しない自由が行使されている」ことが、広まる。

「報道しない自由」は武器ではなく、弱点になった。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2017-07-16 10:46:08

オピニオン面に一般投稿9本(児童生徒の「ぼくも私も」など除く)。

「不遜な首相に レッドカード」の糸満市・岸本定政さん(69)は、1月6、27日、2月15日、3月8、26日、4月19日、5月1、15、25日、6月1、10、18、23日、7月6日に続き今年15回目の掲載。
「沖縄戦の真実 全て描かれず」の南風原町・知名克尚さん(49)は、2月7日、3月17日、5月5日、6月6日に続き今年5回目の掲載。
「『モアナ』から 人生のヒント」の八重瀬町・山内真由美さん(36)は、2月9日に続き今年2回目の掲載。
「『平和の一首』 迷いつつ挑戦」の那覇市・藤林清子さん(63)は、1月29日、2月23日、5月14日に続き今年4回目の掲載。
「大田氏の功績 次世代に継承」の鳥取県米子市・服部直記さん(69)は、3月2日、5月19日、6月13日に続き今年4回目の掲載。
「地域の昔話に もっと学ぼう」の糸満市・玉城聡さん(54)は、2015年7月21日以来の掲載。
「深夜の爆音 安眠を妨害」のうるま市・平良眞知さん(66)は、昨年7月13日以来の掲載。
「小児病棟から 生きる力学ぶ」の那覇市・松原須奈子さん(69)は、1月20、31日、5月3日、6月16、20日、7月2日に続き今年7回目の掲載。
「読老連ゲートボール大会」の読谷村・大城正憲さん(74)は、1月1日、3月6日に続き今年3回目の掲載。
 
カギカッコは投稿欄における見出し。

Unknown (東子)
2017-07-16 14:47:36
「米軍基地統合 防衛省、8月から施設整備 普天間も一部先行返還 2017.7.16 08:26」
http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160005-n1.html

↑が進むと何が起きるのか。


「沖縄限定で新たな補助金制度 協力市町村に 米軍基地統合を促進 2017.5.14 09:40」
http://www.sankei.com/politics/news/170514/plt1705140015-n1.html

↑を利用して、沖縄市は、キャンプ・キンザー返還を進めるために牧港にある倉庫群の嘉手納弾薬庫地区に受け入れに協力し、多目的アリーナの建設や池武当のインターチェンジ整備を進める。


沖縄市の多目的アリーナは、

「アリーナ事業費170億円 沖縄市計画、来年末着工へ 2016年9月17日 13:52」
アリーナ 多目的アリーナ 琉球ゴールデンキングス 沖縄市
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-358910.html

>プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスのホームアリーナに位置付け、関連産業や周辺地域への経済波及効果を見込む。
>2016年度中に実施設計を終え、17年末に本体工事に着工、20年度からの供用開始を目指す。
>用途はスポーツイベントのほか、展示会やコンサートの会場、救援物資の搬入など災害活動拠点施設としても位置付ける。
>経済波及効果については、建設時で約270億円、供用開始後の初年度は約130億円を見込む。


そう、そう、2、3日前に翁長知事は、鶴保大臣にMICE建設のための一括交付金の使用をお願いに行きましたね。

「大型MICE施設、「必要性」一致も「財源」折り合わず 鶴保沖縄相と翁長知事が会談 2017年7月13日 08:35」
MICE 内閣府 鶴保庸介 建設・土木・開発 一括交付金
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/111983

>県は本年度に基本設計と実施設計を予定し、そのうち8割は一括交付金の活用を見込んでいた。
>だが、MICEの需要推計や収支見通しの根拠の説明を求める内閣府と、見通しの妥当性に理解を求める県の間で折り合わず、7月になっても交付のめどは立っていない。
>このため県は、MICE施設関連では初めて地元の古堅國雄与那原町長や上間明西原町長、沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長らも同行させ、沖縄側のニーズを国に改めて説明し支援を求めた。
>翁長知事によると、鶴保担当相は「雨天時もイベントができる全天候型の施設は必要ではないか」と施設の意義は理解を示した。


先日のAKB選挙で雨のため中止になったときの鶴保大臣の「雨天時もイベントができる全天候型の施設は必要ではないか」の言葉を頼りに、MICEができれば全天候の施設ができると、売り込んだ。
だが、結果は、意義に理解を示すだけで、「だから一括交付金を使って造れ」とは、言わなかった。

「MICEに一括交付金活用を要請 2017年7月13日 11時57分」
http://www.qab.co.jp/news/2017071392507.html

>鶴保大臣は、整備には賛成だとしながらも、具体的な予算措置には言及しなかったということです。


MICEの収益性が問題になっている。
初め県は、12年で黒字化。
それまでは赤字補てんに県税をつぎ込むと言った。
一括交付金はいっつかばら撒きでなく投資に性質を変えているので、県税をつぎ込むような施設は投資にならず、負の財産である。
その点を突かれた県は、試算しなおしたら12年を半分の6年で黒字化できると、国に返答。
それでも、5年赤字だ。
6年目が黒字でも、7年目が赤字かもしれない。
6年も,7年も経ってからでは、建設を進めた首長らが、そのまま首長であるとは、限らない。
赤字の責任を誰が取るのか、それもはっきりしない。

こういう懸念が、

「MICE施設「賛成の方だけでない」 鶴保沖縄相、整備巡り県に協議の継続求める 2017年7月15日 07:30」
MICE 国際会議 見本市 コンベンション 沖縄観光
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-535190.html

>鶴保庸介沖縄担当相は14日の閣議後記者会見で、
>MICEについて自身は基本的に賛成との立場を示しつつも、県財政のひっ迫など指摘する声があるとして「懸念に応え得るところまで熟しているかというと、今のところまだまだかと思う」と継続協議の必要性を強調した。
>県が想定する約4万平方メートルの施設規模について「今までの経緯を詳細に見直してみなければならない」と説明。
>「決意や体制が整っているかどうか、4万(平方メートル)になったことで問われていることを県に問うてみたい」と考えを示した。
>採算性や周辺整備の見通しなどで県と内閣府との認識にずれがあり、県が見込む必要経費に関する一括交付金の交付が決定されていない。

なんてこと↑があった矢先の沖縄市のアリーナ建設を確実にする「先行返還を実現」のニュース。
沖縄市のアリーナができれば、「雨天時もイベントができる全天候型の施設」は、十分ね。

全天候型の施設の需要は解決なので、MICE建設は、ますます採算性だけが問題になってくる。
Unknown (東子)
2017-07-16 14:48:16
経済波及効果、アリーナは初年度の約130億円を見込む。
他方、タイムス、新報に「MICEを建設しろ。一括交付金を使わせろ」の記事は見つかっても、初年度の波及効果の額が見つからない。
見つかるのは、12年目の波及効果だけ。
12年目ですよ、12年目。
こんな先、達成したかどうか、検証しようもない。
そして、12年も経てばリニューアルの時期。
後からできた同様の建物に対抗するには、リニューアルは必須。
リニューアル費用は、どこから出るの?
リニューアル費用を積み立てていっても、6年目に黒字になる?

沖縄県民が負の遺産を抱えないように、鶴保大臣ら政府関係者の危惧は伏せて、タイムス、新報は、
 基地再編に協力的な自治体のことはきいて、そうでな自治体のことは、きかない。
 政府は基地と振興費をリンクさせるなー!
 アメとムチだー!
と、加計学園のように、本質に何も迫らず安倍内閣打倒だけを狙って騒ぐ材料にしそう。
Unknown (東子)
2017-07-16 14:48:35
「米軍基地統合 防衛省、8月から施設整備 普天間も一部先行返還 2017.7.16 08:26」
http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160005-n1.html

>8月1日に開く予定の返還式典

翁長知事は、出席するのでしょうか。
ちなみに、翁長知事は、キンザー移転を容認している。


「キンザー移転を基本容認 翁長知事が桑江沖縄市長に示す 2016年8月8日 13:10」
嘉手納弾薬庫
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-331876.html

>米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)にある倉庫群の移転予定先とされる嘉手納弾薬庫を抱える沖縄市の桑江朝千夫市長は8日午前、県庁に翁長雄志知事を訪ね、補給地区の受け入れについての知事の見解を求めた。
>桑江市長は移転計画について、政府から正式に打診されて以降、基地周辺自治会への意見聴取や防衛局からの説明を踏まえ、受け入れを検討してきた経緯を説明した。その上で自身の「判断材料」として「知事の考えを聞きたい」と述べた。
>翁長知事は「嘉手納より南の返還・統合計画は基地負担の軽減、発展のために確実に実施されるべきだ」と述べ、計画を基本的に容認する考えを示した。

北部訓練場の返還を歓迎した数日後に、「反対」を表明した翁長知事ですから、1年も前の容認を、覆すことなんて朝飯前でしょうから、欠席する可能性もありますわね。
しかも、「先行返還」はMICE建設に不利だしぃ。

コメントを投稿

マスコミ批判」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL