狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

玉川大学に「在日特権」を迫る朝鮮総連

2007-01-19 06:45:30 | 教科書

玉川大学と朝鮮総連の間で、騒動が起きている。

この手の問題には何時もの事ながら腰の引ける大手メディアは殆ど報じていない。

これは明日東京で行われる予定の「在日特権を許さない市民の会」(http://zai.japan.aikotoba.jp/)の発足集会を前に,

玉川大学側の「大学の自治」に対して「在日特権」を強要する朝鮮総連の壮絶なバトルともいえる。

今までのような朝鮮総連のゴリ押しが通るものかどうか。

玉川大学の英断に冷たい大手メディアに対し、ネット住人の支援が不可欠。

だがその一方、こんなヤツもいる。↓

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070118i401.htm

 


 2007/01/18 10:21  
 「玉川大、朝鮮学校生徒の受験を拒否」 
 
 横浜市の神奈川朝鮮中高級学校高級部(高校に相当)の3年生の男子生徒(18)が、東京都内にある玉川大学の農学部に出願したが、大学側が「朝鮮学校の卒業生には受験資格がない」として拒否した、と朝日新聞が18日付で報じた。だがこの生徒は、現在も同大の受験を希望している、と同紙は付け加えた。

 玉川大の入試担当者は、「朝鮮学校を含め、高校卒業資格を得られない学校の生徒には、高校卒業程度認定試験に合格することを受験のための条件としている」と話している。

 だが、2004年の文部科学省の調査によると、日本の全ての国立大学と、私立大学の約半数は、朝鮮学校の卒業生に対し、高卒程度認定試験やその前身の大学入学資格検定試験に合格しなくとも受験資格を認めているという。

 朝鮮学校側は玉川大に対して再検討を要請したが、これに対し大学側は「差別する意図はない。ただ、朝鮮学校の卒業生だけ例外的に受験資格を認めることは公平ではない」として、改めて受験を拒否した、と関係者らが伝えた。

NEWSIS/朝鮮日報JNS

                      *

日本の全ての国立大学と・・・、≫・・・ということは全ての国立大学は朝鮮総連のゴリ押しに屈していた事になる。

頑張れ! 玉川大学! 大学の自治を護れ!

 

                     ◇

 ◆以下「痛いニュース」さんhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/より。

「重大な人権侵害だ」 玉川大学に朝鮮学校の教師や弁護士ら6人が押しかけ、受験を認めるよう抗議…朝鮮学校生の受験拒否で

1 名前:かしわ餅φ 投稿日:2007/01/18(木) 14:17:46 ID:???0
玉川大学を訪れたのは、横浜市の神奈川朝鮮中高級学校の教師や弁護士ら6人です。
朝鮮中高級学校によりますと、高級部3年の男子生徒が玉川大学農学部への入学を希望したため、今月、出願資格を大学に問い合わせたところ、以前の大検・大学入学資格検定にあたる認定試験に合格しなければ出願資格はないと、受験を拒否されたということです。
大学を訪れた教師らは「重大な人権侵害だ」として受験を認めるよう要請しました。法律上「各種学校」にあたる朝鮮学校の生徒の大学受験については、4年前に、認定試験に合格しなくてもそれぞれの大学の判断で受験が認められるように文部科学省が方針を転換したことを受けて、ほとんどの大学で受験を認めるようになりました。男子生徒の代理人の弁護士は「スタートラインにすら立たせないという対応は許せないことだ。生徒本人の希望も聞いたうえで、今後の対応を検討したい」と話しています。

一方、要請に対し玉川大学は「朝鮮学校のように、法律で『各種学校』とされている学校の生徒については、原則としてすべて平等に認定試験に合格することを受験資格にしている。特別扱いはできない」として受験を認めない方針を変えていません。

http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/18/d20070118000078.html
以下、2ちゃんねるの反応

                     ◇

 

※「玉川大学騒動」を伝える参考ブログ、

◆東アジア黙示録http://dogma.at.webry.info/200701/article_16.html

◆doronpaの独り言http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10023711557.html

 

◆【追記】9:17
朝鮮学校卒業生への入学資格認定を求める要請書http://www.k-jinken.ne.jp/tamagawa.u-yousei

≪玉川大学学長 小原 芳明 殿

(前略)・・・、万が一、来年度入試に間に合う形での早期解決がなされない場合、法的手段を含むあらゆる措置を講
じて貴大学の翻意を強く促す決意であることを敢えて付記しておきます。


2007年1月18
在日本朝鮮人人権協会≫


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プロ市民」の訴訟  「T... | トップ | 日本の植民支配は不幸中の幸い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL