狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

百田発言に、「民主主義の根幹を揺るがす」各局のキャスターが反論

2015-06-30 07:53:27 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 「狼」の画像検索結果

 お願い

人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックをお願いします。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
 
本日午後7時よりチャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」に出演します。よろしくお願いします。
↓↓↓
 
 
 
「百田発言」に執拗に攻撃を加える沖縄タイムスの発狂記事が、26日以来5日連続。
本日も一面トップを飾っている。
沖縄タイムスの病的ともいえる執拗さは一体何だろうか。
 
自分らの嘘報道がばれるの恐れたから。
 
そう、大嘘報道を続けていた沖縄2紙の捏造報道を百田氏が独特の表現で見事に言い当てたからに他ならない。
 
百田氏は、当初「沖縄2紙は潰れたらいい」との発言を「酒場の冗談」と弁明していた。
 
が、沖縄2紙が連名で抗議声明を突きつけるに及んで、堪忍袋の緒が切れた。
 
そして、「本気で潰れたらいい」と本気モードに切り替えた。
 
沖縄2紙は「百田発言」はデタラメであると激しく批判しながらも、感情的罵声は浴びせているが、客観的・論理的反論は出来ないままにいる。
 
沖縄タイムスが、苦し紛れに反論しているが、いずれも杜撰な議論で自ら墓穴を掘る噴飯ものである。
 
筆者が木っ端微塵に粉砕しておいたので、興味のある方はどうぞ。
 
2015-06-28

沖縄2紙が地元の自民党政治家も巻き込んで、「言論弾圧」の大合唱している様子を、本日の沖縄タイムスの発狂見出しから拾ってみる。

■一面トップ

百田氏発言に抗議決議

宜野湾市議会、撤回要求

県議会与党 抗議集会を計画

知事「将来に禍根」

自民報道圧力憂慮

政府、県民への謝罪拒否

■二面トップ

「金目当て」に怒り

宜野湾市議会

与野党で全会一致

自民発言には配慮

■三面トップ

県議会矛先に思惑

与党抗議先「百田氏・自民」

県内2紙報道圧力

■社会面トップ

議会、広がる怒り

県内市町村、決議模索

報道弾圧発言 保革を超え異議

自民市議も歩み寄り

「百田発言」に関係した自民党の議員は既に自民党本部より処分を受けている。

残るは民間人の百田氏の発言だけ。 

この期に及んで抗議決議とは、一体誰に対する決議なのか。 まさか自民党議員の処分が甘く、死刑にせよとでも言うつもりか。

民間人である百田氏には憲法が言う言論・表現の自由が認められている。 沖縄の国会議員や各議員は議会決議という公の場で一個人の表現の自由を封殺するつもりなのか。

「報道弾圧」の文言に過剰反応したテレビ各局のキャスターが沖縄2紙の実態も知らずに「「報道の自由、表現の自由」などと大上段に構えた論を展開しているのには、笑わせてもらった。

憲法は「報道の自由」を認めると同時に、国民の「知る権利」も認めている。

沖縄2紙は「報道の自由」を盾に、捏造報道を垂れ流して、県民の知る権利を奪っていることに各キャスターは気がついているのか。

こんな反省の一欠けらもないキチ外新聞は潰れてしまった方が良いに決まっている。

 

「マスコミ懲らしめる」発言 各局のキャスターが反論

 
 

自民党の若手議員の勉強会で、作家の百田尚樹氏が「沖縄の2紙は潰さないといけない」と発言したほか、出席者の議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」といった意見が出た問題について、26日の各局の夜のニュース番組では、言論の自由の観点から、キャスターが時に憤りを隠さずに批判を述べる場面が見られた。
 
NHKの「ニュースウォッチ9」では、河野憲治キャスターが、「報道の自由、表現の自由は、言うまでもなく民主主義の根幹です。自民党の若手議員の発言や、とりわけ作家の百田尚樹氏による、沖縄の2つの新聞は潰さなければならないという発言は、報道機関に所属する者として、決して認められないと言わざるを得ません」と述べた。
 
テレビ朝日の「報道ステーション」では、古舘伊知郎キャスターが隣のコメンテーターに意見を聞く際に、「政権に気に入る意見とか、お気に召す報道をすることで、世の中が豊かになるとは到底思えないんですが」と発言した。同番組については、コメンテーターの交代などをめぐって安倍政権が圧力をかけたことがあると言われている。このことが念頭にあったのか、古舘キャスターはゲストのコメントの後で、「こういう話をしているだけで、この番組も懲らしめられるんですかね」と、首をかしげた。
 
TBSの「News23」では膳場貴子キャスターがコメント。「これ、政権与党、自民党議員による発言、権力による報道規制に他ならないと思うんですけれどもね。メディアで働く者として、例えこれは非公開の場とはいえ、とても看過できないと思ったんですが」と述べた。
 
日本テレビの「NEWS ZERO」では、村尾信尚キャスターが「メディアはけしからんという政治家、メディアの是非は、視聴者や読者が決めます。そして、こうした発言をする政治家の是非は、選挙で有権者が決めます」と、憤りを込めてコメントした。
 
今回の発言は、安倍晋三首相に近いグループの会合で飛び出したということもあって、自民党や政権の体質を疑う議論も出ている。朝日新聞は27日付朝刊の1面トップで、会合の様子は「『政権』という重い権力を担う自覚に欠けた、自民党の姿だ」と指摘し、「自民の傲慢は度し難い」と題した社説も掲載した。
 
報道規制は民主主義を担保する報道の自由に直接的に関わる問題だけに、報道機関の立場からすれば、今回のような政治家の発言は、到底、看過できるものとは言えない。特定のマスコミを「潰す」ことによって、民主主義の議論の多様性が失われることは、社会にとって不幸なことだ。
 
一方で、今回の発言は非公開の場で行われたもので、各社の報道は会合出席者への取材などが基になっている。百田氏も自身の発言について、「講演が終わった後の質疑応答という雑談での一言」と述べており、発言が切り取られて報じられたとしている。今回のようなニュースを、マスコミがどれほどのボリュームで扱うのが正当なのかについては、議論が待たれるところだ。
 
また、百田氏が言及した沖縄の地方紙2紙については、NHK、テレビ朝日、TBSの各局が、両紙の談話や編集担当者のコメントを伝えた。しかし、両紙は米軍普天間基地の名護市辺野古への移設に対する反対運動の動静を詳細に報じるなど、反対運動に極めて近い立場を取っている。こうした片方の立場に肩入れした報道姿勢――しかも沖縄県では両紙が独占に近いシェアを持っている――が、ジャーナリズムとして適切なのかについては、検証があって然るべきではないだろうか。

                      ☆

>NHKの「ニュースウォッチ9」では、河野憲治キャスターが、「報道の自由、表現の自由は、言うまでもなく民主主義の根幹です。自民党の若手議員の発言や、とりわけ作家の百田尚樹氏による、沖縄の2つの新聞は潰さなければならないという発言は、報道機関に所属する者として、決して認められないと言わざるを得ません」と述べた。

河野キャスターは、報道の自由は「民主主義の根幹」などと嘯いているが、議会制民主主義の根幹は公正な選挙であるということに異存はないはず。

沖縄2紙が報道の自由を盾に自分の意に沿わないニュース黙殺し、嘘・捏造で塗り固めた報道で読者を誤誘導し、自分の支援する候補を強引に勝利させたとしても、沖縄2紙の「報道の自由」を「擁護するつもりなのか。 民主主義の根幹をなす公正な選挙を沖縄2紙の嘘八百の報道に委ねてもよいというのか。

>日本テレビの「NEWS ZERO」では、村尾信尚キャスターが「メディアはけしからんという政治家、メディアの是非は、視聴者や読者が決めます。そして、こうした発言をする政治家の是非は、選挙で有権者が決めます」

では、村尾キャスターに問う。

嘘八百で国民を騙すメディアは誰が監視するのか。 メディアと同じく表現の自由、そして国民の知る権利も併せ持つ一国民である百田氏がこれを批判したからといって何が問題なのか。

>報道規制は民主主義を担保する報道の自由に直接的に関わる問題だけに、報道機関の立場からすれば、今回のような政治家の発言は、到底、看過できるものとは言えない

               ☆

今回の騒動で公権力を持つ自民党の若手議員たちは既に処分を受けている。 

だが、百田氏の発言に関しては話が全然違う。

百田氏は一民間人であり、作家としての多少の誇張はあったとしても、沖縄2紙については本筋では正しい発言をしている。

それらを全部無視して、鬼の首を取ったように当の沖縄2紙がキチ外のように騒いでいるのを見ると、あまりにも低劣で、やはり「つぶれた方がいい」と考える県民も多い。

特にこのニュースには言葉を失う。

百田氏発言「断じて看過できない」 沖縄選出国会議員らが抗議声明

民間人の百田氏の「沖縄の(主要新聞)2紙はつぶさなあかん!」といった言葉に対し、公権力を持つ沖縄選出の国会議員5人が連名で「看過できない!」「発言撤回と2紙への速やかな謝罪を求める!」
との書面を送ったという。

民間人の発言をこのように弾圧するほどバカなら、国会議員なんてやめてしまえ。

「言論には言論で対処する」のが民主主義国家の最低のルールだ。

百田氏の発言に重大な事実誤認でもあるのか。

仮にあるとしたら、その事実誤認を指摘するのが国会議員の責務ではないのか。

何のために政務調査費が国会議員に与えられているのだ。

公権力を有する国会議員の、自らの権力を無視してはいないのか。

百田氏はただの一民間人だ。

百田氏が「つぶさなあかん!」と冗談をいったところで、つぶれるわけないだろうが。

沖縄タイムスが百田氏にインタビューをしているのだが、百田氏の回答は実に明快で、分かりやすい。

納得できる返答が多く百田氏の言ってることは理解できる。

上記のバカな国会議員は「オール沖縄」で翁長知事の支持に回った面々だが、自民党の国会議員にもこんなバカがいたのでリンクしておく。

百田氏発言「看過できない」自民の宮崎政久議員が抗議文

沖縄タイムス 2015年6月27日

 【東京】宮崎政久衆院議員(自民)は26日、作家の百田尚樹氏が講師を務めた自民党の勉強会代表の木原稔衆院議員を訪ね、百田氏が「商売目的で普天間飛行場周辺に住民が住み始めた「基地の地主の年収は何千万円」などの趣旨で発言したことに対し「歴史的事実を無視し、県民を愚弄(ぐろう)するもので到底看過できない」として抗議文を手渡した。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やはり潰すべき、沖縄2紙 | トップ | 百田氏を言論弾圧する沖縄2紙 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キチ外新聞撲滅)
2015-06-30 10:47:22
連日の沖縄2紙の過剰反応は尋常ではない。

自分が潰れるのを予感しての発狂なのでしょうか。

キチ外新聞は潰しましょう。

Unknown (MOS5)
2015-06-30 10:51:03
面白くなってきましたね。百田氏はやはり非常に影響力のある作家で、福岡での講演会(の記事)やツイッターなど、その分かり易い発言がどんどん世間に浸透している感じがします。内容的にも沖縄2紙の反論などより論理的で説得力があります。

自由な立場の百田氏の鋭く、しかもユーモアを交えた言論は、真面目だけが取り柄のやや面白味に欠ける保守派論客と違い、非常に有能な斬りこみ隊長のようで頼もしい限りです。そして保守派の言論人たちも百田氏への援護射撃の記事や発信を開始しました。

百田氏が、今後も沖縄2紙のウソや朝日毎日などの反日サヨク勢力による不当な言論弾圧を、ますます痛快にぶった斬って行くことを期待してます。
本日の沖縄タイムス投稿欄 (カウンター58)
2015-06-30 11:14:48

オピニオン面に一般投稿8本。

「『つぶす』発言 早急に撤回を」の豊見城市・渡真利善朋さん(46)は1月6、12、17、24、31日、2月10、19、28日、3月7、17、27日、4月8、20日、5月3、12、17、27日、6月10日、18、23日に続き今年21回目の掲載。
「沖縄の2紙は 頑張っている」の福岡市・森昌弘さん(82)は6月28日に続き今年2回目の掲載。
「戦争への意見 若い人示して」の沖縄市・仲川松江さん(74)は2月11日、3月12、20日、4月21日、5月18日に続き今年6回目の掲載。
「非戦の誓いを 放棄する政権」の南風原町・知念敏則さん(72)は2月8、25日、4月4、23日、5月14、31日に続き今年7回目の掲載。
「沖縄の現実は 私たちで打破」の名護市・森山倫世さん(68)は今年初掲載。
「本紙連載小説 朝一番の気合」の豊見城市・宮里尚安さん(73)は昨年9月14日以来の掲載。
「旧西原村 部隊駐屯で被害増 戦争犠牲者 住民の47%」の西原町・渡久山勇さん(77)は2月26日、4月17日、5月5、22日に続き今年5回目の掲載。
「戦没者の霊に報いるために」の那覇市・渡久地政弘さん(76)は1月1、22日、2月22日、3月25日、4月13日、5月6日、6月9日に続き今年8回目の掲載。

カギカッコは投稿欄における見出し。


福岡市・森さんは一昨日も掲載されたばかり。
投稿欄担当者のやる気のなさを感じる。

それにしても自民はケンカが下手だなあ。
「権力を使って言論活動を抑圧することは絶対にない」と断じたうえで、マスコミが言論封殺している例を挙げていけばいいのに。琉球新報の「パンドラ裁判」とか、いくらでもあるでしょ。


Unknown (山路 敬介(宮古))
2015-06-30 16:08:37
市井人である百田氏の発言をこれだけ批判するっていうのは、マスコミこぞっての言論統制に見える。
だいいいち、百田氏発言はそもそもが掻い摘んだ断片的な発言にすぎません。
これに反論するには、再聞き取りをしてどこがどう事実とちがうのかやらなければ成り立ち得ない。
沖縄二紙の反論が、反論になっていないのはこの点です。
Unknown (東子)
2015-06-30 17:26:43
「沖縄県議会与党、百田氏と自民国会議員に抗議決議提案へ 2015年06月29日」
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121972

>抗議決議を提案する方針を決定
>全会一致を目指す

これを異論を許さない空間って言っているの(怒)


>渡久地修氏(共産)は「2紙への批判は読者である県民への攻撃でもある」と指摘した。

県民とタイムス、新報は一体化している!?そうな。
もう、ここまでくると異常を突きぬけている。


沖縄の議員、競ってるね~。
他の誰よりも激しい言葉で非難して、俺が一番言ってやったから、ですか。
擁護しなかったヤツは誰か、タイムス、新報はチェックしているのか?
しなかったヤツは、選挙のとき覚えておけだとしたら、おぉー、怖っ。


普段は言論の自由を声高に連呼してるのに、自らが言論により攻撃されると途端に言論を弾圧しはじめる。
百田氏発言は、サヨクの本性を暴き出すのに、とにかく有効ですね。
Unknown (クラッシャー)
2015-06-30 17:54:28
百田氏発言「普天間飛行場、元は田んぼ」「地主年収、何http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=121681千万円」を検証する

>54%が100万円未満
>75%が200万円未満

不労所得が100万円以上が半分近くいるんですね。4人に1人は200万以上。返還して欲しくない人も多そうですね~。一坪反戦地主はどれ程含まれているのでょうか。

>戦前は9千人超生活

現在でも、普天間飛行場が占める土地のうち、およそ92%は私有地である。このため、賃借料が地主に支払われており、2000年代は60億円台で推移しているが、地主数は1976年の1888人から1992年の2164人、2007年の3031人と増加傾向にある[18]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E5%A4%A9%E9%96%93%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4

当時の全世帯を大きく上回る地主数だと思われますがどこから来られたのでしょうか。一坪反戦地主も含まれているのですかね。

地主がものすごく増えているんですが・・・

Unknown (東子)
2015-06-30 17:54:51
マスコミを批判することは許さないっていう言論弾圧をマスコミがやってる。
百田氏、応援していますよ (^O^)/

初め、百田氏の発言に、ちょっとと思った人達も、メディアの異常な反応に、こっちの方がおかしいってなり始めているんじゃない?
って、そういう意見をメディアがとりあげないから、数は不明だけど。
Unknown (クラッシャー)
2015-06-30 18:01:38
朝日がこんな記事を
http://www.asahi.com/special/futenma/SEB201111180011.html

今でも高すぎる

 来間(くりま)泰男・沖縄国際大名誉教授(沖縄経済論)の話 軍用地料は今でも高すぎる。基地から生じる危険は県民全体で負うのに、利益は地主だけが受ける。軍用地主はかつて生活基盤を奪われた同情すべき人たちだったが、今や地主階級化してしまった。基地のない方が経済発展するというなら、契約更新しなければ良い。基地が返されれば経済には損失だと私は思う。しかし、それでも基地は返せと言うべきなのだ。
Unknown (東子)
2015-06-30 21:07:23
地代は国税から支払われているから、全国民で負担している。
翁長知事が言う、基地負担を全国で考えてくれを地代においては、実行している。
しかし、クラッシャーさまのコメントを見れば、受ける危険は同じなのに受け取る側は一部が受け取る。
こんな矛盾は、ありませんよね。
Unknown (ウチナー鬼女)
2015-07-01 00:36:19
一民間人の発言をまるで大本営発表よろしく、全国のメディアが全く同じ方向性、論調で批判する。

この異様さはオスプレイ反対集会を沖縄痴呆テレビ4局が同時中継するあの状態にそっくりなんですよね(^w^)

結局のところ、日本のメディアぜーんぶが反日という異様さがあぶり出されてると感じるのは私だけでしょうか?
結果、全国のメディアが「沖縄タイムス」「琉球新報」の異常性wを宣伝してくれてるとしかみえない(^w^)

これきっかけで、ノンポリの普通の国民に「沖縄タイムス」「琉球新報」の実態がまざまざと知らされて、報道で見る、聞く「沖縄」に疑問を持つ日も近いと思うのは、楽観的すぎるでしょうか?

♪替え歌♪
節「桃太郎さん」

♪百田さん、百田さん、あなたの発言正しいさぁ
タイムス、新報、おかしいさぁ♪

♪面白い、面白い、
ここらでサヨクをひとまとめ
潰してしまえ!反日メディア!♪

♪万々歳、万々歳、沖縄の未来明るいさぁ、日本の未来明るいさぁ♪

お粗末様でした。
それではお休みなさいませ(-.-)zzZ

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
終わるまで油断しない。結果が出るまでうわつかない (凪に反日って言われちゃった v(^_^ ))
 7月9日から、在留関係の更新をしてない者達が不法滞在になる。  これを入管に通報する事で、更新してない在日を排除できる可能性が非情に高い。  また、確認がとれてないので半信半疑になってしまっているが、これ以外にも在日排除につながる動きがあるという話を見...