狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

何時まで続く沖縄紙の黙殺

2009-08-01 07:53:59 | ★集団自決

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

 
1974年英国で制作された秘録第二次世界大戦の第22話、一億玉砕・日本銃後の記録から沖縄戦の集団自決に関する証言部分を抜粋
 
■沖縄二紙が『うらそえ文藝』を黙殺する理由■

「集団自決訴訟」は、昨年の大阪地裁で被告側勝訴の判決が出て、現在原告が上告中であるが、今年に入ってから最高裁の動きは見られず、しばらくこう着状態が続くと思われていた。

ところが5月に入ってから沖縄を震源地にした激震が走り、その余波は一気に全国を駆け巡ることになる。

その激震の経緯を追うとこうなる。

①5月11日、『うらそえ文藝』で編集長の星雅彦氏とドキュメンタリー作家の上原正稔氏が、その集団自決特集の中で、「集団自決に隊長命令はなかった」「沖縄タイムスは謝罪せよ」と告発した。

②6月9日、沖縄マスコミの黙殺に対抗して、星、上原両氏は沖縄県庁で記者会見を開く。

③県内マスコミが黙殺を続けるも、産経新聞と世界日報が「うらそえ文藝」の告発を報道する。

④6月中旬から下旬にかけて琉球新報と沖縄タイムスが、夫々宮城晴美氏と平敷武蕉氏を使って「うらそえ文藝」に反論を試みるが、そのピントはずれの論旨に良識ある読者の失笑を買う。

当日記でも宮城氏、平敷氏の両論に反論しておいたので、御一読を乞う。

世にも不思議な宮城晴美の論文 自著で論破される!

続・世にも不思議な宮城晴美の論文 木に竹を接ぐ目くらまし論

沖縄タイムスの反撃?「文化人」を使った姑息な個人攻撃

⑤7月に入るや、本土マスコミの週刊新潮、SAPIOが続々とご両人の告発を記事を掲載し、そしてチャンネル桜の映像取材により、「うらそえ文藝」の告発はネットを通じて一気に全国的に知られるようになる。

⑥その間、沖縄二紙が沈黙を守れば守るほど、沖縄マスコミの異常さが印象付けられる結果になった。

沖縄二紙があれほど致命的ともいえる告発を受けながら、まともに反論できないのには理由がある。

その理由とはご両人の告発は真実であり、沖縄二紙が主張してきた一連の主張が間違いであるからである。

「うらそえ文藝」の真実に対して捏造記事で真正面から立ち向かったら、新聞社の巨大組織といえども木っ端微塵に粉砕され、新聞社としての経営基盤さえ揺るがしかねない。

だとしたら、沖縄二紙が取りうる最良の手段は、ただひたすら沈黙を守る以外にない。

このように当日記が断定的に、『うらそえ文藝』の論調を肯定すると、きっとこのような疑念を持つ人が出てくるだろう。

「集団自決訴訟では、一審、二審とも原告敗訴ではないか」

「上告中とは言え、断定し過ぎではないか」と。

■高裁判決が認定したこと■

ここらで大阪高裁判決の意味と『うらそえ文藝』の主張を比較検証するとこうなる。

①大阪高裁判決では「集団自決で両隊長が命令を下した」という被告側の主張は、事実上否認された。 

より正確に記すと、両隊長が集団自決の命令を下したということは証明できなかった。 その意味では、両隊長の名誉は回復されたことになる。

②高裁で原告側が敗訴したのは、『沖縄ノート』などの出版停止と、大江健三郎、岩波書店の原告への謝罪等が棄却されたことである。

■教科書検定が認定したこと■

「集団自決訴訟」とほぼ平行して行われた「教科書検定意見撤回を求める」一連の運動が沖縄マスコミの扇動の下に全県的に行われ、

2007年9月29日に行われた「9.29教科書検定意見撤回を求める県民大会」は、実数は多く見積もっても2万前後であるのに、11万人という数字の底上げまでして政府に圧力を加えるという恥ずべき行為に及んだ。

11万人という捏造された数に政府首脳も一時は動揺したが、数で歴史の記述を決める愚かさを察した文部省は、結局「11万人集会」の不当な要求を拒否した。

そして教科書から「軍命令」は削除されるとiうことで決着した。

こうしてみると、司法である大阪高裁の「隊長命令」の判決と、行政サイドの「教科書検定意見」の「隊長命令」への判断は一致しており、両隊長の命令を事実上否定した結果になっている。

だとしたら、高裁では原告(両隊長)が敗訴したにも関わらず、『うらそえ文藝』で星、上原両氏が主張する「隊長命令はなかった」、「沖縄タイムスは謝罪せよ」という論旨は、司法によっても、文部省検定意見によっても正当であると認知されたことになる。

「うらそえ文藝」の主たる主張は大江・岩波に出版差し止めと謝罪を要求しているのではない。

『鉄の暴風』以来現在も続いている沖縄二紙の「隊長命令はあった」という論調に異議を唱えているわけであり、

県民を騙し続けたことも含めて沖縄紙に「謝罪せよ」というその主張は、大阪高裁も文部省検定も認めたことなのである。

では、ごく当然の主張をしているはずの『うらそえ文藝』が何ゆえ衝撃的なのか。

それは沖縄二紙を中心にしたマスコミが、『うらそえ文藝』の主張が、あたかも大阪高裁や教科書検定意見で否定されたような印象操作をして、県民は「隊長命令はなかった」という真実を知らされていないからである。

真実の前には沖縄二紙がいかに反論しようとも勝ち目はない。

しかもネットの普及により、賢明な読者は今までのように、沖縄二紙の歪曲報道に騙されることはない。

従って、沖縄二紙が現在取りうる最良の手段は、黙殺する以外にないのである。

沖縄二紙は,自らは社説などで反論することなく、数多くいるはずの沖縄戦研究家や大学教授などを使っての正面からの反論を敢えて避けた。

そして「女性史研究家」とか「詩人」という、いささかピントの外れた論者に、幻惑的文章で反論させたことは、出来るだけ議論を避けたいその焦りが垣間見れる。

いくら修辞や幻想に満ちた文章も、その恣意的修辞部分を取り除けば何の論理も残らない。

そこにあるのは無残な強弁のみの抜け殻である。

■最後の手段は?■

佐藤優氏が小林よしのり氏と「戦争」を始めたとき、佐藤氏は小林氏と正面から戦うことを避け、出版社に圧力をかけるという卑劣な手段で小林氏の攻撃を避けた。 事実上の敵前逃亡である。

小林よしのり氏は佐藤氏の卑怯な行為を指して「言論封殺魔」と命名した。

沖縄二紙も「佐藤vs小林」論争に見倣って『うらそ文藝』との正面からの論争を避け、「沖縄版・言論封殺魔」に変身するつもりなのか。

いや、他に取る手段は目下のところ、見出し得ないのかも知れない。

【付記】

当日記が「うらそえ文藝」の「隊長命令はなかった」という主張を真実だと断定する根拠は、大阪高裁判決と検定意見だけではない。

非常に明快かつ単純な根拠による。

集団自決の証言者は多数いるが、「隊長命令があった」と客観的検証に耐える証言者は一人も存在せず、一つの証拠も出ていないというのがその根拠である。

                  ◆

「11万人集会」のテーマである「教科書検定意見撤回」が否定された悔しさを琉球新報、沖縄タイムスを夫々次のように報道している。

結局「11万人集会」は空騒ぎに終わったことになる。

「集団自決」の記述後退 06年版中学教科書(2009.7.31)
【東京】中学校の歴史教科書の沖縄戦の記述に関し、1997年版では多くの教科書が掲載していた「集団自決(強制集団死)」に関する記述について、現行の2006年版の大半の教科書では出版社側によって検定前の申請時点で削除するなど、沖縄戦の記述や表現が後退していたことが30日分かった。中学校教科書の06年版の検定実施は04年度。06年度に高校教科書検定で「集団自決」の軍強制の記述が削除される前から、出版社が自主規制で軍の強制によって「集団自決」が行われた事実をあいまいにする動きがあったことが明らかになった。
 「子どもと教科書全国ネット21」(俵義文事務局長)など5団体が30日、東京都の文京区民センターで行った会見で発表した。俵氏は「97年版の教科書は事実に基づいた記述が行われていた。『新しい歴史教科書をつくる会』が戦争を美化した教科書を執筆するなど沖縄戦の事実を改ざんしようという流れがある中で出版社の自主規制で記述が変えられた」と指摘した。
 中学の歴史教科書は新しい学習指導要領のもとで来年4月から新たな教科書検定が始まるため、現在は原稿の執筆段階に入っている。このため5団体は7月上旬、中学、高校の教科書で「日本軍の強制」の記述復活など沖縄戦記述の改善、充実を各出版社と執筆者に文書で求めた。現時点で返答はないという。5団体は各社の対応を確認した上で今後の運動を検討するという。
 教科書出版社5社6冊の中学教科書中、97年版にはすべて掲載されていた「集団自決」の記述が06年版では2冊で削除され、3冊は「集団自決」の記述自体は残ったものの、誰が「集団自決」を迫ったかという部分があいまいにされていた。1冊は97、06年版ともに「強制されて集団自決した」と同じ記述になっている。
 日本出版労働組合連合会が24日、文部科学省に対し、高校日本史教科書の検定意見の撤回を求め要請した。連合会によると、文科省の担当者は「検定意見は学術、専門的な観点で適切に行われた」とする見解を繰り返し、検定意見の撤回は否定したという。(琉球新報)

                                               ◇

 

沖縄タイムス 2009年07月31日 社会 

軍の強制記述求める 「集団自決」/東京で5団体 教科書会社に【社会】

 《要請書を送付したのは「大江・岩波沖縄戦裁判を支援し沖縄の真実を広める首都圏の会」「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会」「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」「子どもと教科書全国ネット21」と出版労連の5団体。》

                 ◇

「軍の強制を記述する要請書を送付した団体がこのようなイデオロギー塗れの団体であるとは実に恐ろしいことではある。

歴史教科書の記述は、歴史専門家の検証・研究の結果に拠るべきであり、

左翼新聞に扇動された「世論」で決めるべきではないことは論を待たないと思うのだが、

このような見出しの記事を平気で書く新聞の厚顔無恥には今さらながらあきれ返る。

「世論で記述復活を」 歴史教科書めぐりシンポ(2009.3.16)

世論で歴史教科書を書くって?

恥ずかしい!

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします 

 ブログセンターランキングへクリックで応援願います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怪人・上原正稔 平和の礎 | トップ | 怪人・上原正稔 秘書も逃げ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2009-08-01 14:42:55
狼魔人様

ここ2、3日間の懇親のエントリーお疲れ様です。沖縄の戦後史の闇の深さを改めて痛感しました。
私は、沖縄のマスコミやそれに群がる反日左翼団体、有識者、知識人、提灯持ち作家などが、星、上原両氏の告発に反論できない理由は、ずばり
「神話の崩壊」だと思います。
従来のように、沖縄だけで読まれる新聞。で終わっていれば、神話も続いたのでしょうが、今はたとえ沖縄発でも、瞬時に日本、世界中に知れ渡る世の中です。
つまり、沖縄の政治結社マスコミが流す報道は、もやは国民の検証に耐え切れないのです。
沖縄という居心地のよさに、新聞の使命を忘れたマスメディアの成れの果てです。


Unknown (ヒポポタマス)
2009-08-01 14:44:05
世論で歴史が変えられるなら公文書や一次史料など何の意味を持たなくなって歴史を研究する意義がなくなりますね。

売国奴どもは自分に都合の悪い論文・資料が出てきてにっちもさっちもいかなくなったら、「いや、やはり世論の言う通りにしなきゃ正しい歴史教科書ではない」と世論を盾に圧力をかける・・・

沖縄県民はそろそろ民主主義は万能でないということを認識すべきだと思いますね
お疲れ様です (Surnivers)
2009-08-01 20:38:44
今はネットがありますからね。
例え新聞が否定しても、あっと言う間に真実が伝わってしまいます。
いえ、真実と言えないかもしれないが、少なくても「隊長命令があった」と断定出来ない事は確かです。
これが伝わるだけでも、随分違うと思います。

と言っても、ワシも知らなかったのですが。
ネットで初めて知って、仰天しました。
まだ結構新聞等の呪縛が強かった頃なので。
沖縄の2紙は追い込まれて (屋根の上のミケ)
2009-08-01 22:40:04
連日のブログでの報道、ご苦労様です。沖縄の2紙は心理的に追い込まれているんでしょうね。言論封殺の島だった沖縄に真実の風が一日も速く吹くことをお祈り申し上げております。ミケ
Unknown (狼魔人)
2009-08-02 07:20:29
涼太さん

沖縄マスコミを抱き込んだ太田元知事の「悪行」は殆どの県民も知りません。

桜チャンネルでの上原さんのインタビューによると、太田元知事は件費から6000万円の「工作費」を捻出し、沖縄タイムス、琉球新報に夫々3000万円ずつ握らして口封じをしたと告発していますね。

これでは県民がツンボ桟敷に追いやられるのも仕方ないでしょう。

>沖縄という居心地のよさに、新聞の使命を忘れたマスメディアの成れの果てです。

ネットの普及で居心地が悪くなり、「真実の告発」に対し、ひたすら沈黙を守る姿は哀れですね。



ヒポポタマスさん

まともな議論では勝ち目がないので、数を頼んで「世論」なんて恥知らずなことを叫ぶのです。


Surniversさん

>少なくても「隊長命令があった」と断定出来ない事は確かです。

「隊長命令があった」と言い出したのは被告側ですから。挙証責任は被告側にあるべきなのですが、裁判でそれ(隊長命令)を立証できなかった。

従って『うらそえ文藝』の星さん、上原さんの主張は一審、二審でも認知されています。

その結果、被告側の「隊長命令の有無は問題ではない」とか「背景を考えると」とか大江健三郎の「タテの構造の仕組まれた軍命」といった詭弁が登場するわけです。

そうそう「軍官民共生共死の一体化」といったお題目も「隊長命令の有無はもんだいではない」と連動していますね。(笑)


屋根の上のミケさん


>沖縄の2紙は心理的に追い込まれているんでしょうね。

長い沈黙がその証拠だと思います。

今正面から反論したら自分等の負けだと理解しているのでしょう。

初めまして。 (無所属廃人)
2009-08-02 13:11:44
初めまして。

沖縄在住の方のブログ、のリンクを使いここへ着きました。

いろいろと見たんですが・・こういう方が沖縄でも多数いれば心強いな・・・と思いました。
家で取ってる「山陰中央新報」でも沖縄のことは紹介されますが・・・たいがい平和資料館関係ばかりです(最近論調がおかしくなってる・・・)。

あと佐藤優ですか・・。最近この人の著作を書店で見ますが本の印象は「悪口ばかりだな」です。最近ではヤクザ犯罪者愛好作家“宮崎学”と組んでいろいろやっているみたいですが共通することは「日本が大っ嫌い」ということでしょうか。

「自分が悪ければ悪い人間が寄ってくる こちらが信用することでより良い人間関係が生まれる」という本田宗一郎氏の言葉が浮かんできました。

ちなみに自分の県は「場所が分からない・どうでもいい県ランキング」で1位になった県であります(笑)。

コメントを投稿

★集団自決」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL