狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

教科書採択、県教が方針転換!

2013-03-31 07:42:44 | 八重山教科書採択問題

覇市立中央図書館の言論封殺に、断乎抗議する! (抗議文例はこちらで)

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

季刊誌「かみつくⅡ」は現在、ネット発売中です。

価格1735円(定価1500円+税・送料)

ネット販売註文先 ezaki0222@ybb.ne.jp
住所氏名と電話番号を御連絡いただければ、受注当日か翌日までに発送いたします

<送金方法等詳細はここ>
        

 



参加ブロク

「沖縄に内なる民主主義はあるか」 又吉康隆
 「誤解だらけの沖縄・米軍基地」批判
  米兵差別の島・沖縄
  短編小説・六月のスイートコーン
  連載小説・バーデスの五日間

「狼魔人日記」 江崎孝
 「島ぐるみオスプレイ阻止」運動の空しさ
 「白旗の少女」の真実

「光と影」 古代ヒロシ
 日米兵の犯罪よりも中学生の犯罪に心を痛めます
 米兵の強姦より中学生の性被害に心を痛めます

「じんじんのブログ」 登野城じんじん
 沖縄タイムスの「共生の海」って何?
 普天間基地野嵩ゲート前のプロ市民
 シナ空軍機のスクランブルは見て見ぬフリか!?

○ブログ読者のコメントそして読者との論争もあり


 

 

人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

今朝の沖縄タイムスの第一面及び社会面のトップはこの見出し。

■1面トップ

育鵬社版 竹富に要求へ

教科書採択 県教育庁が方針転換

県教育長「聞いてない」

■社会面左トップ

「政治介入に屈した」

八重山教科書
県教育庁転換 反対住民、批判

沖縄タイムスによると、県教育庁幹部は30日、石垣市内で町教育委員らと面談し文科省の指導に従がって、「育鵬社」版教科書への一本化を示唆したという。

これに対し本日(31日)付けで退職する大城浩県教育教育長は沖縄タイムスの取材に対しこう答えたという。

「聞いていない。 教科書の一本化も知らされていない。 来年度使う教科書について、竹富町教育委員会は年度を超えて協議を続行すると聞いている」「(県の立場として)地元の意向を尊重したい」

いやはや、いくら31日に退任とはいえ、義家政務官が指導に来県してから一ヶ月の猶予期間があったはず。 その間この男、一体何をしていたのだ。 ダチョウクラブじゃあるまいし、この期に及んで「聞いてない」はあまりにも無責任ではないか。

そもそもこの問題は当初から県教育庁主導で文科省の指導に逆らうように竹富町教委を扇動したのが発端ではなかったのか。

県教育長が「9・8協議会」の開催を画策し、オブザーバーとして「交通整理」のため参加したはずの狩俣義務教育課長が、本来法的根拠のない「9・8協議会」に強引に教科書選定の「お墨付け」を与えた。 これに対し玉津、崎原両氏が「この場を教科書問題の協議として位置づける法的根拠は何か。」と激しく抗議したが、狩俣課長の強引な手法により「多数決」で法的根拠を是とする、といった「新ルール」がまかり通ったのである。

参考エントリー⇒八重山教科書、逆転不採択の現場① 「数の力」背景に押し切る 

県教育庁の暴走については『国境の島の「反日」教科書キャンペーン』の「新たなルールを持ち出した県教委」(102頁)に生々しく記されているので参照されたい。

同書の著者である仲新城記者は八重山教科書問題の教訓として三つ挙げているが、前代未聞の大騒動の原因として県教育委の暴走を第一番に掲げこう述べている。

第一になぜ逆転不採択が可能になったかを考えると、それは公権力である県教委が「9・8協議」にお墨付きを与えたからだ。 「指導助言」と称して協議会の運営に介入し、委員の入れ替えや採択のやり直しを強制したことを含め、権力の逸脱である、 
沖縄の教育行政を担う人たちは、沖縄の本土復帰後、「平和教育」の旗振り役となってきた教員が多い。 思想的な背景は住民運動と共通しており、ある意味体質のようなものかもしれない。 県教委は地元マスコミでは「教科書を押し付ける国と戦うヒーロー」として報道されたから、今回の問題をどこまで「反省」しているかは定かでない。 県教委の当時の担当者たちが、玉津から教科書選定の改革について詳細に事情を聞いた痕跡は一切なかった。 
マスコミ情報をもとに、一方的に住民運動の側に立ったように見える。 民主的な手続きが保証されているはずの現代でも「平和」「地域住民の声」といった耳当たりのいい言葉を名目に、権力が強引に教育問題に割り込んでくることがあり得る、という実例なのだ>(207頁「沖縄に風穴を開けた教科書問題」)

八重山教科書問題の責任を問えば、沖教組、マスコミなどで構成する「極悪複合体」を挙げれば済むことだが、最大の責任者と言えば自ら違法なルー作りで竹富町教委をけしかけた県教育庁である。

その中でも、県知事さえもが処分することが出来ず、形式上の上司である県教育委員長でさえ事実上処分することの出来ない県教育長こそが八重山教科書騒動の元凶であることは論を待たない。

その伝で行けば大城浩県教育長こそ「沖縄のヒトラー」に相応しい人物ではないか。

本物のヒトラーは追い詰められ毒を呷って独裁者らしく自ら果てた。

(ちなみにヒトラーは、銃による自殺と言う説もあるが、直前に結婚式を挙げたエヴァブラウンに毒薬を与え、部下にも常時携帯していた毒薬を与えていた(映画「ヒトラーの最後の12日間」)ので、勢いで「毒を呷った」と書いたが、遺体がないので実際の死因は不明。)

ところが、「沖縄のヒトラー」こと大城浩県教育長は「聞いていない」など惚けた発言を残し、何のお咎めも受けることなく毒を呷るどころか、退職金をたんまり懐に入れ、まるでヒーローに捧げる美酒に酔うかのように、本日を持って退職する。

県の教育行政を混乱させた張本人をこのまま「逃げ得」にしてよいのか。

これで法治国家としての示しが付くだろうか。

このまま大城教育長に何のお咎めもなく退職を認めるなら、仲新城記者が危ぐするように「これが体質だとすると、同じようなことが繰り返される可能性がある」・・・・。

 ベレットのブログ-2011112820060000.jpg
八重山教科書問題の元凶・大城浩県教育長

 

ベレットのブログ-2011112820020001.jpg

大城県教育長は中国寄りの東京書籍版
公民教科書をごり押しし教育行政を混乱させた

 

 【追記】 10;50

琉球新報によるとこんなことで、何とか面子を保とうと必死の「沖縄のリットル・ヒトラー」は涙ぐましい工作をしているらしい。

なんとも往生際の悪い男だ!(怒)

琉球新報2013年3月31日東京書籍を副読本 竹富・教科書 県教育庁腹案

 来年度から竹富町内の中学校で使用する公民教科書をめぐり、県教育庁は竹富町教育委員会が八重山採択地区協議会の採択した育鵬社版を教科書に使用し、副読本として東京書籍版を使用することで問題の解決を図ろうとしていることが30日までに分かった

 


断頭台のリトル・ヒトラー

 

2013年03月29日

「かみつくⅡ」発売の県内書店紹介



「かみつくⅡ」は、
狼魔人日記でネット販売しています。
申し込みはメールでできます。

ブログ 狼魔人日記
メール ezaki0222@ybb.ne.jp

「かみつくⅡ 」発売書店


店 名          TEL
宮脇書店糸満店    098-840-9380
宮脇書店豊見城店    098-852-2422
宮脇書店南風原店    098-882-6639
宮脇書店経塚店    098-871-3885
宮脇書店大山店    098-942-8267
太陽書房宜野湾店    098-893-2012
宮脇書店北谷店    098-921-7663
宮脇書店嘉手納店    098-957-2646
太陽書房美里店     098-934-1712
宮脇書店あがり浜店   098-871-9915
宮脇書店名護店    0980-54-8688
宮脇書店イオン名護店  0980-54-8320
宮脇書店コンベンションシティ店 098-942-2778
宮脇書店南城店
TSUTAYA首里店    098-885-0988
TSUTAYA新都心店    098-860-1316
TSUTAYA山内店    098-932-2588
TSUTAYA泡瀬店    098-934-5412
朝野書房沖縄国際大学店 098-892-5542
戸田書店豊見城店    098-852-2511
OBB津嘉山店       098-882-6017
田園書房具志川店    098-982-6670
大城書店カデナ店    098-956-2566
大城書店マックスバリュー店 098-957-1844
大城書店石川店     098-965-6601
リブロ・リウボウBC  098-867-1725
ジュンク堂書店那覇店  098-860-7175
くまざわ書店那覇店   098-852-1312
安木屋書店       098-862-6117
教学館         098-974-7000
大城文具店       098-968-2758

Booksきょうはん全店で発売中

全ての書店で「かみつくⅡ」を注文購入することができます。



「かみつくⅡ」目次



屋良朝博著
「誤解だらけの沖縄・米軍基地」批判・・・又吉康隆

   
なぜ、沖縄に米軍基地は存在するのか        5
屋良朝博著「誤解だらけの沖縄・米軍基地」を読む  7
 アジアの駐留米軍の概数             9
 屋良朝博著「誤解だらけの沖縄・米軍基地」批判  10
尖閣における屋良氏の現実離れした理屈       14
「沖縄に集中する米軍基地」はまやかしである    19
米軍だけがアジア太平洋を守っているのではない   25
屋良氏の基地経済論に反論する           29
県議会事務局試の経済効果は本当はゼロである    31
那覇新都心経済と基地経済は根本的に違う      32
アジアの冷戦は終わっていない           36
 ねずみ講                    39
 押し買いと脱法ハーブ              41
なぜ、「バルーン風船揚げ」ができるのか      42
 バルーン風船揚げは脱法ハーブと同じ考え     43
 沖縄国際大学が世界一危険な飛行場にした     44
 バルーン風船揚げはテロ行為           46
自衛隊を軍隊にしないと「危ぶまれる主権」は
解決できない                   48
普天間飛行場の固定化は沖縄側の責任        50
呆れる屋良氏の現実離れした海兵隊ローテーション案 51
最後に                      57

ブログ・狼魔人日記・・・江崎孝        59

いつまで続く、空騒ぎ
「島ぐるみオスプレイ阻止」運動の空しさ


オスプレイが民間機として登場           60
オスプレイ災害救護訓練              60
オスプレイの沖縄配備が十大ニュース第一位に    62
翁長那覇市長の異常な言動             63
オスプレイ:来月二十二日に反対集会 那覇     64
オスプレイ欠陥機説の終焉ー三沢市が受け入れ    65
自衛隊がオスプレイ導入を決定!          65
オスプレイ、自衛隊導入に向け検討へ        66
オスプレイ、グアムで初の国外訓練 中国にらみ展開強化
オスプレイ配備と日米安全保障条約         70
オスプレイ:知事、反対を表明            73

「白旗の少女」の真実           75

ブログ・光と影・・・古代ヒロシ        80
日米兵の犯罪よりも中学生の犯罪に心を痛めます


 米海兵隊中尉、外出禁止違反を認識        80
再発防止の徹底求める県議会委、両政府に抗議    81
十四歳の少年逮捕 保育園のバス盗み運転か     81
中学生また… 車盗み運転             82

米兵の強姦より中学生の性被害に心を痛めます

勤務先の生徒に淫行容疑 中学校臨時教諭を逮捕   83
高校教諭を買春容疑で逮捕             84
公務員の不祥事 中学生と猥褻行為、児童買春容
疑で高校教諭逮捕                 84              
「いろいろ痛いニュース」によれば         84
 「カメラは三台」 女子更衣室盗撮で教諭逮捕   84
那覇市議会が米兵わいせつ事件に抗議決議      85
元教え子にわいせつ行為の元教諭逮捕        86
沖縄の女性団体 米総領事館に要請          87

じんじんのブログ・・・登野城じんじん   88

社説[尖閣問題]共生の海へ外交発信を   88
普天間基地野嵩ゲート前のプロ市民     90
シナ空軍機のスクランブルは見て見ぬフリか!?92
   
ブログ・沖縄に内なる民主主義はあるか・又吉康隆 94
米兵差別の島・沖縄

 二人の米兵による婦女暴行事件          94
 日本新聞界の沖縄米兵への差別・非難       95
 夜間外出禁止令が二件の事件を引き起こした    99
 米兵を差別する沖縄の革新団体・マスコミ    102
 人間の生存権を無視する米軍基地撤去運動    104
 市民の安全を守らない沖縄の政治家・警察    105
 米兵相手の夜のホステスたちは虫けらか     106
 CWTで明らかになった沖縄側の無責任体質   107
 CWT特別会議の一カ月後に事件は起きた    109
私は尖閣を心配していない            111
身も心も革新政治家になった翁長市長       112
驕れる翁長市長よ、どこへ行く          114
これが翁長市長の正体・松本氏に立候補辞退圧力  118

ブログ読者のコメントそして読者との論争もあり120

短編小説・六月のスイートコーン・・・又吉康隆13Ⅰ 
連載小説・バーデスの五日間・・・又吉康隆   146

今日から「かみつくⅡ」は県内書店で一斉発売になりました。


  
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「沖縄のヒトラー」の最後、... | トップ | オスプレイ試乗ルポ、地元紙... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (涼太)
2013-03-31 08:38:38
狼魔人様

自分が蒔いた種の尻拭いもしないで、教育長とは気楽な商売です。
間違いを認めることは恥ずかしいことではありません。
むしろ間違いに気が付きながら、修正出来ない方が遙かに恥べきことであり人生の汚点です。
話は変わりますが嘉手納以南の米軍基地の返還もいよいよ始まります。
米軍基地担保のゆすりたかりが出来なくなくなります。
沖縄の経済も疲弊すると思います。
左翼も活動拠点を失います。返還予定の全ての基地の返還に10年程度掛かるようですから、子供達が食べてけるように考えるのが今の現役世代の最低限の責任です。沖縄のGDPの約半分を占める財源を失うわけですから、沖縄には棘の道です。


Unknown (東子)
2013-03-31 09:03:24
役人は、前例主義だから、「あのレベルで処分されなかったではないか」がついて回るでしょうね。
オリンパスの経営陣が遡って処罰されようとしているように、沖縄県知事が見逃すを許しても、是非、文科省は処罰して欲しい。
そうでなければ、教科書無償法の崩壊に繋がる。
まぁ、この辺りは、氏家議員はとっくにご存知と思いますが。


>県教委の当時の担当者たちが、玉津から教科書選定の改革について詳細に事情を聞いた痕跡は一切なかった。

根本に、「変化を好まない」+「事勿れ」があったんでしょう。
実際は、県教委はどの教科書でも良かったのではないでしょうか。
それより、今まで通りの手法と違う(調査員の推薦はあくまで参考意見とするという本来の選択の仕方)教科書選定は「公務員としては」今後の流れをどう想像しておけばいいかわからず不安で、嫌だったのでしょう。
沖縄の主張を腫物に触るようにしてきた政府の態度を見越して県の言い分が通ると思っていたのが通らず、問題がこんなに大きくなって一番困惑しているのは、県教育長でしょう。
本当の原因がわからず「なぜだ?」まま、退職なさるのでは?
しばらくは、「政府に締め付けられた! 沖縄の自治はなかった!」と騒いで、講演会にひっぱりだこ?
講演会や沖縄マスコミに寄稿すれば、主犯は大城浩県教育教育長だったという証拠を残すことになり、ネットで繰り返し繰り返し再生させることを、お忘れなく、大城浩県教育教育長さま。

沖縄のマスコミが、沖縄タイムスが言う「沖縄を甘やかすな」を醸す原因。
Unknown (Unknown)
2013-03-31 11:17:58
こういった赤い色したお星さまマークに頭をインプットされたゾンビは、防衛空白地域の教育現場でやりたい放題やっていますよ。生徒曰く良い先生ほど2年でいなくなるけど、自衛隊人殺し呼ばわりする本島由来の問題先生今年で5年目まだいるって。・・と。トップがこうならしょうがないですね。しっかりガードされているのでしょう。結局県教育長も操り人形でしかなかったことでしょう。退職金以外にもご褒美があったりして。

この「チャンス」にしっかりあぶりださなければ、確かに同じことの繰り返しかもしれないですね。
Unknown (Unknown)
2013-03-31 14:40:24
今日の中山成彬 日本維新の会代議士のツイート・・・

「安倍総理がモンゴルを訪問している。私も三年前冬のウランバートルに行った。盆地のせいもあり空気が澱んで息苦しかった。郊外で見た夜空は圧巻だった。父が行く筈だったノモンハンは遥か遠かった。内モンゴルが中国の手に落ちた時、最初に粛清されたのは親中派の人達だったという話が印象的だった。」


最初に粛清されたのは…

知ってましたか?心当たりのある方。


平成の維新 (安仁屋正昭)
2013-03-31 18:27:17
高校の歴史教科書問題の気狂い沙汰を招いた
仲村守和教育長といい
♀トラップの噂がたえない大城浩県教育長といい
能力も人格も無い人達が、県の教育行政のトップでは
沖縄の子供たちの潜在能力は開花出来るはずもありません

安倍首相には、維新の会と共に教育改革を進めてもらいたいものです
対談 橋下×石原 日本維新の会 第一回党大会[20130330-2]
http://www.youtube.com/watch?v=9KLykF5a97A

コメントを投稿

八重山教科書採択問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL