狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

東京の飛行機事故で、オスプレイ反対を説く人物

2015-07-27 07:37:24 | オスプレイ

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

  お願い

 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため下記バーナーをクリックお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

型機が住宅街に墜落、3人死亡 東京・調布、5人けが9棟燃える

2015年7月26日 21:32

 
 住宅に墜落し炎を上げる小型機(中央)=26日午前、東京都調布市(住民提供)

 住宅に墜落し炎を上げる小型機(中央)=26日午前、

東京都調布市(住民提供)26日午前11時ごろ、東京都調布市富士見町1丁目の住宅地に、離陸直後の小型プロペラ機が墜落して大破し炎上した。警視庁によると、小型機には5人が搭乗しており、操縦していた機長の川村泰史さん(36)=川崎市=ら2人と、住宅にいて巻き込まれた女性1人の計3人が死亡した。ほかに小型機の男性3人、住宅の女性2人がけがをした。事故で住宅1棟が全焼、8棟が一部を焼損し車2台が焼けた。

 警視庁は業務上過失致死傷の疑いがあるとみて調布署に捜査本部を設置した。国土交通省は航空事故と認定、運輸安全委員会は航空事故調査官3人を派遣した。(共同通信)

                        ☆

東京の住宅街に飛行機が墜落、死傷者が出た。

こんなニュースを聞くと、どうしても住宅密集地に隣接する「世界一危険な米軍基地」、つまり普天間飛行場のことが脳裏を過る。

普天間飛行場は、普天間第二小学校や沖縄国際大学も隣接しており、その危険性を考慮すれば一刻も早い辺野古への移設を望むのが良識ある県民の願いのはず。

だが、こんな小学生でもわかる簡単な理屈に反対を唱えているのが、翁長知事と支援者の沖縄2紙だ。

普天間飛行場の辺野古移設に反対なら、逆に普天間第二小学校を移転させたらどうか。

これに対しては、プロ市民団体の反対があり、何度か移転話が頓挫したという。

東京の小型飛行機墜落事故を根拠に、「オスプレイ反対」を叫ぶ論調は今のところない。

人間が作った機器に故障がないものはない。 

ましてや重力に逆らって空中を飛行する飛行機にゼロリスクを求めることは出来ない。

いくら沖縄2紙が発狂新聞でも、すべての飛行機に反対する蛮勇は持ち合わせていないようだ。

 沖縄2紙は東京の飛行機事故と「オスプレイ反対」を結びつけることに躊躇したようだが、強引にオスプレイに結びつけた人物がいた。

翁長知事支援のため「オール沖縄」で県民を騙した共産党員のことだ。

調布の飛行機事故を受けオスプレイの危険性説く人物

2015年07月26日 15時33分
提供:アメーバニュース/政治・社会

 26日、軽飛行機が東京都調布市の住宅街で墜落し、3人の死亡が確認された。この事態を受け、元・日本共産党稲城市議会議員の遠藤くに子氏が、オスプレイと絡めたツイートをし、同氏に対し様々なメッセージが寄せられた。

調布市、富士見町の住宅街に軽飛行機が墜落、住宅二棟と車1台が燃えているというニュースに驚き!欠陥オスプレイもやっぱり危険では?どれくらい死傷者でるのだろう?逃げる時間あるのか?大惨事〉

 飛行機が落下したことと、オスプレイをくっつけるやり方に対して疑問の声が出たのだ。「人が死傷する惨事を政治利用するのが日共のスタンスだと良く解ったよ」という意見に対しては「はあ?」と遠藤氏は返事した。さらには「市議ではありません。一市民として感じた事をつぶやいています。勘違いしないでください!」と自身の立場を明かした。

 今回の件については、2ちゃんねるにもスレッドがすぐに立ち「それなら、旅客機の運行も禁止を提唱しろよ!!!!」といったツッコミが入った。

 また、遠藤氏のツイッターのプロフィール欄には「日本共産党稲城市議会議員です」とあるが、この経歴は現在のものとは違うのでは、というツッコミも入っている。

                ☆

発狂2紙も避けて通った地雷を共産党員が代わりに踏んでくれて、あえなく自爆の模様である。

ちなみに「危険な欠陥機オスプレイ」とは沖縄2紙が垂れ流した捏造記事であり、オスプレイは現在運用中の軍用機の中でも事故率は低い方に分類され、4万時間の無事故で表彰されたくらいである。

そして防衛省が購入を決めたほど安全な軍用機だ。

共産党員の強引な決め付けが自爆するのも当然だ。

                  

沖縄2紙のことを、白を黒、黒を白と報道し、犯罪者を正義の人に仕立て上げ捏造新聞と書いた。

辺野古で警備する海保、警官側とプロ市民の対峙を「暴力団まがいの警備側vs正義の市民」という構図を作るのに懸命の沖縄2紙。

違法行為である「テント設営」に対しても批判の論調が見られない。

仲井真前知事が「沖縄2紙は特定団体のコマーシャルペーパー」と公言したのも当然である。

辺野古抗議テント、市民らが再設置 総事局は違法と警告

2015年7月26日

テントの設置作業をする市民=26日午前8時16分、名護市辺野古テントの設置作業をする市民=26日午前8時16分、名護市辺野古

 

名護市辺野古の新基地建設に反対する市民約20人は26日午前、キャンプ・シュワブのゲート前で、台風12号対策のため片付けていたテントの設置作業をした。

 市民は午前8時ごろから、復旧作業を開始。1カ所にまとめていたブルーシートやテーブル、看板などを移動させ、テントを復旧した。設置作業中、沖縄総合事務局の職員は「違法行為なので設置をやめてください」と警告を続けた。

 海上での作業や抗議行動は行われていない。

 

野古ゲート前:座り込み抗議383日目

 

2015年7月24日
 
米軍キャンプ・シュワブに向かって「辺野古新基地反対」と声を上げる人たち=24日午前、名護市辺野古
米軍キャンプ・シュワブに向かって「辺野古新基地反対」と声を上げる人たち=24日午前、名護市辺野古
 

名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは24日、米軍キャンプ・シュワブ前で抗議行動を続けている。座り込みは383日目。

 市民らは午前6時55分、基地内へ入ろうとする工事関係車両を止めようと、ゲート前に座り込んだ。約50人が機動隊員ともみ合いとなった。

 その後、ゲート前で「新基地建設、絶対反対」「サンゴの海を未来に残そう」と抗議の声を上げた。

 一方、辺野古沖にはスパット台船も作業船もなく、作業は確認されなかった。台風12号の接近を受け、撤去・移動したとみられる。

                        ☆

台風12号対策のため片付けていたテントの設置作業をした。

>、テントを復旧した。設置作業中、沖縄総合事務局の職員は「違法行為なので設置をやめてください」と警告を続けた。

沖縄2紙の報道には、プロ市民の違法行為を非難するニュアンスは微塵もない。

それどころか彼らプロ市民を、2月に侵入禁止区域内に意図的に侵入し、警備側を挑発・逮捕された山城某に対し示した英雄的報道と同じである。

 

【おまけ】

安保法案 きょう参院本会議で審議入り

 

392res/h 【政治】

「徴兵制」論、迷走の民主…批判にパンフ改訂 徴兵制復活をあおる手法や表現を巡り党内の収拾がつかなくなってきている[読売]

 

 

1: すらいむ ★:2015/07/26(日) 19:20:12.24 ID:???*.nethttp://www.yomiuri.co.jp/photo/20150726/20150726-OYT1I50005-L.jpg

 

       民主党内が、安全保障関連法案に反対して

 

「徴兵制の復活」

 

      をあおる手法や表現を巡り、

 

 

 

      収拾がつかなくなってきている。

 



 

       法案に反対する党のパンフレットは、徴兵制の記述に関して党内の保守系議員の批判を受け

 

 

 

      改訂したが、微修正にとどまった。党内には、「

 

「抵抗野党」

 

      とのイメージが染みつくことを

 

 

 

      懸念する声も出ている。

 



 

       民主党は21日付で、パンフレットを改訂した。徴兵制復活に関するページで、出征兵が

 

 

 

      女性に見送られるイラストを削除し、女性が子どもを抱きかかえるイラストに置き換えた。

 

 

 

      ただ、「集団的自衛権の行使を禁止してきた従来の憲法解釈を閣議決定で変更し、限定的

 

 

 

      行使を可能としました」

 

「そのようなことが許されるなら、徴兵制も同じです」

 

      との文言は、

 

 

 

      そのまま残された。

 



 

       保守系議員からは依然として「

 

「徴兵制復活など、今の日本ではありえない。非現実的だ」

 

 

 

 

      批判が相次いでいる。

 

「いつかは徴兵制?募る不安。

 

      」とのタイトルが、共産党の機関紙

 

 

 

 

しんぶん赤旗」に掲載された「徴兵制!?広がる不安

 

      」と似ているため、「共産党と

 

 

 

      足並みをそろえているように見えてしまう」と懸念の声が出ている。

 



 

      Yomiuri Online 2015年07月26日 18時18分

 


http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150726-OYT1T50039.html

 

 ■御知らせ■

緊急講演会 IN 名護

 迫り来る中国の脅威

 中国の本音を誰よりも知っている石平先生が、沖縄に迫る中国の脅威を語ってくださいます。

講師  石平先生 

【プロフィール】 評論家、拓殖大学客員教授。 1962年中国四川省成都市生まれ。 80年北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。 85年神戸大学大学院文化学研究科博士課程を終了し、日中問題・中国問題を中心に評論活動に入る。 97年に日本国籍取得。 11年9月「代3回山本七平賞」受賞

日時  8月5日(水)  6時アトラクション開始  6時30分 講演開始

♪アトラクションあり 飲み物あり♪

場所  名護市民会館 中ホール

主催  名護市民の会(事務局 我那覇真子)

問い合わせ 090-2588-5051

告知                    

琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

聞いて下さい、沖縄県民の真実の声

「言論の自由」を盾にした偏向報道を許すな!

6月下旬の自民党勉強会での沖縄2紙を批判する発言について、報道各社が連日一斉に非難的報道を行った。ここで彼らが主張するのは、「言論の自由」「報道の自由」の保証である。しかし、嘘や偏向報道によって誤った世論誘導を狙う報道機関などに「言論の自由」はあるのか。私たちは沖縄2紙の本質を暴き、国民に真の「言論の自由」を取り戻す。

■集会呼びかけ人 (代表)我那覇 真子 (副代表)江崎孝

呉善花 加瀬英明 ケント・ギルバート 櫻井よしこ 杉原誠四郎 

石平 高橋史朗 トニー・マラーノ 中山成彬 西村幸祐 百田尚樹 

水島総 宮崎正弘 宮脇淳子 八木秀次 山本優美子  柚原正敬 

渡部昇一 (敬称略)

■日時 平成27年8月7日(金)18時00分~20時00分

     *集会終了後、引き続き同所で記者会見を行います。集会の参加者の皆様も是非ご覧ください。30分間を予定しております。

■場所 星陵会館(東京都千代田区永田町2-16-2)

      東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅6番出口より徒歩3分

東京メトロ千代田線 国会議事堂前駅 5番出口より徒歩5分
東京メトロ南北線 溜池山王駅5番出口より徒歩5分
東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅11番出口より徒歩7分

■参加費 無料

■登壇予定者  沖縄で活動する主催団体のメンバー多数(調整中)ほか

元在沖米海兵隊・政務外交部次長のロバート・エルドリッジ氏がビデオ出演で、沖縄の真実を激白!

 

< 主 催 >

 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会(代表 我那覇真子)

 

●集会に関するお問い合わせ:緊急国民集会実行委員会事務局

  〒105-0003 東京都港区西新橋2-13-14 新佐久間ビル3F (株)世界出版内

     TEL:090-4730-3368(東郷)/090-2389-1932(越後) 

●詳しくは「正す会」HPをご覧ください。http://okinawa-tadasukai.com/

※当会は、一切の政党や企業、宗教団体に属するものではありません

 

Masako Ganahaさんの写真

 チラシが完成しました!
篠原章氏講演会
「著者が語る『沖縄の不都合な真実』」

第2部シンポジウム ー真実を明かそうー...
では、
元在米海兵隊政務外交部次長 ロバート・D・エルドリッヂ博士もご登壇されます。
乞うご期待。

皆様どうぞ拡散にご協力お願い致します

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクアドルは馬鹿だった、中... | トップ | 辺野古設計図提出に反発=翁... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東子)
2015-07-27 10:13:32
違法テントを、「抗議テント」と書き、「反対派市民が設営したテントの撤去に向けた業務はどれほど職員に苦痛か」と、タイムス、新報は、反対派の違法テントを“陰ながら”応援している。
だが、「道路法違反でない」と検証することは、避けている。
それこそ、そこまでしたら、完全に白を黒、黒を白と報道したことになるものネ。
だから、あくまで“陰ながら”。
Unknown (東子)
2015-07-27 10:37:03
「【学生は嘘だった?】SEALDsの街宣車が全労連(全国労働組合総連合)の街宣車と同ナンバーと判明! 2015年07月21日」
http://netouyonews.net/archives/8901402.html

「SEALDs中核の奥田愛基「全労連から街宣車を借りたのは、たまたま空いてたから」「自民党はレッテルを貼ってデマを流しているから、謝罪しろ」 自民党田村重信のツイートに激怒ww 2015/07/27」
http://mera.red/%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%81%8C%E3%81%BC%E3%82%8D%E3%81%BC%E3%82%8D%E3%81%A8

全労連って共産党と繋がっていたのかー(棒)
SEALDsの活動を拡散したいと載せた写真で尻尾をつかまれたwww。

だから、いつも言うでしょ。
知らせたいことだけが伝わるのでなく、隠したいこと(意図しないこと)まで伝わるのが、ネット。
そして、疑問に思った人がサルベージできるのも、ネット。
Unknown (東子)
2015-07-27 10:37:43
民主党の公式なHPより「【#本当に止める】「大きなうねりを作ろう!」SEALDsの抗議活動で枝野幹事長が訴え 2015年07月18日」
https://www.dpj.or.jp/article/107188

>民主党青年委員会

SEALDs応援しても、民主党の票にならずに共産党の票を増やすだけですよ~。


「安保廃案で民・共が急接近 長島氏「逆効果だ!」 2015.7.21」
http://www.sankei.com/politics/news/150721/plt1507210038-n1.html

>長島昭久元防衛副大臣はツイッターで「社民党、共産党と同化するのは逆効果」と批判。
>細野、長島両氏、馬淵澄夫元国土交通相のグループ約20人は20日の会合で対案提出の必要性で一致した。
>対案派には、安倍内閣の支持率が低下する中、民主党の支持率も低迷していることへの危機感がある。
>ただ、「党内政局は国民に支持されない」(対案派若手)との意識も強く、執行部批判は影を潜める。

対案を出す力の無さを、内紛回避を大義名分にして、隠す。
「社民党、共産党と同化するのは逆効果」批判、大当たり!!↓


「内閣支持が最低43%…不支持49%、初の逆転 2015年07月26日」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150726-OYT1T50098.html

>政党支持率は、自民党36%(前回35%)、民主党8%(同9%)、共産党5%(同3%)、公明党3%(同4%)などだった。

自民党は、増えている。率にして3%の微増。
民主党は、減っている。率にして11%減。
共産党は、すっごく増えている。率にして67%の激増。



(おまけ)
中央日報「支持率急落の安倍首相「中断のない右傾化」予告 2015年07月27日」
http://japanese.joins.com/article/622/203622.html

>日本政治で繰り返されてきた「支持率下落→内閣崩壊」サイクルが安倍政権では見えない。
>最近は支持率が30%台に急落しているが、日本では内閣崩壊シナリオが出ていない。
>民主党は支離滅裂状態であり、自民党の相手にならない。
>このため2018年までは安倍政権が続くという見方が多い。
>日本憲法学者中心の専門家らが安保法制に強く反対しているが、比較的政治に無関心な一般人は政治の安定を望む性向が強く、ある程度は安倍首相を容認する可能性が高いと、李教授は話した。
>(中央SUNDAY第437号)
Unknown (東子)
2015-07-27 11:46:34
「社説[アルコール依存症]問われる「飲酒文化」 2015年7月22日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125190

>県民の飲酒行動の実態を明らかにしようと、県が実施した大規模な飲酒アンケートの結果がまとまった。
>そこから読み取れるのは、一言でいうと「アルコールに寛容な社会」である。
>沖縄の少年非行の背景に、子連れで居酒屋を利用することを含め、未成年者に対する飲酒認識の甘さが挙げられる。
>女性の社会進出にともなうストレスなどが想定される

と、沖縄は「アルコールに寛容な社会」であり、ストレスが多いから酒に逃げる「アルコール依存症」が、飲酒運転日本一の原因としている。
が、原因は、それだけだろうか。

沖縄は、「全会一致」の「はみ出し」を嫌う社会である。

「「変われない沖縄」が生まれ変わるために 樋口耕太郎(トリニティ株式会社代表取締役社長/沖縄大学人文学部准教授) 2015年7月12日」
http://politas.jp/features/7/article/406

>沖縄社会では、人と異なる態度を取ることは難しい。
>人からのちょっとした誘いに対しても、面と向かって断ることはできない。
>少々大げさに表現すれば、そこには人間関係に対する絶縁状のような感覚が含まれていて、断られた方は「裏切られた」と解釈しかねない。
>ある学生が私に自分の体験を語ってくれた。
>「大学4年生になって将来の事を考えるようになり、少しは勉強する時間を確保しようと思って、いつもは断らない飲み会の誘いを断ったら、別々の友人10人から連絡が来なくなった」という。
>沖縄のような狭い島社会で、人間関係を分断してしまえば、あっという間に居場所を失ってしまう。


「全会一致」の「はみ出し」を嫌う社会だから、「島ぐるみ」だの「オール沖縄」だのという言葉を使って、「はみ出るなよ」と無言の圧力をかける。

実ははみ出したいのだけど、はみ出した結果の恐ろしさを知っているのではみ出せないでいると、平気ではみ出している人に嫉妬が生まれる。
そして、はみ出しただけで八分にしたいのに、嫉妬が加わるから一掃激しい八分(いじめ)が起きるし、いじめを正当化する。
この「空気」は、移住者を悩ませ、定着させないだろう。

飲酒に厳くなることは、はみ出しだから言い出せない。
違法テントを違法とはっきり指摘することは、はみ出しだから言い出せない。
基地=抑止力と言うことは、はみ出しだから言い出せない。
軍用地料は大切な収入源と言うことは、はみ出しだから言い出せない。
“軍命による”集団自決はなかったは、はみ出しだから言い出せない。
オスプレイは安全と言うことは、はみ出しだから言い出せない。
辺野古は新基地でないと言うことは、はみ出しだから言い出せない。

違法を違法と言える社会に沖縄がなったら、飲酒運転は減るし、タイムス、新報は黒を白と言わなくてすむようになる。
百田氏の発言を、「沖縄否定」と広く解釈する必要が、なくなる。
移住者の定着も良くなると思う。
Unknown (東子)
2015-07-27 12:36:16
「【サヨク悲報】 日本共産党の遠藤くに子元市議、アカウント削除 2015年07月27日」
http://hosyusokuhou.jp/archives/44904165.html

>12: ミドルキック(家)@\(^o^)/:2015/07/27(月) 03:07:26.99 ID:M0N4kfgD0.net
>亡くなられた方の御冥福をお祈りしますのひと言があれば。
>いや明らかに心の中でさえそのひと言はなかったからああいうツィートになる
>13: 逆落とし(埼玉県)@\(^o^)/:2015/07/27(月) 03:11:27.46 ID:fNby+EGi0.net
>>>12
>普通の日本人なら、開口一番の発言が「御冥福をお祈りします」だよな。
>26: ときめきメモリアル(北海道)@\(^o^)/:2015/07/27(月) 04:05:29.56 ID:FFmQvGPb0.net
>これ反省どころか、
>自分は偏った人間に攻撃された被害者だって当たり前のように思ってるんだろうな・・

普通の日本人なら、開口一番の発言が「御冥福をお祈りします」だよな。
ほんと、コレ。

「御冥福をお祈りします」で気になったのが、翁長知事の訪米に合わせて同行した沖縄県議らの行動。


「沖縄県訪米団、ハワイのオスプレイ事故現場視察 2015年5月28日 」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=117335

>死者2人の犠牲者を出した新型輸送機MV22オスプレイが墜落した米ハワイ州のベローズ空軍基地や、カネオヘ・ベイ海兵隊航空基地を視察した。
>県議らは「住宅密集地域に飛行場のある沖縄で事故が起きていたら民間地域にも被害が及んでいたかも知れない」などと語った。
>米海兵隊のMV22オスプレイはオアフ島で22人が乗り組んで訓練中に着陸に失敗し炎上、乗員2人が死亡した。


「オスプレイ墜落現場周辺を視察 県議、経済人ら 2015年5月28日」
http://ryukyushimpo.jp/events/storyid-243511-storytopic-1.html

>視察した訪米団長の渡久地修県議は「ここに来て実感したが、訓練場の回りに住宅がまったくない。沖縄との違いをあらためて感じる」と述べ、住宅地上空の飛行が日常化している沖縄との違いを指摘した。
>ハワイでのオスプレイ墜落事故は日本時間の18日に発生し、2人が死亡した。
>オスプレイは海上の艦船からの上陸訓練をしている最中に墜落した。


「沖縄県議らオスプレイ事故現場を視察 「違いにあぜん」 ホノルル=泗水康信 2015年5月28日」
http://www.asahi.com/articles/ASH5X34JWH5XTIPE006.html

>沖縄県の翁長雄志知事に同行して米ハワイ州を訪れている同県議らが27日午前(日本時間28日未明)、米軍のMV22オスプレイが今月17日に着陸に失敗して海兵隊員2人が死亡した事故現場周辺を視察した。
>県議らは「沖縄で起きていれば、大惨事になっていた」と不安を口にした。
>県議らはオアフ島の高台から基地の位置を確認した後、島内の海兵隊と空軍の基地を視察。
>事故のあったベローズ空軍基地では、ゲート近くで写真を撮ろうとする県議や報道陣を米兵が制止する場面もあった。
>事故が起きたベローズ空軍基地の近くには民家などがなく、一般市民に被害はなかった。
>視察に同行した地元の男性(73)は「ここでは基地の周りは茂みになっていて、人は暮らしていない。オスプレイも海から入ってくる」と県議らに説明。
>基地周辺で事故が起きても被害は限定されるとの見方を示した。
>視察した渡久地修県議(共産)は「沖縄とは全く状況が違う。運用の違いにあぜんとする」と強調。市街地に囲まれた普天間飛行場(宜野湾市)に24機が配備されている沖縄の危険性は高いとの認識を示した。
>(ホノルル=泗水康信)

ゲート近くで写真を撮ろうとする県議や報道陣のノー天気さにもあきれるし、基地の周りに住宅を作らない法の整備を怠っておいて、「ここに来て実感したが、訓練場の回りに住宅がまったくない。沖縄との違いをあらためて感じる」も、ないものだが、それより、記事がでた当時から気になっていたのが、基地の周りに住宅がないことばかりがクローズアップされていて、亡くなった兵士に黙祷を捧げたとか、献花をしたとかが一切なかったことだ。
恐らく、していないのだろう。
思いつきもしなかったのでしょう。

県議の訪問団団長は、渡久地修県議(共産)だ。
Unknown (東子)
2015-07-27 19:18:47
>「徴兵制の復活」

知識がなく論理的思考のできない層の感情に訴えかけてゆこう!
徴兵制の復活 (沖縄県民)
2015-07-27 20:45:53
「徴兵制の復活」、民主党はここまで堕落していたのか。覚悟の内閣支持率低下にかかわらず民主党の支持率が上がらないのは国民の良識であろう。

 民主党の支持率は分裂して左をたたき出さなければ上がることはないだろう。「カエル」でなく「変える」でなければならない。それにしても衆議院の安保法案採決
の場面など日本に堂々たる議論のできる野党が存在しないことをまざまざと見せつけられて背筋が寒くなる思いがした。あれで支持率が上がると考えたとしたら国民をなめていると取られるだろう。

 
Unknown (東子)
2015-07-27 21:10:40
集団的自衛権の行使を前提としている日米同盟。
軍事的同盟の日米同盟を認めていて基地反対は矛盾。
翁長知事は、日米同盟を認めている。
そんな翁長知事に「集団的自衛権の行使」を前提にする安保法案について、ききたい。

タイムス、新報は沖縄関係国会議員、県内41首長、県議会議員と、対象を色々変えてアンケートを実施しているが、翁長知事には、“なぜか”きいていない。
矛盾がでるのが、怖い?



【参考】
タイムス「安保法案「国民理解進まず」 沖縄関係国会議員12人中7人反対 2015年7月14日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=124082&f=ap

>沖縄タイムスでは13日までに県選出・出身の国会議員12人に同法案の賛否を問うアンケートを実施した。


タイムス「安保法案 県内41首長「反対」20人 賛成1人 19人が「憲法違反」 2015年7月23日」
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125356

>沖縄タイムスは22日までに、県内41市町村長に法案に対する賛否などを聞くアンケートを実施した。


新報「安保法案、28県議反対 賛成は自公5人 本紙アンケート2015年7月24日」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-246202-storytopic-3.html

>安全保障関連法案について県議会議員を対象にアンケートを実施した。
>県議47人中35人が回答した。

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL