狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

基地の場所は国が決める!移設妨害「百害あって一利なし」

2014-01-14 07:00:52 | 県知事選

 よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

■御知らせ■

本日午後7時よりチャンネル桜「沖縄の声」に出演します。

http://www.ch-sakura.jp/1428.html

ゲストとして「沖縄に内なる民主主義はあるか」の著者又吉康隆さんが出演します。

               ☆

以下はブログ光と影さんよりの引用です。

2014年01月13日

普天間基地ヘイトスピーチと辺野古テント村取材動画

沖縄県民のみなさん、このような動画をご覧頂いた事はありますか?
これが沖縄のヘイワ活動の実態です。
普天間基地周辺のヘイトスピーチ、辺野古テント村の実態を短い時間ですがしっかり取材しています。
NHK・RBC・OTV・QABで流れる「ひげのおじさん」「テント村のおじさん」とは態度も発言も全く違います。
メディアの称する「ヘイワ活動」とは本当にヘイワ活動なのでしょうか?
 
引用終了
 
               ☆

 

昨日はチャンネル桜「沖縄の声」の月曜日担当のボギーテドコンさんが都合により休むという事で、急遽ピンチヒッターとして出演した。

当然話題は今全国の注目を浴びている名護市長選に及んだ。

特に強調したのは、争点の「辺野古移設」は国の安全保障に関わる問題であり、外交・安全保障に関わる案件は国の専管事項であるということ。

つまり稲嶺市長がいくら「辺野古移設」に反対しても、国の安全保障を一地方の市長に委ねることはありえない、と繰り返し説明した。

これについては昨日のエントリーでもこう述べている。

 

         ☆

石破幹事長の発言は国の安全保障を預かるものとしては当たり前の発言だが、辺野古移設に猛反対する沖縄タイムスが、これを手を拱いて傍観するはずはない。

早速、今朝の沖縄タイムスが社会面トップで、石破発言に発狂した!

■社会面トップ

「民意軽視」「許せぬ」

石破氏発言に猛反発

移設容認市民も困惑

■第二社会面トップ

地元無視の論理

住民の安全自治体に権限
ー島袋純琉球大学教授

基地強制は人権侵害


上記【動画】の最後の部分で、キャスターが、辺野古移設は尖閣を狙う中国に対する強固な防衛を意味するというコメンテーターの発言を受け、「名護市長選の結果がどうあれ、名護市の判断が沖縄県民はもとより東アジア全般の平和と安全を揺るがすことがあってはならない」と強調していたが、全くその通りである。

                ☆

<form id="sankeisearch" action="http://search.sankei.jp.msn.com/search/article" method="get">
  【名護市長選】
</form>

末松氏猛追 移設妨害「百害あって一利なし」

2014.1.12 22:19 (1/2ページ)
沖縄県名護市長選が告示され、出陣式で第一声を上げる末松文信氏=12日

沖縄県名護市長選が告示され、出陣式で第一声を上げる末松文信氏=12日

 米軍普天間飛行場移設を最大の争点に戦いの火ぶたが切られた。移設をめぐり「推進」「反対」を明確に主張し合う候補者の一騎打ちは初めて。準備万端で臨む稲嶺進氏に対し、立候補表明と候補者一本化の遅れが響き、やや劣勢で選挙戦に入った末松文信氏が猛追する構図だ。

 「集まられた方々に笑顔で手を振りましょう」

 選挙カーに立った仲井真弘多知事は末松氏の手を取りながら耳打ちした。県と市が二人三脚で国との協調路線を進め、普天間飛行場の危険性除去と北部振興を両立させる方針で寸分違わぬ2人だ。

 末松陣営は応援に招く国会議員の選定に細心の注意を払う。「辺野古」を想起させる閣僚や、県選出国会議員を辺野古移設容認に転じさせた石破茂幹事長の投入は見送った。県議や市議のネットワークを生かし、経済界とも連動することで票の上積みを図る。

 「交付金がなくても行政はできます」

 稲嶺氏が辺野古移設に伴う交付金に背を向ける姿勢を改めて強調すると、隣に立つ社民党の照屋寛徳衆院議員は満足げな表情を浮かべた。稲嶺陣営には共産党の赤嶺政賢衆院議員、沖縄社大党の糸数慶子参院議員らも応援に駆け付けた。

 稲嶺陣営の主張はシンプルだ。辺野古移設を認めない立場から仲井真氏と安倍晋三政権を糾弾し、その支援を受ける末松氏を批判する戦略を描く。基地反対運動の団体とも連携し、組織戦を展開する。

自民党が昨年12月中旬に実施した調査では6対4で稲嶺氏が優位だった。年明けの調査でも末松氏の劣勢は変わらなかったが、自民党幹部は「一本化を果たし、選対の態勢も整った。これからは情勢が上向く材料しかない」と語る。

 「同業者の倒産が相次ぎ、うちの収益も2割減った」。建設業の40歳代男性はそう話す。この4年間で名護を中心とした北部での国・県の公共事業予算は32億円の減。国からの再編交付金も停止され、4年間の不交付分は42億円に上る。稲嶺市政が続く限り、新規の交付金も入ってこない。

 稲嶺氏は市長権限で移設を「阻止できる」と徹底抗戦する構えだが、県幹部は「阻止できない」と明言する。たとえば代替施設での燃料タンク設置は消防法で市長の許可が必要だが、同法は保安基準を満たしていれば許可しなければならないと規定。県幹部は「妨害しても訴訟や是正命令で国は必ず移設工事を完遂できる。それが法治国家というものだ」とも指摘する。

 稲嶺市政が続けば移設工事が遅れることは避けられず、普天間飛行場の危険性除去は遅れる。辺野古の代替施設が完成するメドが立たない限り、米政府は嘉手納基地(嘉手納町など)以南の基地返還に応じず、県全体の基地負担軽減もままならない。北部振興への政府の熱意も薄れてしまう。

 飲食店を経営する50歳代の女性は断じる。「国に盾突いても百害あって一利なしだ」(那覇支局長 半沢尚久)

                       ☆

稲嶺市長の過激派もびっくりの辺野古移設「妨害工作」については東子さんのコメントを引用する。

         

「稲嶺名護市長「権限で阻止」 辺野古埋め立て工事 2014年1月10日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217666-storytopic-3.html

>市長の権限を行使して建設工事を阻止できるとの認識


「末松氏猛追 移設妨害「百害あって一利なし」 2014.1.12 22:19」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140112/plc14011222200012-n2.htm

>稲嶺氏は市長権限で移設を「阻止できる」と徹底抗戦する構えだが、県幹部は「阻止できない」と明言する。
>たとえば代替施設での燃料タンク設置は消防法で市長の許可が必要だが、同法は保安基準を満たしていれば許可しなければならないと規定。
>県幹部は「妨害しても訴訟や是正命令で国は必ず移設工事を完遂できる。それが法治国家というものだ」とも指摘する。


県幹部は、わかっていますね。
政治信条を絡めて、許可不許可をだせないことを。
知事も政治信条とは別に、形式が整ったから埋め立て許可を出した。
良いお手本である。
八重山教科書問題でも、国からの是正要求について県に法的勝ち目はないと県幹部はきちんと教育委に伝えている。
赤く染まっているように見える県職員も、やっぱり行政マンなんだと言えばいいのか。
それとも、法的根拠のない人に肩入れして巻き添えくらうのは御免と保身からか(笑)

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

「かみつく4」は「沖縄民主主義4」と改題しました。

 

 

 

価格:1235円(税・送料込み)

 

「民主主義4」の店頭発売は12月ですが、当日記で先行発売、ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp

 

     
稲嶺名護市長、選挙違反で告発さる

 「かみつく3」定価:1735円(税・送料込み)

ネットから御注文を受け付けています。
ezaki0222@ybb.ne.jp
※↑↑こちらまで住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします
<送金方法等詳細はここ>

「かみつく2 」の目次
「かみつく」の内容紹介
「沖縄に内なる民主主義はあるか」の内容紹介

『沖縄に内なる民主主義はあるか』定価:1735円(税・送料込み)

季刊誌「かみつく」創刊号紹介HP
価格 1420円(税・送料込み)

「かみつくⅡ」定価:1735円(税・送料込み)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名護市長選、争点は国防 | トップ | ミソもクソも一緒くた!琉大... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2014-01-14 08:55:08
>それが法治国家というものだ

何が驚いたって、県職員から「法治国家」と言う言葉が出たこと。
政府が通達を出そうが「うちなーびけーん」でやってきた沖縄の県職員幹部が、「法治国家」と言ったのである。
これも、八重山効果か。



本土のテレビでも名護市市長選は取り上げられています。
コメンテーターの論調は、辺野古移設への先鞭をつけたことは、安倍政権の高評価に繋がる(実際アンケートでも良い結果が出ている)から貶すという印象。
貶すが目的だから、理由は深堀りせず、基地=戦争=悪のステレオタイプ。
しかし、取材のビデオに出てくる市民の論調はコメンテーターと違って、名護市の不況を取り上げている。
移設賛成派は、土建の仕事が増えると期待している。
これは、当然。
反対の人も、景気が良くなって欲しい、そのための土建の仕事が増えて交付金も増えるなら、基地も“しかたがない”という論調。
稲嶺氏は、交付金は無くとも豊かになる基盤を4年間で作ってきたと言うが、市民に実感はない模様。
「沖縄は金で買われた」とか言うバチバチの反対派をビデオに登場させないのは、なぜだろう?
そういう人は外部の人で、市民には見つからないのか?
以前なら「市民」の声が市民の声として放送されたが、「国民」の声が市民の声として放送されるようになったのかな。

「米軍普天間飛行場移設 「本音は容認」 言えぬ市民
2013.12.29 」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131229/plc13122909080004-n1.htm

>仲井真氏の決断に、賛否が入り交じる複雑な感情を持つ県民に比べ、本土から来た活動家らは「反対一直線」で迷いがない。
Unknown (Unknown)
2014-01-14 12:48:38
>反対の人も、景気が良くなって欲しい、そのための土建の仕事が増えて交付金も増えるなら、基地も“しかたがない”という論調。
>「沖縄は金で買われた」とか言うバチバチの反対派をビデオに登場させないのは、なぜだろう?

沖縄県民は、結局は金に目がくらんで、辺野古基地推進派が最終的に勝つといいたいのではないか。
Unknown (igoigo)
2014-01-14 13:08:15
期日前投票に行って参りました。

危うく、シマブ・・と書いてしまいそうになりました(笑)

投票所では、出口調査と共に、「入り口」調査もやっていたのには驚きましたが、知り合いに聞くと、大型スーパー前でも同じような調査はやっていたようで、どうやら読売や朝日など本土マスコミのアンケート調査だったようです。

名護市では、小規模な建設業の疲弊が激しく、生き残りの企業の殆どは中・南部への「出稼ぎ」で食いつないでいるようです。
この方達は稲嶺には絶対入れないと言っています。

又、建設業の接待が潤していた飲み屋のママさん達のグンダ~(愚痴)は2、3年前からよく聞かされます。

居酒屋なども客をかなり減らしており、おそらくタクシーや代行業もその煽りで客を減らしていることでしょう。

固定資産税等の税金も上がり続けており、マスコミの偏向報道以外の客観情勢は現職には圧倒的に不利
であり、疲弊しきった市民への具体的な政策を提示出来ればと思います。
>これが沖縄のヘイワ活動の実態です (KOBA)
2014-01-14 13:17:40
 辺野古移設反対、と偉そうなご高説を垂れたオリバー・ストーン監督はこの「実態」を確認したのでしょうか?
 期待するだけ無駄でしょうけど。
本日の沖縄タイムスより。 (越来のK本S子)
2014-01-14 15:55:37
回答率およそ55%、しかも1550人のうちのそれだけしか答えてない電話アンケートの結果を、名護市民の民意などと喧伝するインチキ記事。

ちなみに朝日新聞にも、これとほぼ同じ内容の記事が載ってます(笑)。

・名護市長選挙:稲嶺氏先行 追う末松氏
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60620

・朝日新聞に載ってるそっくりさん記事
http://www.asahi.com/articles/ASG1F7FN8G1FUZPS004.html


事もあろうに、隣町の本部町の「若者」が、名護市長選に不当介入する様を取り上げたレッドユーモア記事(笑)。

・未来は自分で選ぼう「選挙行こう」ビラ配布
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=60625


>呼び掛け人の一人、本部町の知念正作さん(34)

こいつの正体を知りたいなら、下のブログへ。

…先日の参院選、もう少しのところで“沖縄”の比例代表になりかけた、“東京”で“山本太郎”といっしょに脱原発訴えてた自称アーティストの麻薬中毒者(仮)のブログじゃないか(笑)。

http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-11745210638.html


ちなみに、さっきの記事の発起人を下に晒しときます。

>選挙に行こうキャンペーン隊
>発起人 “知念正作” 知念沙織 田原幸浩 田原琴子
親富祖大輔 親富祖愛 宮城修 宮城亜希子
 島袋小百合 “三宅洋平” “屋良朝博”

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
反日キチガイ朝鮮人どもによる日本の歴史改ざん・文化破壊 (日本の狂った反日スポーツライターたち)
↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大
名護市長選 辺野古受け入れ反対派の稲嶺氏がリード (遊爺雑記帳)
 テレビも新聞も東京都知事選でもちきりですが、名護市長選は、19日投開票まで1週間を切っています。細川氏は「原発の問題は国の存亡に関わる」として都知事選への立候補の理由を説明しておられますが、遊爺は、名護市長選の行方のほうが日本の安全保障に大きく影響する....