狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

胡錦濤の旧悪 琉球新報が暴露?

2008-04-13 12:24:25 | 中国

   よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 おやおや、

今朝の新報コラムはあまりにもまとも過ぎて、

とても通常の新報のコラムとは思えない。

胡錦濤の旧悪を暴露するなんてね。

琉球新報 金口木舌 2008年4月13日

 中国の胡耀邦総書記(当時)は1980年にチベットの首都ラサを訪れた際、こう語った。「中国政府はこれまで大変な金をチベットに投下してきたが、どこに行ったのか。川に捨ててしまったのか」
▼胡氏は無責任な漢民族幹部の更迭とチベット人登用を約束した。歴史的な謝罪はしかし、政権内で反発を買い、89年の失脚につながる
一方、現在の胡錦濤総書記はチベット自治区の党書記だった89年、ラサの騒乱で党中央の指示を待たず、自ら装甲車に乗り、鎮圧の先頭に立った。■小平氏は「中国に必要なのはこんな人材だ」と絶賛し、後に最高指導部に抜てきした
▼「世界」5月号で東京新聞の清水美和氏がそう紹介している
。こんな経緯があるからか、チベットをめぐる中国政府の姿勢はあまりにかたくなだ
▼古都の面影を残していたラサは84年以降、一変する。当局は移住者を誘致し、古い家並みを取り壊した。今やチベット人の三倍の漢民族が住んでいる(ジャン―クリストフ・ヴィクトル著「地図で読む世界情勢」)。昨年は生き仏とされる高僧も中国政府の許可制にした
▼文化や伝統、宗教。それら人としての尊厳を奪われた民族の悲しみの深さは容易に想像がつく。穏健路線のダライ・ラマが健在なうちに共存へ向け対話しなければ、中国側のどんな努力も川に捨てるはめになる。

※注:■は「登」にオオザト

                    ◇

現在の胡錦濤総書記はチベット自治区の党書記だった89年、ラサの騒乱で党中央の指示を待たず、自ら装甲車に乗り、鎮圧の先頭に立った。■小平氏は「中国に必要なのはこんな人材だ」と絶賛し、後に最高指導部に抜てきした

誰もが知っている公然の秘密を新報がコラムに書いた。

一体何があったのか。

新報は4月7日に同じテーマでコラムを書いている。

だが、同じ新聞の同じコラムで僅か6日しか経っていないのにこうも論調が異なるのには驚く。

 金口木舌 2008年4月7日
 <▼そのラサで中国政府に対する「暴動」が発生した。半世紀以上にわたる中国とチベットの政治対立で、文化を破壊され抑圧されたチベット人の不満が爆発したとみる専門家もいる(5日付文化面)。「暴動」はチベット周辺に広がり、多くの僧侶が拘束された
▼今回の「暴動」は、北京五輪にも影を落としている。>

今回のチベット騒乱をカッコ付きながら「暴動」と捉え、

「文化を破壊され抑圧されたチベット人の不満が爆発した」ことを事実としては報道せず

「・・・とみる専門家もいる」と、他に責任転嫁して中国への気づかいかいを見せていた。


だが愛読する『世界』も胡錦濤の暴挙を認めているので、それに従ったというわけか。

だがコラムとコラムの間の時期に次のようなことが次々と報じられていた。

聖火リレー、妨害次々 ロンドン騒然

パリでの聖火リレーが打ち切り、激しい抗議活動受け写真付き記事ロイター) - 8日(火)9時24
聖火、米サンフランシスコでは異例の“隔離リレー”

臍下リレーへの抗議運動の渦は、

ロンドン、パリにサンフランシスコ。

これでは「・・・とみる専門家もいる」なんて、

悠長に構えておれなくなったのだろう。

最近の「チベット問題」や「映画『靖国問題」そして「反戦ビラ有罪問題」も、

琉球新報が従来のように硬直したサヨク丸出しの記事を書いている限り、

ネットに通じた読者からバカにされるのがオチ。

更にはテレビを見損なっても次のような動画を見た読者は、

新聞をバカにするだけでなく、新聞そのものを読まなくなる。

【動画】↓

 
 
 
沖縄の新聞も,
 
ネットの無かった時代が懐かしいだろうね。
 
 
【おまけ】
 
新報さん、今どきこんなイタイ社説を書くようじゃ読者は逃げますよ。
 
琉球新報・社説
 
 
【付記】4月13日 18時30分
 
聖火リレーについての中国人の「自作自演」について「キキ130」さんのコメントを引用させてもらいました。
 
自作自演 (キキ130)
2008-04-13 17:29:42
結局は自作自演だった事がバレちゃいました、


※中国人障害者女性ランナーからトーチを奪おうとするチベット人らしき男性。
 
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m85086.jpg

※当該男性が中国旗を持つ大陸の留学生らと仲良く歩いている。
 チベット旗帽子を被る同男性のほか、チベット旗を体にまいている男性もいる。
 右側にいる白人男性にも注目。
 
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m93403.jpg
 
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m37785.jpg

※先ほどの白人男性が、北京当局支援者のチームに入っている。
 
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m76754.jpg

※サンフランシスコで、Free Tibetバナーを持つチベット人らしき男性が、中国旗を持つ中国人
 留学生と取った写真。偽装「任務完成」後の記念写真か。
 
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m14395.jpg

 
  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 反戦ビラ配り有罪確定 被告... | トップ | 映画「靖国」:靖国神社が削... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自作自演 (キキ130)
2008-04-13 17:29:42
結局は自作自演だった事がバレちゃいました、


※中国人障害者女性ランナーからトーチを奪おうとするチベット人らしき男性。
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m85086.jpg

※当該男性が中国旗を持つ大陸の留学生らと仲良く歩いている。
 チベット旗帽子を被る同男性のほか、チベット旗を体にまいている男性もいる。
 右側にいる白人男性にも注目。
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m93403.jpg
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m37785.jpg

※先ほどの白人男性が、北京当局支援者のチームに入っている。
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m76754.jpg

※サンフランシスコで、Free Tibetバナーを持つチベット人らしき男性が、中国旗を持つ中国人
 留学生と取った写真。偽装「任務完成」後の記念写真か。
 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/img/m14395.jpg

Unknown (狼魔人)
2008-04-13 18:37:29
キキ130さん

興味深い証拠写真、ありがとうございます。

これも本文に引用させていただきました。
新聞って存在意義無いですよね (物言うサラリーマン)
2008-04-13 21:45:31
こんにちは、つくづく新聞って存在意義無いな、と思う今日この頃です。書いてあるのは嘘ばっかりだし、情報伝達速度は遅いし、見るのはTV番組欄くらいでしょうか(笑)。私は某S新聞を取っていますが、それはまりにも他の新聞が酷いので、応援の意味で取ってます。まぁ左巻き新聞が無くなると文句を言う相手が無くなるので、それはそれで困りますが(笑)。
Unknown (狼魔人)
2008-04-14 18:52:38
物言うサラリーマンさん


>見るのはTV番組欄くらいでしょうか

ネットを利用してTV番組と死亡広告欄だけのメルマがを作ったら案外ビジネスとして成り立つかも知れませんよ。(笑)

>つくづく新聞って存在意義無いな

メディア・リテラシーの教材としてみれば存在意義もあるかも知れませんね。(笑)

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL